同じ日本語を使っていても、本当はそれぞれ違うリズム、音韻のなかで暮らしていることに今更ながらに気づきました。

私の片親は西の出身ですが(あえて地方はぼかします)、私はずっと東京弁で生活してきたため、この違いが何を意味するか、特に詩作においてどれだけ大きな違いを産むか、今考えればよく分かります。

私の親戚の西の言葉をどれだけ真似しても「全然違う」といわれます。自分では全然違うだろうな、っていうイントネーションやアクセントで真似すると時々「うまくいえてる」といってくれます。

要するに聞こえている世界が違います。私には聞き分けられない違いを私の親戚や祖父母は間違いなく聞き分けています。私には見えない言葉の色や温度がみえているのだと思います。

ビーレビ参加者もおそらく日本のあちらこちらにいらっしゃることと思います。そしてそれぞれ、自分が育った、あるいは自分が使っている日本語の音韻やリズム、アクセントが必ずあって、それはそれぞれ違うということです。

では、そのような状況において例えば作品の音韻やアクセントやリズムについて果たして建設的な合評って成り立つんでしょうか?

私はstereotype2085さんの作品に対して、主に言葉の調和がとれていない、といった苛烈な批判をしてしまいましたが、もしかしたら非常に見当外れな指摘をしてしまったのかもしれないと今更ながらに非常に重たい気持ちに襲われています。

stereotype2085さんにはstereotype2085さんの言葉の音韻の世界があるはずで、ツイキャスをお聞きする限り、それは私が話している日本語のそれとは違うものです。

ある文章が私にとっては平易で退屈でも、まったく別の音韻の世界を持った方々からしてみれば非常に色彩に飛んだ文章であるということがあるかもしれない。あるいは逆にある人にとって非常にくどい文章が、別の人にとってはそれくらいクドくしないと狙ったリズムが発生しないのかもしれない。

脳内再生されるときのアクセントやイントネーションは人によってかなりバラバラです、おそらく。そうなると、ある人にとって調和がとれていたものが別の人にとってはまったくバラバラに感じられたり、またその逆だったりする。

ビーレビの点数項目に「音韻」という項目があり、詩において音韻は非常に重要な位置をしめているのだと思いますが、果たして音韻や言葉の調和、リズムやアクセントの話ってもはや合評することが不可能なのではないか?と今鋭く感じています。

まず、この点を念頭にいれずに苛烈な批判をしてしまったことについて、stereotype2085さんには深くお詫びしたい次第です。

同時に音韻に限らず、詩の合評って果たして可能なのかどうか、考える必要がある気がします。
それぞれの見えている景色が違う、感受性もそれぞれかなりの幅をもって多彩に共存している、という状況のなかで建設的な批判というのはやはり成り立たないのではないか、と本気で悩んでいます。

survof は理屈っぽいし、絶対面倒臭そうだから遠慮しておこう(面倒なのは本当です)、ということであれば、コメントに残さずとも、こんなこといってたバカがどこかにいたな〜っていつか思い出してください、笑。

もし可能ならご意見いただけるととても嬉しいです。

  • : survof