作品投稿掲示板 - B-REVIEW

ねねむ(横尾憲孝)


投稿作品数: 30
総コメント数: 288
今月は0作品にコメントを付与しました。
プロフィール
記録
プロフィール:
詩を書いて読める様になりたいと思っています。

ねねむ(横尾憲孝)の記録 ON_B-REVIEW・・・・

憧れの初コメント送信者

作品への初コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

ベテランレッサー(月毎)

月毎コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数
✖3 ✖4 ✖4

憧れのB-Reviewer

総合コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

投稿作品数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

AB (脂喰坊主)さん コメントありがとうございます 気に入って頂けて大変に嬉しいです。 ありがとうございます 今後とも宜しくお願いいたします。 (京都)

2023-01-07

くろかみさん コメントありがとうございます お話を展開させる役割でピエロを登場させてみたのですが、上手く機能していれば嬉しいです。 淡々と思い出拾いみたいな作品でした。おっしゃるとおり、確かに薄味というか、中身がない作品に仕上がったなあと思っています。 ご指摘ありがとうございました! 今後とも宜しくお願いいたします (京都)

2023-01-07

クヮン・アイ・ユウさん 拙作をご評価いただいてただただ恐縮するばかりです。喜んでいただけたのであればこんなに嬉しい事はありません。こちらこそ誠にありがとうございます。 尊敬するクァンさんからコメントを頂戴できただけでも大変光栄な事なのに、こうやってやり取りさせていただけ本当に勉強になりました。誠にありがとうございます。 こうやって、詩作の後にコミュニケーションの場のあるB-reviewってやっぱりすてきだなあ、なんてしみじみ思ったりしておりました。 クァンさんとお話しできて本当に嬉しかったですし、勉強になりました。 これからも仲良くしてください。 本当にありがとうございました! (夙川)

2023-01-04

クヮン・アイ・ユウさん コメントありがとうございます。 非常に丁寧に読んでくださって誠にありがとうございます。 >>「上っては流され 流されては上り」 >この箇所、制作過程においては例えば〈上っては流され 上っては流され〉という選択肢もあったのでしょうか?>自分ならどう表すだろうと考えお尋ねしたくなりました。 春、太陽とのワードを使用して、ポジティブな連にしたかったので、流されては上りで括りたいと思って書きました。比較的悩まず(あまり、考えず)書いてしまった一行でした。お答えになりましたでしょうか。 >>「乱反射した銀色がよく似合っている」 >この箇所、焦点を当てるのが仮に魚であったのならば、〈乱反射させる銀色がよく似合っている〉となっていたり>したのでしょうか。つまり、私がこの仮説のうえで読み進める場合、街の真ん中には魚に反射した銀色があるので>あって、魚自体が居るのではないのかなと読みました。 水面に立つ、さざ波を魚に見立てて書きました。水面がきらりきらり、乱反射している。そんな川が街の真ん中に流れている。その様に伝えたくて書いた連でした。 >>「行き先を見失う事の方が 正しい判断である様に思われた」 >この箇所、判断ということは見失う事が本人の意図しない結果ではなく、ある種の主体性や能動性等の働きによる>ものの結果ということでしょうか(例えば〈正しいありよう〉などとは置き換えられるものではなく)。 クァンさんのお書きになった<正しいありよう>という言葉の方がしっくりきます。自分の言葉選びの雑さを改めて恥ずかしく思います。線路も、線路に走る電車にいつも同じ時間で通勤する人々もどこか狂気じみているなあ、と思って書きました。能動的に判断を下すものは存在しないので、<正しいありよう>というという表現の方がぴったりときます。ありがとうございます。 >最後の箇所、風が春を呼ぶのか、街が春を呼ぶのか、起点はどちらだろうと考えたのちに、ある種両方が同時に存>在可能な表現ではないかと受け止めました。 春を呼ぶ街 と綴りたいのであれば 春を呼ぶ風 と書いてしまうのは違和感がありますね。ご推敲の甘さから違和感の残る部分となってしまってますね。ご指摘いただいて気づきました。 クァンさんにご指摘いただいて、自分の推敲の甘さ、ざっくりいってしまうと言葉の使いかたの雑さを改めて感じさせられました。気づかせてくださって本当にありがとうございます。次の作品に生かしていきたいと思います。 これからもご指導頂戴できれば幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 (夙川)

2023-01-03

妻咲邦香さん コメントありがとうございます。 音のなさ、は私も読み返して気づきでした。ご評価いただいて大変嬉しく思います。ありがとうございます。 桜の名所で春を描きたい気持ちが強くて、特に最後は春が言葉被りでくどいですよね。 コメント本当にありがとうございます。 今後ともご指導頂戴できれば幸甚です。 何卒よろしくお願い申し上げます。 (夙川)

2023-01-03

いすきさん コメントありがとうございます。 たしかに「夙川」は関西人でも難読漢字でしたね。ありがとうございます(笑) 正直に言って私も夙川の方が素直にかけた気がします。 一連目は乱反射の言葉かぶりが音読するとつっかかりますね。失敗しました。 いつも本当にありがとうございます。 これからも仲良くしてください。 (夙川)

2023-01-03

湖湖さん コメントありがとうございます。 真直ぐすぎる線路も、そこを走る電車に毎日決まった時間にのる通勤客もどこか狂気じみているかなあと思ってあの連は書きました。 竹の様にしなやかさが人間の成長と重ね合わせておられる視点は勉強になりました。 おっしゃるとおり若さは強さでもあり、もろさでもありますものね。 今後ともよろしくお願いいたします。 (夙川)

2023-01-03

骨≒死をモチーフにされながら、日常の幸福を望むお気持ちを描かれてると思って拝読しておりました。 骨で書かれるところがおすごいですね この作品、凄くすきです。 (わたしは骨)

2023-01-02

類さん コメントありがとうございます。 ニーチェの言葉ありがとうございます。 勉強になりました。 まずはご教授いただいた内容が読み取れていなかったら本当に申し訳ありません 生と死を一番近くで感じた街を、何とか言語化できないかと思って綴ったのですが、読み返しても死の側面しか描き切れてなかった感じがします。 ごめんなさい、こんなコメントしかお返しできなくてもうしわけありまません。 コメントでもがんばります。 変わらぬご指導頂戴できれば幸甚です。 何卒よろしくお願い申し上げます。 (京都)

2023-01-02

いすきさん コメントありがとうございます。 お褒めの言葉ただただ恐縮するばかりです。 まだまだうまくなりたいです。 頑張ります。 よろしくお願い申し上げます (京都)

2023-01-02

田中宏輔さま コメントありがとうございます 祇園祭のイメージで書きました (京都)

2023-01-02

stereotype2085さん コメントありがとうございます 気に入っていただいて嬉しいです。 成長の過程をお褒め頂いたことが本当に嬉しかったです。 今年もどうぞ宜しくお願いします まだまだ上手くなりたいので精進したいです (京都)

2023-01-01

ゼンメツさん 金言誠にありがとうございます。 感謝の言葉も見つかりません。 まさしく私のぶつかっている壁だと思います。ご指摘ご指導誠にありがとうございました 修辞は言葉の先を信じることで育ち せっかく教えて頂いたのに、私には難しくって、でも凄く大切な事が詰まっていることは間違いのないと思うので、自分の中で反芻していきたいと思います。 本当に貴重なご指導誠にありがとうございました。 まだまだ修行の身です。 変わらぬご指導頂戴できれば幸甚です。 何卒宜しくお願いします。 (ハナミズキ)

2022-12-17

三浦果実さん コメントありがとうございます。 詩はこれからも書き続けたいと思っています。 私のスタートラインはビーレビであり、本当に多くのことを学ばせて頂いている場所であります。 色んな世界があることも知り、色々と勉強させて頂く場所を増やさせて頂いているのは、本当に有り難い事だとも思っております。 だた、ビーレビでしか感じ得ないもの、学び得ないものがあるのもこれは間違いのない事実で、三浦さんの感じておられる魅力と同じかはわからないですけど、本当に変わらず魅力的な場だと思っております。 個人的には詩作における故郷のような場所だと感じていて、甘えて時に我儘をしたりもしてます。 三浦さん、本当にありがとうございます 三浦さんには感謝してもし尽くせないくらいにご指導頂いていて、こちらから、今後とも宜しくお願いいたしますと申し上げないといけないところ、大変に申し訳ありません。 こちらこそ、これからも変わらぬご指導頂戴できれば幸甚です。また、我儘含めて受け止めて頂けると大変に幸いです。 今後とも何卒宜しくお願いいたします (ハナミズキ)

