HIROKI

投稿作品数: 6
コメント数: 11


2019-02-03

無題

2018-12-09

「濁」

2018-11-01

「寂花の雫」

2018-10-31

ふじりゅうさん、コメントありがとうございます。 副作用からそこまで読み取っていただけるとは、驚きました。 仮題は「空絵」だったのですが、あまりピンとこず、他に思いつくものもなく…といった感じで無題にしてしまいました。 次はもう少しタイトルに時間をかけて考えてみますね。 (無題)

2018-12-09

コメントありがとうございます。 そうですね、今まで特に意味なくつけていましたが次回からなしにしますね! (「ヒトリヨガリ」)

2018-11-10

選んていただけて光栄です。 ありがとうございます。 (10月分 フル選評(まりも))

2018-11-10

オオサカダニケさん、 今回もコメントありがとうございます。 うれしいです(^^) (「濁」)

2018-11-03

藤 一紀さん、 コメントアドバイスありがとうございます。 次作で改めて挑戦したいと思います。 (「濁」)

2018-11-03

エイクピアさん、 コメントありがとうございます。 両親がキリスト教で、自分は思春期まで様々な規則に縛られて育ったものですから、いろいろ思うことがありました。 そのときの気持ちを思い出しながら書いた詩です。 (「濁」)

2018-11-03

選んでいただいてありがとうございます。 時々心が張りつめて底の方にいろんな想いがとどろく感覚になることがあって…一人になりたいけど独りは嫌で、というような矛盾が自然界にもきっとあるんだろうなと想像しながら書いた詩です。 (選評ワンポイント・キュレーション2018年10月分)

2018-11-03

申し訳ありませんでした! (「寂花の雫」)

2018-11-01

オオサカダニケさん、 コメントありがとうございます。 数年前から少しずつ、思い浮かんだ言葉を連想していて、最近ようやく一つの詩にできました。 そう感じていただけたのなら幸いです。 (「浮遊の空と僕の影」)

2018-10-26

ふじりゅうさん、 コメントありがとうございます。 指を離した二つの小さな手というのは、子供のことです。 離れ離れになった家族のことをテーマにしています。 生きていて、楽しいときや笑っているときでも、ふとした瞬間に悲しくなってしまうときがあって、気づけば、あの頃のように活きれていないのだなと感じるときがあります。 (「浮遊の空と僕の影」)

2018-10-26

かるべまさひろさん、 コメントありがとうございます。 僕は楽器ができないんですけど、哀愁の泣きのギターソロが曲のラストにほしいです。 (「浮遊の空と僕の影」)

2018-10-26