この詩を奴らに渡すな - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

この作品は読んだことがありません。


批評対象
作品を読む

この詩を奴らに渡すな    

<批評対象作品>
ナウ タイムス


 筆者が羽田恭氏の詩「ナウ タイムス」に対して好意的な評価を与えた最大の理由は「機械化された労働に祈りを見出した」という詩人の敬虔な態度である。現代都市の労働は役割が細分化され、全体の業務のどこに関わっているか、自分の目の前の労働は誰の業務の結果から生まれたものなのか、自分のこなした労働は次の誰の労働を生むのか、などを知ることができず、労働による達成感がことごとく失われた世界だといえる。全体を俯瞰し、目標達成の一から十までを知り尽くしたうえで労働をこなす達成感は、ごくわずかな人間の手中にしかない。  そうした、達成感の欠如した労働の中で、労働者は何を希望にして目の前の業務に取り組むべきか。それは「祈り」だということを、この「ナウ タイムス」では訴えているのではないか――筆者はそう思ったのだ。 >自分はもう スイッチ押して >材料を入れて 製品を出すだけの >機会の一部として作動をし続けている >あと数百 同じ動作をし続ける  第二連のこの四行は、繰り返される修行の中でトランス状態に入るさまの喩えとも読み取れる。その労働の姿に「個の埋没」と、「世界への無責任」を見て取ることもできるだろう。しかし、世界の絶望に直面した無力な人間が出来ることは、限られている。その限られたなかで出来ることとして、この詩の語り手は「労働」に、一つの希望を見出しているのは明らかだ。 >切り出された製品よ 均一な性能で 世に出て >人々を救え >切り子よ ヒルコとして >恵比寿となって帰って来い  第五連は、科学への無邪気な信奉ともとれるかもしれないが、これは機械化労働に対する詩の語り手の切実な「祈り」であると筆者は受け取った。巨大な世界の中のちっぽけな自分ができることは何かを考えた末、この詩の語り手は、NC旋盤で削り出された製品に菩薩を、切り子に恵比寿を見出したのだ。  ところで、問題は第六連冒頭三行である。 >モノクロ映画の中で >機械の一部のようになった人間を揶揄されていた >人々の為に 苦痛を除く製品を作る事に 誰が人格を否定しうるだろうか  この詩のコメント欄で議論になっている、羽田恭氏の標榜した「機械は菩薩」と、藤一紀氏の指摘する「システムの一部になることを自ら選んで自足している」の意識の差異の是非は、この部分、つまり、チャップリンの映画「モダン・タイムス」への批判の是非ともいえるだろう。これはつまり「人を救うため文明を発展させ、そのなかで個人はシステムの犠牲になってもよいのか」という問題とも言い換えられる。  この問題に気付いたとき、私はどちらが正しいか、正直、迷った。しかし、この詩を読んで、感動したのは事実だった。私はこの自己犠牲の精神を、美しいと思う。一つの使命感のもと、誰かの救いになると信じて、一所懸命に業務に取り組む。その迷いを振り払った姿は、涙を誘われるような気がする。  しかし、それは危険なのだ。  この自己犠牲の勤勉さを狙う輩はどの時代にもいて、それは時に国家権力であったり、大企業であったり、宗教であったりする。藤一紀氏の指摘する「システムの一部になること」を勤勉な小市民に求めているのはまさに「力ある者たち」であり、そういうシステムの中に組み込まれる形で個人が利用され、その結果として格差が広がっていることを藤一紀氏も痛感しているからこそ、この詩への痛烈な批判を行ったのだろう。  この詩はよくできている。利用価値がある。だからこそ力ある者たちに利用される前に、まず、この批評文を読んでいるあなたが、この批評文で書かれていることをいったん忘れて、実際の詩を読んで、つまり詩人から詩を直接受け取って、考えてほしい。考えた結果、つまらなかったとか、わからなかったとか、こういう発想は否定すべきだとか、そう思うのは個人の自由だろう(羽田恭さんごめんなさい、でもそのあたりの感想にさらされるのはご理解の上でビーレビに投稿されてると思いますので)。つまり、第三者――とくに、私益のために利用しようとする者たち――に解釈を規定される前に、読んでもらいたいのだ。  この詩を奴らに渡すな。  むろん、この批評文が十全なものだと書いた本人も思っていないので、異論、反論、存分に、こちらのコメント欄で行ってほしい。  皆さんの労働が、希望に満ちたものでありますように。


作成日時 2021-01-17
コメント日時 2021-02-01

この詩を奴らに渡すな ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 1035.4
お気に入り数: 1
投票数   : 0

この詩を奴らに渡すな コメントセクション

コメント数(13)
羽田恭
作品へ
(2021-01-17)