2022-12-17

つつみさん コメントありがとうございます 着地の難しさは私の課題で、いつも悩んでしまいます。 もう一度よく読んでみようと思います。 これはおっしゃるとおり体験ではなくて想像で書きました。 実体験から、膨らませた想像っていうのが的確かもしれないですね。 がりりと骨を噛む描写はどこかで使いたいなあと思って、ここで使ってみました。 一青窈のハナミズキは名曲ですよね 私も好きな曲なのですが、書くときは意識せず書きました。 一度自分の作品を重ねて聞いてみようと思います。 いつもコメントありがとうございます。 今後とも宜しくお願いします。 (ハナミズキ)

2022-12-17

わたしはおかあさんって いうひまもおもうひまもなく だきあげるほほよせるてをかまれる がすてきですね ひらがなでよむ すぴーどかんがいいなあと思いました。 こえをだしてよんでも きもちよかったです ありがとうございました (わたしは)

2022-12-09

田中宏輔さん コメントありがとうございました (プラナリアとパパ活)

2022-12-04

三浦さん いつもコメントありがとうございます 仰られること非常に納得しています。 ただの面白おかしさを狙った作文になってしまいましたね 面白いレトリック 勉強します この度もご指導誠にありがとうございました (プラナリアとパパ活)

2022-12-02

性欲はあるんですが 結局のところ人は傷つけたく無いしあと全部がめんどくさいあー誰か全部わかっててホテルいこ!みたいな人いないかな なのに梅毒が怖い 面白く読ませて頂きました ありがとうございました (VS若き青年の悩み)

2022-11-29

尾崎ちょこれーとさん コメントありがとうございます なんか、何時もの書き方に肩が凝っちゃって、思いっきり言葉を自由に使ってみたいなあって思って書いた作品でした。 面白いと言っていただけて嬉しかったです。 今後とも宜しくお願いいたします (人生には悲劇と喜劇のバランスが大切だ)

2022-11-29

三浦さん コメントありがとうございます もっと自由に言葉を使ってみたいなあ、と思って綴った作品でした。 ご興味を示してくださって誠にありがとうございます 書いてみて色々と思うところがありましたので、頭の中の整理が着いたらまた、挑戦しようと思います。 今後とも宜しくお願いいたします。 (人生には悲劇と喜劇のバランスが大切だ)

2022-11-28

つつみさん コメントありがとうございます 人生の喜劇性と悲劇性を軸にもっと言葉を自由に使ってみたいなあ、なんて思って綴った作品でした。 化学変化がおこってない時点で作品としては失敗ですよね。 自分で読んでもそう思います お時間割いていただくださってありがとうございました。 今後とも宜しくお願いいたします (人生には悲劇と喜劇のバランスが大切だ)

2022-11-28

つつみさん コメントありがとうございます お祖母様のお話、教えてくださって、ありがとうございます カタカナ表記のアキサメゼンセンは意図的に使ったので興味を持ってくださって、嬉しかったです。 ありがとうございます。 今後とも宜しくお願いいたします (金木犀とアキサメゼンセン)

2022-11-23

鷹枕可さん コメントありがとうございます そうお感じになられるのは、鷹枕可さんご自身が一番いいひとでらっしゃるからかもしれませんね コメント本当に嬉しかったです。 今後とも宜しくお願いいたします (金木犀とアキサメゼンセン)

2022-11-22

沙一さん コメントありがとうございます 仰るとおりみいちゃんにはアキサメゼンセンは難しい言葉だと思ったので、カタカナにしました 意味が宿る以前の言葉を、語感だけを頼りに発話しようとしている様子が、本文で言明していないにもかかわらず文脈をとおして間接的に想像させられて、 なんて文章は私には到底書けそうに無くて、改めて沙一さんのお凄さを感じました。 本当にありがとうございます 運営でお忙しい中のコメント、本当に嬉しかったです。 今後とも宜しくお願いいたします (金木犀とアキサメゼンセン)

2022-11-22

エイクピアさん コメントありがとうございます お気に入りと言って頂いて嬉しいです。 ドイツ語で女の子ってメートヒェンっていうのですね 勉強になりました 今後とも宜しくお願いいたします (金木犀とアキサメゼンセン)

2022-11-20

湖湖さん コメントありがとうございます でこぼこがちょっとあるけど、感受性のある女の子を描きたくて書きました 平和を感じて頂けて大変嬉しいです 今後とも宜しくお願いいたします (金木犀とアキサメゼンセン)

2022-11-20

第一連と第四連のひらがなで畳みかける感じが作品にリズムを作っていて良い感じですね。 最終連の着地は相変わらずお見事だと思います (わからない)

2022-11-01

花林さん コメント本当にありがとうございます。 お褒めの言葉本当に励みになります。ありがとうございます。 先輩なんてとんでもない。一緒に頑張っていきましょう。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 (コーヒー豆とギター)

2022-10-19

シャインマスカット狩りさん 非常に建設的なコメントありがとうございます。 勉強になります。 第三連以降の急な展開はおっしゃられる通りだなあと思い拝読しておりました。 散漫な名詞の使い方も全くとの通りだと改めて作品を読み直して思いました。 非常に建設的なご意見誠にありがとうございます。 教えていただいたことに気を付けて作品の推敲を続けたいと思います。 これからも変わらぬご指導頂戴台出来れば幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 (コーヒー豆とギター)

2022-10-19

シャインマスカット狩りさん コメントありがとうございます 言葉一つの選び方も丁寧にならないといけないですね 作品の雰囲気と合っていないというご指摘は読み直してなるほどなあ、と思いました。 ご指摘ありがとうございました。 今度ともよろしくおねがいします (港町の王様猫)

2022-10-16

室町礼様 コメントありがとうございます。 確かに、最後の部分をいじったのは「まわりくどい」ですよね。 絵葉書のように切り取られた というご表現は勉強になりました。 ざっくり最後を削った方がきれいになるかもしれませんね。 コメントありがとうございました。 今後ともよろしくお願いいたします。 (港町の王様猫)

2022-10-16

以前投稿した作品の推敲後です。 思いっきり、コミックポエムに振ってみました。 いかがでしょうか (港町の王様猫)

2022-10-15

つつみさん こういうご指摘本当に嬉しかったです。ありがとうございます。 自分でも。「拙作」、「拙作」言い過ぎだと思っていて、でも、抜け出すタイミングをつかめなくてちょっと迷っていたところでした。いいきっかけができて本当に良かったです。 つつみさんが「少し残念な気持ちになる」と仰ってくださるのはあんまり思っていなかったご意見だったので、気付きになりました。 私的にはちょっと度がすぎて慇懃無礼ととられる方もいらっしゃるかなあと思って、「拙文」、「拙作」という言葉を使う事に抵抗を感じていたんですね。 私の作品が良い作品かはわかりませんが、コメント含めて、B-reviewだと思うので、コメント書きも言葉の使い方に丁寧になりたいなあと思いました。 ありがとうございました。 今後とも、気づいたことがあったら仰っていただけると嬉しいです。 (コーヒー豆とギター)

2022-10-13

尾崎ちょこれーとさん 拙作にお時間を割いてくださってありがとうございます ロマンチストかはわかりませんが、コーヒーは私も大好きです。 これからも宜しくお願いします (コーヒー豆とギター)

2022-10-10

拙文失礼致します かりんちゃんの強気な振る舞いとは裏腹な繊細さが、胸に切なく迫ってきますね 「どっちも楽じゃないんだよ」 「だからこそ死ぬほど幸せ感じるまで 楽しくいきぬいてやろう」 と自分に言い聞かせる様なセリフ 象徴的な一文な様に、思いました。 最後から四連目、軽くテンション高く書かれているのが、その後の三連の切なさをぐぐっと引き出している気がしました。 本当に本当に素敵だと思った作品です。 本当にありがとうございました (かりんちゃん)

2022-10-10

室町礼さま 拙作にコメントをありがとうございます。 お褒めのお言葉ただただ恐縮するばかりです。 今後とも変わらぬ御指導頂戴できれば幸甚です。 何卒宜しくお願いします。 (コーヒー豆とギター)

2022-10-07

道草さん 拙作にお時間を割いてくださってありがとうございます 甘い戯れ言かもしれないなあ、と改めて読み返しておりました。 嫌いではないと言ってくださったこと、人生にはこういう言葉も必要とされる時があるとのお言葉、大変に嬉しく拝読させていただきました。 誠にありがとう御座いました 今後とも何卒宜しくお願いします (コンペイトウと綿あめ)

