女 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

   

もし僕がロウソクだったとしたら 女の部屋で光っていたい 女の吐息の混じった空気を 黄色く青く白く燃やして だんだん小さくなってゆき 最後は女の指で果てたい (芯を摘んで、じゅっと火を消す指)

scroll


作成日時 2021-01-24
コメント日時 2021-01-28
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

女 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 967.0
お気に入り数: 3
投票数   : 8
ポイント数 : 4
#現代詩 #縦書き #受賞作
項目全期間(2021/02/25現在)投稿後10日間
叙情性22
前衛性00
可読性22
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント44
 平均値  中央値 
叙情性22
前衛性00
可読性22
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合44
閲覧指数:967.0
2021/02/25 05時21分30秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

女 コメントセクション

コメント数(12)
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2021-01-24)

エロティックなイメージが描かれているようでもあるけれど、最後の括弧内の言葉を読んだときに死の床にいる人の願いが現れているようにも感じました。ろうそくの影みたいに読み手の立ち位置や、そのときの心境でゆらゆらと感想が揺れそうで短い詩ですが時間を置いて読み直したくなる作品だと感じました。

1
福まる
福まる
作品へ
(2021-01-24)

確かにエロティックな詩だと思うのですがなんか直球できているように見えて考えさせられます

1
藤 一紀
作品へ
(2021-01-25)

こんにちは。ロウソクの長さが人の寿命を表していて、燃え尽きる時が人の死ぬ時という昔話を思い出しました。それでいうと燃えているロウソクはその人の命の表象なのでしょう。彼が人生を生きている時の。 個人的な話で、私はロウソクを「燃えながら溶ける」と喩えたことがあって、そこにはエロティックな含みをもたせていたのですが、それから考えるとこの作品のロウソクもそういうものととれなくもありません。しかし、そうではないというところに行き着きました。 ロウソクの炎は「燃える」ものですが、 >女の部屋で光っていたい とあるように、「燃えていたい」ではない。 >女の吐息の混じった空気を >黄色く青く白く燃やして と、ここでは「燃やす」のだけど、それは《空気を》であって、部屋の空気に変化を与えることです。その部屋の空気を《女》は吸って生活していて、時には溜めこんだ《吐息》も吐くのだけど、吸い込む空気は変化したそれになります。このことは直接的に《女》に対して働きかけるのでなく、間接的に、それと気づかれないよう、自然なこととして働きかけたいということを示しているように思います。単純には「《空気》を変えたい」ということになるでしょうか。 そうしながら、 >だんだん小さくなってゆき >最後は女の指で果てたい ということ。《燃やし》ながら、《小さくなって》、《果てる》、それが《僕》の願望であるとすれば、それをすること、そのために生きることが、《僕》が光るということになるのではないでしょうか。 >女の部屋で光っていたい が、なぜ「燃えていたい」ではなく、《光っていたい》なのか、その理由がここにあるように思います。雑に言うとすれば、《女》を動かす主人公としてではなく、《女》を主人公とした脇役的な位置に立つことに自分の人生を費やしたいということになるかもしれません。静かですが決して弱くはない、それこそ蝋燭の炎に似た愛情を感じます。 それは自己犠牲からくる愛情かと言うとそうではない。なぜなら、《女》は指に火傷の跡を残すかもしれないのだから。 そのようなあり方ができたら素晴らしいのかもしれないけど、そうはなかなかできないのが自我をもって生きている人間の哀しい性であって、でも、だからこそ願うことの美しさがあるのかもしれません。 最後に、《女》視点に立てば、火傷を顧みず消すことに隠された思いはどんなものなのか、想像したくなりました。

1
沙一
作品へ
(2021-01-26)