見事に書いてくれました! >そうした、達成感の欠如した労働の中で、労働者は何を希望にして目の前の業務に取り組むべきか。それは「祈り」だということを、この「ナウ タイムス」では訴えているのではないか >その限られたなかで出来ることとして、この詩の語り手は「労働」に、一つの希望を見出しているのは明らかだ。 つまりこれを言いたかったのです。 >羽田恭氏の標榜した「機械は菩薩」と、藤一紀氏の指摘する「システムの一部になることを自ら選んで自足している」の意識の差異の是非は、この部分、つまり、チャップリンの映画「モダン・タイムス」への批判の是非ともいえるだろう。これはつまり「人を救うため文明を発展させ、そのなかで個人はシステムの犠牲になってもよいのか」という問題とも言い換えられる。 ここは自分がうかつだった点です。 もう少し、功罪があるとかそういう事も書くべきでした。 >つまり、第三者――とくに、私益のために利用しようとする者たち――に解釈を規定される前に、読んでもらいたいのだ。 > > この詩を奴らに渡すな。 これを書いて下さり、感謝の念で一杯です。 >皆さんの労働が、希望に満ちたものでありますように。 自分もまたこれを祈ります。 皆さんの時に苦痛かもしれないその労働が、よりよい物を時間を、作り出しますように。

3
藤 一紀
作品へ
(2021-01-17)

こんにちは。興味深く読みました。その上でコメントさせていただきます。多少長めなので(これはいつものことか笑)二回に分けますね。 >自分はもう スイッチ押して >材料を入れて 製品を出すだけの >機会の一部として作動をし続けている >あと数百 同じ動作をし続ける 小林さんの文章によると《第二連のこの四行は、繰り返される修行の中でトランス状態に入るさまの喩えとも読み取れる。その労働の姿に「個の埋没」と、「世界への無責任」を見て取ることもできるだろう。》とあります。しかし残念ながら《繰り返される修行の中でトランス状態に入るさまの喩え》とは受け取れなかったし、《その労働の姿に「個の埋没」と、「世界への無責任」を見て取ること》もできませんでした。私には、少なくとも第三連までは、日々の単純作業に勤しみながらもモノが出来上がっていく過程を虚ろな目で淡々と確認する、倦怠感に包まれた作業者の様子が汲み取れただけです。したがって先の四行で《「労働」に一つの希望を見出している》とは全く感じることができません。 また《絶望》は《達成感の欠如した》状況にあるのではなく、現代の巨大な資本主義経済の構造のなかでは、個人の達成感などというものすら「労働力」のもとに回収されてしまうところにあるのではないでしょうか。 ところで、単純作業によって製造され検品され市場に出された《均一》な製品は物質的な豊かさを消費者にもたらします。しかし、そのようなモノを作るための労働者はそのことによって「労働力」として均一化されてしまう。そこでは生産過程を円滑に機能することが優先され、労働者個人が感じる達成感や苦渋(人格や人間性)は問題にされません。そして「労働力」として均一化(モノ化)されるということは当然交換(代替)も使い捨ても可能であるということです。このようなことによっても三連目までの流れは、先に書いた「倦怠感に包まれた作業者の様子」として読めるのです。(ただし、作者が「現代社会によってそのような状況に陥った人物像」として、つまり、ある種の社会批判として彼を登場させたというのであれば話は別です) そして、そのように読んだからこそ、四連目以降に変化がでてきます。すなわち、均一化され交換も使い捨ても可能な「労働力」でしかない者が《世に出て/人々を救え》、《恵比寿となって帰って来い》などという人間的な声を発しているところに見るべきところもあるのです。けれども表現としては〈祈り〉というにはまだ弱いように私は思います。これだけの表現で〈祈り〉とするにはまだ悲痛さが足りないように思う。「叶うなら」というひと言があればまた違っていたかもしれませんがそれもわかりません。表現としての弱さについて言えば、六連目の《人々の為に/苦痛を除く製品を作る事に/誰が人格を否定しうるだろうか》の《しうるだろうか》も弱い。「労働力」ではなく一人格をもった労働者として、この現在にモノを造ることを肯定し、それに従事することを肯定するならば、《しうるだろうか》では昇華する力に欠けているように感じます。ここはもっと強く出てほしかった。その方が後に続く三行にも力が乗っただろうと思います。それというのも、いかに構造上、「労働力」として均一化され交換可能な数の一つと《人格を否定》されようと、モノと人の違いのひとつは、自ら思い且つ声をもつところにあるのだから。それすら強い力を持ちえないにせよ、です。 (続く)

3
藤 一紀
作品へ
(2021-01-17)

