5or6(ゴロちゃん。)

投稿作品数: 25 コメント数: 152プロフィール: 主にサブカルやテレビや見たこと感じた事を自分が詠んできた詩のような文で綴ったりしています。引用リプはフリーです。第一詩集。「cElebrAtion」Amazonからネット書籍で発売してます。ネットCD「signify」はこちらです。https://t.co/FzUqOzw8Ef

投稿作品

リボン

2017-05-17

結婚

2017-07-28

リチウム

2017-08-14

カテーテル

2017-10-15

ホーリー

2017-12-23

2018-01-11

ノノシル

2018-02-10

入院

2018-05-03

角質

2018-09-01

「蒼」

2018-09-09

サルビア

2018-10-04

御節と鰹節

2018-11-28

コメント

初めまして。 サブカルを混ぜながらイメージを繋げる手法は時代に翻弄されがちですが、今回の作品は首の皮一枚のギリギリのせめぎ合いが緊張感を高めているように感じました。 後は如何に現代詩を小馬鹿にしているのを隠喩で包み込むか、そんな風に思ったりしました。 (月を慰労する)

2017-03-12

爆弾岩がやってきたよ。 今回の写真屋の親父、まだカッコつけているな、と感じました。もっとクソミソになって最後写真館が爆破しても良かったかな?とビートたけし世代は感じましたが時代はそうもいってられないですね。 変わるものに取り残される感、良かったです。 (ルウさんちの写真館)

2017-03-12

初めまして。 僕の世界系の作品は作者の魅力を如何に出し切るか、ですが上手く幕の内弁当🍱的にまとまった作品だと思いました。 しかし自分はいつもトンカツ弁当を頼んでしまうので眺めて通り過ぎてしまいます。 バランスの悪い読者ですみません。 脂ぎったラインを求めてしまうので、 失礼しました。 (セパレータ)

2017-03-12

先ずはビーレビュー。とても密度の濃いサイトと思います。どんどん盛り上げてメディアに取り上げられますように願っております。 3.11、あの頃から現在までの間で変化した表現の仕方、メディアの対応、芸術のあり方、その意味にまで、あらゆる感覚が一度流され、また引き戻される、その節が6年という歳月なら、なんと短い波の狭間なんだろうと、35年ローンで買った一軒家の庭先に届くサイレンを聴きながら思いました。 積み上がる黒い袋の山々が福島を包み込んでいく中、私は原子力発電所内で災害対策工事を続けています。 何も見ぬまま、調べぬまま、他人からの情報に流されて、原発反対とか言うのはどうかと思いますが、これもまた表現の変化なのでしょう。 ちなみに福島の桃は大好物ですし、避難してきた子供をイジメるヤツを見つけたらゲンコツで気絶するまで殴り続けます。 そんなイメージで生きてます。(暴力ダメ!絶対!) あ、他の方の詩も読んでます。感想も書きますので出禁だけは勘弁して下さい。(出禁ダメ!絶対!) では。 (メルトダウン)

2017-03-11

もとこさん、感想ありがとうございます。 私は静岡生まれの静岡育ちで大体の茶っ葉は大体新茶ですが、原発関係という立場としてあの事故は震災ではなく、人災と感じています。それはトンデモ的な秘密兵器で云々ではなく、生活の中で、見て見ぬ振りをして暮らしていた、地球の悲鳴のような、ってこれみもトンデモか、ただ、あの時の絶望感を忘れないように今後も地元を守るよう努力していきたいです。 (メルトダウン)

2017-03-12

まりもさん。 読んでくれてありがとうございます。 確かに一行開けの余韻も必要だな、と感じました。次回に予定してます詩集の時は直しておきます。あ、本日より第三詩集、idEoplAsty2 https://www.amazon.co.jp/dp/B06XK33FBG/ref=cm_sw_r_tw_awdo_x_59KXyb0S8A1F8 @amazonJP が発売してます。 よろしくお願い申し上げます。では。 (メルトダウン)

2017-03-13

三浦さん、百均さん。レスありがとうございます。 6年前と今の福島で変わった事。この目でみて、肌で感じて、伝えていく。それはやはり福島に居なければわからない事です。自分はただ、メルトダウンと書いた。 そこから広がる主観こそが読む側の真実なのでしょう。それはすでに作者から離れたものです。 願い、希望、啓示、そんな他人任せな事より真実は自分で探すしかない。 そんな気持ちでニュースを見て、原発に向かっています。 では。 (メルトダウン)

2017-03-18

訳のわからない英語が書かれているベトナム製の安いtシャツを着た日本人をアメリカ人が見た感想と訳のわからない日本語が書かれている中国製のtシャツを着たアメリカ人を日本人が見た感想は同じでしょうか? グーグル翻訳で事足りるような文章をありのままに読む社会。世界の情勢はわかっても隣の住人の情報はわからない社会。 ネット詩人たちも先ずは身近な人たちから理解するべきだと考えている時点で周りからは何考えているかわからない人と思われています。 つまり他とは違うとは気にしないものを記入する心です。 (Without knowing anything, but not do anything, the bomb is dropped, children are blown off.)

2017-04-02

皆さんの意見、返詩、ありがとうございます。 最近は詩から音にシフトしてましてご無沙汰となっていました。 詩は感じるもの派なので分析も解説もできませんが好きな詩は好きと伝えたい想いは大事にしていこうと思います。 (Without knowing anything, but not do anything, the bomb is dropped, children are blown off.)

2017-05-02

ネット詩長くやっているnicoさんですかね? わおん 良いですね。 (乙女たちはハッシュタグを忍ばせて)

2017-05-03

ネットで長く書かれている方でしょうね。 ブリッジの飛躍さが慣れている感じがしました。 ただ言いたい事は先走りしすぎて後半のフックが少し弱い気がしました。 好きな世界観です。 (20170425)

2017-04-29

ニヒリズムが効いていて好きな詩です。流れが出来てますね、他の詩も読みたいと思いました。 (やさしい無機質)

2017-04-29

良い目を持っているし、変に力入ってない文の流れも好きです。 また作品を読みたいです。 (牛肉)

2017-05-02

あるワンカットのシーンが見えました。 情緒ある描写でした。 タイトルは時間だけでも良いかなと思いました。 (午前10時のあおいそら)

2017-05-03

クア、ちがうクワ、あれ?ワが小さくならんな、むーん。ということで、クーちゃん。(馴れ馴れしいよ!)オッさんのKIMOCHIをくんでくれてありがとうございます。ゴールデンウィーク楽しんでますか? 私は家族に内緒で一人マツリセッションに行ってきましたよ。この罪悪感を忘れるかのようにビールを飲みながら日比谷野音でユラユラしてました。本当に豚野郎です。 祝儀敷さん。 本当はスーパービュー踊り子な気分でしたけど韻が悪いのでイベリコ豚風にしてみた事、見透かされちゃいましたか。 流石です。 その眼力で読みますと文章とは言えないとは重々承知の助ですが勢い、ロックな気分も出したかったのであえて推敲しませんでした。 感想ありがとうございます。 (スーパー踊り子豚野郎)

