こんばんは。夜分遅くお目汚し失礼します。眠い人です。
本日は一サイト利用者として提案をしたく、フォーラムへ投稿をさせて頂きました。皆様からのご意見賜りたいです。

さて、凡そ半年弱本サイトを利用させて頂き、複数の方々が本サイトの在り方について議論なさっている場を拝見しました。
その議論とは主に「サイト利用者の作品投稿可能数とその解除の条件に、コメント数をどう関わらせていくか」というような内容であるとお見受けします。またこの議論に対しては、何かしら明確な答えは出てないと認識しています。

すこぶる個人的な意見で申し訳ないのですが、この事について答えが出ていない理由には、感想と批評の境界線が曖昧になっていることが起因しているのかなと感じました。

具体的に説明させてください。

現状の課題は
・投稿数が増加し一つ一つの作品が見られない(作品が埋もれてしまう)
・作品投稿数は増加する一方、批評(コメントの投稿数)の方は相対的に見て増加していない
であり
上記の対策として
・2作品目以降の投稿条件を、コメント数10個などに変更することで、コメント数、閲覧数の増加を促す
というような提案がなされており、この弊害として
・コメントの質の低下を招くリスクがある
・コメントすれば良い、というような雰囲気になってしまい、批評の増加が見込めるとは言えない

ことが挙げられるかと思います。

本サイトは批評プラットフォームという大義名分を掲げており、そのような場で批評よりも感想の言い合いの方が多くなるというのは確かに良くないかと思います(少し言い方が悪いかもしれません。申し訳ありません)。

この問題の解決案として

・コメントの投稿の際に「コメント(あるいは感想)」と、「批評(あるいはそれに該当する単語)」と種類を分け、それぞれの投稿数を次回作品の投稿解除の条件とする

を提案します。

これは、そもそもコメントと批評を投稿の際に選ばないから、その境界線が曖昧になってしまっているのかな?という推測に由来します。
ですからコメントと批評をそもそも区分けして考えて貰えば、それらの混同による視覚的なコメント欄の質の低下を避けることができ、かつ批評も確実に投稿されるので批評プラットフォームとしての役割も果たせるかなと思いました。

また余談ですが、インターネットの世界においては責任感ややりがいの消失が大きな問題となります。
これを本サイトに当て嵌めますと……

特に作品を投稿することを主目的とするサイト利用者からすれば、他者の作品を読んでコメント(批評)を書きそれを投稿するということに多少なりとも手間を感じると思います。
これに加えて上記の責任感ややりがいの消失から、コメントいれるのダルいしわざわざしないでも良いんじゃね?と心理状態がマイナス方向に向いてしまいます。

この対策として、コメント(批評)を投稿した際に何かしらの感謝の言葉が表示されると良いと思います。
(作品を既読にした時、既読にしたぜ、と表示されるように、批評を投稿したら、ありがとう!とか出てくるようなイメージです)。

翻ってみれば、批評プラットフォームに批評が投稿されると言うのは図書館で本が借りられる位当たり前のことです。そしてこれは本を読んで借りる場所!という定義をしている図書館からすると、正しく図書館冥利に尽きるわけです。
これと同じように、批評が来れば、恐らくビーレビ君(勝手に擬人化しています)は存在意義が認められ喜び、批評を投稿してくれた人に対し「批評してくれてありがとう!」と言うと思います。
この感謝を実際に伝えられた時、批評する場を作り出した!という達成感を批評の投稿者に促すことができ、結果としてサイトの長期にわたる利用、また活発な批評への参加も見込めると思います。

サイトの繁栄を自分事と捉えられた時、それはとても大きな喜びに繋がるのではないでしょうか。

以上が私の意見です。
かなり長い文章となってしまいましたし、生意気な意見になってしまいました。申し訳ありません。
上記の案の善し悪しについて1人では考えられないので、是非皆様にご助言頂きたいです。

  • : 眠い人