(続き) ここで「チャップリンの映画」について触れると、私がそれを観たのは中学生の時ではっきりと記憶にないのですが、作品中で《揶揄されていた》という点について、それは決して《揶揄》というものではなく、彼特有のユーモアではなかったでしょうか。要するに近代社会がもたらした人間の悲哀や社会への怒りというものを批判としてそのままぶつけるのでなく笑いに転化したのではないかと考えることもできます。ユーモアというのはどこか悲哀や怒りに触れているように私は思うのです。 話を戻します。先に私は〈四連目以降に変化が出てきます〉と書き、〈均一化され交換も使い捨ても可能な「労働力」でしかない者が《世に出て/人々を救え》、《恵比寿となって帰って来い》などという人間的な声を発しているところに見るべきところもある〉と書きました。さらに〈いかに構造上、「労働力」として均一化され交換可能な数の一つと《人格を否定》されようと、モノと人の違いのひとつは、自ら思い且つ声をもつところにある〉とし、〈それすら強い力を持ちえないにせよ〉とも書きました。ここから言えることは一旦は声を発しはじめながら、にもかかわらず最終連で《機械の一部となる》こと──この部分こそ、まさに私が《埋没》と書いたところです──のどこが〈祈り〉に結びつくだろうかということです。〈祈り〉さえ確固たる力を発揮しえない現実に対して、モノや機械ではない人の思いや声を消してしまうのであれば、なんのために顔をだした人格(人間性)であったのか。小林さんは《一つの使命感のもと、誰かの救いになると信じて、一所懸命に業務に取り組む。その迷いを振り払った姿は、涙を誘われるような気がする。》と書き、それを《自己犠牲の精神》として《美しい》と言うけれど、それならば作品の語り手にとって労働は信仰で、この作品は信仰告白、そして信仰である以上「労働力」として殉じるしかない。それを美しいとは私は思いません。むしろ、自己犠牲も祈りも通用しないと知りつつなお《機械の一部》にならずに、現在地から声を発するべきではなかったかと考えます。いずれにせよ、《機械の一部》になったところで作品として昇華する力が失われてしまったように感じます。以上です。 長々と失礼しました。

3
小林素顔
羽田恭さんへ
(2021-01-17)

手探りながら選評を書きましたが、いかがだったでしょうか。お気に召しましたら幸いです。が、この選評文自体へのご批判も虚心坦懐に受けなければなりません。私も反省すべき点が多いです。つきましては、その弁明にあたって羽田さんを失望させるような言動もあるかもしれませんが、ご容赦ください。

1
小林素顔
藤 一紀さんへ
(2021-01-17)

藤さんのご指摘を受けて感じたのは、「私が崇高だと感じていた宗教的行為としての労働は、思考停止のための反復運動なのではないか」ということでした。考えることも、声を上げることも、行動することもできる人間が、「祈り」と名付けた自己陶酔のなかでシステムに組み込まれていくことは、たしかに問題です。 今回の選評文に対して、他からも批判があったことは事実です。批判の本文の貼り付けは控えますが、私がその指摘を受けて理解した内容を端的に言えば「私はこの詩人と虚無の傷をなめあっているだけなのかもしれない」ということでした。 宗教的な思考停止は、時として迷える人間に対して安らぎを与えますが、それが人間としての尊厳を保証するものでないことを、私はよく考えずに羽田さんの詩を鑑賞していたと思います。羽田さんには大変失礼なことを申し上げていることになるのですが、それでも私は自分の視野狭窄を認めて、考えを改めなければならないと、そう思いました。

1
&
作品へ
(2021-01-18)

「祈り」みたいな宗教的な価値が近代以降の産業的な功利性と結びついて生まれたのが資本主義だ……みたいな話がウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』だったと思うんですけど、そっちに回帰してないかな、というのが率直な感想です。 「そのせいで二度の世界大戦が起きましたよね?」みたいな戦後の話が21世紀に入ってやや陳腐な響きを伴って聞こえてしまう気持ちもわかりますけど、逆張りしすぎて変なとこまで回帰しすぎると危険な感じがします。 「祈り」どころか「身体」や「家族」、「愛」までも資本主義社会はとっくの昔に飲み込んでおり、今の労働の問題は企業が「創造性」やら「コミュニケーション能力」やらといった感性や感情までも労働力(ないし商品)とみなしはじめたところにある気がします。そこに反発するのか、あるいは加速主義的に自ら飲み込まれながら加速させ、破綻させていくのかという選択肢の中で何を選んでいくのかが課題なのかなあ、と思いました~

3
田中修子
作品へ
(2021-01-18)