2017-05-06

三浦さん。ありがとうございます。着の身着のまま木ノ実ナナ。そんなオッサンのオナニー詩でした。バックトューザジャングル。 (スーパー踊り子豚野郎)

2017-05-11

ホルモンの歌詞みたいだけど中々難しいバランスをこなしていて上手だと思いました。 (がんじゃまんたけし)

2017-05-13

スミレの意味とこれから がハクモクレンの盛りあわされた白のキャンパスに描かれて行く未来が気になりました。これからも読ませて下さい。 (そこ)

2017-05-13

返詩、感想ありがとうございます。もはや詩を書く意味も意図も忘れてしまった頃の作品ですが、ただ一つ、覚えているのは新宿アルタ前広場で始発を待つ少女達がホストに誘われてまた歌舞伎町へと舞い戻って行く姿を書きたかったという事です。 一つ一つには意味がないように意味を含ませているのは全てに意味があるように一つ一つの意味を無くしています。 捏ね上げる両手を絵にしてもらえたら幸いです。 (リボン)

2017-05-27

この、意味のない、というスタイルを貫くのか飽きるのかその先を目指すのか、で作者が意味あるものになります。 もぐらの鼻先、可愛い。 そんなイメージが残りました。もぐらの鼻先、なんか湿ってそう。触りたい。次回もなんか可愛いイメージを一つお願いします。 (鼓と 雨垂れのつづき)

2017-06-11

方向性や韻律に重点を置いているのは自分好みですが蜜柑の酸っぱさで攻めるのか甘さで攻めるのかがしっかり見えていたらスカッとしました。 (み・か・ん・賣・り・の・言)

2017-06-03

ラーメン🍜=ポエムと置き換えればゴキブリ=ポエジーとなる訳ですが、 黒くてしぶとく中々死なない生理的に嫌なもの、は日常でそんなには見ませんよね。それは僕たちが見ようとしてないのか、はたまたゴキちゃんが見せないようにしているのか、目立つゴキブリは羽ばたこうとしますがすぐに叩かれて消されます。それがこの世界のポエジーとしたら悲しいと思いましたがゴキブリだから良いか、とも感じました。ご、き、ぶ〜り男。(ザコシショウの歌) (DO_NOT_CROSS_THE_BORDER #2)

2017-06-11

花 びら と可視効果を施し直喩をかける手腕。美しい行間ですが、同型射。で区切った意味があまり映らなかったと思いました。 短歌とか上手そうですね。 面白かったです。 (names)

2017-06-26

非常に高度な技術をやんわりと感覚で流している ネット詩の中でも好きな方です。韻律の組み込み方が好みと書いた方がいいのかもしれません。 これは感覚での話です。 ねじれの行間、AからBではなく、AかAのようなパート進行。それに伴うノイズ的な濁音をこれほど出さない作者も珍しいです。 また作品をお待ちしてます。 (砂糖菓子とブレスレット)

2017-07-01

すみません。訂正箇所。AかAのようなパート進行。 AからAのようなパート進行。 です。 (砂糖菓子とブレスレット)

2017-07-01

まだ削れるし、まだ書ける。 そんな作品だと思います。 なにも完結してない事は 良い事でもあり悪い事かもしれません。 ただシリアスさを持続させるにはキャラも確立していかないとギャグになりますので注意が必要です。その匙加減が今後の鍵かと思いました。 (泣きボクロちぎり取って投げた、金魚たちが食ってら)

2017-07-01

ゆらゆらと舟に乗っているような流れで全体の感じは好きでした。 ただ直接的な言葉がコツコツと当たって飛沫がかかる感じがしました。 愛の意味を伝えるよりは感じたいと日々生きています。 (眼差しによって心が通うこと)

2017-07-10

泥棒さんもいい加減カッコつけてないで詩集出してもらいたいですね。 やってるスタイルは理解出来るし真似も出来るが叙情は真似できません。 泥棒だけに手癖はたけてますが玉にそれが鼻に付く時があります。それが良さであり、Bという頭文字に縛られている感でもあります。つまりまだRになれないLのままのプレイ。祈りではないただの皮肉で固める大人のお遊びを表している。と 皮肉に思ったりしました。 (変なプレイ)

2017-07-08

英語よくわからないのでバナナさん。 正にその通りですね。 サイファーをしているところは一度も見てないので見に行きたいです。 今、ラップバトルが流行ってますがそれ以前のシーンから日本のアンダーグラウンドでのヒップホップは好きです。 しかしながらラッパーにはなりたくはありません。即興の難しさ、推敲の難しさ、どちらもわかるわからない関係なく日々文字を考えてます。 良い読者ではない。と書かれてますが悪い読者の定義は作品に対して酷評する事でしょうか?作者の人格を否定する感想を書いて快楽を得る変態の事でしょうか? 自分にはわかりませんがバナナさんの詩の方向性はわかるつもりですし好みです。 イラッとさせたのなら多分イラっとさせたい気分で書いてしまったのかもしれません。 それは推敲の余地があるのか、このままでいくのかは作品としての位置から考えて行きたいと考えてます。 たまたま朝ラーで早起きして店先ですすりながらの返信で失礼します。 (ポエケットは明日両国でやるってよ。と書いたが、なんにも響かなかった。)

2017-07-09

花緒さん。ポエケット、収穫があったようでなによりです。 自分の方は茄子が取れましたよ。 さて、この詩はビーレビューの事を書いているのか?という読みはそう書かれてそうなのか?と思いました。実際これは頭に流れてきた情報を垂れ流しただけのもので、無意識の中の自意識を表現 してます。なので、ビーレビューの事が含まれているなら意識の中にあるんですね、なるほど、と思いました。 (ポエケットは明日両国でやるってよ。と書いたが、なんにも響かなかった。)

2017-07-10

過去の作品から見させてもらいました。 淡い水彩画のようなイメージが伝わりました。 線をわざとぼやけさせた感覚です。 こういう詩集を沢山読みました。 自分はすでに変態ですので脂ギッシュで極太の線で描かれたキュビズムな詩があればいいな。と思ったりもします。 名前の読み方、もしくは愛称とか教えてもらえたら近づきやすくなるかもしれませんね。 (水のおぼえ)

2017-07-09

宇宙人が人間らしくてまともなんですね。 前後に挟み込まれた情報よりも数字に込められたドラマチックな変動が確かに詩でした。 (RETURNING_TO_THE_SECOND_UNIVERSE)

2017-07-13

赤子から始まるオートライティング形式での連想イマジン。このテクニックは書き手側は楽しいですがその文は中々読み手には届かない、いわゆるオナニーポエムになるのが大半ですが、この詩は中々良い意味でも悪い意味でもギリギリのところで堪えていると思いました。 エログロやナンセンスの 手前、その先にある狂気が届きたいのか傍観するのか、作者の方向性が楽しみです。 (赤子)

2017-07-19

文学好きでは無い自分でもストレス無く読めました。 多分、ずるぷかる君のお陰でしょう。不確かな情報の中に確実な数字が刻まれているとそれが道しるべのように安心して最後までたどり着きました。生きてて良かった。 (縁)

