まいご - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

まいご    

住宅街にも墓がある しらない道に片方だけの手袋が落ちている 坂道をくだる自転車は速くなる それにわたしは急に、ふかい空をみてしまう もう何も知らないことにする 枯れたイチゴをみる まだ思い出すことがある もっともっと足音をたてずに歩く 朝も夜もきらいだ うしろで父親が 「あんたはなにをいうとるんや」と言った そこからふっと、日曜日がはじまる これは決して一人では見つからなかった


作成日時 2021-01-17
コメント日時 2021-02-04
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

まいご ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 16
P V 数 : 1430.6
お気に入り数: 3
投票数   : 9
ポイント数 : 14
#現代詩 #受賞作
項目全期間(2021/02/25現在)投稿後10日間
叙情性43
前衛性00
可読性33
エンタメ10
技巧54
音韻00
構成10
総合ポイント1410
 平均値  中央値 
叙情性0.81
前衛性00
可読性0.61
 エンタメ0.20
技巧11
音韻00
構成0.20
総合2.83
閲覧指数:1430.6
2021/02/25 05時55分29秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

まいご コメントセクション

コメント数(16)
ryinx
ryinx
作品へ
(2021-01-17)

この作品ものすごく好きです。 なにがどう好きなのかという事を読み解いて、伝える能力がないのがもどかしいのですが、 僕にとっては、素晴らしい作品だと思います。 なんだかとっても切ない感情を呼び起こされました。 なにがどういう風に良いと思ったのかきちんと伝えられたら、いいのにって思います。 言葉のここがどうというのではなく、 詩作品の上手、あるいはそうではないという事を説明する能力や自分なりの軸のない僕でも はじめて聴く、聴いたことのない良い音楽に感覚が痺れるような、そういう気持ちになりました。

1
斉藤木馬
作品へ
(2021-01-17)

感情的な部分にあえてフォーカスせず、出来事や行動を中心に描いていく筆致がとても好みでした。「もう」「まだ」等が行間を膨らませており、描かれずに置かれているものに思いを馳せました。最終行の「決して」という部分に作中話者の人生の年輪を感じます。例えば、ひとりで生きようとすればするほど誰かを頼らざるを得なくなっていくような。

1
武田地球
ryinx さんへ
(2021-01-18)

おはようございます。 コメントをとてもとてもありがたく受け止めています。 感覚がしびれる、そのように誰かに届いていくような詩を、もっと考えて、もっと丁寧に書いていけたらとおもいます。

1
武田地球
斉藤木馬さんへ
(2021-01-18)

ご無沙汰しています。コメントうれしい。 描かれずに置かれている、常々意識してそのようにありたいと思っています。 それから話者の人生の年輪からのご指摘、おもしろいものですね。 またがんばって詩を書いていきます。目にとめて読んでくださって本当にありがとうございました。

0
奥村うみ
奥村うみ
作品へ
(2021-01-19)

淡々と紡がれる言葉の裏で、確かに心情が変化していくのを感じました。 直接的な心情の描写がほとんど見られないまま、話者の抱えているものが見えないなままで、感情の変化が表現されているように思えて、不思議な心地がしました。真ん中にぽっかり空白があるような。

2
沙一
作品へ
(2021-01-19)

  住宅街にも墓がある 生活のなかにもたしかに死の予感があるという実感の換喩、この一行だけでもじゅうぶんに詩的です。 急に、ふかい空をみてしまうことも、あの宇宙の底のしれなさを想うとき、深淵を覗くかのような虚無感におそわれることがやはりあるように思います。それは死を想うことにも通じているのかもしれません。 そんななか、うしろから父親の声がきこえる。私はこの父親から、なんだかもっと大きな父性そのもの、つまりは神さまのように見守ってくれている存在を思いうかべました。そういえば日曜日といえば、安息日ですね。まいごとは、迷える子羊のことでもあるようで、ここには神さまとの心の邂逅がえがかれているように思えました。

2
武田地球
奥村うみさんへ
(2021-01-20)

おはようございます。 変化が表現できている、うれしいです。 ぽっかり空白のある詩、これからもよく考えて、そのように書いて行きたいと思います。 コメントいただいて、勉強になりました。ありがとうございました。

0
武田地球
沙一さんへ
(2021-01-20)

まず一行目、そのように受け止めてくださって、とてもとてもうれしく思いました。 住宅街にも墓があるような瞬間を見逃さないように、詩を書いたり、わたし個人としてもそのように生きていきたいです。 じぶんの見たものや知ったことをなるべく上手に伝えられるようにすること、それがいまのわたしの課題のように思うので、これからもがんばります。 読んで頂いたこと、励みになりました。ありがとうございました。

0
トビラ
作品へ
(2021-01-24)

