運営の皆様におかれましては、日々の誠実な運営、感謝しております。

さて標題に関してですが、現状、システムの不備や新規開発など難しい状況である事を認識した上で、今後、機会があればご考慮頂ければと思い認めさせて頂きます。

かつてネット詩には「返詩」という文化がありました。一時期はメビウスリンクなどで隆盛を誇ったこの文化も、メビウス閉鎖後の現在、見る事ができなくなった、いわば廃れた文化とも言えます。

昨今、ビーレビュー上で、評者の成長や投稿者のレベルの底上げなどが提案されていますが、この「返詩」文化を再興する事により、上記提案の解決の一助とするのは如何かという考えです。

「返詩」とは、ある詩を読んでインスパイアされたものが、それを下敷きにあたかも「返信」(answer song)するかのように詩作を編む事です。
パスティーシュ、オマージュ、書き換え、何でも良いのですが、投稿された詩を読んで惹起された詩想を作品に昇華する事で、今までにない自らの新たな境地に気づくきっかけとなります。また原作者が返詩を読む事により、新たな気づきを得ることも可能です。
また「返信」するためには、該当作品を読み込みの必要があり、それは詩における読解能力の向上の取り掛かりとして充分なものであると考えます。
そして、この返詩文化を投票に活かす事で、返詩の機会を容易に発生させ、新規投稿者のハードルを下げる試みも行えると考えます。

ゆくゆくは返詩タグを設けて頂き、対象作品(原作)のURLなどを添付した作品に関して、他の投票と同じようにある一定のポイントを付加する、と言った事が具体的な部分になります。もちろん、月2回の貴重な投稿権の一回を使う事になりますので、それなりの高ポイント付与を期待します。
また、返詩作品に対しての投票は自由とし、返詩への返詩を発生させることで、更なる読解の深化を期待する、という事もできます。

詳細に関しましては良くご協議頂き、ご検討賜る事を期待しております。

現状、実装は難しいものの、ネット詩である特性を活かして、今後ともビーレビューが発展いたしますこと、またそれには各投稿者と運営各位の絶えない努力がある事に感謝いたしまして、乱文ではありますが提案させて頂きました。
長文、失礼いたしました。

  • : 匿名