燃焼を終えたロケットにではなく、 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

燃焼を終えたロケットにではなく、    

‪誰かの歌詞やその他の言葉にときどき、励まされるみたいにして自分の言葉にだって支えられたいと思う。そして残念ながら、そういうことは起こり辛い。 これはどういうことか。 それは、「僕が僕の世界の外には本当にはゆけない」ということが関係しているのだろうなと思う。でなければ、僕は何度だってあの歌詞やその他の言葉みたいに、自分の言葉にだって励まされて来たはずなのだ。 僕は僕が背負う酸素ボンベに僕の言葉を注入して歩いている。自家発電だ。そしてこれにはいつか限界が来る。だからこそ誰かを探している。そこから放たれる言葉を探している。 僕はここで出来る限り探索を続けるつもりだ。希望なしに終わるのが先か、いくつかの希望とともに終わるのが先か。それはわからない。どちらにしても終わることだけ、それだけは確かなことだ。 どこか知らない場所の、知らないあなたが、旅立つと決めたのなら、僕は出来る限りの拍手と願いを贈りたい。願いはだいたいが届かないが、この拍手があなたの、あなたのその闇の最中でこそ真に鳴り響くときのことを想っている。 この先誰にもわからない場所で、いつかあなたと何度だって再会したい。 今朝、ロケットが打ち上がるのを見ていました。いつも私は、切り離されたもののその後が気になって仕方がありませんでした。私みたいだったから。 けれど今は、今だけは違います。突き進むことにしたあなたに思いを馳せて。


作成日時 2017-06-02
コメント日時 2017-06-18

燃焼を終えたロケットにではなく、 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 361.0
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/05/31現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:361.0
2020/05/31 04時07分29秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

燃焼を終えたロケットにではなく、 コメントセクション


コメント数(10)
花緒 (2017-06-02):

ユウさんの作品は、まとまりがいいし、バランス調整も上手いし、何かしらのトリックというか趣向が凝らされてもいて、いつも楽しませてもらっています。言葉、というものに対する、絶望と言おうか、限界のようなものが書かれているのだけれど、最終練が、うまくポエジーに繋がっていると思いました。<あなた>を言葉と読み換えるような感覚で、わたしは本作を読ませて頂きました。蛇足ながら、叙述の仕方にライト感があるので、例のごとく、評は割れるのだろうか、ということも思いました。はい。

0
渡辺八畳 (2017-06-03):

もしかして「今朝、ロケットが打ち上がるのを見ていました。」は6/1の9時に打ち上げられた準天頂衛星「みちびき」2号機ですかね。丁度現実にもロケットのイベントがあったのでもしやと思っているのですが。

0
クヮン・アイ・ユウ (2017-06-07):

花緒さま コメントをくださりありがとうございます。 そもそも語彙が少ないから平易な言葉で書くしかないということを認めたいと思います。それは間違いなくあります。 私がもしもっと多くの言葉を知っていたらどんな詩を書くのかということを考えています。自由選択が可能な言葉からどんな言葉を出して来て、誰にわかるように書くのか。そんなことを考えています。 そもそも私に語彙が足りないので、想像の届かないところにある考えではあるのですが、どうしても考えてしまいます。 難解な、想像の余地がたくさんある詩は、どんな人にとって喜ばれるものなのかということを考えています。もちろんこれは否定的な意見ではないのです。ただ、気になっていました。 ひとりごとのような形で書いてしまい申し訳ないです。 コメントをくださり、ありがとうございました。

0
クヮン・アイ・ユウ (2017-06-07):

祝儀敷さま コメントをくださりありがとうございます。 すみません。お話いただいた出来事について全く知らないで書いてありました。 実は、ある方が新しいことにチャレンジされていく姿を見まして、そこから書いた詩でした。

0
まりも (2017-06-08):

「僕は僕が背負う酸素ボンベに僕の言葉を注入して歩いている。自家発電だ。そしてこれにはいつか限界が来る。」ここが、素晴らしいと思いました。 自分で自分を励まし続ける、その不毛さ・・・だからこそ、他者の言葉が、あたらしい、新鮮な酸素となって、エネルギーとなって、わたし、の中に流入してくる、その瞬間に飢えている。 「誰かの~励まされて来たはずなのだ。」ここは、飛行場でいえば滑走路の部分。そこから、離陸していく言葉が、「~酸素ボンベに僕の言葉を注入して~」という、飛躍の部分ですね。前半を、あえてもっと論文調のしかめっ面にしてみる、とか、前半を(  )にくくって、「僕は僕が背負う酸素ボンベに~」からスパンと始まっている、感じにするか・・・ きっと、前半部分の、自分の中でいろいろ考えてたどり着くまでの道程を「伝えよう」とし過ぎているのかもしれません。そうすると、ちょっと説明ぽくなりますね・・・。 中盤から後半で(一見すると飛躍しすぎていて、読者が置いてきぼりにされそうな気がするかもしれない部分)前半の想いは、充分に伝わるように思います。