ロウソクって、古風ですよね。照明としてはまずつかわれなくなったし、現代ならアロマキャンドルのほうがありふれていて、それなら女の部屋にあっても違和感ない。だけどよりによって僕は、ロウソクだったとしたらと妄想する。ほかでもなく、ロウソクを連想させるシチュエーションがあったのではないかと考えました。たとえば、お仏壇とか・・・ んん、この作品の女はもしかしたら未亡人なのでは? その女の寂しさに寄り添いたい、それでロウソクになって女の部屋で光っていたい、という願望がうまれたのかもしれないなと。そんな想像をしたら官能性がさらに増したように思いました。もちろんロウソクに男性器のメタファーもみていたことはいうまでもありません。 お葬式のように、死を身近に感じたとき、人は生存本能によって性欲が高まるらしいです。ちなみに私は、喪服を着た女性に色っぽさを感じます。笑

2
雨野小夜美
雨野小夜美
作品へ
(2021-01-26)

自分のような学の浅い人間が批評していいのかどうかわかりませんが、とにかく感動しました!! 短い中に、中身がぎゅっと詰まっていて素敵です。

1
蛾兆ボルカ
沙一さんへ
(2021-01-28)

ご鑑賞頂き、ありがとうございます。 死の影をエロスの光に変貌させてくれる女性って素敵だな、と思います。お仏壇に向う寡婦にせよ、SMの女王様にせよ。または共に生きるふつうの女性にせよ。 比喩については恥ずかしいので自解はしませんが、自分では気に入ってます。ありがとうございました。

0
蛾兆ボルカ
帆場 蔵人@⚰さんへ
(2021-01-28)

コメントありがとうございます。 最終行について、何故カッコなのか(カッコ書きであることが良い感じだけど)、というご意見を別所である方から頂きました。 その時、他の行と視点が異なるから(死後の?/射精後の?)、このカッコは作者にとってはわりと必然なんですよ、とお答えしました。 その時の心境で感想がゆらゆら揺れそうとのこと、この作品にとっては光栄です。私も年中「女」が好きなわけではありませんし、様々な想いがありますし、人と人はそうしたものでしょうから。

0
鈴木 海飛
作品へ
(2021-01-28)

このローソクは太い 芯も太い 熱でとろけ、 こぼれる滴さえも 太い。 ドクンドクンッと脈打つローソク そういう詩のローソクから放たれるひかりに照らされてるひと そういう想像してる人の横顔がわたしの好みです。 (なんのこっちゃ) 繊細で隠しきれない、 野望に似た野太さを なぜかローソクの光の当たらないところから感じました。

1
蛾兆ボルカ
藤 一紀さんへ
(2021-01-28)

エロティックなもの以外の角度へのご鑑賞、ありがとうございます。 殆どいつでもですが、この詩についても降りてきたヴィジョンそのものは大きな球体のようなもので、それをある角度から一次元的に言葉の連なりで記しています。 ヴィジョンには多様な側面や部分がありますので、読者によって受け取りも様々かと。 他所である方から、この詩は死と生に関する哲学的な作品だと言われまして、その時に明かしましたので、こちらでも記しますが、最初に言葉した瞬間には、「女の部屋」ではなく、「泣いている女の部屋」でした。 ご鑑賞ありがとうございました。

1
蛾兆ボルカ
福まるさんへ
(2021-01-28)

コメントありがとうございます。 おそらく、水中を進む光のようなものなのかも知れません。 光はある意味直進しますが、場の影響で屈曲しますし、反射や分岐や散乱もします。 作者的には直球を心がけたのですが、男と女も(人生と性愛も)密度や温度がいろいろですから。

0
蛾兆ボルカ
雨野小夜美さんへ
(2021-01-28)

コメントありがとうございます。 とても嬉しいです。 私は男性なので、書きやすい男性視点で書きましたが、この作品ではタイトルがタイトルですので。この作品は女性から全く嫌われてしまうようでは、独りよがりなんだろうな、と思ってました。 ありがとうございました。

0
蛾兆ボルカ
鈴木 海飛さんへ
(2021-01-28)

ご鑑賞ありがとうございます。 僕は鑑賞されるのは好きなのですけど、ローソクのサイズと作者の横顔を並べた鑑賞を拝読しますと、流石に恥ずかしさというか照れのようなものを感じますな(笑) 昔僕は、踊り子さんの体よりも顔をじっと観てしまって、叱られたことがあります。 何にしましても愉しんで頂けたようで幸甚です。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3