涵養 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

涵養    

はなびら舞い散り それはわたしの脱け殻さと 慎み歩く小虫に独り語る うつむいた、私のそばを あなたが通りすぎて ふわり風が、うまれる あぁ、もたれた硝子コップのなかで きまって草原をおもいだす 草原を駆ける、するするゆれる草々 風がふくたび、根は伸びゆくようさ ふかく息を吸い込もう。 胸の透明なオルガンに風がおくられて メロディーをゆっくりはいてみる。 おだやつかにおもくゆれていよう ひかり ひかぁり 瞼を柔らかくする光 夜露から朝露へ なまえとおいたちがかわるころ 水のいらなくなった魚が草原を駆ける あかい果実は流れ星の接吻を含み、 熟れきってこぼれ落ちる路傍の石。 拡散した記憶が収束するにつれ、 ほころぶ蕾が開花する桃色の爪先。 ( 子が母をつれ散歩している ちいさき指がなるたけ 痛くしないようにとわたしを摘んだ 花瓶にさした静物画 ) ほら、陽のあたる草原をさかながはしる 幾千の草歌が分裂と融合を繰り返して いそいそと緑の地平線 飛沫をあげる草原の奔走 こがね色つく鳥の群 ざざあぁぁぁあざざぁぁ あとすこしだけでいいから この合唱を聞いていたいと願う 一滴の私が包羅する大地のそこふかく 眠る泉より生じた波紋は耳のなかで 草原と出逢い調和する それは、きりん、きりーんと 夏を思い馳せる やわらかい音なのでした。 硫黄の風がこの身を黄色く細くさせようとも 風ふけば根はりつづけ 咳き込みながらもどうにか花咲かせ ゆるり枯れゆく道へたどりつき うつむくころに共鳴する草原 ただひたすらに あおく微かに しろくかすかに…


作成日時 2017-06-13
コメント日時 2017-06-16

涵養 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 2
P V 数 : 232.6
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/05/31現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:232.6
2020/05/31 03時09分58秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

涵養 コメントセクション


コメント数(2)
まりも (2017-06-13):

慎み歩く小虫、その気配に意識を注ぐ語り手は、いったい、誰なのだろう・・・ 〈一滴の私が包羅する大地のそこふかく〉いってき、ひとしずくの私、大地の底深くからわき出す「私」、〈もたれた硝子コップのなかで/きまって草原をおもいだす〉「私」・・・摘み取られた一輪の花、コップにもたれた一輪の花、その花びらが散る様を想いました。 〈胸の透明なオルガンに風がおくられて メロディーをゆっくりはいてみる。〉 摘み取られた花は、あとは死していくだけ、なのでしょうか。本当の命へと還っていく、その間際に見る夢・・・その花の胸の中で、透明なオルガンが鳴り、その響きが思い出された草原を渡る風に溶け、心ははるか草原へと戻っていく。 〈夜露から朝露へ なまえとおいたちがかわるころ 水のいらなくなった魚が草原を駆ける〉ここから続く、息を長く吐きながら大きく盛り上げていくような一連、豊かなイメージが交錯している空間から、一輪の花が生まれ落ちるまでの・・・夢から現への移り変わりを描いているようで、特に惹かれた一節でした。

0
るるりら (2017-06-16):

この作品は、妖精の視点で書かれたものだと、私には 思えます。 「ざざあぁぁぁあざざぁぁ」「ふわり風が、うまれる」や「ひかり ひかぁり 」などというように まるで そよ風が おしゃべりしているかのように やわらかな表現をふんだんに使用されていますが、なぜか題名だけは いかめしい題名をつけておられる。「涵養」という文字は画数の多い文字に なにやら育む優しさを感じます。そこから私が想像したことは ふるい書物に書かれた妖精が 本から飛び出ししてそこかしこで おしゃべれをしているというような情景が 個人的には浮かびました。 ≫夜露から朝露へ ≫なまえとおいたちがかわるころ 人を揶揄するときの表現に「露ほどの良識も持ち合わせていない」などという言い方をすることがありますが、この詩の次元でいう 露ほどの良識とは 計ることのできない豊さだと思いました。朝露と夜露とでは 生い立ちは実際に違うはずです。 植物の蒸散作用などの働きで 朝露と夜露は違う。生い立ちだなんて よくお書きになれたなあと 溜息がでます。 ≫水のいらなくなった魚が草原を駆ける ↑この箇所なのですが、 すべての陸上の動物は、水のいらなくなった 魚という捉え方も可能ですが、この詩の題名を踏まえて つまり、より良い状況に読者が自身を導けるための詩であると とらえてみますと、 わたしの場合は わたしが手放すことのできないしがらみを 手放し、自由を得るイメージを想起しました。 わたしは、この詩のファンです。 ≫こがね色つく鳥の群 ここが宮沢賢治の春と修羅なみに わたしには理解が しがたかったです。 なぜ こがね色の鳥を飛ばしたのかなと。ただ 妖精の視点と私は感じてしまっているので 黄金色も 妖精のイメージカラーなのかな。などと勝手に思いました。 ≫それは、きりん、きりーんと ↑ここだって(幼児のような 妖精言葉のような きらきらに 思えます。) (すみません いつにもまして感想が ふにゃふにゃになりました。 ) そして ああ しかし わたしは この詩のファンです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1