ムイグヮー - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ムイグヮー    

  本当中部の小学校で よくあるように 高台を開いた土地に建てられていました 二年生の教室だけは校庭をはさんだ東側に 平屋建ての校舎でした その校舎の裏に緑の小さな森山(ムイ)があり 放課後(誰に)かは忘れてしまいましたが 連れられて登りました 近くで見ると岩肌に ガジュマルやエンジュの木がへばりつき あらぬ方向から急に角度を変えて 空に伸びていました 途中 岩を抱くように歩き また 四つん這いでしか通れない そんなところもありましたが 子供でも歩ける小さな道が上まで通じていたので 島によくある御嶽、ウグヮンジュ あるいは内地によくある日和見山 のようなものだったのかもしれません 上からの見晴しは素晴らしく 海に向かって沼地、サトウキビ畑、製糖工場 振り返って自分の教室が見えたとき  意味も無く両手を高くあげました 何回目かに行ったときのバンザイが 先生に見つかることになり そのムイに行けなくなったんですが なぜかもう一度登ってみたくなり 見つからないようにと 違う道を行ったことがあります 知らない小道は中へ中へと 結局 胸の高さの洞穴で行き止まり 中を覗くと人骨が転がっていました 「裏の小山に入っちゃいけない」 という意味がわかりました 戦争からそのまま ブリキの道具もそのまま 生まれる前の ずっと前のことなのに そのまま  かん高い機械音に見上げた空に 超音速の飛行機雲が南へ伸びていました そのころ 街の方では   「那覇市小禄 聖マタイ幼稚園横の下水道工事現場    で、打ち込まれたパイルが当たり不発弾が爆発。    作業員三人と女児一人が死亡し、三十四人が重軽    傷を負った。    旧日本軍が埋めた地雷であった。            (一九七四年三月 琉球新報)」 ムイの下の沼地が サトウキビ畑に変わりました おそらく壕は閉じられたでしょう 復帰から二年 島が翌年の海洋博で昂っている頃です 今ではもう ムイ自体なくなりました    


作成日時 2021-02-06
コメント日時 2021-02-26

ムイグヮー ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 15
P V 数 : 1075.8
お気に入り数: 1
投票数   : 8
ポイント数 : 5
#現代詩 #受賞作
項目全期間(2021/04/18現在)投稿後10日間
叙情性21
前衛性00
可読性11
エンタメ00
技巧10
音韻00
構成10
総合ポイント52
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性0.50.5
 エンタメ00
技巧0.50.5
音韻00
構成0.50.5
総合2.52.5
閲覧指数:1075.8
2021/04/18 00時47分50秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

ムイグヮー コメントセクション

コメント数(15)
AB
作品へ
(2021-02-06)

申し訳ございません。二文字目が誤字です。自分でびっくり。

0
福まる
福まる
作品へ
(2021-02-06)

森山ってムイと言うんですね。初めて知りました。ものすごく悲しい歌ですが沖縄の本当に辛い部分はまだ私は知らないので今度親に聞いてみようと思います。他の地方の方々もそうかもしれませんが、沖縄にとって戦争はまだ終わっていないという意見もあります。私は「平和だ」と書きましたがそれは「戦争は終わっていない」という一見真逆の意見があることで沖縄が自由に意見を言える島だとアピールしたかったのです。この詩も別の視点でアピールをしています。とてもいいことだと思います。ビーレビはこういう詩も受け入れてくれてくれると思います

1
AB
福まるさんへ
(2021-02-06)

福まるさん ちょっと前に藤さんからクレオール語にかかわるコメントをいただいて、ほんとのしまーの言葉もなくなるのかなぁ、なんて思いますが、ヤマトーの古文のように、何かは残さなきゃいけないのかなぁ、どうかなぁ? なんて思います。んん、戦後は終わってないっていう方の気持ちもわかるけど、、いちゃりばちょれー でなんとかなればいいのにな ってのがわたしの気持ちです。ん、また本文と関係なくなってしまいましたが、コメントありがとうございます。

1
yasu.na
作品へ
(2021-02-06)

