タビラコとロゼット - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

タビラコとロゼット    

春、七草のひとつタビラコの花をよく見かけます。ロゼットの状態で冬を越したタビラコが茎や葉を伸ばし花を咲かせます。このロゼットの状態とはいったいどのようなものかと申しますと、地面に対し茎を短くし這いつくばった形で放射状に密集して葉をつけている状態のことをロゼットと呼びます。語源は八重咲きの薔薇の花の姿「rosette」からきているようです。ロゼットは身近に見ることができ、アブラナ科のキャベツやキク科のタンポポなどはそのひとつです。合唱曲の歌詞の中で「雪の下の故郷の夜、冷たい風と土の中で。」と歌われているタンポポのそれはロゼットであるといえます。歌詞のように根は土の中で、葉は(冷たい風)土の上で冬越しをします。又、タンポポの種子の方を付け足して申しますと、種により差はありますが、カントウタンポポの種子の発芽時期は9月から10月がもっとも多いといわれています。中には種子の状態で冬越しする丈夫な個体もあるかもしれませんが、タンポポは冬が訪れる前に発芽し、ロゼットの状態で冬越しをした方が何かと都合が良いのかも知れません。 もちろんこのロゼットにも短所があります。ロゼットの状態では前述したように背丈が低いので、他の大型植物との日光争奪戦では影を背負うことになり、光合成をする上で非常に不利になります。ですので大型植物が育てないような厳しい環境を選ぶ必要があります。さて大型植物にとって厳しい環境とはどのような場所なのでしょう。これも意外と身近にあります。水田や畑その畦などです。水田や畑のような人間が介入する環境が大型植物にとって生息し辛いことは火を見るよりも明らかです。このようにして大型植物と競争をしない環境を得れば、ロゼットの背丈が低いという短所も長所に成り替わります。茎を短くしたまま背丈を伸ばす必要がないので、その分だけ栄養を貯めておくことが可能になります。土の温度を利用し冬の外気温から身を守ることもできます。放射状に這いつくばる葉は隣りの個体と葉が重なることを未然に防ぎます。 これらの条件は主題のタビラコにも近いことが云えます。その他にもロゼットで冬越しする植物はたくさんあります。春の七草のうち五つはこのロゼットの状態になっています。セリ、ナズナ、ハハコグサ、ハコベ、そしてこのタビラコです。 キク科のタビラコは大きく分けて3種類あります。そのうち春の七草として一般的に食されるのはコオニタビラコという種類です。その他は、オニタビラコ、ヤブタビラコという種類があります。又、ミズタビラコと呼ばれる植物がありますが、これはムラサキ科の植物でキク科ではないので、見た目も大きく異なります。このミズタビラコの名の由来はコオニタビラコと似たような場所に生息し、開花時期も同じ頃だからではないかと思われます。タビラコは漢字で田平子と書きます。字からでも見てとれるようにタビラコは水田の畦道などで多く見ることができます。この種は現在ではコオニタビラコをさすことが多く、又、コオニタビラコは春の七草では仏の座という名でも呼ばれており、今日も市場で流通しているのも一般的にこのコオニタビラコです。食品店などで春の七草セットとして販売されているのを見たことがあります。しかし購入後、花が咲くまで待ってみると、それはコオニタビラコではなくオニタビラコだったという話もあるようです。ロゼットの状態では農家の人でも間違えるほどに見分けがつきにくい植物です。しかし、何れにしろタビラコはロゼットの部分を蓮華座に例えて仏の座と呼ぶのであります。又、ホトケノザという名の植物が、キク科のタビラコとは別に、シソ科ホトケノザとして存在していることは気をつけておきたいです。従って、キク科のタビラコは、春の七草のときには仏の座(ホトケノザ)と呼び、それ以外はタビラコと呼ぶのが相応しいと思います。 「キク科タビラコの種類は、オニタビラコ・コオニタビラコ・ヤブタビラコの三種類。」 これら三種類のタビラコとはいったいどのような花を咲かせるのかと申しますと、みなさん花を見ていちばん目につくのは花弁かと思われますが、花弁の色は黄色です。その花弁の正確な枚数については個体によって様々でありアバウトなのですが、コオニタビラコの花弁が7枚〜9枚に対しコオニタビラコやヤブタビラコの花弁は18枚と説明している図鑑をみたことがあります。しかし観察時に花弁がいくつか散ってしまっている恐れもありますので、実際には花弁の枚数については非常に説明し難いといえます。 オニタビラコの花径(花の直径)が、その鬼の名とは相反しコオニタビラコやヤブタビラコより小さいことには興味をそそられます。コオニタビラコやヤブタビラコの花径が1センチなのに対し、オニタビラコの花径は0・8ミリ程度です。