2017-07-17

とても良い韻律でした。 リズム感がある方ですね。 内容も流れるようでつまづくようで歩くような走るみたいな そんな昼下がりを思う深夜に早い朝はつらかったり楽しんだり読みました。 (無能)

2017-07-18

詩の教科書は詩集、という概念は好きではないのですが、イメージの連鎖、構成、飛躍する言葉のチョイス、行間、韻律、これらを勉強するのにはやはり先人たちの詩を解体していくのが一番ではないかと思います。 白島さんの詩には指示する言葉と標識になる言葉があり、それらが一連の道しるべとなり進むので無駄がない言葉の連なり となっています。 一連目ではイメージの核となる扉と空があり、 空から雲、扉から岩壁、言葉から唇、飛沫から水底、空、水底、扉、これらに絡む、あおい、ガラス、この、あおいガラス、が効いてますね。 青いガラスだとガラスが強くなってしまう感じがします。 このように最後まで書いていくのはまるでピンセットで昆虫の皮を剥いていくような気持ちになるのでやめますが、とても勉強になりました。 晩年、とは書いておりますがまだまだこれからでは無いのでしょうか? 失礼しました。 (扉)

2017-07-20

最初の宇宙人の詩からファンです。 内容はカイコもイタリアもさっぱりわかりません。そりゃ湯でカリカリもしますわ。この頭に入ってこない感。素晴らしいです。いつか詩集作ってください。 (カイコ~東にあるイタリア~)

2017-07-24

皆さんコメントありがとうございます。 アポリネールが好きなのもありますがやはり自分は引き算の美学が好きですね。この詩は多分kaz.さんぐらいの年の作品ですのでまだ結婚はしていないしする気も無い頃でしたので結婚にどんな幻想を抱いていたかはもう忘れましたが、結婚イコール終着とは思ってはいませんでしたよ。この詩には女性は動かず男が絶えず動きます。しかし変化は女性の方であり、最終的には男はいなくなります。妊の字の数は10でつまり男は妊娠がわかっても中々女性の元には行かず、子供が生まれる十ヶ月目でやっと結婚を決意する。という意味も込めてます。結婚は子供の為。という考え方は昔から変わってはいません。 が、自分は出来ちゃった婚では無いので悪しからず。 では。 (結婚)

2017-07-29

なるほど、確かに下手な解説で一行一月になってしまうように見えます。 時間の流れをどう表すのか、これを考えるのも今後の課題かな?と思いました。 また楽しみが増えました。ありがとうございました。 (結婚)

2017-07-29

皆様のコメントを読み、眠っていた作品でも様々な意見がある事、こういう詩を攻撃される事なく置ける事に感謝しております。詩もただ現代詩というカテゴリーではなく、絵画や音楽のように様々なジャンルに区別して発表出来る場も必要ではないかと思っております。全てがクロスオーバーを望んではいないだろうし、ロックが好きな人、ソウルが好きな人がいつでも解り合えるわけでもないからです。この場も様々なスタイルの詩が発表されていますが自分も過去の作品と絡めながら新しいスタイルを見つけていこうと考えてます。 失礼しました。 (結婚)

2017-07-29

詩集、「誰にも見えない薔薇」は長編詩ですが読めました。それは詩集という枠内で始まりと終わりが見えているからです。こういった精神の開放を歌う詩は叫んでしまいがちですが、kaz.さんの狂気にはまだまだ知的なものが見えてしまい、悪い意味で笑えない真面目さが最後まで完走するのに抵抗があるんですね。つまり、終わりが見えない。フィニッシュをどう持っていくか、かつて松本人志の作品にコメントした立川談志師匠の言葉を思い出しました。 失礼しました。 (911+311=1222)

2017-07-31

タツノオトシゴの生態を読み、夫の役割はどこも同じなんだな、と思いました。 詩の方は男の哀愁がもう少し描かれていたら自分としては共感しましたが妻側はどうでしょうかね。最近腹が出てきたので早く脂肪を産み落としたいです。 (竜の子)

2017-08-05

綱がまるで腐敗した死体の様な描き方をしていていると思いきや空白の部分に実は縛られた死体を描いているのかな、とか 、点々の溜息の前のような静寂感が効いてますね。レイアウトの効果が機能した詩で勉強になりました。 (綱)

2017-08-05

音符♩♪♫🎵🎶が効いてるし読まずに眺めていても音が聞こえるような感じで楽しめました。 つまりは読んでないけど成功でしょう。 (がらす)

2017-08-08

すみません。kaz.さんの作品のコメント板と間違えてしまいました。 削除願います。shun kitaokaさん。失礼しました。 この詩は改行の作用があまり効いてない気がしました という説明を書くのなら ば しょをちゃんとかん がえて書かなくちゃ いけませんでした ね 腸がくすぐったい 好きです。 (がらす)

2017-08-08

タイトルでの出オチ。 そして文字を書く意思が伝わる文章。 本では作者は絶対神であり内容を変えることができないがネットはフリーである。場所もネタもルールも人間性もパクリもエロもグロも殺人も差別も政治も宗教も野球話もホモもレズもすべてフリーである。そこから制限していくのが社会であり、そこを監視するのが窓である。社会の窓を開く場所、便所、そこでの落書きに覚悟は必要であるか、無いか、その意気込みが少し暑苦しく感じてしまう場合もあります。まだまだ肩の力は抜けるはずだと思いました。 (「便所の落書き」としてのクリエイティブ・ライティング)

2017-08-08

まりもさん、花緒さん。コメントありがとうございます。確かに最近のテーマはこの時のテーマとだいぶ違いますので書き方も変えています。この作品は初期の作品ですが舞台はロックフェスが開催されているひたちなか市です。アンドロイドのような文章。以前あおばさんにも言われました。感情を排除した文、乾いた文、その中に込めるパーソナリティ、ポエジー。そのテーマは自分の電子詩集「cElebrAtion」で表現してます。良かったら読んでください。 以上、宣伝でした。 まる。 (リチウム)

2017-08-17

祝儀敷さん。調べて下さりありがとうございます。そうですね、確かにリチウムはそのような用途があります。 後、この舞台はロックフェスも行う、というヒントからニルヴァーナのリチウムからのインスパイアも含めてます。歌詞付きの動画をhttps://www.youtube.com/watch?v=rAWtOPVGdG4feature=share では。 (リチウム)

2017-08-19

鉄棒とエッチしている。 この詩情を切なく表現したらキュンとするかな。 逆上がりのひっくり返った世界。 一人きりの革命ですね。 (世界)

2017-12-23

こういう綱渡り的な言葉のチョイスと韻律、羨ましい才能だと思います。マシマロ、岡村ちゃんが言いそう。ラカイテル、カイテル将軍、立ってそう。なんかチマチマとわかる気持ち、赤の他人なのに親近感。そんな目線で読んでます。 (ドアノブ)

2017-09-01

かなりの筆力ですね。 文章に色気があり、柔らかさがあり、母性も感じます。そしてジブリを感じさせる情感でした。 俺みたいなおっさんには書けないなぁ。 (道へ)

