作品投稿掲示板 - B-REVIEW


投稿作品数: 2
総コメント数: 46
今月は0作品にコメントを付与しました。
プロフィール
記録
プロフィールはありません

未の記録 ON_B-REVIEW・・・・

精力的初コメント送信者

作品への初コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

精力的レッサー(月毎)

月毎コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数
✖1 ✖1 ✖1

活動的B-Reviewer

総合コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

投稿者の燈火

投稿作品数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

僕のカラス

2020-12-12

未のうた①

2020-10-27

こんなはずではなかった! いつもそう、なんでも、何故だろう? (ぢんせぃ)

2020-12-13

生きる目的は生きること! 考える目的は考えること! それ以上の理由などない! すばらしい (人の色)

2020-12-13

あれがなんの比喩なのか、考えさせられた! (pretty doll)

2020-12-13

無音が聞こえました。 (風に揺さぶられる枝葉)

2020-12-13

狐たちは何を話すのだろうか! (若狐のための)

2020-12-13

あの時のあれ! 夢にまで出てくるよ! (バグ)

2020-12-11

モンスターが生まれる予感がしました (産声)

2020-12-11

なぜ実験なのか読み取れなかった! (実験01)

2020-12-11

最後がマイベストかな (いくたびも星月夜をこえて)

2020-12-11

面白いのに、タイトルがよくわからない! (まぜるなキケン!)

2020-12-11

撲滅委員会へ入会するにはどうしたらいいでしょうか? (水田撲滅委員会)

2020-12-11

伝染する病 いい表現だ (朝)

2020-12-11

志賀直哉を思い出した (城崎)

2020-12-11

ジャズ聴くって 真面目には厳しいけど (君はジャズを聴かない)

2020-12-11

レベチ (シームレス)

2020-12-11

狸の気持ちになった。私のこと? (落し物の二割は動物たちによって届けられている)

2020-12-11

最後の文章がいいね (冬の朝)

2020-12-11

シンプルだけどひびくね (道)

2020-12-11

すわっているのなら、どうしたいと、どうすればいいのかと愛情が問うてる気がする (灰になったわたしの愛情よ)

2020-12-11

全部溶けちまえ! (そうすれば幸せ)

2020-12-11

終止符が打たれるだけ救いがあるね (ラプンツェル)

2020-12-11

アイデンティティというのは、愛と一緒で、意味のない言葉 (反響する電車に)

2020-12-11

難しい。しかし読み応えのあるものだった (微睡む薔薇 13詩節)

2020-12-11

これはもっと読まれるべき作品 (忘却の淵で)

2020-12-11

心配ですもんね (冬の空)

2020-12-11

死にたいかもしれません (復讐)

2020-12-11

おはよう (ねえ?)

2020-12-11

紫色きれいです (花ひらく)

2020-12-11

死にたいですよね (壊して、殺して、消し去って。)

2020-12-11

冒頭の、倒立〜崩れている で言葉の意味を脱臼させ、そこからこの作品は一種の「世界」となるようです。世界を築き上げた作者様にブラボーと言いたいです。(途中で送ってしまいました) (点)

2020-11-04

冒頭の、倒立〜崩れている で言葉の意味を脱臼させ、そこからこの作品は一種の「世界」となるようです。世界を築き上げた作者様にブラボーと言いたいです。(途中で送ってしまいました) (点)

2020-11-04

冒頭の、倒立〜崩れている で言葉の意味を脱臼させ、そこからこの作品は一種の「世界」となるようです。世界を築き上げた作者様にブラボーと言いたいです。(途中で送ってしまいました) (点)

2020-11-04

圧倒されました。傑作です。 (点)

2020-11-04

これは素晴らしい ストーリー性もあり、なんといってもラストの爽快感だ (着順は知らない)

2020-11-01

あの人が何を意味しているのか、それがこの詩の鍵かな (期待外れ)

2020-11-01

塗ってしまおうよ、という潔さがいいね。ミトコンドリアの緑色とあいまってとても良い (ミトコンドリア)

2020-11-01

最初、登場人物の位置関係を把握するのに苦労しました。 少し読みにくいです。 さて、日常のふとした情景ですが、私が庭に回り込むと、 居間にも私がいた。というゾッとする光景。 回り込む前の過去の私かもしれませんが、ちょっと違うような気がする。 分裂してしまった、という感覚の方が近いかな。 さらに、妻は、居間の私をおそらく視認しながら、回り込んだ私のほうを向いて笑った。何故でしょう? (回り込む)

2020-10-29