詩の動画「四つ角に孤独」 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

詩の動画「四つ角に孤独」    

潔く流れ星 分け隔てなく流れ星 か弱い月のクレーターに集った、いつかの体育祭あと 浮かばれない悲しみは いっそ紙飛行機にして、放てたら良かった とかく声にしないことだった 音声になった瞬間に涙が吹き荒ぶこと、知っていたから 涙にさえしなければ、 誰にも何にも汚されないと握り締めていた 詩が書ける場所を探して歩いた 「いつも今ここ」がその場所だと気がついた 目に見えない時、 聞こえない時 言葉にならない時 詩はいつも血を運んだ 公園内の四つ角には四人の孤独が陣取っているから、初めから負けの決まったゲームで 生まれてから死ぬまで闘うことのどこに一体、嗤う余地などあるのか 拾いきれない数々を 数々も色々も様々も 曖昧な言葉には曖昧なものにだけの覚悟と価値が暮らすから どうしても嫌いにはなれなかった チェーン店が競い合って固有性をなくしていく街を歩きながらこの詩を書いた 隣を見ると、祖母の命が消えた病院が立っていて 想起されたのはあの独特な緑がかった照明だった 耳を塞いで一点だけを見つめて歩いても 僕らの歩みは未開の地よりもそこへ戻るように出来ていた  僕らの歩みはそこに戻るように出来ていた! scrap and build. 前居たオーナー一家が離散した後に 新しい家族が夢を見て移り住んだ この町にも等しく罪はあり どうせ陰の進行は止まらない 詩が剣なら、それは人ではなく 何でもない草花の生み出す酸素の透明な美しさを見つけて 僕とあなたの曖昧な境界を切り裂く為にこそ使われたい 明日にはかげの 明日にはひなたの あなたと僕の、僕とあなたの 変わらない変わらなさを 嘆くだけの人生からたった一歩半歩 震えながら出せなかった透明を 戸惑う時に流れた心臓の血を 詩と呼んで 何度も死んで生きるを繰り返すこの容れ物に、 必ず帰ってくるものの為にこそ 私は死にたい 最期まで生きたい 編詩&写真撮影&動画作成:武田地球 詩&ポエトリーリーディング:クヮン・アイ・ユウ 音楽:騒音のない世界「サンライズ」 制作:詩人Z 編詩前の元テキスト: https://www.breview.org/keijiban/?id=1725


作成日時 2020-03-01
コメント日時 2020-03-18

詩の動画「四つ角に孤独」 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 1208.8
お気に入り数: 4
投票数   : 0
ポイント数 : 74
#現代詩 #動画
項目全期間(2021/01/24現在)投稿後10日間
叙情性1616
前衛性11
可読性55
エンタメ1717
技巧1010
音韻1010
構成1515
総合ポイント7474
 平均値  中央値 
叙情性42.5
前衛性0.30
可読性1.31.5
 エンタメ4.33
技巧2.50
音韻2.50
構成3.82.5
総合18.510
閲覧指数:1208.8
2021/01/24 05時39分47秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

詩の動画「四つ角に孤独」 コメントセクション

コメント数(4)
ariel
ariel
作品へ
(2020-03-03)

この掲示板で今まで読んだ詩の中で、一番心を動かされたかもしれないくらい好きです。詩とは何か、詩を書くとはどういうことかという壮大な問いを、その踠きを、体現している作品だと感じます。 作者さんにとって詩とは、透明と血なのですね。汚れのない純粋な想いと、人間的な踠きと生と死。本当に上手い表現だと思います。どこかに飛ばしてしまいたいような切なさから詩が生まれるけれども、それを言葉で表現し、涙として外に出してしまうとその尊い純粋を殺してしまう感覚、とふても共感します。 構成も見事ですね。詩を書くことの悲しい矛盾を最初の一二連で表現し、この問いに対する答えをそれでも書き続ける詩人の性を、最後の4連で祈り、叫び、締めくくる。特に 「詩が剣なら、それは人ではなく 何でもない草花の生み出す酸素の透明な美しさを見つけて 僕とあなたの曖昧な境界を切り裂く為にこそ使われたい」には痺れます。感情そのものである詩的な言葉は人と人との境界を超えますよね。しかし、ここの曖昧な境界を切り裂くということは、境界をなくすのか、それとも他人と切り離された尖った個になることを目的とするのか、どちらとも取れるので興味深かったです。(特にコンビニの下り、最終連で自己に戻ることから、後者でもありえますね。) 朗読するとまた私の黙読とは雰囲気が違い、おもしろいです。早口でまくし立てる感じ、言葉が溢れる感情に追いついていない感じが朗読では強調されていますね。黙読の時はもっと重々しいのかと思ってたので、印象が変わりました。 本当に素敵な詩を投稿して下さり、ありがとうございました!

抒情:3 前衛:1 可読:2 エンタメ:0 技巧:0 音韻:0 構成:3  
1
クヮン・アイ・ユウ
arielさんへ
(2020-03-05)

arielさん 嬉しいです。心のこもったコメントをくださりありがとうございます。 >「どこかに飛ばしてしまいたいような切なさから詩が生まれるけれども、それを言葉で表現し、涙として外に出してしまうとその尊い純粋を殺してしまう感覚、とふても共感します。」 この箇所を拝読して、なんて素晴らしい表現なんだろうと感じました。ありがとうございます。嬉しいです。 境界の件、ご指摘ありがとうございます。書いた当時のことを遡り考えておりました。 境界線や枠は、おっしゃる通りで、あるから良い、あると良くない、そのどちらもが言えると思います。 >「言葉が溢れる感情に追いついていない感じ」 このようなところにまで感性で受け取っていただけて幸いです。ありがとうございます。 元テキストがあり、編詩版の本作があり、リーディングがあるので、それぞれを味わっていただけましたなら嬉しいです。ありがとうございます。

1
白犬
作品へ
(2020-03-16)

非常に実直な思いのこもった詩。 >とかく声にしないことだった >音声になった瞬間に涙が吹き荒ぶこと、知っていたから >涙にさえしなければ、 >誰にも何にも汚されないと握り締めていた >必ず帰ってくるものの為にこそ >私は死にたい >最期まで生きたい この辺が特に好き。なんでもない草花の ~の連もとても好き。 日常の中を、それでも、真摯に願いを抱いて歩き続けようとする人の姿が浮かんで、応援したくなります。 動画も、声に力が溢れていて、映像も音楽も素敵で、とても良い。元気を貰えます。こんな人達にこそ、春がやって来て欲しい。詩人Zふぁん犬より

0
クヮン・アイ・ユウ
白犬さんへ
(2020-03-18)

コメントに加えて、二箇所をとりあげていただき嬉しいです。後半の方は特に思い入れのある箇所なのでとても嬉しいです。ありがとうございます! 今後もテキストや音声などなど様々な表現をしてゆきたいです!

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2