2017-09-02

花緒さん。まいど感想えりがとう。ここに最初に載せたテーマがテーマだけにこの場所のテーマはやはりこのテーマだな、と改めて気付きました。鬣猫。ただその単語が使いたかったのも事実です。 まりもさん。いつも文章に込めたテーマを汲んでくださりありがとうございます。吉田所長は正に身を削り、福島を守ろうとしました。その行為は何かしらでも、後世に伝えて欲しいと思ってます。が神話は他者に任せてますので自分は自分の文を書いていくしかないですね。異常な事態もそれが日常となれば、普通に生活できると解れば、それを意図的に指示するものがいたら、人は簡単にだまってしまうものです。その時、叫ぶのは詩人ならカッコイイなぁ。と思ってます。 白鳥さん。ありがとうございます。動物好きな白鳥さんに鬣猫はヒットされたのでしょうか?気に入ってくれてくれたなら幸いです。確かに詩とか詩じゃないとかこだわらず言葉を感じてくれたならそれで良いと思ってます。 では。 (原発内はフィクションですが真面目に災害対策工事やってます。と一応断っておいての猫詩。)

2017-09-14

ああ、しまった。 また白島さんを白鳥さんにしてしまった。 なんでだろ? 白鳥みたいな純白なイメージだからかな?アイコンはホワイトタイガーだしなんか冬のイメージなんですよね、だから白鳥が出てしまうのか?とにかくすみませんでした。 ちなみに、えりがとう。はワザとです。 (原発内はフィクションですが真面目に災害対策工事やってます。と一応断っておいての猫詩。)

2017-09-14

静を表現している椅子 現れる糸 意図もせず 他人を傷つけてしまうサボテン 川にのまれていく二人 伝達する言葉 詩を伝えたいのか 感じたいのか 誠意に文字を見つめる作者の心は自分には感じました。 もぐらの鼻先。好きです。 (椅子と沈黙)

2017-09-14

初めまして。 思う、夜、ぼく、 前半のリズムがいいですね。 冷え切った空白、ことばのことばかりかんがえてないとでないことばかなと思いました。 締めもオシャレでした。 (環状道路)

2017-09-28

無機質な肌触りを数学で表しながら見えない恐怖を描く、テーマはいいと思いますが作品の内容はゾクッとはこなかったです。漫画、ヒミズ、で主人公に問いかける化け物のような目線が描かれていたらツボでした。 (受験勉強)

2017-10-08

例えば、岡崎体育さんが最近ネットで叩かれた作品、感情のピクセル、のあのバカにしている感がいなめない雰囲気をいかに大衆にわからせないようにわからせるか、裏の裏をドヤ顔で見せびらかさない日本の、粋、な計らい、というか、そんな表現の形、とは言い難い、偏見からの皮肉、を表現する動機は一体何処から生まれてきたのか、を考えると作者のアイデンティティが見えてくるのではないか、とか考えたり、考えなかったり、サザエさんを眺めたり、してます。 (OYO THE FREEDOM)

2017-10-08

タバコのキャメルの絵に性器を含ませているような隠しエロス、それはディズニーでも良くあるサブリミナルメッセージですけど、この詩にもそんな恥部な行間が織り込まれていて魅力的でした。 自分はもうオッサンなのでもっと濃い作品でも構いませんので次回も期待してます。 (ゆくえ)

2017-10-08

ポップな感じで読んで軽い気持ちのまま、さっき読んだ一行が頭にエコーのように響く。そんな詩が好きなのですが、この作品はまさにそんな感じがして良かったです。 (いちにちの終わりのピカピカのポエジーのピカピカの終わりのいちにち)

2017-10-11

リズムよく流れていき蛙の後の洗濯、歯磨き、お手伝い、で現実に戻らされるような、父さんに叱られている感覚がしました。 (層雲)

2017-10-19

屁を出しながら爆発する。は、一見、屁によって爆発している。のか、と考えてしまうのだが、屁を出しながら、と書いてあり、屁によって爆発したわけではないことを二回目の屁を出しながら爆発する、のくだりで気づき、成る程、屁は確かに火をつけるとボワッと燃えるが、爆発はしないぞ、と屁を出しながら返信を書いている途中で屁を出しながら爆発するのを想像する何か、まで読み、いやまてよ、屁を出しながら爆発するのは想像する何かの何かが想像した何かだったのだな、と何かと気になりながら屁をしながら爆発するのを想像していたのは実は自分だったのか、と屁を出しながら気づきました。 (南下する太平洋の横断幕)

2017-10-14

花緒さん。まりもさん。斉藤さん。感想ありがとうございます。体の不自由な暮らしは自分の年齢が経つにつれて身近に考えるようになります。実際、確かに娘は導尿が必要な体ですが家族として笑顔で生活して生きています。どんな立場、姿であっても親だけは子供を愛せる社会にするために衆議院選挙に立候補しようとしましたが手元に300円しかなかったので辞退しました。 なので選挙に行くぐらいはしようと思いました。 (カテーテル)

2017-10-19

都会で暮らしていた時の感覚が蘇るような渇いた気持ちというか、感情よりも時間が積み重なり、愛情よりも肉体が積み重なる。つれづなるままに徘徊する男、共感できますがタイトルはちとダサいかな、と思いました。 (恐ろしく小さな男)

2017-10-22

皆さま、返信遅れましてすみませんでした。 体調を崩してしまい創作から離れていましたが昨日熱が下がり、こうして皆さんの作品を読めるようになりました。他人の詩を読む事は何故か体力がいりますね。簡単には読めないような気質が詩にはありがちなんですが、そういったものをわすれて、ただ口ずさめるようなポエムも実は好きであります。口語自由詩のパイオニア、萩原朔太郎さんの生まれた前橋で何年も活動されております新井隆人さんにお声を掛けて頂き、今年も作品を考えたのですが、ちょうど良いタイミングであの事件のニュースが流れて途中で脱線してネタにしてしまいました。 勢いで送ってしまい、新井さんに怒られるかもとドキドキしましたが喜んでもらえたようで、(妄想)無事に前橋ネコフェスで掲示されました。その節はありがとうございました。 ビーレビューも若くて活発な活動されている詩人が沢山いますので良かったら来年の前橋フェスに参加されてはいかがでしょうか? 皆さんレスありがとうございました。 因みに前半の詩は、おててもフリフリの後は最初に戻るループ詩となっております。(ループ詩だったんだ!)では。 (猫田議員の猫詩データー、完全版。)

2017-11-19

タバコ=危険な大人、カッコいい大人、マンダム。 そんなイメージがあった90年代、自分はセブンスターメンソールを吸いながら街を彷徨っていました。夢を追いかけるふりをしてずっと自分自身からにげていたのかもしれない、いや、逃げていたんでしょう。そして現実は地元に戻り、普通の生活をしています。銘柄、ニコチン、タール、そのものが時代を切り抜いているような言葉ですね、その中での作者の心情がタバコの煙のように沁みました。 (たばこをめぐる断章)

2017-11-19

はじめまして。 女々しい、から、かけ離れたザ、女の唄、というか、コッコのような力強さが柔らかい口調から伝わりました。男だと泣いちゃうけど女はピシャリと断ち切る、そんな決意を読み取りました。が、あくまで個人的な感想ですので、はい。 カッコをつかった映像表現も上手いな、と思うし、文の言い回しも良かったです。 いっそう あおくなる キリギリスのように ここ、好きです。 では。 (蹄の音)