2022-09-18

エイクピアさん 拙作にお時間を割いてくださってまことにありがとうございます。 思い切って、振り切るくらい空想世界を作り出してやろうと思って書いた作品でした。 金平糖って舶来の秀吉のイメージ、確かにありますね。一作できそうなイメージです。 コメント本当にありがとうございます。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 (コンペイトウと綿あめ)

2022-09-11

カワセミ三太夫さん 拙作にお時間を割いて考えて本当にありがとうございます もっと優しくなりたいと仰るカワセミ三太夫さんは本当にお優しい方なのだと思います。 優しさの連鎖が広がると良いなあと思います。 過分なご評価恐縮するばかりです 今後とも宜しくお願いします。 ありがとう御座いました。 (コンペイトウと綿あめ)

2022-09-09

尾崎ちょこれーとさん 拙作にコメントをありがとうございます。 過分なご評価恐縮するばかりです。 これはお腹の中にいて生まれる事がなかった、我が子への詩でした 石を積むのはその子の魂の供養の意味で使いました。 コメント本当にありがとうございます! これからもどうぞ宜しくお願いします! (石を積む)

2022-09-07

たわしさん 拙作にお時間を割いてくださってありがとうございます。 お言葉にただただ恐縮するばかりです。 甘いものは人を幸せにしますね。 今後とも、宜しくお願いします。 (コンペイトウと綿あめ)

2022-08-29

薄楽さん 拙作にお時間を割いてくださって誠にありがとうございます。 なんか、私が言いたかったことを私よりぐさりとおっしゃってくださって嬉しかったです。 第四連はちょっと、政治的ニュアンスを意識してこういう口調にしてみたんですが、ちょっと唐突すぎました。 甘いもの幸せになりますよね。 私は酒を妻に制限されているので、いろんな意味で共感させていただきました。 コメント本当に嬉しかったです。 これからもよろしくお願い申し上げます。 (コンペイトウと綿あめ)

2022-08-27

湖湖さん 拙作にお時間を割いてくださってありがとうございます。 考えさせられるコメントをありがとうございました。 どんな詩を書いても許されるとは思えど人の共感を手にしたければ時代的人間的普遍性と新しい切り口が問われるのかと思います。 とのことでご教授いただいたお言葉が特に心に残りました。 今後作品を書くにあたって意識したいと思います。 今後とも変わらぬご指導頂戴できれば幸甚です。 何卒よろしくお願い申し上げます (コンペイトウと綿あめ)

2022-08-27

エイクスピアさん 拙作にコメントをありがとうございます。 素敵なコメントを頂戴し、読みふけってしまいました。 本当にありがとうございます。 雰囲気を楽しんでいただければと思います。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます! (コンペイトウと綿あめ)

2022-08-27

最後の?は絵文字のクローバーがこうなってしまいました。 大変に失礼いたしました。 本当にありがとうございました! (コンペイトウと綿あめ)

2022-08-25

いすきさん 拙作にお時間を割いてくださってありがとうございます。 コンペイトウと綿あめと可愛らしいものをモチーフに描きましたが、仰るとおり私などが書くと上滑りしてしまいそうな大きな愛を書いてしまいました。 ちょっとおこがましかったと自分で思っております。 過分なご評価ただただ恐縮するばかりです。 今後とも、変わらぬご指導頂戴できれば幸いです。 何卒宜しくお願いします。 本当にありがとうございました? (コンペイトウと綿あめ)

2022-08-25

stereotype2085さん 拙作にお時間を割いてくださってありがとうございます。 そうですよね、第四連。何が急に起こったのか、と思っちゃいますよね。 コンペイトウ教の教祖様のお話が急に始まってしまいました。 教えていただいた第四連を何とかして、もうちょっとましな作品に推敲続けようと思います。 ご指導誠にありがとうございました。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 (コンペイトウと綿あめ)

2022-08-24

たろいもさん 過分なご評価ただただ恐縮するばかりです 小さい頃のコンペイトウの甘さの様なやさしさで世界が包まれることをコンペイトウも願っていると思います。 お時間割いてくださって本当にありがとうございます。 今後とも、宜しくお願いします (コンペイトウと綿あめ)

2022-08-20

妻咲邦香さん 拙作に素敵なコメントをありがとうございます。 我々がほんとうにやさしくなれたら、コンペイトウも丸腰でやってくるかもしれませんね お時間割いて呼んでくだくださって本当にありがとうございます 今後とも、何卒宜しくお願いします (コンペイトウと綿あめ)

2022-08-20

室町礼さん 拙作にお時間を割いてくださって本当にありがとうございます。 頂いたコメント、ゆっくり時間を飲んだかけて自分の中に落とし込んでいきますね。 綺麗なところにだけ目を向けても、責任放棄な感じは私も思います。 ありがとうございます。 (コンペイトウと綿あめ)

2022-08-19

涙星一つ 夜空に見つけました 僕と君との内緒の約束も 土に埋めずに星になれば良かったのに 父母の胸に包まれて 眠りにつく頃には 私は夢でも見ていたかもしれません 拙文失礼致しました 返詩を本当にありがとうございます (港町)

2022-07-15

尾崎ちょこれーとさん 拙作にコメントありがとうございます。 昔、尾道で野良猫が印象的で街の王様を猫にしちゃいました。 いつもありがとうございます。 今後とも宜しくいたします!! (港町)

2022-07-10

よしおかさくらさん 拙作に貴重なご指摘誠にありがとうございます。 後半部分はいかにも言いたい事が先走って、全体の雰囲気を壊していると改めて思いました。 ご指摘誠にありがとうございます。 ご指摘いただいた上、改善方法をご指導くださり、誠にありがとうございまいた。 頂戴したご指導踏まえて推敲しなおしてみようと思います。 お褒めの言葉はただただ恐縮するばかりです。 誠にありがとうございます。 精進を重ねていこうと思います。 今後とも変わらぬご指導頂戴できれば幸甚です。 何卒よろしくお願い申し上げます。 (港町)

2022-07-09

武下愛さん 拙作にコメントをありがとうございます 取捨選択の中で省くべき言葉 ご指導ありがとうございます 確かに書き込み過ぎかもしれないと思いました ありがとうございます こほっとしましたと言っていただいた事大変に嬉しく思います。 誠にありがとうございます 今後とも変わらぬご指導頂戴できれば幸甚です 何卒宜しくお願いします (港町)

2022-07-07

ごめんなさい ギブアップ (かいらく)

2022-07-07

うみのおとざぶざぶさぶばらぞく ふんどしであびるひざしおよげないけど くーらーのきいたへやでびげをそる あおひげでほおずりするあいのうた (かいらく)

2022-07-07

ほばさん ほばさんからコメントを頂戴できるなんて感激です。 拙作をお時間を割いてくださってありがとうございました。 お褒めの言葉大変に恐縮です。 始めの二行をお褒めくださった事がとてもうれしかったです。 本当にありがとうございます。 疲れたおじさんで或るところの私を救う作品にしたかったので、思いっきり脱日常感を出したいなあと思って書きました。 拙文失礼いたしました。 今後ともご指導の程頂戴できれば幸甚です。 何卒よろしくお願い申し上げます。 (港町)

2022-07-06

ごめんなさい。上のコメントは紅茶猫さんへのご返事でした。 (港町)

2022-07-06

紅茶猫さん 拙作にお時間を割いてくださって誠にありがとうございます。 疲れたおじさんである私が過去の思い出に救われる作品にしたいなあと思ったのですが、うまく描けているでしょうか。 拙文失礼いたしました。 今後ともご指導頂戴できれば幸甚です。 何卒宜しくお願い致します。 (港町)

2022-07-06

田中宏輔さん 拙作にコメントをありがとうございます。 そうなんです。 王様なんですが、野良なんです。 野良犬よりも強い野良猫です。 読んでくださってありがとうございます。 今後ともよろしくお願い申し上げます (港町)

2022-07-04

湖湖さん 拙作にコメントをありがとうございます お褒めのお言葉恐縮するばかりです。 一服の清涼剤と言って頂けた事が本当に嬉しかったです。 今後とも変わらぬご指導頂戴できれば幸甚です。 何卒宜しくお願いします (港町)