しかしオニタビラコの背丈はコオニタビラコやヤブタビラコよりも大きく20センチから1メートルまで成長します。葉はギザギザとしたイメージがあり、ロゼットの状態でもその鋸歯の切れ込みは深く、葉裏は多毛で葉先に棘が確認できます。又、オニタビラコには、赤鬼と青鬼があります。葉や茎に赤みを帯びたものをアカオニタビラコと呼び、緑色を帯びているものをアオオニタビラコと呼びます。花弁について少し説明を付け加えておきますと、これらの花弁は一枚がひとつの花です。従ってひとつの花が集まり、我々が目にする花の形を形成しております。これを頭状花と呼びます。又、私の推測でありますが、食するという視点でこれらタビラコを観ると、鬼と小鬼という呼び方の違いで縁起を担がれた時期があったのではないかと考えています。 「オニタビラコと、コオニタビラコやヤブタビラコの違いは花径の大きさで見分けられます。」 次にコオニタビラコとヤブタビラコの見分け方を説明をする前に、おさらいしておきますと、オニタビラコの花径は0・8ミリ、コオニタビラコやヤブタビラコの花径は1センチで、コオニタビラコやヤブタビラコの方がオニタビラコよりも花径が大きいです。 ヤブタビラコの背丈は20センチから40センチまで伸びます。一方コオニタビラコはヤブタビラコに比べて短く20センチまで伸びます。花はどちらも似ており非常に見分けにくいので、葉の違いで見分けるようにしましょう。ヤブタビラコの葉の裏には毛が生えていますが、コオニタビラコの葉の裏には毛が生えていません。ヤブタビラコの葉はコオニタビラコに比べると、鋸歯は深く裂けコオニタビラコのような丸みが少なく、そして葉の先端に小さな棘が確認できます。しかし、ヤブタビラコ・コオニタビラコ・オニタビラコ、これらが交雑しているという説があります。実際に屋外で観察すると、コオニタビラとヤブタビラコを見分けるのは非常に難しいのですが、葉の丸み、棘や毛の有無という点で見分けられると思います。又、ヤブタビラコやコオニタビラコにはオニタビラコと異なり、綿毛(冠毛)がないという点も、見分けるポイントになりましょうが、これも実際に屋外で観察すると綿毛はないが、葉はオニタビラコのように見受けられる個体と遭遇することが多くありますので、コオニタビラコの葉は丸く毛がなく棘がないという点だけで、これが食用に向いているということを想像することで、見分け方の判断の基準にするのがよいと思います。 「仏の座とタビラコ昔からその名については様々な意見があるようです。」 1709年に貝原益軒は「大和本草」で、 《仏の座(ホトケノザ)賤民、飯に加え食う、是れ古に用いし、七種の菜なるべし。一説に仏の座は田平子なり。》 とあります。又同書には、 《黄瓜菜(たびらこ) 本邦人曰、七草ノ菜ノ内、仏座是ナリ。四五月黄花開く。民俗飯に加ヘ蒸食ス。又アヘモノトス。味美シ、無毒。》 ともあります。4月5月に黄色い花をつけるのですから、黄瓜菜はキク科のタビラコの仲間のオニタビラコ・コオニタビラコ・ヤブタビラコ、若しくは同じキク科の二ガナ・ハナニガナであると考えられます。しかし、貝原益軒の「大和本草」では、ホトケノザとタビラコという二つの名に対しその見解がどちらも殆ど同じであり、これに対して物申す人が現れました。牧野富太郎は1943年に「植物記 春の七草」で、 《今日世人が呼ぶ唇形科者のホトケノザを試しに煮て食って見たまえ、ウマク無い者の代表者は正にこの草であるという事が分る、しかし強いて堪えて食えば食えない事は無かろうがマー御免蒙るべきだネ、しかるに貝原の『大和本草』に「賤民飯ニ加エ食ウ」と書いてあるが怪しいもんダ、こんな不味いものを好んで食わなくても外に幾らも味の佳い野草がそこらにザラにあるでは無いか、貝原先生もこれを「正月人日七草ノ一ナリ」と書いていらるるがこれも亦間違いである、そうかと思うと同書タビラコの条に「本邦人日七草ノ菜ノ内仏ノ座是ナリ、四五月黄花開ク、民俗飯ニ加え蒸食ス又アエモノトス味美シ無毒」と書いてあって自家衝突が生じているが、しかしこの第二の方が正説である、同書には更に「一説ニ仏ノ座ハ田平子也ソノ葉蓮華ニ似テ仏ノ座ノ如シソノ葉冬ヨリ生ズ」の文があって、タビラコとホトケノザとが同物であると肯定せられてある、そしてこの正説があるに拘わらず更に唇形科の仏ノ座を春の七種の一つダとしてあるのを観ると貝原先生もちとマゴツイタ所があることが看取せられる》 これを今風に訳しますと、 「現在でいうシソ科のホトケノザを食ってみればわかるだろう、不味い食い物の代表のような植物だ。それでも無理矢理に食べれば食べられないわけでもないけど、これはオススメできないネ。しかし、貝原益軒さんは「大和本草」で、身分の低い人々はこのホトケノザ(シソ科)を飯に混ぜて食うと書いているけれど怪しいもんだ。