小説と同じく、詩にもストーリーとプロットが必要だと思います。多くの詩には「私」の心境しか書かれておらず、何故、客観的な視点が全く存在しないのか理解に苦しみます。言葉のアバンギャルドに拘泥するあまり、映像的、音楽的要素が、詩から抜け落ちてしまっていますね。日本の「現代詩」なるもののほとんどが、上記のようなものですが、思うに一般読者の視点から詩について考える必要もあるのではないでしょうか。

  • : タカンタ