2022-07-04

stereotype2085さん 拙作にお時間を割いてくださって誠にありがとうございます。 お褒めの言葉を頂き恐縮するばかりです。まだまだ勉強させていただいている身分です。努力を重ねていきたいと思っております。本当にお優しいお言葉をありがとうございます。 無意識にかわいらしいものを書こう書こうしている気は自分でもしました。 読み返すとちょっと自分でも照れくさいです。 拙作にお時間を割いてくださって本当にありがとうございました。 今後とも変わらぬご指導頂戴できれば幸甚です。 何卒よろしくお願い申し上げます。 (港町)

2022-07-03

室町礼様 拙作にお時間を割いてくださって誠にありがとうございます。 「コミックポエム」という言葉を使って拙作をご説明くださって、自分の作品の特性を改めて捉えなおすことができました。誠にありがとうございます。 詩としては未熟というご指摘、真摯に受け止めて、精進したいと思います。 誠にありがとうございました。 今後とも変わらぬご指導頂戴できれば幸甚です。 何卒よろしくお願い申し上げます。 (港町)

2022-07-03

糖花兆子さん 拙作にコメントをありがとうございます 凛としているお言葉恐縮するばかりです。 お時間を割いて読んでくださってありがとうございました。 今後とも宜しくお願い申し上げます (開放)

2022-06-21

拙文失礼いたします >わたしの産んだ真珠、ネックレスにしてください 自己の存在を認めてもらいたい欲求みたいなものを強く感じて、この一文が印象に残りました。 夜の街で生活される女性を想像して読んでおりました。 自己肯定感を得るのって難しい世の中だとも改めて思いました。 素敵な作品をありがとうございました。 (真珠)

2022-06-04

田中宏輔さん 仰る通りかもしれませんね 自分を卑下しすぎず努力していきたいと思いました ありがとうございました (凡庸)

2022-06-04

stereotype2085さん コメントありがとうございます! お褒めの言葉頂戴し、ただただ恐縮するばかりです。 書くからには前進したいです。 昨日より良いものが書けるよう努力したいと改めて思いました。 本当にありがとうございました! (凡庸)

2022-06-04

森石 州未州さん コメントありがとうございます いつも似たような凡庸な作品しか書けない自分に辟易として、壁を破りたいと思って書いた作品でした。 他の筆者様を傷つける意思は全くありません。 凡庸は私自身に向けられた言葉です。 また、私の作品で不愉快になられた方がいらしたら謝罪します。 上記の通り凡庸はあくまで私に向けられた言葉であることをご理解頂ければと思います。 匿名に関しては自作からはまたいつものハンドルネームで投稿しようと思います。 仰る通り自分に防御壁を張るような行為だと今回の私の行為に関しては反省しております。 拙作にコメントありがとうございました 今後とも変わらぬご指導頂戴できれば幸甚です。 何卒宜しくお願いします (凡庸)

2022-06-04

作品を書きながら、凡庸さに辟易として原稿用紙を破り捨てるイメージで書きました。 凡庸な作品すら書けない人間が大きい事書こうとするといけませんね。 仰る通りかと思いました。 ありがとうございました。 (凡庸)

2022-06-03

第一連の改行句読点一切なしで捲し立てる感じに筆者様の心情が滲み出ておられるように思いました。 最終連の「なぎころす」って言葉もインパクトありますね。 いや、ネット社会たしかに怖いな 拙文失礼いたしました 素敵な作品をありがとうございました (驚いたのだけど)

2022-06-03

仰る通りかと思います 蓋し名言 (ゴキブリ)

2022-06-03

自分だけの1ページ、大切にしたいですね。 忘れず、でもとわられず、そんな気持ちをそっと置いておく事が、出来るように 「けれど」 で紡がれていく連と連が心地よく心に響きました。 拙文お許し下さい 素敵な作品をありがとうございました (一ページ)

2022-06-03

蟹で韻を踏んでおられるところも良かったです。 ?で違和感無く読ませて頂きましたが、蟹の絵文字も素敵だったかもしれませんね (恋する右翼)

2022-06-03

拙文をお許し下さい 初めに孤独から肩を叩かれるとの事で 孤独なるどなたかを描かれたというよりは、筆者様の内なる孤独を描かれたのかと愚考しました。 >その月を見上げて を受けて >わたしは少しだけ楽しみではありましたが >孤独は二言、三言、転がしただけで >すぐに話をやめてしまいました は、やはり孤独は孤独であることにアイデンティティを求めているようで、心地よく思いました。 孤独とは、哀しいことなのか、感情に優劣があるのかなどを考えておりました。 対したことも書けません。拙文失礼いたしました。 素敵な作品だと思いコメントさせて頂きました。 ありがとうございました (孤独とわたし)

2022-06-03

タイトル含めて、言葉が自在に飛び出してくる感じは爽快で、羨ましい限りです。 個人的には >微睡の中に青春があるなら、ずっと眠っていたい。 と一行挿入されているのが美しく感じられました。 拙文失礼しました。 素敵な作品をありがとうございました (恋する右翼)

2022-06-03

つつみさん 拙作にコメントをありがとうございます そうですよね。第二連と第四連はどうしても比較されますよね。 数学の知識があんまりないというのと、恋に落ちる事は、拍子抜けするくらいに単純な事にしてやろうと思ったのですが、比べると明らか物足りなさを自分でも感じました。 ありがとうございます。 それより第二連をとても面白いと仰ってくださった事が凄く嬉しかったです。敬遠されるかな、と思っていたので。 ちなみに私自身がうつ病治療で良くなってきた頃の事を思い出して書きました。 扁桃体がセロトニンで満たされるのはそのためでした。 拙文失礼しました 今後とも変わらぬご指導頂戴できれば幸いです。 何卒宜しくお願いします。 (開放)

2022-06-01

>待っていますから の最後の一文が余韻を残しますね。 色々と想像してしまいましtq. 素敵な締め方だと思いました 拙文失礼しました 素敵な作品をありがとうございました (愛するということ)

2022-05-30

時にお見かけしますよね(笑) 個人的には >無灯火運転はやめましょう の一文が強く印象に残りました 拙文失礼しました 素敵な作品をありがとうございました (爆走カラオケチャリンコ)

2022-05-30

拙文お許し下さい >捨てるわけじゃなく >投げるだけ この部分がすごく好きです >投げてみて >どうなるかが >見たいんだ と受けておられます。 非常に心地よく、ドキドキします。 拙文失礼しました 素敵な作品をありがとうございます (投げるよ)

2022-05-29

拙文お許し下さい >白くてまんまるな >伸びたり縮んだり >今も心を満たしてくれる と筆者の心の中から >日々の糧を得るために >生地を捏ねている より大きな世界を満たす存在として描かれるのが素敵だなあ、と 満月ではなく三日月なのも心地よい気持ちがしました。 拙文失礼しました (三日月)

2022-05-29

百均様 拙作にこのようにお時間を割いてくださった事に心から感謝いたします。 ツイッターにも書いた通り、ネット詩を始めさせていただいた時から百均さんは憧れの方なので、返詩を頂戴するなんて、ベーブルースからホームランボールをもらった野球少年の様にうれしくて仕方ないのです。 本当にありがとうございます。 なにを書こうか本当に迷ってしまうのですが、これは私が新生児のICUで勤務していた頃のお話なんですね。 でも、筆者である所の私にとって、それは思い出したくない思い出だったのだけど、それがちょっとづつ、思い出しても辛くなくなってきた。ってお話でした。 月は人工呼吸器のつもりだったのですが、胎盤を意識して月にしました。 そんな感じで綴った作品でした。 こちらこそこんなことしか書けなくって本当にすいません。 もう、嬉しくって小躍りしてました。 これからも詩を書き続けたいと思います。 変わらぬご指導ご鞭撻頂戴できれば幸甚です。 何卒よろしくお願い申し上げます。 (思い出とかさぶた)

2022-05-28

湯煙さん 拙作にお時間を割いてくださって誠にありがとうございます。 >小指のかけらや右腕の噛み跡といった身体の感覚が挟まれていたり ご指摘頂いた通り、リアルにお付き合いした女性を思い出し、身体感覚を敢えて挟んでみました。 いかがだったでしょうか。 拙文失礼いたしました。 今後とも変わらぬご指導頂戴できれば幸甚です。 何卒よろしくお願い申し上げます。 (神様と君の思い出)

2022-05-28

森石 州未州さん 拙作にお時間を割いてくださって誠にありがとうございます。 きっかけがあり、昔お付き合いした女性を見つけて思い出に浸っておりました。 仰る通りです。 思い出ってずるいですよね。 いつまでもきらきらしていて。 拙文失礼いたしました。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 (神様と君の思い出)

