日ごろからB-Reviewをご愛顧いただきありがとうございます。
この度、詩集を出版されているしろねこ社さんとコラボ企画で、
「びーれびしろねこ社賞」を開催します!
大賞受賞者にはなんと無料で詩集の出版権!

この度しろねこ社さんのご厚意で開催にいたりました。
大変太っ腹なクリスマス企画なのでぜひ皆さまの渾身の作品でご参加ください。

賞品
大賞受賞作品1作品 しろねこ社より無料の詩集出版権獲得、しろねこ社既刊全詩集の贈呈
優秀賞1作品 しろねこ社既刊全詩集の贈呈

開催期間
応募期間 12/1-12/20
受賞作発表 12/24

応募方法
運営でびーれびしろねこ社賞用の作品スレッドを投稿します。
応募者の皆さんはそこにコメントをする形で、作品名と作品を投稿ください。
そこに投稿された作品を審査対象とします。
※応募方法の都合上、横書きとなります。

主な注意事項(必ずお読みください!)
– 投稿は1人2作までとします。それ以上投稿した場合は該当ユーザーを選考対象から外すこともありますのでご注意ください。
– 感想や議論など、作品投稿以外のコメントは禁止します。
– 受賞した場合は、B-reviewにご登録のメールアドレスをしろねこ社さんに共有する可能性があります。ただし、個人情報となりますので、これに同意されない方は応募されないようにお願いいたします。またこれはあくまで特例となりますので、この件に関して、運営がメールアドレスを他の第三者に開示することはありません。
– なりすましなどを防ぐため、受賞後の連絡先は登録しているメールアドレスか、ご応募のアカウントに紐づいているtwitterアカウントのみとなります。ご注意ください。
– 既に発表している作品の投稿はお避け下さい。また投稿された作品は、個人情報に関わるなど、一部悪質な投稿の削除以外では削除は行いません。投稿される際は誤投稿などにお気を付けください。

作品ジャンル
ご自身が詩と思うものであれば、特にジャンルやテーマは問いません。

選考方法
以下2名の審査員による審査を行います。
B-review運営も補助として選定のお手伝いなどを行います。
※投稿された作品のみで判断します。応募者の普段の投稿作品やお気に入り数などは選考に関係ありません。

審査員
しろねこ社 Painter Kuroさん
百均さん

その他条件
– 作品が商業未契約の状態で、作品の著作権が明確に投稿者本人に帰属するものであることが必須です。盗作などは絶対になさらないようよろしくお願いいたします。
– 作品内容に権利侵害などの問題を生じ、第三者に損害を与えた場合は、すべて応募者様ご本人の責任とさせていただきます。
– 出版に関係する著作権などはしろねこ社さんと受賞後にやりとりください。
– 複数アカウントでの投稿はお避け下さい。判明次第レッドカード処分とします。
– 応募作品は通常のびーれび大賞の選考対象にはなりませんのでご注意ください。
  ※通常のびーれび大賞も12月は並行して行います。
– 受賞者は、しろねこ社さんと賞品のやりとりが発生します。最後までやり取りする責任とマナーのある方のみご応募ください。

————審査員紹介———–


しろねこ社 Painter Kuro
Web: https://shironekosha.thebase.in
Twitter: https://twitter.com/painter_kuro

しろねこ社は、詩集、絵本に特化した出版社として、2016年より活動を開始してきました。ある程度詩の世界において実績がある方々を中心に出版して参りました。僕自身少し閉塞感を感じていたこともあり、この度B-Reviewさんとタイアップさせて頂くこの新たな試みにワクワクドキドキしております。ネットの掲示板という「動」と本という「静」が期間限定でコラボした時にいったい何が保存されるのか!
詩を書き溜めてない人も詩暦が短い方も、反対に大御所や著名な方も、若い人もそうでない方も「現在」を投稿する2篇の詩には変わりありません。是非、思いついたら、感じたらお気軽にご参加ご投稿してみてください。
コロナ禍僕たちはやり切れない囲いの中にいました。微力ながらこのタイアップ企画が来年に向けての開放になりますように。

しろねこ社主宰 Painter kuro

百均
B-reviewプロフィール: https://breview.org/keijiban/?author_id=21
Twitter: https://twitter.com/bungoku_was

今回、審査員を務める百均と申します。
 
 経歴を簡単に説明すると、B-REVIEWの初代運営をしておりました。(活動内容が気になるかたは、B-REVIEW内のプロフィール欄から過去の履歴を参照いただければと存じます)
 
 投稿者の皆さんには「2作品」という枠の中で、飛び切りの自己紹介をしていただきたいと思っています。僕の審査基準はたった一つしかなくて、それは「しろねこ社さんが詩集にしたいと思った詩かどうか。」それだけです。その判断の補助役として、掲示板でレスしているいつものスタイル通りに投稿作を読ませていただきたいと思っております。
 
 しろねこ社さん、運営のみなさん、そして、投稿者の皆さんが幸せになれるよう、きっちり仕事させていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

百均