この作品を拝読して思ったことが、町中を歩いて町中を描いた作品だなということです。 (まあ、自転車に乗ってなのかもしれませんが) 読んでいてメディア情報をあまり感じなくて、作者が実際に感じた町の雰囲気をそのまま言葉にしたように思いました。 メディア情報は、テレビ、インターネット、ラジオ等々ですけど。 そういう情報の混じり気が少ないように感じます。 例えば、冒頭の、 >住宅街にも墓がある この後に、だから怖いや不吉や反対に気分が高ぶるということもなく、ただ単に町の中に墓があるとだけ書いてある。 住宅街に墓というシチュエーションに、強い意味づけをすることもなく、ただそうあるままに書いてある。 もし、住宅街に墓という風景に過剰な意味づけをするなら、それは墓を怪談に結びつく一つの記号として描くことも出来ると思います。 でも、作者はそれをせずにただそうあるままに >住宅街にも墓がある とだけ書く。 そうすることでかえって、作品の中に、日常の中に死が当たり前にあるという死生観が表れ、また読者である僕たちにも、死は当たり前にあるということを思い出させてもくれる。 それは自然なことだと。 怖がらせるような脅すのとは違う筆致で。 そういう意味で、全体を通して現実をよりそのままに書いてあるように感じ。 それは、例えば、収入が低いとモテない結婚できないや、宝くじが当たると幸せといった通俗的な常識に基づいたリアリティではないと思います。 作者本人が実際に触れた日常生活での現実を、正確に描こうとしたリアリティに感じます。 それはどちらと言えば、夜になれば暗くなり、朝になれば明るくなるという自然の規則に近い気もします。 個人的には、そういう当たり前のことこそが本当の奇跡なのではないかと思うのですよ。 だって、夜なのに突然明るくなったり、暗いままに夜を迎えるということはないでしょう。 そういうことなく(おそらく)何十億年もそれが続いている。 それって、とっても奇跡的なことだと思う、僕は。 この作品の中では、何か「特別」なことが起こるわけではないと思います。 ただ、特別な日常が続いている。 その当たり前の特別さを描き出している。 そういう作品だと思いました。 「まいご」。 というタイトルではありますけど、僕はそんなに迷子になっているという印象は受けないですね。 作者自身が道に迷っている感じはしないです。 むしろ、「探険」を楽しんでいるような感じさえします。 ただ、 >うしろで父親が >「あんたはなにをいうとるんや」と言った ここですね。 自分の中では正しいと思う道を進んでいる、でも他の人から疑問を呈されることで、悩んでしまう迷ってしまう。 これでいいのか?、と。 メディア情報もそうですね。 メディアには情報があふれている。 そういうのを見ていると、自分はこれでいいのか?や、これじゃダメだと思ってしまうことがある。 この作品の中ではそういうメディア情報は少ないと思いますが。 ただ、父親からの一言で、心が揺れているように感じます。 そういう“ゆらぎ”は、メディア情報があふれている現代では感じやすいものだとも思います。 そういう意味で、現代的であり普遍的でもあると思いますよ。 みんなけっこう迷子なんだと思います、今は。 個人的なことを言えば、朝も夜も好きになってほしいですね。 そうすれば、朝も夜も味方しやすくなると思いますから。 まあ、もちろん、無理にとは言いませんけれど。 思ったことをつらつらと書いていたら、まとまりのない長いものになってしまいましたので、このへんにしておきます。

1
福まる
福まる
作品へ
(2021-01-24)

寂しいようでいて最後の父親の登場で少しほっとしました登場人物は何かに疲れているのでしょうか?

0
武田地球
トビラさんへ
(2021-01-25)

こんばんは。 たしかに町を歩きながら書きました。 あたりまえの特別さ、ほんとうにそうですね、すごいことですね、それを忘れないようにしたいです。 わたしには朝も夜もすきな時もあります、そんな瞬間もいつか詩にしてみたいです。 たくさん書いてくださってありがとうございます。 興味深く読み、とても勉強になりました。 また頑張ります。

0
武田地球
福まるさんへ
(2021-01-25)

こんばんは。 さみしさからすこしほっとして頂けたなら、よかったです。 すごく疲れている時も、誰かや何かをきっかけに急に救われたりします。 そんな劇的な一瞬を見逃さないようにできたらと思います。 コメントありがとうございました。

0
水上 耀
作品へ
(2021-01-25)

私がおなじ街中を同じように歩いたとしても、本作で取り上げられている情景に着眼することはできないだろうという確信があります。 そういった「視点の違い」を感じることができる文章こそが詩なのだと、最近は強く思います。 取り上げられる情景はどれも「収束」「終わり」をイメージさせられるものでした。 自身を含めた全てがそこへ向かうことを意識し、そしてその事実を理解・受容しながらも、そのような流れの中でなお「生きたい」という微かな光のような感情を作品全体から感じました。 そしてその「生きたい」という感情は決して自分だけ生きられればよいという自分本意のものではなく、主人公のまわりの人々をまるっと包み込んだ「共に生きたい」という願いとして存在するように感じました。 街並み、そして作者の抱いている想いに大きな広がりを感じさせられました。 月並みな言葉で申し訳ないですが、私はとても好きです。

1
武田地球
水上 耀さんへ
(2021-01-25)

お久しぶりです。コメントを頂くことができて、とても嬉しいのです。 視点の違いを感じることができる文章が詩、心がけたいです。 作者の抱いている想いに大きな広がり、もっともっとそのように書いていきたいです。 とても好きと添えてくださったこと、ありがとうございます。何より、幸せになることばですね。 色々と反省もある詩なのですが、結果的にみなさんにがそれぞれにすごく素敵に読んでくださって、なんだか嬉しくも思います。 また楽しくがんばって書きます。水上さんも、どうかよい日々をお過ごしくださいね。

0
エイクピア
作品へ
(2021-02-04)

ふと、落ちている手袋、それも片方だけが落ちていることが多いと言う内容を詠んだ短歌の事を思い浮かべました。 >もっともっと足音をたてずに歩く >朝も夜もきらいだ この二行が印象的で、枯れた苺はなんであろうかと思いました。

1
武田地球
エイクピアさんへ
(2021-02-04)

こんばんは。そんな短歌があるのですね。読んでみたいです。 印象的だと言って頂いた2行、だいじに考えてみます。ありがとうございました。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2