2022-05-28

拙文失礼いたします。 桃が主人公の点、最後のミックスジュースで存在が気づかれず取り乱している点など、本当に可愛らしい作品だと思いました。 one of themの自分を重ねたりもしました。 拙文失礼しました。 素敵な作品をありがとうございました。 (ミックスジュース)

2022-05-22

沙一さん 拙作にコメント誠にございます。 ご返事遅くなり大変に申し訳ありません。 >「魂」や「神様」というのはきわめて正体不明で、それにしては私たちにやけに親近感のある表情をした、イリュージョンのような語であり、概念です。 深く意識せずに使っていた「神様」でしたが、なるほどと大変に勉強になりました。誠にありがとうございます。 正直に申し上げるとこの「神様」は「お酒」の意味で使用したところもあり、その点、私には自然な言葉で使用できたのかもしれないなあ、などとお恥ずかしながら思いました。 とても素敵なコメントを誠にありがとうございました 今後とも変わらぬご指導頂戴できれば幸いです。 何卒宜しくお願い申し上げます。 (神様と君の思い出)

2022-05-22

赤子が生まれ 死んでいく 赤子が生まれ(在胎24週6日 出生時体重648g 腹壁破裂合併) 死んでいく(生後3日目脱出腸管が壊死。感染症を併発) 赤子が生まれ(総肺静脈還流異常症。生後0日にて手術) 死んでいく(術後合併症の肺静脈閉鎖による) 赤子が生まれ(在胎26週 出生時体重 884g) 死んでいく(NICU長期入院による母児分離により、母児愛着形成不全。退院後母のネグレクトによる) 赤子が生まれ 死んでいく(4歳時発症の拡張型心筋症。心臓移植待機中に心不全で死亡) 赤子がうまれ 死んでいく(QT延長症候群の診断。体育の授業中の不整脈発作による) 人の死を前にして 医療とは無力だ 親子ともに幸いであったと思える時を心から望む (B-REVIEW 5月のお題詩「生命」)

2022-05-14

森石 州未州さん 拙作をご評価下さり誠にありがとうございます。 古代ギリシャ原子論のお話大変に勉強になりました。ありがとうございました。 >リズムという存在は、古代ギリシャ原子論において、自然すべてに介在しその変化に通底するものであり、また魂の形成にもかかわっているといます。 改めて詩の存在意義みたいなものを考えておりました。 拙文にお時間を割いてくださって本当にありがとうございます。 今後ともご指導頂戴できれば幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます (虚構と現実)

2022-05-14

まささん 拙作にコメントをありがとうございます。 ご評価いただきただただ恐縮するばかりです。 心の中いる きゅんきゅんする女性と今の私を比較してこの様な作品になりました。 きゅんきゅんするってお言葉が、全くその通りだったので嬉しかったです。 お時間を割いてコメントくださってありがとうございます。 今後とも何卒よろしくお願いいたします。 (虚構と現実)

2022-05-08

くおんと月夜乃海花さん 拙作にお時間を割いてくださってありがとうございます。 すごく好きと言っていただいて本当にうれしかったです。 ありがとうございます。 歌声って音声以外に何か一緒に飛んできていて、それに心が揺すぶられている様に感じる時があってこの様な表現にしました。表現としては確かに、揺れるワンピースとは対照的な表現となったと思います。 拙作にお時間を割いてコメントを寄せてくださった事に心から感謝申し上げます。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 (虚構と現実)

2022-05-08

黒髪さん 拙作にコメントをありがとうございます。 風に揺れるワンピースの女性、歌声 私の意識に昔から現れる女性の事を書いてみた作品でした。 私はその女性の事を心地よく感じでおり、しかし、現実世界の出来事の自分と比較してこの様な作品になりました。 >覚めない夢としての虚構と、それが現実でないことに自覚的である 所に、哀しみを感じます。 その様な内容を詰めたくて書いた作品でしたので、大変にコメント嬉しく拝読いたしました。 >虚構的な現実を手に入れることが、全く >不可能であるわけではないですね。美しさは見る人の心でもありますし。 私の心の中の出来事であり、仰る通りかと思いました。 奇麗に作品を読んでくださって本当にありがとうございました。 拙作にお時間を割いてくださってありがとうございました。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 (虚構と現実)

2022-05-08

>はいからやみへかえっていくむぞくせいのひばな この行が特に好きです。 むぞくせいのひばな やみへかえっていく 火花が闇に帰っていく。無属性の火花。 むぞくせいのひびきと映像の美しさが素敵だと思いました。 タイトルの「うまれろ」 もインパクトがあってよいなあと思いました。 大したことも申し上げることができません。すいません。 拙文失礼いたしました。 (うまれろ)

2022-05-07

視覚的に楽しい作品ですね (ぬーとりあ)

2022-05-05

拙文お許しください。 一連目、二連目で綴られる「今やもう」、「かつて」と男娼あるいは、救世主が過去のものになっていると綴っておられます。 まず、どちらの連も表現の大変美しさが印象的でした。 過ぎ去ったものとして、美しいものあるいは権威あるものが描いておられることで、表現の美しさがより響く様に思いました。 過ぎ去った過去は、筆者様の過去への喪失を描かれたのでしょうか。第三連で再度登場する「君」はキーワードの様に思いました。「君」との過ぎ去った過去への思いを綴られたのかもしれないなあ、なんて愚考しておりました。すいません。 第三連で展開が変わられるように思います。 第一連の「雨に濡れた睫毛」は第三連の「頬をなでる涙」と重なる様に思います。 第一連ではそれは嘘であると綴られ、 第三連では >それでも喪失した人々の残り香を、 >君が手元に置いているのならば、 「嘘ではなくなる」 と綴っておられます。 失われたものは第一連の男娼、あるいは救世主をまずは想起するのですが、もしかすると筆者様ご自身の事をさしておられるのかもしれないなあ、なんて思って読ませていただいておりました。 まだ「君」が筆者様の事を思いの片隅にとどめてくれているならば、という事になるでしょうか。 第三連は、「君」が中心である事は間違いなく思われます。そして、筆者様と「君」との関係性を愚考しておりました。 それを踏まえての第四連という事になるかとは思いますが、 「僕」は部屋を出ていく。とう行動をとられます。 新たな場所への移動、新たなステージへと「僕」が向かおうとすると読むのが一般的かとは思います。 「君」との決別とも思ったのですが、「僕」は「君」への思いを抱えたまま、どこか新たなステージを目指される印象を、第三連の流れからは受けました。 最後「アルディ」というタイトルにも使われる単語が出てきます。 恥ずかしながら調べた範囲で私には「アルディ」という言葉の意味を調べきることができませんでした。 作者様の作られた言葉かもしれません。いずれにせよ、インパクトを残す単語ですよね。 これも私の頭が固まってしまっているのか「君」と「僕」の関係性で読んでしまいます。 思い出が粉々になる前に。粉々になることはない様に私には思えたのですが、色褪せてしまわないうちに。色鮮やかなうちに、との意味で読ませていただいておりました。 「君」と「僕」との関係性で作品をどうしても読んでしまいました。「危機的な情緒」と仰る筆者様のコメントも印象的でした。 作品通じて、筆者様が仰る通り美しい表現で綴られており、それだけで十分にお腹いっぱいになれる作品だと思いました。 こんなことしか書けなくて本当にすいません。 素敵な作品に対して全くの拙文で申し訳ないです。 素敵な作品を読ませていただいた事に心から感謝いたします。 (アルディの写像)

2022-05-05

男ってなぜセックスに責任感じがちなんだろうと素直に思いました 拙文すいません ( 一緒に食べたラーメン)

2022-05-04

田中厚輔さん 拙作にコメントをありがとうございます 恋愛詩という事になるのだと思います コメントありがとうございます (神様と君の思い出)

2022-05-04

全くの同感です 仕事をしている以上社会参加し、社会貢献していると思うのです。 直接それを実感できる仕事とそうでない仕事があるのは残念ですよね (仕事)

2022-05-04

艶めかしい美しさ、どこか虚無的な感じを感じたと思うのですが、 圧倒されてしまい、言葉も思いつきません。大変に申し訳ありません。 拙文大変に申し訳ありませんでした。 素敵な作品を本当にありがとうございました。 (オパール)

