梅林 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

梅林    

坂道を どれくらい登れば 振り返ってもいいのかな もちろんそんなことは てめぇの勝手 と言われればそれまでのこと ではあるけれど ほら 横浜のはずれだとさ ちょっと駅から歩いただけで 背中にきれいな夜景がひろがってさ 左手に見えるコンビナートも 右手に見える海岸も 遠くに見える軍港も いつ 振り向こうか なんて楽しみにしながら 歩くのさ 君の手を引いてさ 歩いてきたつもりの道がさ いつの間にか 手を引いてもらってるのは 僕のほうだったなんて きっと 振り返る好機も 逃してしまったんだよ 振り返ると 見えるはずの海の景色に さよならの向こう側に こんにちはの向こう側に いくつもの笑い顔が 溶けていく そう 僕らの歩いてきた時代も 水彩画のように ぼやけてゆくのだろうね 左手に見えるコンビナートも 右手に見える海岸も 遠くに見える軍港も きれいな絵になってしまう頃に もう一度振り返ると 梅の花にも似合わぬ 如月の風が吹く 少しずつでいいよと 毎年吹く風が    

scroll


作成日時 2021-02-18
コメント日時 2021-02-27

梅林 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 1231.4
お気に入り数: 0
投票数   : 3
ポイント数 : 5
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/04/17現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性22
エンタメ00
技巧11
音韻11
構成00
総合ポイント55
 平均値  中央値 
叙情性0.50.5
前衛性00
可読性11
 エンタメ00
技巧0.50.5
音韻0.50.5
構成00
総合2.52.5
閲覧指数:1231.4
2021/04/17 23時19分09秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

梅林 コメントセクション

コメント数(12)
紅茶猫
作品へ
(2021-02-18)

作者さんは来し方を考える年齢に差し掛かった方なのかな。 >さよならの向こう側に >こんにちはの向こう側に ここは山口百恵の引退コンサートを思い出しますね。タイムリーに放送したばかりだし。 人も時代も移り変わるけれど、毎年花を咲かせる梅のゆっくりな時間に心癒されますよね。

1
沙一
作品へ
(2021-02-18)

坂道で振り返ることと人生を振り返ることが重なっていて、そこで見える景色はどちらもきれいな絵になっている、あたらしい季節への変わり目、梅の香りの爽やかさと、まだ肌寒い風に、せつない余韻がのこります。

2
福まる
福まる
作品へ
(2021-02-19)

横浜の風景はそういう感じなんですね。羨ましくもあり切なくも感じます。某有名ミュージシャンが書いた詩みたいな雰囲気だと思います。決してパクリとかではなく爽やかさが似ていると思います。

1
AB
紅茶猫さんへ
(2021-02-21)

そうなんです。もうゆきかたも考えなきゃ、かもしれませんが、ボーッと気づかないふりしたり、忙しいふりで、あっというまにです。この文章自体は12年前のものです。 癒された、と感じていただいて幸いです。 コメントありがとうございます。

0
AB
沙一さんへ
(2021-02-21)

お読みいただきありがとうございます。 風景と、風の質感も感じ取っていただいてよかったです。

0
AB
福まるさんへ
(2021-02-21)

実際の横浜、というか、その梅林から見たわけではありません。でももしかしたら、本当にそう見える場所あるかもしれません。 某ミュージシャン、気になりますね。無意識に影響されてる可能性大です。 コメントありがとうございます。

0
宵月
作品へ
(2021-02-21)

見たことない、横浜の夜景が見えました。 行ったことない場所を見せてくれる、素敵な、詩です。

1
AB
宵月さんへ
(2021-02-23)

私も実際に見た夜景ではないので、想像です。今度どんな夜景なのか、その梅林に行ってみようかと思います。まだあるのかな? コメントありがとうございます。

0
なかたつ
作品へ
(2021-02-23)