わざわざこんな不味いものを好んで食べなくても外に出たらこれより美味しい野草がたくさんあるではないか。又、そうかと思うと同書には、ホトケノザ(シソ科)は人日(五節句のひとつ)に食べると書いているけれど、これも間違っている。又、そうかと思うと、同書のタビラコの項に、タビラコは日本の五節句に食べる七草の一つで4月〜5月に黄色い花が咲き、皆はこれを飯に加えて蒸して食べたり、和え物にしても美味しいし毒もないと…。これではホトケノザとタビラコの説明が同じになってしまっているのだが、これは後者のタビラコの方が正しい説明である。又、更に同書には、一説にはホトケノザはタビラコであり、その葉が蓮華座に似ており仏の座のようでその葉は冬から生えている。という文があって、タビラコとホトケノザは同じであると説いているのに、シソ科のホトケノザを春の七草の一つだと言っているなんて、貝原先生も少し迷っておられるようだ。」 となります。 こうして牧野富太郎が、シソ科のホトケノザとキク科のタビラコを区別したうえで、貝原益軒の説に従い黄瓜菜をコオニタビラコと特定したものが、春の七草の仏の座として今に伝わっています。 因みにこの黄瓜菜ですが、現在ではキュウリグサと呼ばれ、それはミズタビラコと同種であるように列記されていることもありますが、キュウリクサとミズタビラコは、同じムラサキ科でありますが、これらは別種であるという見解も見受けられます。 しかし、貝原益軒の「大和本草」以前の1446年の「壒嚢抄」1548年の「運歩色葉集」1585年「連歌至宝抄」では、田平子と仏の座が並んで挙げられています。 「壒嚢抄」に見てみますと、 《或歌には、せりなづな五行たびらく仏座あしなみみなし是や七種》 セリ・ナズナ・ゴギョウ・タビラコ・ホトケノザ・アシナ・ミミナシ とあり、こちらでは田平子と仏の座の両者は同一ではないと考えられています。ここでの仏の座とはコオニタビラコではなく、ムラサキ科のミズタビラコかキュウリクサ、或いはムラサキサギゴケ(後述)ではないかと推測し、そして田平子はキク科のコオニタビラコだと私には見受けられます。そして牧野富太郎が実際に食べたであろう唇形科のホトケノザというのは前述したシソ科のホトケノザのことであります。 又、牧野富太郎が特定したホトケノザであるこのコオニタビラコは1862年、飯沼慾斎の「草木図説」のコオニタビラコの図と列記されてありますが、私からすれば、この飯沼慾斎の「草木図説」のコオニタビラコの図は、コオニタビラコではなく、ヤブタビラコのように見受けられます。 又、貝原益軒の「大和本草」以降の1730年の柏崎永似による「古今沿革考」では、春の七草は7種類に限らず12種類あり、尋常なのが七草であり、またその七草のホトケノザとは、オオバコ(シソ目オオバコ科)のことだと記しています。オオバコという植物もロゼットを形成します。このオオバコは生薬としてとても有名です。 又、タビラコの名にコオニは必要なく農夫達が呼ぶようにタビラコだけで良いのであり、コオニタビラコとは植物学者風の呼び方で、そもそもタビラコはタビラコなのであり、これらは農夫達にはカワラケナ(土器菜)という名で呼ばれており、このカワラケナの古い呼び方がホトケノザだとする説があります。「本草綱目啓蒙」の著者の小野蘭山は、残念なことにこの仏の座はムラサキ科のものとみなしています。しかし、牧野富太郎は「植物学九十年」に、仏の座はカワラケナつまりキク科のタビラコだと書いています。 しかし、先日カワラケナをインターネットで検索すると、牧野富太郎のカワラケナはコオニタビラコの別名という多くの記事の中で、カワラケナはムラサキサギゴケ(ゴマノハグサ科)とする記事が見つかりました。このムラサキサギゴケの花はコオニタビラコ(キク科)よりも、ミズタビラコやキュウリクサ(ムラサキ科)に似ています。このムラサキサギゴケもコオニタビラコと同じように水田などに生息しロゼットを形成します。 小野蘭山は何を見てタビラコがムラサキ科の植物であると述べたのかは不明ですが、一説によりますと、牧野富太郎はホトケノザ(シソ科)を実際に食べたかもしれませんが、小野蘭山は人が食べているのは観察していたけれど、自分自身ではあまり食べなかったというような話もあります。 このように、タビラコひとつにしても名は紆余曲折を経て今に至りますが、それはタビラコにとってはどうでもよいことだと思います。 それは、人日に七草を食するという古よりのしきたりを万民の為に保存しようする問いに対し、多くの植物に対する人間の回答はひとつであることで証明されると思います。 毒草として有名なトリカブトは、ゲンノショウコ(薬草)によく似た葉でロゼットを形成します。他の毒草にもロゼットを形成する種が多くあります。