>戦争からそのまま >ブリキの道具もそのまま >生まれる前の ずっと前のことなのに >そのまま  ここの箇所が文芸的には一番美しいと思いました。「そのまま」。  戦争のことを記述するのは難しいと思われます。私は現代日本に生きていて、兵士になったことはありませんが、戦争のことをよく考えます。それは悲惨だという前に、戦争に行ったら絶対に死ぬだろうと思われる、意味の無いことを考えるということです。だって、弾丸や爆弾をよけることができますか? 考える暇もなく、死んでいくのです。なんのための戦争であっても、無駄です。  私は歴史には疎いのですが、日本の戦国時代のドラマなど、大嫌いです。  この作品の中では、「ムイ」がとても静かなものとして描かれているのと同じくして、歴史的事実もまたとても静かに冷ややかに書かれています。ただ、戦争の芽は依然としてあるし、戦争が終わった後にもその遺物によって命を落とした人々のことが取り上げられています。  一度起きた戦争はいつまでも「そのまま」伝えられるのが大切だとは思いますが、戦争の現物である爆弾や戦闘機が今も人命を脅かすということも「そのまま」であることは、何と言うか、やめて欲しいです。

1
AB
yasu.naさんへ
(2021-02-07)

yasu.naさん お読みいただきありがとうございます。コメントへうまく返せませんが、何かを感じて考えていただいたことありがたく思います。

0
なかたつ
作品へ
(2021-02-23)

 今は無い場所を語るということについて。  いわゆる小学校というものは全国にあるものですが、この作品においては「本島中部」にあるものとされています。いわゆるカッコつきの「小学校」と違うのは、その後者の裏に「森山(ムイ)」があるということです。それが例えば「丘」とか「谷」とか「裏山」ではなく、「ムイ」であるということ。この言葉の響きは何だか、無為という、人の手を離れた空間であるということも何だか思わされるような。  そして、「放課後」に連れられたことからも時制は、いわゆる「当時」、小学生出会った時の視点で書かれています。ただ、語りは「今の語り手」が振り返っている形式となっており、それが第一連や第二連の語りにおける「不確かさ」、この不確かさが時間の隔たりを思わせます。「海に向かって沼地、サトウキビ畑、製糖工場」というのは、子供の視点から見た、そのまんまを切り取った情報であり、そこに着色はありません。それと同じようにして「意味も無く両手を高くあげました」というのも、ただの動作であり、そこに「意味」も「理由」もないという点で着色がされていません。  その後「先生に見つかること」という転機により、「ムイ」に行けなくなるのですが、行きたいという気持ちにも着色≒偽りはなく、何とか行くのですが、「人骨」を見つけてしまいます。  この「人骨」一つがまさにこの作品の肝になるのかなと。いきなり最終行に飛びますが、「今ではもう ムイ自体なくなりました」と、その場所が無くなることを告げるのですが、無くなったものと残されたものとの対照。「人骨」は残されたものであり、無くなったものではないですが、亡くなったものではあります。「ブリキの道具もそのまま」残されたものです。しかし、その持ち主はきっと亡くなったものかもしれません。  ムイは確かに無くなったかもしれません。ただ、残されたものとして、無くなったものを語ること、無くなったものを思い出として持ち続けることはできるのだと。それが残されたものができることで。その手段として何があるのか、それが言葉だと。だからこそ、「琉球新報」の役割やそれを引用するということ。  最初に「今は無い場所を語るということについて」と述べたのですが、今は無い場所を語る行為自体が矛盾を孕んでいて、語ることによって今は無い場所が今に残されていくのだと。そして、メタ読みをしてしまうのですが、この作品自体もまた「ムイ」なんだと。数年、数十年したらこの作品も「ムイ」のように無くなってしまうのかもしれません。ただ、語り続けることによって、その時の今に残されるかもしれないですね。だから、ひとまず今の僕がこの作品を今に残すためにコメントしました。

3
羽田恭
作品へ
(2021-02-23)

忘れ去られていく記憶や記録を淡々と綴っていく。 そのような物は誰もが持っているわけでもなかったりするし、残す意思や能力を持っているとも限らない。 貴重な記録と記憶を残し、見せてくれたのだと思います。 良い物を残してくれて、感謝です。

1
AB
なかたつさんへ
(2021-02-24)

そうですね。コメントを読んでそうかもしれないと思えます。自分自身でも忘れてしまいそうになることを書き残している。それはもう幾分の記憶違いがあるでしょうが。で、なぜそんなことを伝えようとしたのか、自分では分かりません。 といいつつも、この詩らしきものは、明確な言葉は使っていものの、何がテーマなのかは判りやすいかな、と思っています。 どの程度の強度でそれを感じてくれるのか、読み手に託してしまっています。あなたにあげる、です。 読んでくれて、コメント残してくれてありがとうございます。

