こんにちは、
普段B-REVIEW様に詩を投稿しています、左部右人と申します。

こちらのフォーラムが結構面白くて、暇な私はたまに覗き見ているのですが、私的に「こんなんはどうかなぁ~」と思われる発言がいくつか見られたので僭越ながらスレ立てしました。

ガイドラインには「運営に対する疑問や批判は歓迎する」と書かれていますが、だからと言ってな~んの根拠も明示されていない愚痴がこぼされてるのはどうかな~と(直近では、「REIWAビーレビCUP(2019年5月)結果発表」におけるアリハラ・リョウ氏の「IQの低さに」とか)。自由と幼稚であるということが=ではないと言うのが私の立場です。

B-REVIEWに文章をうち込んでいるということは、何かしらの意味を見出している訳ですよね、多分。で、そう言った発言の場を作ってくださっている運営の方に対する敬意、というか感謝は最低限持つべきじゃないですかねえ。皆さん、ボランティアらしいですよ、聞くところによると。

まあ当然、一つのサイトですから、不満も出てくると思いますが、本来批判や批評と言うのは「対象をより良く発展させようとする営み」だったはずですよね? であれば、ただ愚痴を吐きつけてもなんの意味もないのでは。ともすれば、運営の方のやる気を削ぎ、怒りも買いかねません。ナンセンスです。

短絡的な愚痴を吐き連ねていらっしゃる方には、もっと深い議論に繋がるような「疑問や批判」をしてくださることを望みます。そのフットワークの軽さや攻撃性は、生産性に繋がるのでは、と上から目線で恐縮ですが言わせていただきます。

B-REVIEWさんは、デザインも素敵ですし、評価の方法も、他サイトと比べて明瞭ですよね。その点、皆さん気に入っているところだと思いますので、ユーザーとしてサイトの発展の為の批評や疑問を投げた方が、サイトとご自身、双方の為なんじゃないかな~と、私は思います。

  • : 左部右人