2017-11-19

言葉はフリーだが 作者は読者と対である。 ネットでは作者をフリーにした作品が溢れている。 つまり道徳、人格者、聖人、非差別、非暴力、平和主義、装飾主義、エコロジスト、その他諸々の壁を (国語の授業)

2017-11-21

壊していく作品を掲示して、それに集まる読者の心理を動かす。 それが良きにしろ悪きにしろカウントはされていく。見えているのは数字だけだ。 おかあさんが並ぶ、 文字ではただのおかあさんだが数字でみたら何人のおかあさん一行で終わる。 言葉の重みがおかあさんに表れていると感じるが 表現的に何故このテーマ を推すのか、という思想が見えなかったのが残念でした。 (国語の授業)

2017-11-21

ビート詩ですね。時代背景は今の感じはしなかったのですが、シンナーのあたりとか、しかしながら雨の中のモワッとした感じは伝わりました。 良かったです。 (雨に溶ける)

2017-11-23

人と人との繋がりを星座のような運命的であり必然性を感じるような出会いとして例えた水道橋博士の本は面白いですよ。 と、話は逸れましたが苦手な形式に挑んでいる感がしました。韻律を取るかイメージを取るか、引き算の世界は厳しい世界です。今回の作品はまだまだ引き算出来る詩だと感じました。 (Stars)

2017-12-09

ちと引っかかってしまったのは・・・、の点々の表現の仕方が勿体無いかな、と思いました。 時間、沈黙、次に繋ぐ間、葛藤、等、確かに便利ですが点々の箇所で、この詩がもっと膨らませるのではと思いました。 (沈黙)

2018-01-02

メリークリスマス! ミスターロレンス! クリスマスシーズンにはこの詩をゴロサンタが置きに来ますよ。 ふぉっふぉっふぉ〜 (ファミチキを食べながらケーキを塗りたくっている。) あ、お巡りさん!あの人です! お前か!毎年クリスマスにおんなじ詩を貼る奴は!軽ネットポエム罪で逮捕だ! ウギャ〜! ファンファンファン〜 (パトカーで連れていかれた。) (ホーリー)

2017-12-24

返詩ありがとうございます。 金平糖の甘さがよかったです。色つけても良いですね。 ほのお のひらがなが優しく切なく感じました。 (ホーリー)

2017-12-25

ノアの洪水が首に突き刺さる。 まさにDADADAな響き。 イメージの先にある感覚だけのペイントが網膜の裏側に突き刺さりました。 (少女を叩いた)

2018-01-02

夜と朝の対比と鴉と乳児の掛け合いが上手く際立っていて良かったです。 (未明)

2018-01-01

抽象的な前半から真ん中に挟まれた四月の鴨川が後半凄く効いてきますね。 改行の間が少し詰まった感じがしましたが雰囲気は成功していると思いました。 (moment)

2018-01-08

ネットで活動する事を俯瞰して見ている詩だと思いました。この文字化けの長さは文極病でしょう。無駄に文章長くしがちな処が、と矢字を飛ばしたりして。ネットならではの文字の使い方を既に使いこなしているのは流石だと思いました。思えました。そして思うました。 (泣けたい。)

2018-01-05

始まり、が始まる前の不安が伝わりました。 今度はんん、の感覚も書いて欲しいです。 (ああ)

2018-01-07

花緒さん。ありがとうございます。こういうミニマムな詩は多分腐るほどありますが重要なのはこのドラムビート的な詩に読者はどんな伴奏(ドラマ)を想像するのだろう、ということです。花緒さんは優しいイメージが伝わったと書いてありますがそれは花緒さんのイメージですね。読んでくれた方が様々なドラマを想像してくれたらいいな、と想像しながら書きました。 (な)

2018-01-12

皆さんありがとうございます。 背定も否定も何もこの詩には意味を排除してますから読み手の精神的状態でどうにも解釈は出来ますよね。誰でも書けそうな詩に見えたなら大成功です。ありがとうございます。それな、は、少し無理した感じがあるか、ありのあり、を使わなくて良かったかもしれません卍。ハンドスピナーだ! それな! ありがとうございました。 (な)

2018-01-18

丁寧なレス、分析、ありがとうございます。自分は本能型の書き手なので中々技術的な事は書けませんが百均さんのレスを読んで成る程、と感心しました。昔から繋がりをテーマにしたのでこんな受身側の詩が出来たのかもしれません。 ありがとうございました。 (な)

2018-01-31

返信ありがとうございます。 訳詩は完璧な翻訳ではなく歌手自身の生き方や癖やイメージを音楽のメロディーにそった詩で表現しています。確かに文字だけならリフレインの箇所は無くてもよいのですが、ここのdownのリフレインは、気持ち的に落ち込んでいるよりは天使が降りてくるイメージが頭にうかんだので付け加えてみました。プリンスはダブルミーニングが好きなアーティストだったので性的な表現と聖的な表現が一体となった歌詞などが多く、また文法的にも曖昧な表現が多いので色々な解釈が出来て面白いです。 この曲も捉え方次第で変わる歌詞なのでネットで発表している和訳から違ったアプローチで書いてみました。 (BREAKDOWN. 訳詩。)

2018-01-18

ついさっきにドラマの海月姫を見たからか、なんかシーラカンスのオタク女子が薄暗い水族館で水槽前でブツブツ呟いている姿が想像出来ました。 それが可愛く感じました。 好きなタイトルと空間でした。 (春とバナナとシーラカンスの速さ)

2018-01-15

美しい文だと思います。 上手く言葉を削いで結晶化を図った感がしました。 (愛してる。)

2018-02-16

皆さん、ありがとうございます。 ききしる心が伝わってもらったのは嬉しいですね。 ののしる、の、の、知る 言葉に、罵る、が見えてしまう心。 黄金比に隠された心を知るのはまだまだ先の話ですね。 (ノノシル)

2018-02-11

花緒君の作品は独白の程に頭良すぎる感が出ています。それが良さでもありますが語学力330の男から見れば頭良すぎる感にジェラシーを覚えてしまいます。なので、つい意地悪な事を書きたくなりますが、自分もロボットのような無感情な文体で的確な批評が書けたらいいなぁ、と思い、ロボットのようにカクカクと書いてみましたが、アホっぽい文になってしまいました事をここに独白します。 (ROBOT TEACHER, WHAT CAN I WRITE?)

