作品投稿掲示板 - B-REVIEW

池田伊万里


投稿作品数: 4
総コメント数: 20
今月は7作品にコメントを付与しました。
プロフィール
記録
プロフィールはありません

池田伊万里の記録 ON_B-REVIEW・・・・

初コメント送信者の燈火

作品への初コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

活動的B-Reviewer

総合コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

活動的投稿者

投稿作品数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

アザーサイド

2020-09-08

出発

2020-08-04

英雄

2020-08-04

コメントありがとうございます。 そうですね、実体験ではなく、完全なフィクションです。ちなみに子どももいません。 ただなんていうかな、私自身、障害や病を抱えていて、とても困難な人生を歩んできました。 この詩は、テーマがテーマなので、「読んだ誰かを必ず傷つける」という覚悟で書きました。当事者が読んだら無神経に見えるかもしれない。 当事者がもし読んだら深く傷つけてしまうかもしれない。そう思いながら書きました。 読むのは辛かったかもしれませんが、真に迫るものを感じていただけて嬉しいです。ありがとうございました。 (その微かな熱さえあれば)

2020-09-15

はじめまして。 詳細なコメント、本当に嬉しかったです。ドライブ感とおっしゃられてますが、臨場感というか、疾走感は出したいなと思って書きました。 コードっていうのは、なんていうかな。まぁあまり答えというか、作者の気持ちを言ってしまうと詩の意味がなくなるおそれがあるので。。 いきなり出てきたけど違和感なかったかな? おつかいの部分も唐突に出てきたけど、馴染んでいると言ってもらえてよかったです。 この部分は、ふっと浮かびました。ふっと。 この「おつかいの僕」が幼少期の主人公なのか、単なる登場人物なのか、読者におまかせします。 基本的に、詩は、読んだ人が感じ取ったものが正解だと思っています。作者が「このつもり」で書いても、受け手がそうとるとは全く限らないわけで。 でも、それはそれでひとつの「答え」なんだと思っています。 色々、解釈をしてくださり本当にありがとうございました。あえてこちら側の「意図」などは言わないでおきます。 さまざまな読み方を出来る詩であればよいなと思います。ありがとうございました。 (アザーサイド)

2020-09-11

コメントありがとうございます。 引用ぽいですか。やはり当事者のブログをもとに書いたからかな。 かなりきつかったんですが、それでも冷静な感じがしましたか。まだまだ修行が足りないです。がんばります。 (その微かな熱さえあれば)

2020-09-11

>ねぇ、私あの人みたいになれなかった。 >もっといっぱい働きたかったの。 >人の役に立ちたかっただけなんだよね。 このあたりから、ストーリーがしっかり出てくるというか。。 大変なのかもしれないな、と思いました。そこまで読んで初めて、前までの連が生きてくるというか。。 最後の一行、オチがついていてよかったです。ありがとうございます。 (さよなら向日葵、おかえり┣鳳仙花┳ホウセンカ┫)

2020-09-11

全体的にとてもうまいな、と思いました。うまい、て言ったら失礼かもしれませんが。 波紋が心のなかで広がっていくような印象を受けました。 >ピンク色の水を吸い上げた首を >激しく尖った >一本の針金をねじ切るように駆動させる 全体的に言えることですが、視覚化するのが難しいのに、すんなりと入ってきます。特にここなんそう。 イメージとして映像化しにくいのに、とてもすんなり入ってくる。 父性、という言葉も、この詩の雰囲気からは浮きそうなのに、なぜかスパイス的に効いていてよかったです。ありがとうございます。 (無乳病)

2020-09-11

コメントありがとうございます。 構成は自然とこうなりました。魅了してもらい、嬉しい限りです。 そうですねー、こう、関係のあるようなないようなことが、ひとつの連なりになって思い出される、というようなことはよくあります。ありがとうございました。 (アザーサイド)

2020-09-09

いえいえ。フィクションだからやっぱり、物足りなさを感じられたのだと思います。鋭い。 これはねー、まだ私には早かったかもしれないです。というか、私が書ける詩ではなかったかもしれないです。 ありがとうございました。 (その微かな熱さえあれば)

2020-09-09

歌の歌詞みたいだなと思いました。 歌の歌詞、て言われるとなんか、けなされてるように感じる方もおられるようでどうなんだろう、と思いますが、私、リズムや音楽を感じる詩はとても好きで。 僭越ながら私の詩とABさんの詩が似ているとおっしゃってくださった方がいましたが、これはもう、全然違うというか、わたしには書けないなと思いました。全体にただよう、水底から水面を見上げるようなきらきらした感じが好きです。 (ウルトラマリン)

