澤さまの
推薦文『ゼンメツ『飛べない』読解一例 』に対して
わたしはかなり真摯に、かつ真剣に感じたままの感想をコメントしました。
結果として多くのコメント者の方々の賛辞とは違って
やや批判的な感想になってしまったことは申し訳なくおもっています。
そでもじぶんの心の内をじぶんなりに丁寧に今、探ってみても
なんの底意もないじぶんの心に恥じないものであったと
確信しております。
しかし残念なことに澤さまから次のようなお言葉を頂戴しました。

長々モラハラお疲れさまでした室町さん。わたしいちおう心理学部卒ですので、あなたの所業がどういうことだか存じてますよ。ごきげんよう。

モラハラという言葉、わたしはあまり馴染みがないので
ネットで調べてみるとかなり相当にひどいことばであるという
解説が書いてありました。たとえば
  モラハラとは、「モラルハラスメント」の略称で、
  道徳・倫理に反したいやがらせで相手を精神的に
  追い詰める行為全般を指します。そのため、モラ
  ハラは精神的DVといわれることもあります。
わたしが澤さまの推薦文にモラハラをしたということであれば
即刻、自ら澤様に謝罪し、運営の方からいわれなくとも
自らを罰してここを去るつもりです。
わたしは愚鈍なところがあり、鈍いところもあります。
また、言葉のというものは受け取る側によっていかようにも解釈されます。
わたしがモラハラなど毛ほども考えてなくとも
批判的かつ否定的な意見を連ねてきたことは違いありません。
批判や否定がモラハラにつながるなら今後はどうすればいいのか、
どうにもむつかしい気持ちでいますが、その方向性を
定めるためにも、どうか、論理的かつ具体的に
今回の澤さまへのコメントのどこがモラハラだったか
おぞましい所業であったのか教えていただきたいと願います。

わたしがひとつだけ自覚しているのは鷹枕可さまが
本文とはまったく関係のない質問を澤さまにされていて
それがあまりにも関係のない知的知識の披露の所業にみえたので
「憎めないピエロ」と揶揄してしまったことでしょうか。
これは口が滑ったとはいえ申し訳ないと思っておます。
しかしどう考えてもモラハラなどというおぞましいことを
わたしがやったとは今でも思えません。
そんなことをやっていたのだとすればわたしがわたしを許せません。
そうでなくともわたしは生い立ちからして生まれてから今日まで
ずっと差別されてきましたから、そういうものを
だれより一番憎むのです。
どうかわたしの発言やコメントのどこがどのように
モラハラであったのかご教唆ください。
できれば論理的かつ具体的にお願いさせていただきます。
主観的な感想や個人的な感じでそう感じられたのなら
モラハラとまで言い切ることはちょっとひどいとおもいます。
澤さまは心理学の専門家であるとのことですから、心理学の
専門家である澤様から感情的な主観を排した理性的な説明をお願いします。
あるいは
他の心理学の専門家にわたしの批評したことばを見てもらって
モラハラであるかどうかを厳しく検討してもらうことになるでしょう。
モラハラではなく、辛辣な言葉使いであったかどうか
批評としてちょっと厳しすぎたということにすぎないであったか
そういう境界が果たして心理学で引けるものであるかどうか
疑わしいとわたし個人は思っていますから最後は
その言葉をもらった側がそう感じたのならそういうことに
なるかもしれません。
しかしそうなるとこれはもう際限がないですよね。
わたしが澤さまの発言を「モラハラ」と感じたならこれもモラハラになります。
結局、
ビーレビというサイトの皆様に判断していただくことになるのでしょうけど
これも問題があります。
仲間内での好き嫌いです。仲間の多い方の声が大きく響く。
結局、最後は運営に判断して頂くことになるでしょう。
それを承知した上で、澤さま、どうか鈍感なところがあるわたしに
どのような「モラハラ」があったか説明してくださることを
お願いもうしあげます。
投稿欄でやりとりするより、こうやってみなさまに
知っていただいたほうがいいと考えましたのであえて
フォーラムでのご説明をお願いもうしあげた次第です。
くどくどと申し上げましたが、澤さまの説明に対して
感情的に反論することはないとお約束いたします。
ただし、内輪意識をもった応援団の方が、澤さまのご説明が終わらないのに、横やりを入れて
混乱を招くことはご容赦願います。