2018-03-31

韻律はヒップホップ的な流れで読んでみました。強炭酸のワードが魅力的でした。歌よりなのか印象よりなのかわかりませんがあと一連くらいは感覚が鈍ったおっさんにも届く弾けたフックが欲しいかなと感じました。 (sodAXXXX)

2018-03-30

初めまして。 レイアウトでイメージを補う方法はネットの空間ではやはりWordなどを使ったやり方が表現の広げ方があると思います。 スタイルを極めるかイメージを極めるかは作者の自由ですのでなんとも言えませんが自分的にはまだまだ綺麗なフォルムを作れると思いました。 (円)

2018-03-30

出だしの掴みは弱いけど後半がグッと盛り上がっていいですね。 このなみだのように はやや蛇足かな?と思いました。 でも淡い感じがする好きな詩でした。 (春寒の記憶)

2018-03-31

感想ありがとうございます。 そうですね、いつかどこかでリーディングしたいなぁ、と感じながら書いてみたのかもしれません。そんな恵比寿の夜でした。 (負けた!そんな日曜日にふさわしいのかい?いや、そんな事はない。)

2018-04-30

パルプフィクションの引用ならやっぱりファッキンな二人の何気ない会話があれば世界観が引き締まったような気がしました。短い詩の断片が伏線のようにつながっているかな?と思いましたが引力が少し弱かったように感じました。 (Adam’s Apple(It’s Missing) )

2018-05-27

韻律が良い。内容はどうでも良い。人間〜人間〜 妖怪人間〜、 早く詩人になりたーい。とチャラケてすみませんがもっと人間のフックを読者に明確にするのも投稿詩としては必要かもしれません。 (人間)

2018-04-30

AだからBの文式をリフレインする手法は良く見かけますが逆さの風船という比喩がもっと最後にゾッとさせるような展開にすればわかりやすいのではないかな?と思いました。 (風船)

2018-04-30

確かに一行で完結している詩ですね。 腹が減った から後は惰性のように感じました。 (内情)

2018-05-05

なるほど、ー、は文字の起点終点を意味していたのですね、自分は()を使用してます。腹減ったの一語にこれだけの思想が込められていると考えれば面白いですね。 ・・・あればわかりやすかったかもしれませんけど、ん〜、どうでしょう。(長嶋監督調で) (内情)

2018-05-06

各章どれも良いけど夕焼けというワードがあまり機能してないような気がします。というか、最初の、 イカはものすごいどこまでも使えるらしい のパンチラインが素晴らしくて後の言葉があまり入ってこなかったかもしれません。 全体的な構成よりも各章に置かれた言葉が尖っていてアルバムというかはシングルベストな構成のようなテイストでした。 つまりは最初の詩が好きです。 (夕焼けが足りない)

2018-05-05

打ち間違えた、 イカはものすごいとこまでも使えるらしい だった。 (夕焼けが足りない)

2018-05-05

刃牙ですな。 こういうコラボ的な詩を流行らせたいと自分も思ってます。 文字を極力少なくしているのも口数少ない彼らしいと思いました。 (花の山)

2018-05-04

なんだろう。 この催眠術にかけるようなひだり感。重力も支配できそうな語りに何回も読み返してしまいました。とても好きな作品なので五月の5or6賞をあげます。 おめでとう㊗️。 (右利き)

2018-05-07

メロディが聞こえてきました。 歌詞のような作品なのでいつか歌を聴いてみたいです。 (メロディー)

2018-05-29

前半の削ぎ落とされた言葉の韻は良かったです。比喩の先を進んでる方だと感じました。ただ後半のリフレインで自分はそっちにいっちゃったか、と少し残念に思っちゃいました。まだ音よりも文字で表現出来る方だと思いますのでどんどん文字でいっちゃって欲しいと思っちゃいました。 (グルーオン)

2018-06-30

俺もレイアウトしたいんだけどなんかうまくいかないんだよな。 アイフォーンになってから上手く出来ない。 あえて詩情を削いでいるけど、ことがあります、が作者らしい詩情だと感じました。 (同じことを繰り返すただそれだけ。)

2018-06-26

イマラチオさんの代表作に相応しい作品で読み応えありました。いやらしくないのが良い。 今月の5or6賞を差し上げます。 (イマラチオ)

2018-06-21

恥ずかしくてたまらない! が詩情にきました。 (燃える馬)

2018-06-26

ありがとうございます。ツイートで書いていたものをテーマでまとめた作品です。 社会でおきたニュースとか日常などを綴るのは日記でも良いのですがそういう生活とかを切り取った渇き感が出れば良いなと考えてます。 (1bit、6月、ツイート詩、#、)

2018-06-27

ありがとうございます。1bit、というように一つ一つの集合体としての社会とか、生活とか、家庭とかをまとめたかった作品なのですが何か一つでも挿さってくれたら嬉しいです。物語としては人物的に二人なんですけどね。想像上の僕と、現実での俺みたいな、そんな揺れ動く6月でした。 (1bit、6月、ツイート詩、#、)

2018-06-29

それに尽きるな。 (シンクロニシティ)

2018-07-01

ありがとうございます。 シンクロ感や面白悲しいと感じてくれて幸いです。 自分も面白哀しい物語やアホのようで考えさせられる物語が好きです。 では。 (シンクロニシティ)

2018-07-01

そうですね、自分もラーメンが好きで有名店に通ったりしますが、そこのラーメン屋のマスターの人生とかカウンターごしに想像しながらスープを啜ったりします。それだけ暇なんでしょうね。俺の人生。 (シンクロニシティ)

2018-07-14

蟹の棘の意味をあまり考えた事はありません。大半の人は中身を考えます。そして黙ります。そこをあえて声にする。 良かったです。 (毛蟹×一杯)

2018-07-16

丁寧な批評をありがとうございます。 賞には無縁な者なので選んでもらい感謝です。 (6月分選評)

2018-07-15

とりあえずお疲れ様。 詩サイトの運営の大変さは自分も少しなりに関わった側なのでわかる方だと思う。 何にしろ気持ちにそって続けて行けばいいと思う、会えたら話そう。 (花緒の選評<2018年6月分>)

2018-07-15

コンバースに水をやる行為で作者の感情や内面をもっとぶち込むとコンバースに花が咲くような気がします。 作者の心情は隠した方が俺は好きですね。手品のタネ見ている気分になります。 面白かったです。 (無題)

2018-07-16

○○○○○○○○○○○○ おもおもしろかったです。 (愛されたい症候群)

2018-07-20

常に安定した水準の詩を載せている詩人の一人ですね。 牛が出てくるとはなおくんかあなたを思い出します。 この詩は今月の5or6賞です。 おめでとう。 (見えない向こう)

2018-07-19

和太鼓、確かに聴こえる詩でした。 間が良いと思いました。 (天体観測)

2018-07-25

まあ、マイノリティーなまいにちを、すきかっめにかけはいいとおもうます。 ありがえうございました。 (はーげ・ハーゲ・は〜げ〜)

2018-08-03

可愛い。 (足がでっかくなった)

2018-08-03

ありがとうございます。 八月十一日午前11時現在、ツイッターにてよしおかさくらさん主催、エロもい詩選手権大会が開催されてます。気軽に参加してみてはいかがでしょうか? また、自分の電子書籍詩集。idEoplAsty.も絶賛Amazon kindelで発売してますので良かったらどーぞ。 (セダムとイヴ)

2018-08-11

ありがとうございます! 多肉植物はウチのトイレに置いてあるのですが、未だに名前がわかりません!でもプックリしてます! したっ! (セダムとイヴ)

2018-08-11

ありがとうございます。 エロいだけじゃなくエモいも入れなくてはいけないエロモい詩、これはバランスが難しく久々に楽しい企画でした。昔の方がサイケで面白い名前がありますね。では! (セダムとイヴ)