0
ユーカラ (2017-06-08):

クワン・アイ・ユウさん、こんにちは。 コメントの返信の中に、どなたかの新たな挑戦する姿を思い浮かべて書かれた詩だということを目にしまして、成る程と得心しました。 今までは、ロケットの、切り離され、取り残されていく部分に自分を重ね合わせて、切なく悲しい、不憫な気持ちに囚われていたのが、その方の前に進む姿に触発されて(勿論それだけではなく、ご自身の成長された精神力、生命力がそうさせていらっしゃるのだと思いますが)、進む方へと気持ちと眼差しがシフトしていっている、というところに、静かな力強さを感じさせる作品だな、と思いました。すべての人へのエールのように。

0
クヮン・アイ・ユウ (2017-06-10):

まりもさま おはようございます。 「素晴らしい」と人様から言っていただけることの喜びは、他に代えられないものだなと味わっております。ありがとうございます。 詩には、どうやって深くにある大切なメッセージを届けるかという向き合い方がありつつも、一方で、伝えようとし過ぎないという向き合い方もあるのだなと、人様からすれば「今更何を言っているんだ」と言われてしまうようなことを、今になって考えています。 こういったバランスを取ることはとても難しいのですね。そしてそれがあった方がいいのか、あるいは、などと考えてはよくわからなくもなります。 混乱したりわからないということは、自分にとって大切な状態だと思いますので、いただいたお言葉から考えることをやめないでいたいと思います。 ありがとうございます。

0
クヮン・アイ・ユウ (2017-06-10):

ユーカラさま コメントをくださり、ありがとうございます。 逆にコメント欄がなかったらどんな詩として届いていたのだろうということを考えています。 私の詩は、自らの生き方に近いところで受け取っていただいているのだなということをコメントから感じ取りました。 逆に言えば私から切り離すことが必要なのかも知れません。 例えば作中の幸せが私の幸せでなく、不幸もまた然り。といったように届けられるようにもしてゆきたいです。ありがとうございます。

0
るるりら (2017-06-15):

こんにちは この詩には 真実が収められているなと 実直に受け取れた作品でした。 ほかの方も着目しておられますが、 ≫僕が僕の世界の外には本当にはゆけない お釈迦様の手の中で移動し世界の果てを観ようとした孫悟空のように すべての人は どうしたって 自分の世界の外には 行くことができない。どこまで行っても移動しただけ自分の世界だという、客観的に考えれば あたりまえに、はっと させられました。 ロケットが宇宙で軌道を得るロケットの部分よりも 燃え尽きるという役目を終えて うちすてられる部分へのほうに 心がゆさぶられがちだという話者に 共感をおぼえました。 ≫私みたいだったから。と書いておられるところが とても気になります。 いまは、燃えているあなたを応援してる。いまはね。という切なさを思いました。 わたくしごとになりますが、わたしの家族が 自立して巣立っていった日が 私がこの詩を読んだ初読だったので、言葉が 私に 刺さってくるように思えました。 わたしの家族にも ちょうど 「突き進むことにしたあなた」という言い方にふさわしい人物がいるので、わたしの心に ずんと来ました。 良寛さんは「 散る桜 残る桜も 散る桜 」と いったそうです。 散ったロケットは 役目を終えるのが 軌道にのるロケットよりも早いのかもしれない。 刹那を生きるロケットという感じがしました。壮大ななかに とても人間味があって 魅力的な作品でした。 ≫この先誰にもわからない場所で、いつかあなたと何度だって再会したい。 ↑ 命がつきても生まれなおしてでも応援するような熱を 感じました。 でも この行だけは なにかどこかが描き方に熟してないような気がしました。わたしが、この行が肝だと 勘違いしているだけかもしれません。

0
クヮン・アイ・ユウ (2017-06-18):

るるりらさま 初めまして。コメントをくださり、ありがとうございます。「実直に受け取れた」と言っていただきとても嬉しいです。ありがとうございます。 るるりらさまの心に届いたことを受けて、詩を書いてよかったと思いました。 桜の件、面白いお話ですね。 そうなると、最後はみな散るわけですが、そのことにただ悲観するだけでなく、自分より先に行った方々の健闘を心から願える私になれたらいいなと思っていました。私もきっと誰かにそう願っていただいているのかも知れませんし、現在地の尊さだってきっとあるのだろうなと考えています。 描き方に熟してないような、とおっしゃっていただいた点、お言葉を受けて考えるとやはりそれはおっしゃる通りかも知れないなと考えております。ロケットではないですが、そういった勢いで詩を書く私の弱さかも知れません。 ありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1