こんばんは、先日ツイキャスで通りがかったとき「な~んか物足りない」と書いてしまったのでその理由がなんなのか考えに来ました。 とりあえず全体の流れをざっと見て、そもそも「この詩を奴らに渡すな」というタイトルが「大げさすぎるんだよなぁ」と。日本の詩の世界で、詩がやつら、つまり【国家権力であったり、大企業であったり、宗教】に利用されたことって何回あるのでしょうか。少なくとも私は戦中詩しか知らない。 奴らに渡すなも何も、無料で叩き売ろうとしても引き取ってもらうことすら難しいのが今の、というより戦中詩を除いての日本の詩の伝統というか、そういう歴史がある。 そういう現実的な流れを見ていないから、「この詩を奴らに渡すな」というタイトルが一種、批評を書いた作者の誇大妄想的なものに思えてしまった。 この批評は「俺はこの詩をすごくいいと思ったからいろんな人に読んでほしい」という熱烈なラブレターで、ラブレターのあて先はネットに漂流している人々だと思うんだけれども、その人々がどれくらいこのタイトルでこの批評文を読みたくなるか謎だなあと。だって、パッと読めば、私ですら「そもそも日本の詩が権力に使われたことなんてほとんどないじゃん」と突っ込みたくなってしまうのだから。 ビーレビを批評家を育てる場所にしようか、という案をツイキャスで耳にし始めてから、過去、私は私の兄が映画評論家を目指していたことを思い出したのだが、批評というのはめちゃくちゃ奥が深い世界だ。兄は、就職しながら年間二百本くらいビデオ込みで映画を見ていたし、映画の歴史の勉強もしていた。映画の雑誌とかパンフもごちゃごちゃ部屋に広がっていて、口を開けば、映画の話しか出てこなかった。 面白い批評家がうまれる場所には、面白い作品がうまれる。と先輩が言っていて、いまの詩壇には、そういった批評家がいないらしい。批評家というのはそのジャンルへの愛の塊の人だ。 そのジャンルへの、古典から最新作、一般的には評価されない作まで、膨大な知識の塊であること。 それら自分の知識を、批評する一作品に引き寄せてその作品の切り口を一般大衆に見せることのできる人であること。 その切り口を持つためには、そのジャンルだけれでなく、多くの芸術や現実の事柄への興味もまた摂取し続けなくてはならない。 小林さんには、作品を愛する熱意はあるけれども、もしこれから批評をやるにはとりあえず詩の歴史をかじってみてはどうだろう。そうすれば、格段に「この作品、俺がおもしろいって言ってんだから面白いんだよ!」みたいな実感がうまれると思うから。 ※ツイキャスのコメントで、「自分ができるかどうかは別として」というずるい逃げ道を作ったのは、私自身批評をやるにはいろんなものがまだまだ欠落しているから。「俺はこの作品を愛している!」という小林さんの熱意ある姿勢に敬意を表します。

3
うたたね 宥樹〔記〕
小林素顔さんへ
(2021-01-18)

(ツイッターにも書きましたが) 素顔氏が推す詩「ナウ タイムス」とこの批評を読んで昨日、まあ後でも良かろう、と思っていた斎藤幸平「人新世の『資本論』」を買ってきて読んでます。それぐらいには機能している文章なので、その熱量は手放さないでくださいね♪ それにしても、なんだか皆、素顔氏に手厳しいなぁ。。。! (と、今はいない批評家の卵? はるしにゃん氏のことをぼんやり思い浮かべつつ)

0
小林素顔
&さんへ
(2021-01-19)

悔しいですが、私の論は論にも至らないような、戦争の片棒を担ぎかねない無知蒙昧なのでしょう。ともすると自分のあらゆる発想が、商品に変換されて格差と全体主義を加速させる有頂天なのだと考えると、軽々しく批評するのも気を付けなければならないのかもしれません。

1
小林素顔
田中修子さんへ
(2021-01-19)

我ながら批評と扇動を勘違いしてしまったと反省しております。しかも扇動の質も低く、無知をさらす結果となってしまいました。熱意だけではどうにもなりません。少しずつになってしまうかもしれませんが、これから詩の歴史を勉強していきたいと思います。

1
小林素顔
うたたね 宥樹〔記〕さんへ
(2021-01-19)

私の文章が宥樹さんの読書の活性化につながったのだとしたら幸いです。

1
てんま鱗子
てんま鱗子
作品へ
(2021-02-01)

字が難しくあんまり聞けませんが、励みになりました。私は色々黙っている為人の労働に食違いを発生させ若干停滞させるのです。実際に体を動かして自分が機械になる。ところに美しさがあります。ピンと来ないけど、きっと毎日続けていたら愛着がわく。私はかゆいです、何で労働することのジェントル精神に均等が取れるのか、と思ったら、何かしら機械と人間の菩薩(えにし)なのでしょうか。想像力に恋を感じたが天然であるための労働、実際詩を読んで感じました。

1
小林素顔
てんま鱗子さんへ
(2021-02-01)

この選評文は皆さまからのご指摘が多いので、鵜呑みになさらないでください。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3