2018-08-17

おかえりなさい。 (【選評】澤あづさ選2018年7月分)

2018-08-11

最初の連でやられました。 今月の5or6賞です。 おめでとう㊗️。 (てのひらに優しさが開かれる)

2018-08-17

皆さん。ありがとうございます。 詩の脱構築のし過ぎで脱腸になりそうな勢いです。ありがとうございます。(何の?)ネット詩で素敵な詩を書く方からコメントをもらいとても嬉しいです。これからも精進していきます。ありがとうございます。ちなみに右横に不思議な数字が浮かんできてます。これがどんどん増えていきそうで怖いです。イボみたいです。 (初体験.by.のぞみ.💌東京:25 ぎこちないおててで触られたい)

2018-08-24

うまい。 (約束)

2018-08-24

俺は好きだな。 (コント:シナリオ文学教室)

2018-08-25

今は亡き山田太郎を思い浮かべてしまいました。 無事に浄化されてホッとしました。 悲しい話なのにニヤニヤしてしまいました。 卑しい心ですみませんとここに懺悔します。 3000文字は下らん縛りだけどまあ決めたもんは守らんとね。 グレーは黒も白もあるって事だから3000文字オーバー週間もあってもいいんでないかい? (ネット詩人の墓)

2018-08-27

おとうさん 物干じゃ首吊れませんぜ もっと大きい そう長くて丈夫いもんでないと ほうほう ステンレス製とな そりゃだめでしょう おとうさん しなってしなって ぐわんぐわんしますわいな おとうさん きいてま おとうさん おとうさん? あなたはわたしのおとうさん? 物干はあきまへん エセ関西弁もあきまへん おとうさん おかあさん おじいさん おばあさん おつるさん おひなさん おいわさん おけらさん おまえさん おちんちん ふぁ? (未必の故意)

2018-09-01

欄干と物干という返詩です。 (未必の故意)

2018-09-01

>ウナコーワをぬっても 口内炎は治らない これがこの詩の本質をついている。 (季節の移ろい)

2018-09-01

ありがとうございます。 確執の無い角質は既に死んだ皮膚なので後はポロポロと散るだけです。 その経過に安心するのかもしれません。 (角質)

2018-09-01

ありがとうございます。 繰り返される自分の諸行は正しく自分の詩であり、行でもあります。 新宿を舞台とした詩が多いのは二十代に住んでいた幡ヶ谷の三畳一間の風呂なしアパートから自転車で駆け抜けた都庁の街並みと西荻窪のソウルな下町のギャップにやられちまったからかもしれません。 切ないエロと悲しい笑いは俺のテーマであります。 (角質)

2018-09-02

ありがとうございます。 本来は、文章などにムダがあって長ったらしいことを冗長というそうですが、 文節を単位とした改行が冗長に見える、これは単純に退屈に読めたという解釈なら好みかセンスの違いかもしれませんね。渡辺さんの初見でイマイチならまだこの詩には可能性がバッチリ詰まった詩という事で魅力ありですね、逆にこの詩はバッチリです。なんて評価ならその詩は終わってますから。 (角質)

2018-09-03

ふむ、ちと付き合うか、 改行の意味、そもそも教科書のように改行とは?と説明されている本はあるのか、ないのか、あるかもしれないし、ないかもしれない。初めの改行に意味を求めてしまうということは何があるという事であり、その時点で意味があるという事ですよ。作者の改行の意味と効果を追求して解き明かすのも詩を読む際の楽しみ方でもあります。そこに見えてないとわざわざ書いてしまうのは自分としては読めてないと作者に思われてしまうので書かないスタンスです。と意地悪く返信してみたりして、いやいや、自分の改行はリズムであり、韻です。声に出して読む際の拍です。では。 (角質)

2018-09-04

ふむ、ちと付き合うか、 改行の意味、そもそも教科書のように改行とは?と説明されている本はあるのか、ないのか、あるかもしれないし、ないかもしれない。初めの改行に意味を求めてしまうということは何があるという事であり、その時点で意味があるという事ですよ。作者の改行の意味と効果を追求して解き明かすのも詩を読む際の楽しみ方でもあります。そこに見えてないとわざわざ書いてしまうのは自分としては読めてないと作者に思われてしまうので書かないスタンスです。と意地悪く返信してみたりして、いやいや、自分の改行はリズムであり、韻です。声に出して読む際の拍です。では。 (角質)

2018-09-04

何故か二度送信してしまったが二度書くのもいい事だ。 (角質)

2018-09-04

等身大ですか、このキャラは二十年変わってませんからそうなのかもしれません。 (角質)

2018-09-04

ありがとうございます。 シネマが見たかった、 この箇所は シネマが観たかった です。誤字でふ。 タイトル、シネマにしなくて、良かった。 (角質)

2018-09-26

俺が今まで読んだ最高の詩ですか、それはですねぇ、(まだ早いよ!) (【弓庭夜話】へのお誘い~2018/09)

2018-09-01

俺の読んだ最高の詩は常に瞬間にあるから選べないけどネットで詩を続けるキッカケになった詩を書きますね。 それは、、、ちょっと待って、、、 前回の弓庭夜話、良くなーーい!!! ヒュー!!! (脇スプレーを顔に吹きかけている。) (【弓庭夜話】へのお誘い~2018/09)

2018-09-16

あ、ゆーびーむさんのネタです。 良くなーーい?!? にすれば良かったかな? まだまだ精進しないとな、 (詩の精進しろよ!) (【弓庭夜話】へのお誘い~2018/09)

