一年で4,5回著作権の話が出た覚えがあるので、簡易的に記します。

1.著作権は著作者に自動で発生します。
2.放棄するという概念は原則ありません。
3.かるべのスタンスは著作者の意向を重視する
4.かるべのスタンスは著作者の意向が確認できない状況の場合、問題発生のリスクの重大度を予想して適宜行動する。

さて、かるべのスタンスであって運営の指針ではありません。
実際、そもそも曖昧な分野なのです。殊に文章の著作権は。引用と権利侵害の線引きが明確だと思わないでください。

過去、聖書の丸写しの投稿がありましたが、引用元の翻訳や版の関係上、極めて怪しかった(調べてみてください聖書の翻訳の著作権)ので、看過していると思われても問題なので削除しました。

歌詞の引用、という問題もありました。
これは歌詞をTwitterで呟くような程度でしたが、立派な権利侵害ではあります。
看過していると思われると心外ですが、当時から何かあったときに擁護はできないと宣言しています。

ビーレビ投稿作をリミックスしたものも少し著作権の話題になりましたね。
著作者の意向でオッケーなら問題にならないということです。無論、法廷闘争では意向は明文化されている方が安全ですが、人間関係の面では信頼性が大事になるので、一概には語れません。もちろん、事前許諾という流れもあった例なので、問題にはなっておりません。

ここからはものをつくる人がどのようなスタンスでいるのか、という浮き彫りの話です。
実際、引用があって新しい宝に出会うこともあり、作者はそれを喜ぶやもしれませんし、
それをネットに公開するというのがそもそも広く流布される願いがあるのだとも捉えられます。

なので、
引用の仕方についてのリテラシーだと思うのです。
タイムリーな話題では星野源さんのラジオトークを呟くアカウントが、呼びかけ直後に閉鎖された件でしょうか。
デリケートだったり曖昧だったりする引用の要件なので、著作者の意向に沿うのが大義かなと考え、著作者の意向がわからない場合は不安レベルに応じて、著作者が発表している場に誘導したり、いわゆる学術的な引用の範囲に留めたり、緩めな雑誌やメディアレベルで持ち出したり、語る上で不可欠なので法的に問題ない自信を掲げて多くを引用する、といった選択が考えられます。

今後の引用の参考にしてください。

  • : かるべまさひろ