現在、論文は作成過程にあり、文字数5,400文字(空白除く)を通過したところです。
 執筆進捗状況報告を、随時、このトピックのコメント欄に書くことにします。
 今、論文中の、凡例的なことを書いた部分が固まったと思われるので、下に、この部分のみをコピペしておきます。変更の可能性は、ないとは言えません。


 さて、これから私は『『Diving into the Wreck』との対決』と題して、「文学」の分野に属する論文を書く。この論文は、ビーレビには「批評文」として投稿されることになる。そして、「批評対象作品」には、他ならぬ私自身が書いた『「文学」って何?(第3回)(るるりら氏『そらおそろしい』を読む)』を設定する。
 論文の内容は、実質的に、純粋に、Adrienne Rich(1929-2012)の詩作品『Diving into the Wreck』の私の読解をあらわす。
 使用する当詩作品テクストは、インターネットでPoets.orgのサイトに公開されているものに限定する。これへのアクセス方法は、検索語を「poets org diving into the wreck」としてグーグル検索をおこない、検索結果のトップに表示されるページを開くというものである。
 このサイトに公開されている『Diving into the Wreck』の朗読音源も、論文中で、聞く場面があるかもしれない。
 論文執筆の過程で用いる調べのツールは、一般的に日本国内に普及している英和辞典、国語辞典、電子辞書の類いに限定する。
 論文執筆の過程で、私は、現在までにおこなわれた他者による当詩作品についての研究と翻訳を一切、無視する。
 論文の書き方は、見出しを付けず、一気に最後まで書く、講演録的なものとなる。しかし、適宜、空白行をはさみ、読みやすいようにする。
 では、始めよう。

  • : 南雲 安晴