2018-09-16

と、いうわけでまずは一編。 「ファラウェイ。」 by.アネモネ. 七色の影を飛び越した その先は果てのない海だった 叫んでも喚いても 指先には何も触れない だから風を作った 薄い身体を軋ませて 細く揺らめく白い煙 その先がみるみる内に吸い込まれて 君は泣くだろう 雨は降るだろう 全ては遥か遠くへ 遠い、遠い彼方へ 言葉を飲み込んで 沢山の透明な粒で飲み込んで 上顎に焼き付いたままの赫を洗い落とす 忘れたい訳じゃないのよって 何時かみたいに 微笑みながら 耳の奥でひっそりとベルは鳴り、 錆びてた歯車が回り出す 風が濁る前に もう行くね 白い船に乗って 小さな影に手を振って 果てのない海の 果てのないその先へ 何故か、この詩にピクルス長老、ルイーノ、俺が良いねと集まって携帯サイトで絡むようになった。思えばこれが始まりだったかもしれない。まさに白い船に乗って船出をしたのだろう。 果てのない海の果てのないその先を知りたかった、から。二人はもしかしたら知ってしまったのかもしれないし、知らないまま消えていったのかもしれないけど、俺がずっと名前を変えない理由は、まだその船に乗り続けているからかもしれないね。 後、もう一つ、携帯ネット詩での表現として到達したと感じた一編。 火垂る(ほたる) by.夕暮れぴあの. あなたから よぉくみえるように 花火うちあげて あなたから よぉくみえるように 花火うちあげて あたしたち きらきら 垂れる してしまう 景色から零れ続け 抜け落ちたあたしは あたしたちの音をそっとかくして (心臓のまたたき。) なんでだろうね なにもかもは うまくいかないんだ    ここは    地上から300キロ    を離れた    周廻軌道上    天の河を準えて    あかいほし    あおいほし    「そうね、    あの島にゆくより    ずっと    近いんですもの。    「ほら、    すごい爆発だ    きらきら    だ。    裂け目から    あたしたち    垂れる    してしまう。 ((あなたから  よぉくみえるように  あたし  花火うちあげて ここいら一帯は ばらまかれた ひかり まばゆい ひかり 消える。消える。 際限もなくその裂け目から ふれられる程そばに ふれられぬ程そばに すべてがね いとおしくて あたしは呼吸をも景色へ俯せたよ そのうしろで死んでゆく ちっぽけなグライドをみていた    あたしは吸い上げられてゆく 爆発する 音域を無にしたら 目の玉がやけどしてしまうよ    みえてしまうよ。 ・・・・・えぇ。そんなことはいいんです。 ・・・・・えぇ。そんなことはないんです。 ・・・・・えぇ。そんなことは。 数限りなく あおざめてゆくような 彼方からひろがるは音域 (同時に塞がれる景色。) こなごなになる足許 裸足をくすぐった綿毛が 天の河を準えて いま いま ((あたしは いま うちあげられて    7千の島々には    7千の花々が    咲いててね    だけどね    その名前は    忘れちゃった    あたしは    うちあげられて        点滅しているのは    ほしたち    きらきらだ    きらきらだ 光と銃声の溝で ふきだまる電流の ゆうぐれたグライド あなたあらざる そのからだにおりたい    さがしていたの    ずっと    おりるべき    からだ     おりるべき    にくたい    ここは    地上から300キロ    を離れた    周廻軌道上 だけどね すぐ 垂れる してしまうんだ あかいほし((きらきら       だ。 あおいほし((きらきら       だ。 中空で裂けた声をきいた? だけど 決して呼び間違えたりはしないんだ    大きな音がするよ    だけどね     決して    呼び間違えては    いけないんだ。 あ。 ほら みて あたし駆けるたびに まっしろな閃光が奔る もえたつ わたげ わたげ うちあがる    あたし    花火    だ。 わたげ まっしろにもつれたまま    あたし    花火    だ。    あたし    誰かの    しあわせだけを    祈ったりして     わたげ ひばな  発芽したばかりの やわらかな 吐息を 生まれ落ちては なんども なんども あたしは景色になった あたしは中空で声をあげた ただ そのようにあるだけの ことばで溢れた地上にも 光はやってきて かなしくて もろい うつくしい ひかり 駆け抜けた すぐうしろから もえたつのは    わたげ    ひばな    ひかり ひかり ひかり あたしたち きらきら に なってしまう    あらゆる    周廻軌道上から    あたしたち    垂れる    してしまう。 はしゃぎまわっている 雪みたいに発光している綿毛 ここはとても明るいよ 明るくて灼けようとしている てのひらとてのひらを つぼみのようにあわせえたら ただしづかに供えました あたし 花火うちあげて わたげ あしもとから もっとまっすぐに とべ いとおしい いとおしい てのひらとてのひらをあわせて ここは どこの周廻軌道上ですか?    ちがうよ    ひかりのうみだよ    ひかりのうみだよ もえたちる ほたる あたしのあしもとから つぎつぎに うちあがれよ ここいらいったいは ばらまかれた ひかり まばゆい ひかり こどもたち みんな てんしみたいにわらって わらって この詩を最初読んだ時は泣けましたね。 と、まあ、過去のネット詩はある程度は未詳24に保管されているので興味ある方は検索してご覧になってほしい。詩のスタイルとして今と比較するのも楽しいと思います。 では。 (【弓庭夜話】へのお誘い~2018/09)

2018-09-17

良いねぇ。後半の迸るカウパワー。 我慢汁を吸い上げる程の吸引力、ダイソンもびっくりなパイソン並みの巨根に去来する血管が浮き出る程そそり立つ思想のテクノブレイクダウン。 ヨダレボールも噛み砕くオノマトペの連打、連打、連打。 中折れ無用のバイオレンスジャックな詩でした。 (カオティクルConverge!!貴音さんのLIVE!!!)

2018-09-02

‪3000文字世界でレッドタイマーが鳴り響く中で読み続ける選評に ロックを感じた。‬ 今月の5or6賞に決まりました。 おめでとう㊗️。 (【選評】8月投稿作品)

2018-09-07

何でしょうね、書いた時は傑作に見えても時が経つと黒歴史になるのが大半の人生ならば、12年という年月も大したことない年数なんだなぁ、と感じます。 逆に作者にこの時の詩はどんなものかを聞いてみたいですね。 (芸術サイエンス、オープン)

2018-10-03

タイトルがダサいと思いました。 内容は綺麗にまとまっていました。 きっと無駄毛処理が好きな清潔な方なんだなとイメージしました。 (夢の跡の別れ道)

2018-10-03

ありがとうございます。サルビアの色が赤く見えた事に嬉しく思いました。 沢山の思いを汲んでくださり感謝します。 (サルビア)

2018-10-04

ありがとうございます。サルビアの歌は調べていませんでしたがまさかHOME MADE 家族が題材で歌っているとは驚きました。まあ、家族をテーマにしているので花の選択は正しかったのかもしれません。花の姿も改めて見たらるるりらさんの仰る通りですね。また発見ができました。最後の余韻も感じてくれて感謝です。 (サルビア)

2018-10-07

みなさん、ありがとうございます。 批評を読みますと意識の外側が見えて嬉しいですね。ただ悪口を書くのが批評と勘違いしている方々も会って話し合えば良いですよ。 花さない、花してほしい。 これ凄いですね。気づかなかった。 確かにみうらさんの読み通り、黙っている事多いです。基本無口です。 コミ症ですみませんね。 ビーレビューテンお疲れ様でした。 (サルビア)

2018-10-09

一人だけに送る手紙、川に投げてもう読めなくなる手紙、いや、既に無いはずの手紙の内容がネットに上がっている恐怖、誰が拾って拡散したのだろうか? いやいや、そういう事ではないのかも、でもラブレターの形で投稿詩にするのは中々ありそうでないので面白かったです。 今月の5or6賞を差し上げます。 おめでとう㊗️。 (初恋文)

2018-10-07

なんかわからないがとても惜しい気がする。前半はワクワクしたが後半のオチが少し作者の中で自己完結した感があり、尻窄みだったかも、文のスタイルもまとめていたのは良かったです。 (電動歯ブラシ)

2018-10-07

皆さま、ありがとうございます。 ザーオの擬音は実際に叔父さんが沢山いる猫のどの猫かは知りませんが、ザーオ!おいで!と言っていて、何だそれ?と注意深く聴いたら実はマサオと言っていました。そのザーオを拝借したのですが津波のイメージを連想してくれてとても感謝しております。今度からは凛さんのイメージを拝借したいと思います。 全体的には世界情勢や平成から新しい時代に、変わる混沌とした賑わいや不安を猫をテーマにしてイメージしました。 来年もネコフェスよろしくね。 (御節と鰹節)

2018-12-01

© B-REVIEW 2018