2022-05-02

>本当は誰でも良かったんでしょ? >たまたまそこに「わたし」が現れたから標的になっただけで >たまたま内気で自信なさげなわたしが現れたから まさに、いじめの「ターゲット」の論理ですね、悲しいかな、いつの時代も変わらないんだなあなんて思って、悲しくなりました。 >同じ立場にならない限り痛みを知らないまま人生を終える >同じ立場になって初めて死んだ人の気持ち考えるのね >傷だらけにならないと永遠に理解してくれない >選ばれた犠牲者はずっとやられた事は覚えているのにね リアルな言葉が胸を突き刺します。 ターゲット、いつの時代も変わらないのですね。 痛みのわかる人間でありたいと改めて自戒の念を込めて思いました。 拙文失礼いたしました。 (ターゲット)

2022-05-02

クヮン・アイ・ユウさん いつも拙作にコメントをありがとうございます。 笑いが止まらなかった、は仰る通り心の中で泣いていたと思います。 昔付き合っていた女性をインターネットで偶然に見つけて、当時の事を思い出しておりました。 そして、当時の自分と今の自分を比べて、今の自分の汚れたところ (具体的に汚れた趣味が私にはあって、その事)を非常に恥じまして、辞めないといけないと思いました。 それと同時に、その女性との思い出を、もう手の届かないものとして悲しく思う気持ちもありました。 そんな気持ちで書いた作品だったので、私は、笑いながら、今の自分を恥じて泣いていたのだと思います。 月の様に美しいと仰ってくださった事大変にうれしく思います。 その女性との思い出や、その女性が今でもなお、私を正そうとしてくれているところが作品をそうさせたのかもしれません。 いつも本当にありがとうございます。 拙文失礼いたしました。 変わらぬご指導頂戴できれば幸いです。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 (神様と君の思い出)

2022-05-01

尾崎ちょこれーとさん 好きな詩と言ってくださって本当にありがとうございます。 これからも書き続けていきたいです。 宜しくお願いします (神様と君の思い出)

2022-05-01

マルーン色の電車の走る沿線で新婚生活を始めた頃のことを思い出してちょっとチクリと心が痛くなったりしていました。 素敵な作品をありがとうございます 拙文失礼いたしました (倖せな人生(くらし))

2022-05-01

タイトルでご記載されておられる通り、お話は聴覚的な刺激を通じて語られていくのが気持ちよく感じました。 それも >耳を澄ましています というタイトルなので主人公は聞くことに意識を高めて世界を見ている感じが素敵だなあと思いました。 擬音語も気持ち良いですし、最後の暖かなくくられ方も素敵だと思いました。 拙文失礼いたしました 素敵な作品をありがとうございます (耳を澄ましています。)

2022-05-01

>私達の貧しい食卓を見ても、まだ、きっと自分にはご馳走の代わりに毒を盛ったのだろうと思いました。もう何を食べても、砂の味しかしなかったのです。 満足することのない人の強欲さを感じました。 その先にあるものが砂の味というのも皮肉なお話ですね。 本当に落ちるところまで落ちないと幸せに気づけない哀しい人間の性を感じました。 素敵な作品をありがとうございます 拙文失礼いたしました (お腹を空かせた王さま)

2022-05-01

>我慢しているのが >私だけじゃないというのを解っているから >人の心を読めるわけじゃないけど >なんとなく今こらえてくれているのが分かる 人格を否定させるほどのお辛い思いをされても、それを「共有」してくださる方がいらっしゃることに救いを感じました。 我慢の先に明るい未来が訪れる事を願います。 (我慢)

2022-05-01

声に出して読みたくなる作品ですね。 何らかの人間関係について書かれた作品だと思うのですが、 みずにながす という表現は過去のわだかまりのようなものを想起しますし、 くりかえし きえてゆくだけ という表現も印象に残ります ご自身を かんしょうざい に例えられて、漢字で、感傷はないと括られる ひらがなことばの柔らかさと対照的に人間関係の恐らくネガティブな面を描いておられるのだろうか、愚考しました。 人との出会いが くりかえし きえてゆくだけ で 自分がかんしょうざいと感じられるのは消費社会的における人間関係も考えさせられます。 拙文失礼しました 素敵な作品をありがとうございます (とくに意味はないけれど)

2022-05-01

冤罪事件の報道などを見ると、人が人を裁くことの恐ろしさを感じます。 それとは反対の意見となるのですが、自分の下した判決を一生抱えていかないといけない裁判官の思いもいかほどのものかと考えさせられます。 法治国家って言葉にすると角ばった印象がありますが、現場では人間が裁き裁かれていることを考えさせられます 拙文失礼いたしました (醒めない夢)

2022-05-01

拙文失礼いたします。 ウクライナに千羽鶴を送る事に対して賛否のニュースの事を思い出しておりました。 >祈りは人前で行うものですか はストレートに千羽鶴を送るという行為に問題提起されていて、づどんと胸に響きます。 「嵩張った飾り」、「護美」を敢えて、この漢字を使われたのも皮肉的な感じな印象を受けました。 第三連は筆者様の思われる祈りの形を提示された様に読ませていただいたのですがいかがでしょうか。 その終点こそ、祈りであると。 最終連は祈りの相手(神でしょうか)への語りかけの様に思いました。 祈りの本来あるべき姿について問題提起をされた作品と思って読ませていただいておりました。 素敵な作品ありがとうございました。 拙文失礼いたしました。 (祈り)

2022-04-29

夢の中では、空を飛ぶことを夢見る少年。 それに対する現実は父に殴られる少年。そして「君」をいじめることで自己を維持する事ができる存在。 「いじめ」の根の深さを考えさせられます。 夢の中で空飛ぶことを夢見る少年を狂わせてしまった「現実」というものが導く悲劇。 誰もが救われる未来を夢見ずにはいられません。 拙文失礼いたしました。 (いじめ)

2022-04-25

あささん 拙作にお時間を割いてくださってありがとうございます。 おっしゃられてる通り「あざとい」と思われても仕方ないかな、と思います。 好意的に読んでくださってありがとうございます。 捲り立てる様な問いかけの部分も好みの分かれるところだと思います。 ストリートの音楽、私も好きで、余裕のある時は足を止めたりしちゃいます。 生の音楽がまた日常に帰って来てくれる日を心から願います。 拙文失礼いたしました 今後とも変わらぬご指導頂戴できれば幸いです 何卒宜しくお願いします (歌うたいのバラッド)

2022-04-15

七五調が声を出して読むのにすごく気持ちが良かったです。 言葉選びも面白いなあと思いました。 特に >眠ってこける >猫の吐息と >吐いきとと息と >吐息のあいだ が好きです。 拙文失礼しました 素敵な作品をありがとうございます (おいしい牛乳)

2022-04-15

作品で描かれる砂浜の風景描写も美しくて素敵だと思ったのですが、タイトルがセンスいいなあなんて私は思ってしましました。 拙文失礼しました 素敵な作品をありがとうございます (ビーチではサングラスを)

2022-04-15

この作品すごく好きで、何度も読み返してしまいました。 子供の残酷さ、その中で生きる、生きづらさを感じる「わたし」 お母様の様な、ご対応を取られるのが一般的なのかなあ、と思うのですが、お父様がお強い方でらっしゃいますね。 >「かきたいえをかきなさい。」 というセリフ、そしてその絵で作った「たこ」が「おとうさん」の手で空高く昇っていくのです。 そして幼少期のお話は >わたしは、このひから >わたしはわたしでいいんだとおもった という言葉でくくられておられます。 救われる終わり方で本当に良かったと思いました。そしてそこに存在する「おとうさん」の大きさを改めて感じさせられます。 大人になってからのお話では、「父」が「凧揚げ大会」の事を「覚えている」と答えたというところが印象的でした。 お父様にとっても大切な(娘の大きなきっかけになった事もお気づきでらしたのではないかと拝察したのですが)思い出でらしたのでしょう。 大人になってからのお話も >何より、父がまだ、あの凧揚げ大会のことを覚えている時期に >きちんと「ありがとう」と言えてよかった という救われる終わられ方で締めくくられているのが、印象的です。 作者様の人間力というか、強さみたいなものを、どちらの最後の描写から感じました。 本当に素敵な作品だと思いました。 拙文失礼しました。 ありがとうございました。 (ぶーちゃんのたこ)

2022-04-14

ごめんなさい、新月が沈むころなので、日の暮れたすぐ位の時間でね。 大変に失礼しました。 凛とした感じが素敵です。 (新月の夜)

