皆さん、初めまして。

詩についての考察について、以下に私見を述べます。

・詩の主人公が魅力的である。
 つまり、平凡などこにでもいる人は詩に登してはならない。 思うに、このことに気が付いていない方(もしかすると全員?)が多いですね。

・言葉の組み合わせによって鮮やかなイメージが生み出されている。 あなたの言葉の組み合わせから、目の前に浮かぶような映像が生み出されていますか? また、凡庸な言葉を独特(独創的ではない)に組み合わせても、斬新な表現は生まれません。

・文章は明晰でなくてはならない。
 間延びした文章はだめですね。 特に、日本語はだらだらした文章になりやすい。ちなみに、簡潔という意味ではありません。結果的に明晰な文章が簡潔な文章となったにしても。

・構成をしっかりと決めてから書こう。
 例えば、ソナタ形式(第一主題、第二主題、展開部、再現部、終結部)など。もちろん、構成が露骨にわかるようであってはいけない。

・哲学書を読もう。
 詩には人間に対する、深い洞察が必要です。ヘーゲルを読んで理解できないとすれば、読解力、文章力が無いということになるのみならず、詩を書くための基盤そのものを欠いていることになります。

・難しいことを難解な表現で書こう。
 難しいことを分かり易く書く人が賢く、難しいことを難解な表現で現わす人は馬鹿だと
よく言われますが、実は逆です。難しいことを分かり易く書くというのは、哲学書などの元々からして難しい文章を 自分の都合のいいように解釈して単純化することなので誰でも簡単に出来ます。 例えば、新書の「クラウゼヴィッツ、戦争論 入門」などですね。 解説本を読むより原著をを読むべきです。そして、詩でも難解な表現を使用しましょう。

  • : タカンタ