Sari Dote

Sari Dote

投稿作品数: 3 コメント数: 26

投稿作品

言葉遊び

2017-08-13

和歌

2017-08-13

牛乳

2017-08-14

コメント

kaz.さま こんばんは。 すみません。PCで7秒くらい(?)で全体をスクロールしましたが文字は読んでいません。 でも好きです。しやわせ。たのしい。 ▽大好き。みたいな。お邪魔しました、また来るかもです。 (門)

2017-08-15

鼻緒様 コメント今拝読いたしました。 一行詩ですが、冷やかしではないかと感じさせるようななにかが含まれている可能性は完全には否定できず、お詫びしたいです。ガイドラインは読ませていただきました。 私にとって「冷やかし」とは何なのか、どのような立場を意味するのか。 今すぐ安易にお伝えすることは避けるべきだとは思いますが、わたくしのなかの一部であり、それをいいとは思ってはいません。言い訳以外の何物でもないのですが、自己を偽るほどに、なんでしょう、、、。誠実でない?のでしょうか。とりいそぎ、投稿させていただきます。 (和歌)

2017-08-13

鼻緒様 自己紹介が遅れましたが、私は自分のツイッターの鍵アカウント経由で貴サイトを知り、おそらくですが、そのつながりで運営者様とおぼしき方にフォローバックしていただいた者です。申し訳ございません。 私は、人の作品にすぐ影響を受けてしまい、瞬時にかなりそのままに近い形で模倣してしまう癖があり、また、単純に語彙力や理解力、国語力などにおいて優れておらず、そして、好奇心が浅く広く気まぐれで、詩は大好きなのですが、他にもやりたいこと・やらなければならないことが多くあり。等の非常に自分勝手そのもので、かつ、個人的な理由により、こちらでのコミュニティーには、例え参加資格を与えていただいたとしても、頻繁には顔を出さない方が、よいのではないかと考えています。申し訳ございません。削除や参加資格については完全に受け入れます。どうぞよろしくお願いいたします。 (和歌)

2017-08-13

あああ、本当に申し訳ないです。わざとではありません。信じていただけなくても仕方がありませんが。私のツイッターアカウントは、運営者様のどなたかがご存じかと思います。IDは  です。鍵アカウントです。 ー花緒追記、IDは花緒へ連絡済みのため、一旦、こちらからは削除。 (和歌)

2017-08-13

もし、フォローリクエストをお送りいただければ、フォロリクを許可した直後にブロックされるという前提でも、「許可」させていただきたいです。お任せします。よろしくお願いいたします。 (和歌)

2017-08-13

花緒 様 ありがとうございます。 とりいそぎお礼まで。 簡単に言うと、頭がよくないので、難しい長文を理解するにあたっては、相当体力を消耗してしまうほど薄弱な人間なんです。個人的な事情で申し訳ございません。 今食事中でこの後出かけるつもりですので、夜にでも改めてじっくり読ませていただきたいです。 ありがとうございました! (和歌)

2017-08-13

追記:なお、私のタイムラインをご覧いただければ一目瞭然かと思いますが、私の作るものは、必ずと言っていいほど、自分以外の(要するに他人の)なにかが、その(私の作品の)存立する基盤というか根拠というか柱となっております。ですので、純粋に、私の発想です、私の作品です、などと言うことはできず、単純にまずは著作権的に怪しく、人権的にはかなり配慮がなく、でもこのタイムラインが私のリソースのほとんどすべてを物語っている。そんな感じのネット廃人です。申し訳ございません。ご理解いただきたい、と書くのも、お忙しい作家の皆さんに無理なお願いかと思いますので、書けないのですが、、。取り急ぎ。ありがとうございました。よろしくお願いいたします。 (和歌)

2017-08-13

完備 様 はじめまして。 リプライありがとうございます。 まずはお名前にノックアウトされましたね。。とても好きです。 引用していただいた短歌については。 私にとっての最大の魅力はやはり、これが十二である、ということに尽きます。 その反対は「無視」という言葉で、これにはどうしても(個人的な事情により、ですが)引きずられてしまいます。 ですが、その後にすぐ「してもよい。」と続いているので、どうにか自分の中でここをつなげることができれば、最大に(?)この歌を(僭越ながら)楽しむことができるだろうか。と思いました。以上です。 連想大好きです。しかも時間差でということで、私もとても嬉しく読ませていただきました。 ありがとうございました。 (和歌)

2017-08-14

m.tasaki 様 はじめまして。 リプライありがとうございました。 返歌を歌ってくださったのことで、ありがとうございました。 さきほど一瞬(すみません)ご訪問させていただきましたが、コメントさせていただくにしても、まずはきちんと読ませていただくために時間をかけなくてはならない。と、感じましたので、また改めてご訪問させていただきたく存じます。 とりいそぎお礼まで。 そしてそこに再度お礼まで。 ありがとうございました。 (和歌)

2017-08-14

※訂正: ×返歌 〇返詩 です。 失礼いたしました。 (和歌)

