作品投稿掲示板 - B-REVIEW

TAKE


投稿作品数: 7
総コメント数: 8
今月は0作品にコメントを付与しました。
プロフィール
記録
プロフィール:
▷現在出題中のタグ #一行だっていいんだ詩 (@ONELINERNOTES) ▷作品タグ ?創作用 #刺草ノ途 ?写真用 #刺草ノ花 ▷筆名 -刺草- ‹Irakusa›

TAKEの記録 ON_B-REVIEW・・・・

精力的投稿者

投稿作品数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

Drifter

2020-03-23

Ivory

2020-01-23

-KILLER-B->

2019-12-17

小銭のことば

2019-11-01

残暉

2019-11-01

感想ありがとうございます。 (夜息花鳥 -ハクカチョウ-)

2020-07-27

押韻が心地いい。切り取られた美しい写真(おもいで)を見ているようです。 (倦怠)

2019-12-17

観測できないままであれば、生きていたのかも知れないシュレディンガーの猫を想起しました。 > 開けるまでは踊っていた 賞味期限までずっと ここは修辞技法としてどう言う意味合いを持つか気になります。 四肢を曲げては行けない方向に曲げて詰め込まれた。「人形」のような加工後の様異であるように俺は感じました。 > あなたのために用意しました 狂人的な嗜好(カニバリズム)なのか、 人間と言う名の製造されたひとつの商品なのか、本当にそれは求められたものなのか。 『あなた』の描写がもう少し欲しいですね。 (Human in the drum)

2019-12-17

保存された「輝」 死して尚放つ光、無常なる虚空。 死への造詣が深く、生者と死者(亡者) 両方の『眼』で見ようと努めている様を感じる。 > 愛そうとして確かめた薄い皮膚がある こことても好きです。レトリックとしてとても美しい。 愛の手触りであると同時に、調理過程の俎上で、血のなみだを流す命への眼差しとも受け取れる。 忘れじの星に深く累積する「死」と繋がれていく遺伝子を感じる。 戦争(たたかい)は残されてた者の記憶と 空へと旅立った者達の足跡なのでしょうか…。 (犬死にしたくない)

2019-11-26

コメントを下さった方へ、拙文ながらゆっくりと感想としてお返ししたいと思ってます。 皆様ありがとうございました。 (小銭のことば)

2019-11-24

ふじりゅうさん、指摘ありがとうございます。日頃Twitterで詩を書いているので、140字に収めることに慣れてしまい、大切なこの作品の詩情(おもむき)小銭達の視点や質感の描写が不足していたと後ほど感じました。 (小銭のことば)

2019-11-24

タイプミスの指摘、ありがとうございます。 (小銭のことば)

2019-11-01

読んで下さりありがとうございます、 様々な意見を頂けてとても嬉しいです。 これを励みに詩を書いていきたいと思います。 (小銭のことば)

2019-11-01