2022-04-14

形のないはずの新月を「鋭い」ものとして表現しておられる事が、「冷たい風」と相まって非常に似つかわしいと感じました。 心臓を新月で「つかみ出し」、「高々と夜空に突き上げ」るという行為を >それだけの事だった >何も変わりはしない >ぼくは >その心臓を見上げた >ぼくは鼓動を打っている >その心臓を握り潰した >冷たい風が >ぼくを嬲った と締めくくられているところがすごく素敵だなあ、と思いました。 虚無感というよりは、新月が沈むころなので、夜の明ける前くらいの時間になるかと思うのですが、その時間の空気の張りつめた、凛とした美しさを感じました。 何度か出てくる「冷たい風」も好きです。 拙文失礼いたしました。 素敵な作品をありがとうございました。 (新月の夜)

2022-04-14

つつみさん 拙作にお時間を割いてくださって誠にありがとうございます。 仰る通り、「歌うたいのバラッド」は恋愛の曲なので、通勤の帰り道には相応しくない(作品で私が題材にするのにふさわしくない)曲だったかもしれません。違う曲だったらもう少しリアリティがでたかもしれないなあ、なんてコメントを拝読して思いました。ありがとうございます。 私も愛する人を想う時間なら、彼の歌は通行客の足を止めていたことだと思います。 私が実際に遭遇した青年が「歌うたいのバラッド」を歌っていたので、そのまま作品の題材にしてしまいました。ブルーハーツの「青空」とかの方が作品的にはしまったかもしれないなあと思いました。 拙文失礼いたしました。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 (歌うたいのバラッド)

2022-04-14

とってもかわいい作品だと思って拝読しておりました。 >ナイトショーから 逃げて 脱いで 寝る 野武士 なんていう言葉のチョイスはすごいなあ、と思いました。 素敵な作品をありがとうございまいた。 拙文失礼いたしました。 (あいうえお詩)

2022-04-13

てんま鱗子(揶白)さん 拙作にお時間を割いてくださって本当にありがとうございます。 >大人になるにつれ、深くなっていく情緒の事を感じました。 仰る通り、大人になったから感じる事ができる感情ってあるなあと、改めて思いました。 この作品もそうかもしれません。 自分の存在意義に疑問を感じる時に出会った印象的な青年の歌声、歌う姿でした。 感情があふれ出し、自分の存在意味について、思うままに綴らせていただいた作品でした。 拙作にお時間を割いていただいて本当にありがとうございます。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 (歌うたいのバラッド)

2022-04-13

きょこちさん いつもありがとうございます。 大変に励まされます。また詩を書こうとモチベーションになるコメントをありがとうございました。 いつも読んでいただき嬉しく思います。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 (歌うたいのバラッド)

2022-04-13

クヮン・アイ・ユウさん 拙作にコメントをありがとうございます。 >世界とそこに暮らす人々の心にもそれが生まれたならいいとする想いを感じます。 多くの中の一人である僕の事を描くことで、その他多くの疲れた帰り路に就く人々の背負ってきたものも一緒に救われたらいいなあと思って書きました。ご共感いただけて大変にうれしく思います。 そのあとは、私自身の感情の溢れるままに「僕の歌声」を綴りました。 これも、多くの家路に就く人々の心と共有できるものなのかなあ、とも思って、書きました。 誰一人としていなくていい人なんていないんですよね。 みんな尊いんだって頂いたコメントを読ませていただいて改めて思いました。 いつもコメントを本当にありがとうございます。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 (歌うたいのバラッド)

2022-04-13

白萩アキラさん 拙作にお時間割いてくださって本当にありがとうございます 素敵な思い出話ですね。ありがとうございます 兄弟でも全然違いますもんね。 共感していただけたのであれば大変に嬉しいです。 今後とも宜しくお願いいたします (あかちゃんの個性)

2022-04-10

ただ一人立ち向かう 戦う男たちよ 向かい風に吹かれても 苦い血の味だけが生きている証なら 味のない世界より未来は輝くものだろう 戦う男たちよ 血の味も悪くない 加速してGがかかる それだけが存在証明 拙文失礼大変に失礼いたしました (血)

2022-04-08

尾崎ちょこれーとさん コメント本当にありがとうございます 共感していただけて本当に嬉しいです。 あかちゃんって本当に不思議で最高ですよね 拙文失礼いたしました これからも宜しくお願いいたします! (あかちゃんの個性)

2022-04-08

尾崎ちょこれーとさん 拙作にコメントありがとうございます 眠るお子さんの手を触るという行為がとても素敵に感じられて。素敵なコメントを本当にありがとうございます これからも宜しくお願いします 拙文失礼いたしました (思い出とかさぶた)

2022-04-08

透明な世界、揺れる水 美しく世界観の中で紡がれる美しく透明な言葉が本当に素敵だなあって思いました。 優しい気持ちになることができました。 本当にありがとうございました (心胎)

2022-04-08

一連一連揺れ動くお母様としての心情が印象的でした。 1人でコメディ演じてて悲劇で喜劇 という一文がとても素敵だと思いました。 子育て(子供の成長)の悲劇性と喜劇性が作品全体通じてリアリティを持って感じることができました。 改めて「お母さん、ありがとう」って思っちゃいました。 素敵な作品をありがとうございました 拙文失礼いたしました (他言無用)

2022-04-08

人生は命綱一本、というところに共感して拝読しておりました。 >未来予想図を描こうとしても、何も出ない。 というのはいくつになっても同じかもしれません。 素敵な作品をありがとうございました。 共感する点多く楽しく読ませていただきました。 (迷子)

2022-04-05

春の情景が浮かぶようです 柔らかい優しい作品ですね 素敵な作品をありがとうございます (桜水 短歌3首)

2022-04-05

>飴玉を食べ尽くす程お腹減り >UFOキャッチャー無限に出来る 可愛すぎて思わずニヤニヤしておりました。 どれで可愛くて素敵ですね ありがとうございました (スィーツ三昧 短歌三首)

2022-04-05

みなさんと同じで面白い作品だと思い拝読しておりました。 >そこでわての死体に >ぎゅうっとハグしはったらセーフや。 >わかるか?セーフやで。 ってところ、ものすごくパンチが効いていて好きです。 素敵な作品をありがとうございました (プラネタリウム葬)

2022-04-04

いつも拙文大変に申し訳ありません。 >愛は檻、慕う心は鎖だったとして、 >だとしても、 >僕が身を捩らせながら泣き叫ぶ理由が、 >燃やし尽くせない恋慕にあり、 >君が手紙を見て泣いてくれたのなら、 >僕はまだ、生き続けることが出来る の連をコメント拝読してから読み直させていただくと、本当に切なくって。 「燃やし尽くせない慕情」、また「手紙を見て泣いてくれる」君の心は、叶わぬ恋だとしても間違いなく存在した愛の日々の証で、その事で「生き続ける事ができる」と括っておられる。その恋は昇華されて、尊いものであると感じました。 >清君。小学生の頃、隣のクラスと喧嘩になった友だちのために、奴らに立ち向かった彼の姿は、へばりつくぬめり気のように僕の脳に焼きついている。それなのにスミスが放った平手打ちのリアリティを、顎の淵を削るほどの痛みを以て知ることは出来ない。僕らは結局半径五メートルの共感範囲で生きている。 の部分も素敵でした。個人的な清君との思い出、アカデミー賞のウィルス・スミス事件。そして、「結局半径五メートルの共感範囲で生きている。」の一文。印象に残ります。これも後からコメントを拝読してなるほどなあ、と考えさせられました。 stereotype2085 さんの作品の恋愛詩を何作か読ませていただきましたが、「愛に生きる」事の意味を考えさせられます。 いつもこんな事からかけなくてごめんなさい。 素敵な作品をいつも本当にありがとうございます。 (Last Mail at AM10:29)

2022-04-03

深刻な内容をご記載されているのですが、ウィットに富んだ設定が素敵だなあと拝読しておりました。 最後にフロイトも憂鬱になる、締め方が決まっていると思いました。 拙文失礼いたしました。 素敵な作品をありがとうございました (バーンアウトシンドローム)

2022-04-03

淡い恋の思い出 言葉とは裏腹の思い >青い棘 > >君に刺さったままなら > >良いのに 今でもキラキラと輝くでもチクリとした思いとして残ってらっしゃるのでしょうか。 清々しい思いで拝読させて頂きました ありがとうございました。 拙文失礼いたしました (衝動)

2022-04-03

吸い込まれるように読ませて頂きました。「ルルドの泉」をモチーフに >現代では精神など地に落ちている。だが人>間は肉体と精神からできている。精神が下>劣になり醜悪になった時、均衡は崩れ、世>界は破滅するだろう。  というメッセージを乗せておられる作品だと思って拝読しておりました。 まさに今の人類に対する警告だと思いました。 拙文失礼いたしました。 ありがとうございました。 (ルルドの泉)