1
AB
yasu.naさんへ
(2021-02-24)

何回かコメント読み返してました。まだうまく返せないのですが、最後のほうに述べられている「そのまま」伝えることはやはり大切だなと、考えています。

0
AB
羽田恭さんへ
(2021-02-24)

お読みいただき、ありがとうございます。 読んだかた、それぞれに感じてもらえたら幸いです。コメント嬉しく思います。

0
エイクピア
作品へ
(2021-02-25)

那覇市小禄と言うと相当な激戦地だったと仄聞して居ります。太平洋戦争の本土決戦、空襲などで不発弾がまだ処理されて居ない現実を考えて見ました。自然破壊や、限界集落など、時の推移と共に変わって行く事と変わらないもの残るもの、骨や不発弾、事故や禁忌。子供の頃の思い出。詩が時を奏でて絨毯を作っている様でした。

2
藤 一紀
作品へ
(2021-02-25)

こんばんは。 >島によくある御嶽、ウグヮンジュ >あるいは内地によくある日和見山 >のようなものだったのかもしれません と語り手にとっては判然とはしない語り口になっているのですが、 >途中 岩を抱くように歩き >また 四つん這いでしか通れない >そんなところもありましたが >子供でも歩ける小さな道が上まで通じていたので という箇所は、そうは書かれていないのだけれども、実は召集された「少年兵」たちが行き来するために作られたのでは、と考えました。ところが語り手にとっては昔のことだからそれを知らない。となるとコメント冒頭に引用した詩行のようになるかもしれないな、と。 しかしもしかしたら「先生」は知っていて、時々見ていたかもしれないですね。だから見つけたのかも。もちろんこれもそうとは書かれていない私の想像です。 けれどもそうした想像を引き起こすのに十分な叙述(語り)になっていると思います。そして想像ついでに続けると「人骨」も子どものものだったかもしれない。 しかし、想像はひとまずこのへんにしておきます。 時間が経っても時間から取り残されたように《そのまま》になっている場所での >かん高い機械音に見上げた空に >超音速の飛行機雲 は、まるで傷跡や悲鳴でもあるかのようです。冒頭での高さの体験とここでの高さの体験は同じそれであっても全く異なるものになっています。この対比は全く秀逸です。 しかしそれを証すモノや場所は失われてしまった、という語りこそがすべてを残している。語りのもつ力というものを見たように思います。 ありがとうございます。

1
AB
エイクピアさんへ
(2021-02-26)

うろ覚えですが、これは実体験で(齢ばれますね)、那覇からはだいぶはなれた田舎で育ちましたので、小禄という地勢を把握していませんでした。車やバスで通過するぐらいで。コメントいただいて改めて地図というか地勢を確認して、そのとおりに大変な場所であったろうと想像できます。ものを知らずに引用してました。限界集落とつなげたエイクピアさんの感性もひかれます。コメントありがとうございます。

0
AB
藤 一紀さんへ
(2021-02-26)

藤さんの書かれたこととずれますが、 >「少年兵」たちが行き来するため というのは気持ちが持っていかれます。戦時中だけでなく、まだ行き来していたのか、ということ。少年兵でなくても、子供たちはいろんな型で命を落としたはずです。 んん、書いていいかどうかわかりませんが、当時の壕で「なーひん(もっと)」と言って黒砂糖をせがんだだけで、うるさいと言われて命を落とした子供の話など、多くあります。そのへんとつながってしまいました。 んと、この作品自体は記憶もおぼろげなので、そのときの感情もあまり残っていません。 あれは戦地に向かう飛行機だったか、とか、ハーフの同級生のお父さんだったかもとか、思い返して、ぐるぐる思うところがあるというところ。それを、なかたつさんへのコメントにも書きましたが、あなたにあげる、という感じです。 んん、だいぶ不要なこと語ってしまいました。すみません。コメントありがとうございます。

1
AB
羽田恭さんへ
(2021-03-02)

推薦文 ありがとうございます。 おそらく推薦文にコメントすると名前がでちゃうので、ここで御礼を。もう、20年ほど前の文章ですが、出してみて良かったです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2