作品投稿掲示板 - B-REVIEW

はたもり


投稿作品数: 10
総コメント数: 22
今月は0作品にコメントを付与しました。
プロフィール
記録
プロフィールはありません

はたもりの記録 ON_B-REVIEW・・・・

初コメント送信者の燈火

作品への初コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

活動的B-Reviewer

総合コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

優良投稿者

投稿作品数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

寂しかったり、絶望したりしてる時ほど、海とか雲とかが他人事みたいに綺麗、というか、平時には絶対に感じられない残酷な美しさがあって。さらにパリッとした冷たい風が吹いていて、とにかくひとりぼっちだなぁと思う事があるんですが、そんな気分を思い出せました。 (瀬戸内海眺望)

2020-11-12

コメントありがとうございます。嬉しいです。 確かに一行、或いは別の見せ方だと、よりインパクトが強まったかもしれないですね。考えもしなかった事なので、奥深いなぁと思いました。 同時に、三行にする事で各フレーズ・名詞を独立させたかった、という自分の無意識に気付けました。 (あうぃーろあいいろあえ)

2020-11-07

ありがとうございます。何気ない日々の感動を表したくて詩を書き始めたので、いただいたコメント、すごく励みになります。 (あうぃーろあいいろあえ)

2020-11-07

季節の彩りを堪能されていて、素敵ですねぇ!具体的な色を明示せずとも、季節ごとの鮮やかな色合いが目に浮かびますね。 (あうぃーろあいいろあえ)

2020-11-07

美しい感想をありがとうございます。大塚拓海さんのコメントのおかげで、自分のこの作品がさらに好きになりました。雰囲気を読み取っていただき、嬉しいです。 (あうぃーろあいいろあえ)

2020-11-07

ありがとうございます。嬉しいです。 きつねの鳴き声は聴いたことないのですが、十五夜の月を見てると、からからから、と喜んでそうだなあと感じて書きました。 (きつねのお月見)

2020-10-02

ころなかなのなかで というタイトルが この中の中で、という風に聴こえるなぁと感じてました。 この音の絶妙な曖昧さが、詩の不明瞭さ、もや加減と合っていて、良いと思います! (コロナ禍のなかで)

2020-09-30

コメントありがとうございます。 リズムを感じてもらえてよかったです。 元気をもらえる、とのコメント嬉しいです!励みになります! (からっぽのぉせんたっき)

2020-09-28

ありがとうございます。 この詩は、!と()を使ってみたくて書きました。が、いただいたコメントを読み、子どもの歌とテンポを、無意識のうちにイメージして書いてたなぁと気付く事ができました。 (からっぽのぉせんたっき)

2020-09-28

ありがとうございます。リズムについては分からないなりに、なんやかんやで一番拘っている事なので嬉しいです。 (犯人 はだれだ。)

2020-09-05

コメントありがとうございます。言葉が動くという捉え方がなかったので、新しい視点になりました。自分の詩を改めて見直すことができそうです。 (犯人 はだれだ。)

2020-09-04

一応 答えを持ちつつ、限定されない犯人を考えて書きました。らくがいたは、まさにちょうど良い表現がなくて、作った言い回しになります。拾ってくださって嬉しいです。 何より、鳴動という単語、すごく気に入りました。ありがとうございます。 (犯人 はだれだ。)

2020-09-01

ありがとうございます。自分なりに挑戦で工夫した点を丁寧に読み取っていただいて、嬉しいです。 (犯人 はだれだ。)

2020-09-01

ポツンとした余韻に惹きつけられます。石畳と苔の後の青い空缶でまんまと青空を連想して、綺麗だなぁと感じました。 (苔犬)

2020-08-06

自然の描写、生物の描写、マクロからミクロへ、そして人間へ。 世界の一瞬間を飾らずに切り取りながら、人間のありのままを少しばかり強調する。 シンプルな表現の連なりに力強さを感じました。読んでいて滝の音が聞こえてくるようでした。 (人間)

2020-06-08

コメントありがとうございます。 ずん太への読み込みと想像をしていただいて、嬉しいです。 ずん太という存在が、私の意図していた以上に詩に影響を及ぼしているなと思い、面白い一方で力不足も感じました。 (ずん太とお風呂)

2020-05-01

コメントありがとうございます。 独創的な解釈に驚きました。そんな風に読み取っていただけるとは、、! 何より、方向性は違えど、お風呂場の特別な感覚が、原型を見事にアレンジしながら描かれていて、なんというか、悔しいなぁ、と思います。 私も、自分の作風をもっと強烈に出していきたいです。 良作とお褒めいただきありがとうございました。 (ずん太とお風呂)

2020-05-01

コメントありがとうございます。 丁寧に読み解いていただいて嬉しいです。 自己陶酔の危険性については、意識せずに詩作していたので、勉強になりました。 ノスタルジックを読み取ってもらえて嬉しい一方で、元々はお風呂場での独特の感覚について書きたいと思っていたため、その点をもっと強調できたら良いなと感じました。 こちらこそ、素敵なコメントをありがとうございました。 (ずん太とお風呂)

2020-05-01

コメントありがとうございます。 遅い返信ですみません。 気軽な感じ、まさにそうですね笑 ついつい好きな言葉を詰め込んだ、子供の宝箱みたいな作品になることが多くて、書いているのが心地よいです。 ただ、もう少し一つひとつの表現を洗練させていけたらいいなぁと思ってます。 (暖かなお祝い)

2020-04-30

コメントありがとうございます。 返信が大変遅くなってしまいすみません。 なるほど、喪を連想されるとは、私の意図しない、この詩の余白の部分なのかなぁと感じました。 白い骨の夜は、まさしくシマウマにとっての死をイメージしました。 しかし、 思ってもみない角度からの感想をいただいて、勉強になりました! (暖かなお祝い)

2020-04-30

コメントありがとうございます。 返信がこんなに遅くなってしまい、すみません。 額縁に飾りたいだなんて、本当に嬉しいです!! 励みにこれからも頑張ります! (暖かなお祝い)

2020-04-30

桜の雨

2020-03-30

此岸彷徨

2020-02-05

夢の中の風船

2020-08-11

アヒル

2020-10-02

瀬戸内海眺望

2020-11-12