こんばんは、藤井です。

本フォーラムは「運営より」とは違い、藤井個人として投稿致しました。あくまで1ユーザーとして、皆様の「批評について」の見解を、求めたく思ったからでございます。

さて、本投稿の主題は「批評とは」でございます。私は「現代詩投稿=批評プラットフォーム」の運営の身分でありながら、批評について勉強不足で、批評的な文章を書こうと思っても、中々満足いくものが書けてはいない現状です。
つきましては、皆さまと「批評」について、議論、というか意見交換のようなものをして、視野を広げたいと考えました。

もしお時間を頂けますなら、ぜひこちらの空間にご参加頂けますと嬉しく思います。

とはいえ、私なりに「批評」について見解を示さないといけないような気がしますので、無学ながら、語ったりします。

まず大前提として批評に求められる要素としましては
①作品を自分なりの価値観や定義で「一定の評価」を示すこと
②一定レベルの説得力を持った文章で記述すること
があるように思い、こちらにつきましては、一般的に理解されている(だからといって正しいと主張したいわけではありません)ことと存じます。
で、私が批評に重要な要素として付け足すなら何かを考えたところ
③他者へ「快不快」の感情を与えないよう尽くすこと
を考えました。
見解を申し上げます。よく「感想」と「批評」は違う、なる文章を見かけます。
また「批評は、作品に対して客観的であることだ」なる文章も見かけます。
しかし「客観的」という言葉を持ち出すと「客観的に書くなどありえない」「人は自らの思考を客体化した上で、文章など書けない」「客観的に自己を見ることは、それっぽいことは意識すれば可能だが、主張を書く以上は如何なる客観視もすることはできない」などなど、別方向の議論へ進行するような気がしていまして、つまり「客観視」という言葉選びは間違っているのではないか、と思い始めています。
で。
もっと適切な言葉があるとすれば「快不快を与えないよう尽くす」ことなのかもしれない、と考えています。
感想は、自分の思ったことを素直をベースにして書くことと考えていますが、「おもろいやんけ!」や「ゴミやんけ!」といった点を書くなら、論理的に言葉を尽くしても「つまりゴミ」という感想が底流に流れている場合、「ようするに、本作をゴミといいたいわけだね???」という感情を与えてしまい、あまりいい気持ちはしないような気がします。「おもろーい!」という感情についても、然りです。

んで。

作品は、一定の評価に落ち着くとは限りません。「おもっしょ!」と感じる人もいれば「おもんな」と感じる方もいて、「おもんな」と感じる方からしてみれば「おもっしょ!」派を認められないものであったりします。
批評は「作品へ評価をする」つまり「おもろい」とか「おもんない」とかを筆者なりに定義するわけですので、「おもろい」と批評するなら「おもんない」派閥に対する攻撃性を認めつつ、「おもんない」派閥からの反論を受け止める体制が必要な気がしています。

ここで確認しておきたいのは、もし「おもろい派閥」VS「おもんない派閥」の批評による議論が展開される場合、言論空間としてあるべきレベルでの展開が望まれるのではないか、少なくとも、子どもの喧嘩チックな感情のぶつけ合いは容認されるべきではない、と考えます。

このことを前提として進めますと、では感情のぶつけ合いを否定する批評とはなんぞや!となります。
私が考えまするに、文章を読んだ他者が「快不快」の感情を出来るだけ生み出さないよう努めつつ、堂々と「いい」か「悪い」かを丁寧に記述する、ことであると思っています。
これは「感情をこめてはいけない」という類の話ではなく、「褒められた!嬉しい!」「褒めてるけど、馬鹿か!」「けなされた、ウゼエ!」「駄作とか言ってるけど、アホなのか!」といった「評価」に関して与える感情を(完璧に排除するなど到底不可能ですが)極力排除するように「努めた証跡のある批評を綴る」こと、存在するのは「批評そのものが書かれたことの喜び、を目指すことが、B-REVIEWが提唱する「高いレベルの言論の場」であるのかもしれぬ!みたいなことを考えていたりします。

ひとまず私の見解ですが、是非、皆さまが考える批評について、ご教示くださいますと幸いです。

※なんか批評について語りましたが、感想を否定したい文ではございません。よろしければ、「言論レベルの高い感想」について、もしございましたらご意見を賜りたく存じます。

  • : ふじりゅう