 そういえば、匿名様が投稿した「ムイグヮー」という作品に、振り返った時の風景を描く場面があったのですが、この作品もその作品と対になっているなあと、例えるなら昔のシングルのA面、B面、両A面とかそんな感じで、並べたくなる作品です。(一応作者を知らない体で)  振り返る、振り向くというのは、歩いてきた道を違う視点から見る行為であって、全く同じように見るわけではないんですよね。どこか目的地に向かううえで、振り返ったり、振り向いたりすることはタイムロスになるので、言わば無駄になってしまう行為なのですが、その無駄を無駄ではないように思わせることって大事で。実際、世の中、タイムロスばかり、無駄なことばかりで、そこに価値を見出すのは人それぞれ、と言ってしまえば乱暴ですが、少なくとも、作品でこの行為を書いた時点でこれらの行為に価値を見出しているということの表明になっているんだと思います。  君の手を引いてさ  歩いてきたつもりの道がさ  いつの間にか  手を引いてもらってるのは  僕のほうだったなんて  ここ、めっちゃ好きですね。というのも作品よく考えていることと繋がってきたのです。私たちは「詩を書く」とも言うし、「詩が書けない」とも言ったりします。「詩が書けない」と言った時、いつの間にか主語は「詩」になっていて、補うと「詩が(私たち)を書く・書けない」のかと。私たちは詩を書いているようでいて、詩によって書かされている、詩が私たちを書いているんだと言えるのではないかと。これは「詩」だけでなく、「街」や「思い出」でも、それらを語っているようでいて、実は語らされているんだと。主従関係の逆転というか、こうした視点って大事だと思っていて、言わば奢りを取り除いてくれることにも繋がってくると思うんです。  この作品、わからないのが、最後にある「少しずつでいいよと」の少しずつでいいの内容です。何が少しずつでいいんでしょうか。更に言えば、「少しずつ〇〇」と、どうなっていくんだろうと。多分、こうした疑問というのはあまり意味をなさないものであって、重要なのは、何かが「少しずつ」何かをしていくという、この「少しずつ」の部分に重点があるのだと。少なくとも、「少しずつ」という言葉には、何かが変化する意味が含まれています。そう、振り返ったり、振り向いたりすることも視点を変えることですし、「手」の部分にしても主従関係を変えることです。変わる、変える、変化するということ、それらのことに対して「少しずつでいいよ」ということなのでしょう。    僕らの歩いてきた時代も  水彩画のように  ぼやけてゆくのだろうね と語り手自身が述べているように、変化を受け容れることが肝になっているのかなと感じた次第です。

1
AB
なかたつさんへ
(2021-02-25)

コメント始めの段落のは、それはそれとして。 「ふりかえる」、言われると、結構使ってますね。時間、次元、意識を転換させてます。たぶん。 「手を引く」、これはもう単純に子供との関係なのですが、読み手によって思いや視線、意味合いが変わるのなら、幸いです。 そして「少しずつ」、これはなぜか、わかりませんが、ふっと浮かんできて意味はつかめないけど、これでいい、と書き直せなかった言葉です。そんな風を感じられる自分でいたいのかも。 コメントありがとうございます。

0
右肩ヒサシ
作品へ
(2021-02-25)

ABさん、こんにちは。 僕も高台へ上る坂道の終わりに、ふと振り返って見る景色が好きです。登山のように大袈裟ではなくて、住宅街の緩やかな坂道を折り返しながらゆっくり上った後、ぼんやりと町を眺めていられたら、大袈裟に言えばそれが人生の楽しみの一つになるでしょう。この詩からは、自分によく似た感性が読み取れました。 主人公が「君」と手を繋いで坂を上ると、それが徐々に今までの人生の歩みと重なっていきます。普通に読み取ればこの「君」は主人公の老妻ということになるのですが、作者のコメントを読むと我が子であっても良いのですね。手を引いていたはずの子どもに、いつの間にか手を引かれる立場になっているということ。 人生の行路を家族とともに歩む、という比喩があまりに真っ当なため、この作品の成否は風景の実在がどれだけ作品の中から読み手を引きつけるか、に掛かっているのではないか、と僕は思います。 横浜の「コンビナート」と「軍港」。必要最小限のあっさりした語ですが、確かにイメージの喚起力は強いですね。「コンビナート」は石油コンビナートの工場群を指すのでしょうし、「軍港」は横浜の南、横須賀の基地を指すとすぐにわかります。これを簡潔と見なすか大雑把と見なすかは実際の風景を読者が知っているかどうかで違うかもしれません。僕は多少程度ですがこの辺りを歩いたことがあるからか、この二語を十分であると感じます。 取り合わせの風景として題名にも出てくる「梅林」ですが、僕はこの部分に若干の物足りなさを感じます。中盤の「ぼやけた水彩画」に通じる溢れんばかりの抒情を受け止めて、それをリアルな感情として成立させるためにはこの梅の樹林の粗密や樹の老幼、天候、花の色などを簡潔にぱぱっと書いて貰えると安心できるような気がします。  恐らく作者と極近い風景への感性を持ちながら、僕は一人前のきっちりした人生を歩んで来なかったので、この世界の端正な感慨の有りように、憧れと嫉妬を抱いてもいます。

1
AB
右肩ヒサシさんへ
(2021-02-27)

右肩さん、丁寧に読んでいただいて、ありがとうございます。 梅林についてのコメントいただいて、続きというか、別バージョンを書きたくなりました。これを書いたとき(もう12年前)は、読み手のそれぞれの梅林、梅園に繋げてもらえればと思っていたと、たぶん。 実際の横浜のちょっと外れた梅園には、実はまだ行ってなくて、でも、たぶんあそこからは見えるのかなぁ、なんて想像しています。 今でもあるのかどうか、咲いているうちに探してみます。 きっちりした生き方したかどうかは置いといて(たぶんそんなこと言えない)、水彩画ではない風景で書いてみたくなりました。 コメントありがとうございます。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2