作成日時 2017-06-29
コメント日時 2017-06-30

タビラコとロゼット ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 3
P V 数 : 226.2
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/05/31現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:226.2
2020/05/31 02時54分20秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

タビラコとロゼット コメントセクション


コメント数(3)
花緒 (2017-06-30):

なんというか、、、短い歴史の中ではありますが、B-REVIEW始まって以来の奇作といいますか、他のどの投稿作にも似ていない本作、大変、興味を持って通読しました。 理系男子がひたすら自身の専門分野を熱く語る様が、(会話の内容はよくわからないけれど)楽しい、とおっしゃる女性が結構たくさんいると聞いたことがあります。私は、植物に特段の関心はありませんが、なんというか、植物に対する熱意や関心がベースにあって綴られているという感覚が伝わってきて、とても楽しく拝読しました。ここに書かれているのは、植物に関する<情報>であるわけですが、植物に特段の関心がない私のような読者からすると、情報の連なりから伝わってくるのは、いわゆる<情報>ではなく、楽しく書かれているという感覚であったり、あるいは、野草一つとっても、様々な見方があり、知れば知るほど分からなくなっていく、という感覚であるように思います。すなわち、情報の連なりが<情報>以外のものを伝える、という、文字を読むことの豊かさを感じた次第であります。 ちなみに、本作は、スクリーンで読むより、紙で読んだ方が良さが伝わりやすいような気がしますね。媒体を選ぶところがあるような気はします。

0
Yoshi (2017-06-30):

花緒さんコメントありがとうございます。 改正版を今月もう一度投稿したいと思っています。

0
Yoshi (2017-06-30):

あ、間違いました来月でした。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1