2020-09-09

AB様 コメントありがとうございます。 フィクションです。こう、「現代詩は自己表現から離れていい」という信念みたいなのがありまして。 実際にブログとか読んで、かなりきつい思いをしながら書きました。 それでもそうですね、物足りなさというか、作られた感から抜け出せないとしたら、腕不足なのか、本人じゃないからどうしようもないのか。テーマが重い分、書くのも投稿するのも勇気が要りました。誰かを不快な思いにさせるんじゃないかと。 でもそうですね。物足りない。しっかりと受け止めます。そこから抜け出すのが可能かどうかは分かりませんが、模索します。ありがとうございました。 (その微かな熱さえあれば)

2020-09-09

すうっと読みやすかったです。最後の一行の効果音のような余韻が、詩にうまくとけこんでると思いました。 (いつものこと)

2020-09-08

ちょっと詩の本題からはずれるんですけど、ああいう、リヤカーひっぱってたり、空き缶をたくさん載せて自転車こいでる人みると、自分が恥ずかしくなることがあります。そんな自分をまた責める、みたいな。なんでしょうね、あれは。ロレックス、案外本物なのかも。読後感が好きな詩でした。 (夜を歩く)

2020-09-08

AB さん んー。もっかい読むと、なんか、出来不出来はおいといて、つながるの分かった気がする。 落雁の先の世界観というか。いや、出来不出来はおいといて。その、落雁での「彼」が、そのさきで 得た心境が「出発」だとしたら、つながるのは分かる。 ただまぁ。恐縮なことに変わりはないです。ありがとうございます。 ちなみにこの作中の「俺」はモデルはいますが、私ではありません。最近俺ばかりで。まぁ自分のことを書いた詩ではないとはいえ、結局は自分と通ずるものがあるんでしょう。おそらく。 (出発)

2020-08-07

ABさん 落雁、読ませていただきました。ちょっとねー、、レベルが違いすぎる。いや、向こうがもちろん上です。 ちょっと、たぶん、書いた歴とか読んだ詩の数とか、全然違うと思う。こんなん、ご本人読んだら気を 悪くされますね。。すみません。 いやー、でも、ちょっとね、おそれおおくて多くは書けませんが、わたしとつながるものを、万が一感じて いただけたならやっぱりうれしいです。あれだけ書ける人(失礼。。)と近しいものを。。恐縮です。 ほんとに恐縮。今の時点においての自分と、対比しながら読める詩ではなかったです。恐縮です。 ありがとうございました。 (出発)

2020-08-07

丁寧なコメントありがとうございます。 卑屈かあ。そうなのかな。まっすぐなようでいて天邪鬼なとこはあります。 母なる海、てよく言うから使ってみました。まあ具体的に母親を求めることはほとんどないですね。 後半、鋭い考察ありがとうございます。 多分確実な答えはわたしにもわかりません。 ただ、そうやって真剣に向き合ってくださったことが嬉しいです。 ありがとうございます。 (出発)

2020-08-05

作成者の入間ちかa.k.a.なぞみんさま、コメント投稿者のエイクピアさま、 無礼を働いてしまい本当に申し訳ありませんでした。 以後重々気を付けます。 (旅立ち)

2020-08-05

管理者さま すみません! 間違えてほかの人が投稿した詩に自分の詩への返信をしてしまいました。 本当にすみません。削除してください。 (旅立ち)

2020-08-05

コメントありがとうございます。 自殺、というか、私の場合ですが、自分、あるいは他者を破壊したい、という 衝動のようなものを封じるために詩を書いている傾向はあります。 よく言われることですが、破壊と創造は表裏一体というか。。 まあそこまでの詩が書けてるともおもいませんが。。 まだまだ精進したいです。ありがとうございます。 (旅立ち)

2020-08-05

もといまりです。 こう、満たされなさをすごく感じました。 三連目、 いきた たぶんいきた だれにともなく うつむかないで と ここ。うつむかないで、すごく切ない。 これは誰に言ってるのでもないと思う。 ただだからと言って自分に言ってるのか、自分に言い聞かせてるのか、 それは本人にもわからない。そこがすごく切ない。 たまらなく切ない。 いやーせつない。うむ。ではでは。 (おぼろ)

2020-08-04

狂気と色気を感じます。 あぶなっかしい魅力ですね。 犬、てのはなんだろな。 やっぱこう、えろいんだとなあ。すごく。 タイトルもだけど、ここでふいに出てくる犬、すごくえろい。 トランス状態ぽいていうか。。 ぞくぞくしました。まあ私は女性ですけども、どこか近しいものが あるのかもしれないです。 (苔犬)

2020-08-04

はじめまして。 鉢植えのトマトが匂う ここがすごく好きです。 トマトの匂いなんて、正直、あるかないかだし、どんな匂いかはっきりとは 思い出せない人がほとんどだと思うのだけれど、鉢植えのトマトの匂い、ていうのが、 なんつうか、すごく不安が伝わってきます。そこらへん、すごく上手いなあと思いました。 (貝化石)

2020-08-04

普通

2020-09-06