2017-08-14

kaz. 様 はじめまして。 リプライありがとうございます。 ざっとで申し訳ないのですが、読ませていただきました。 直後の読後感は、息もできない、という感じです。 現在のそれは、明日以降、読み直すのが少し楽しみだ、という感じです。 とり急ぎお礼まで。ありがとうございました。 (和歌)

2017-08-14

kaz.様 書、ですか、、。 意味が構築される場所が作品の外部にあるという感じでしょうかね。 お笑いに生かせるなにかとの関連性を感じて(?)いただけたのは光栄です。 『花火』は読んだことがないので、何ともわかりませんが。 これは、恋愛の歌ですね。 和歌の世界でなんというのかは、わかりません。 ですので、書き直すとすれば、、。 タイトル  「姫にはお和歌りにならない」 内容 質問1. 加速度の定義を教えなさい ですかね。つまんないですね。なんだか。すいません。 (和歌)

2017-08-16

湯煙様。 コメントありがとうございます。 おっしゃる通りだと思います。 言葉遊びをするにしても正確な意味を理解してから書こう、ということですね。 (和歌)

2017-08-16

竜野欠伸 さま。 加速に可憐をつなげるとはお見事だと感じました。 恋愛の歌だと感じてくださったのは有難く嬉しいです。 (和歌)

2017-08-16

ビジュアルポエムですかね。 (牛乳)

2017-08-14

いや 別に 私も 困るというほどには 困っては とりいそぎ、ありがとうございました。 (秋の花色)

2017-08-14

m.tasaki 様 花緒 様 追記です。すみません。 花緒様のおっしゃる、本詩の「前衛的」ななにかとは、そして、私の一行詩の「前衛性」とは、なんでしょうか。 サイエンスの手法(=「前衛的」?)、または、サイエンスの用語(=「前衛性」?)を、詩の創作に用いることだろうか? としか、今のところ、自分には、思い浮かばないのですが。 若干混乱していてわかりにくいコメントで申し訳ございません。 とりいそぎお礼まで。 (秋の花色)

2017-08-14

m.tasaki 様 度々申し訳ございません。 上のリプライは返詩に対する返詩になってしまいましたが、、。 私のエモーション的には正直なリプライで。 ですが、m.tasaki様の作品に対するコメントというか、文芸批評的な(?)解釈にはなっていないのかもしれないです。 もしかしたら明日以降に、改めて、後者の方向により寄せた形で、またこちらに書かせていただくかもしれません。もし、お許しいただけるのであれば。または、その方がより望ましいということでしたら。 よろしくお願いいたします。 (秋の花色)

2017-08-14

m.tasaki 様 度々申し訳ございません。 上のリプライは返詩に対する返詩になってしまいましたが、、。 私のエモーション的には正直なリプライで。 ですが、m.tasaki様の作品に対するコメントというか、文芸批評的な(?)解釈にはなっていないのかもしれないです。 もしかしたら明日以降に、改めて、後者の方向により寄せた形で、またこちらに書かせていただくかもしれません。もし、お許しいただけるのであれば。または、その方がより望ましいということでしたら。 よろしくお願いいたします。 (秋の花色)

2017-08-14

紅茶猫 様 横から失礼いたします。 紅茶猫様のコメントを読み、我が意を得たり、という気がいたしました。 (今のところ完全に)ご意見に同意です。 失礼いたしました。 (秋の花色)

2017-08-14

kaz. さま こんばんは。 昨日も確か読ませていただいたのですが、さっき再読して、目が留まったのが。 「軽々しくもルビに塗る」でした。 コントラスト、という言葉にも反応してしまいましたが(個人的な興味関心から) ルビに、塗る、これは。 う~ん。 素敵だしカッコいいし、せつない(?)。 子供っぽい感想ですみません。 (黙すること)

2017-08-15

紅茶猫 様 こんばんは。 率直な感想を失礼いたします。 この詩から自分がイメージした図というか色彩というか重さが好きです。 返詩というかパクリになってしまいそうなので、それを避けるために、ここで自分に響いたものを以下にそのまま書かせて(脳内?より直接転載させて)いただくと(すいません、無断で) 黒い水を ジョロから 水を遣る 花に 花が 夜の重さに揺れている 失礼いたしました。 (夜の水遣り)

2017-08-15

追記:失礼でないとよいのですが、、。自分に自信がないのでわからないのですが、私の気持ちに嘘はないです。もし無礼でしたら申し訳ありません。では。 (夜の水遣り)

2017-08-15

申し訳ございませんでした。 運営者様にお伝えいただけますよう謹んでお願い申し上げます。 (夜の水遣り)

2017-08-15

再度申し訳ございません。 さきほど、私の方から、掲示板のトップをご確認いただけるよう、発起人様にご連絡させていただきました。 ご報告まで。 (夜の水遣り)

2017-08-15

、、私も「滴らせて」が好きです。すみません。 (夜の水遣り)

2017-08-15

© B-REVIEW 2018