2022-04-03

強い意思表明の作品の様に拝読しておりました。 自分の言葉で綴られている様に拝察し、素直に心に響きました。 ありがとうございました (わたし)

2022-04-03

作品内容と「溺死」というタイトルガラスとても似つかわしく思いながら拝読しておりました。 拙文失礼いたしました ありがとうございました (溺死)

2022-04-03

春の訪れが美しく綴られて素敵だなあと思い拝読しておりました。 視覚的に美しいなあと思いました。 素敵な作品をありがとうございました 拙文失礼いたしました (春)

2022-04-03

春の訪れが美しく綴られて素敵だなあと思い拝読しておりました。 視覚的に美しいなあと思いました。 素敵な作品をありがとうございました 拙文失礼いたしました (春)

2022-04-03

>私食べる人 >あなた食べられる人 がかわいいなあって思いながら拝読しておりました。 タイトルの化け物が文章の柔らかさとのギャップで印象に残りました。 愛について考えました。 拙文失礼いたしました。 ありがとうございました。 (化け物)

2022-04-03

文章の疾走感が気持ちよく拝読しておりました。 (疾る剥製)

2022-04-03

>愛の在り処を >求める事をやめられないのはなぜなのか >私には分からないの が刺さりました。 生きる事の辛さが作品いっぱいにはにでているように思います。探している愛ももみつかるかわからない。 穏やかな心持ちに落ち着かれる日を心から願うばかりです。 拙文失礼いたしました。 (さがしもの)

2022-04-03

春の訪れ、色鮮やかな光景が美しく思い浮かんで、素敵だなあ投稿思って拝読しておりました。 拙文失礼いたしました ありがとうございました (みたことのないいろ)

2022-04-03

今まさに世界が向かい合っている問題について非常に誠実に向かい合っておられる作品だと思い拝読しておりました。 文語調なのも問題の重みをましているように思いました。 素敵な作品をありがとうございました 拙文失礼いたしました (壊れ行く日常の中で吾は座して死を待つのみか)

2022-04-03

アルのパカよしさん お時間を割いてコメントまで書いてくださって本当にありがとうございます。 お褒めのお言葉ただただ恐縮するばかりです。本当にありがとうございます。 花火のくだり、終わり方についてほめていただいた事が特に嬉しくなってしまって、自分で読み返してしまっておりました。 過分なご評価、誠にありがとうございます。 嬉しい気持ちとともに、身の引き締まる思いがしました。 今後とも変わらぬご指導頂戴できれば幸甚です。 何卒よろしくお願い申し上げます。 (思い出とかさぶた)

2022-04-02

真清水るるさん 拙作にお時間を割いてくださって誠にありがとうございます。 >みんなちがうことを ちゃんと あたたかい気持ちで、観察しながら 鳴き声を聴いたりしているところが素敵です。 お褒めの言葉ありがとうございます。一か月健診をしながらぼんやり考えていた詩でした。みんな泣き声も、お母さんのご不安も違うなあ、なんて思いながら、こんなことを考えておりました。実際のあかちゃんを診させていただきながら、考えた文章だったので、あたたかい気持ちだったのかもしれませんね。あかちゃんに感謝しないといけないですね。本当にあかちゃんには不思議な力がある様に思います。 >謎の平均とくらべはじめるのは かなしいことだなあと あらためて思いました。 そうなんですよね。謎の数直線があって、その軸上にプロットされて価値化されるって、本当に悲しいですね。 みんなそれぞれ、個性を持った個人として尊いのになあ、って思います。 共感していただいて大変にうれしかったです。 本当にありがとうございます。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 (あかちゃんの個性)

2022-04-02

湖湖さん 拙作をお読みくださり誠にありがとうございました。 >みんなちがってみんないい、と言ったのは金子みすゞですが、 不勉強ですいません。知らなかったので勉強になりました。ありがとうございます。 みんな違って私もそれで良いのだと思うし、それが許容される社会であったらいいなあ、って思っています。 みんなが違うんだよ、それでもそれぞれが尊いんだよ、って思えたら、戦争や争いも減るのかもしれませんね。 仰られっる通りだと思いました。 哀しい事が続いておりますが、私の様なへたっぴな詩のお相手していただける事は私にとっては喜びです。 お時間を割いてくださって本当にありがとうございます。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 (あかちゃんの個性)

2022-04-02

アルのパカよしさん 拙作をお読みくださり誠にありがとうございました。 >大人になるにつれて味は深みを帯びるか、一本の運命か、考えることがあります。 拙作からお考えになられたことを教えてくださってありがとうございます。 難しい問いですね。私にはお答えできるような答えを持ち合わせてはいないのですが、 大人になるにつれ、経験を重ねること自体は深みにつながるのではないかと思いました。 一本の運命か、はわからないです。生きた結果何か感じる処が出てくるのかもしれないなあ、なんて思っておりました。 拙文大変に失礼いたしました。 お時間を割いてくださって誠にありがとうございました。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 (あかちゃんの個性)

2022-04-02

田中宏輔さん コメントありがとうございます。 あかちゃんの誕生に立ち会う職場にいた時の事を思い出して、その時の自分の事を書いた作品でした。 子どもの誕生って本当に不思議な事ですよね。 お読みくださり誠にありがとうございました。 (思い出とかさぶた)

2022-04-02

田中宏輔さん コメントありがとうございます。 「みんな違って当然なんだよ。みんながそれぞれ尊いんだよ。」ってメッセージを乗せたかったのですがそれを伝える事ができてうれしいです。 いつもありがとうございます。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 (あかちゃんの個性)

2022-04-02

クヮン・アイ・ユウさん コメント大変にありがとうございます。 「給え」がうまく機能しているなら大変に嬉しいです。命令形なのですが、かわいらしくまとめたいなあと思い、この言葉を使いました。 「警鐘や指示や命令」の様な事が出来るような立派な人間ではないので、「緩やかなアプローチ」という言葉で受け取ってくださった事は大変に嬉しく思います。 拙作からクヮン・アイ・ユウさんが、感じてくださり、お考えになられたことは、到底私には思いもつかないことなのですが、ご記載くださった内容拝読するに、なるほどなあ、と私も考えさせられておりました。もちろん、私などには答えは見つかりっこないのですが。 赤ちゃんが泣くのも、「あなたが好きだ」という気持ちがベースにあって泣いているのかもしれないなあ、なんて思っておりました。表向きはお腹がすいていたり、おむつが気持ち悪かったりするのですが、それを助けてくれる人を愛する泣き声、鳴き声なのかもしれないなあ、などと思っておりました。 「あなたが好きだ」と鳴く人の鳴き方、好きのニュアンス、また、受け止められ方も様々だと思います。なぜ違いが生じるのか生まれてきた時から、それまでの経験などによるのでしょうか。私には答えは分かりません。いろいろあってそれで、人間良いのではないかとは思いました。 拙作からいろいろとお考え下さったことを教えてくださってありがとうございました。 お時間さいて読んでくださったこと大変に嬉しく思います。 拙文で大変に申し訳ありません。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 3重投稿になってしまいました。 大変に申し訳ありません。 (あかちゃんの個性)

2022-04-01

クヮン・アイ・ユウさん コメント大変にありがとうございます。 「給え」がうまく機能しているなら大変に嬉しいです。命令形なのですが、かわいらしくまとめたいなあと思い、この言葉を使いました。 「警鐘や指示や命令」の様な事が出来るような立派な人間ではないので、「緩やかなアプローチ」という言葉で受け取ってくださった事は大変に嬉しく思います。 拙作からクヮン・アイ・ユウさんが、感じてくださり、お考えになられたことは、到底私には思いもつかないことなのですが、ご記載くださった内容拝読するに、なるほどなあ、と私も考えさせられておりました。もちろん、私などには答えは見つかりっこないのですが。 赤ちゃんが泣くのも、「あなたが好きだ」という気持ちがベースにあって泣いているのかもしれないなあ、なんて思っておりました。表向きはお腹がすいていたり、おむつが気持ち悪かったりするのですが、それを助けてくれる人を愛する泣き声、鳴き声なのかもしれないなあ、などと思っておりました。 「あなたが好きだ」と鳴く人の鳴き方、好きのニュアンス、また、受け止められ方も様々だと思います。なぜ違いが生じるのか生まれてきた時から、それまでの経験などによるのでしょうか。私には答えは分かりません。いろいろあってそれで、人間良いのではないかとは思いました。 拙作からいろいろとお考え下さったことを教えてくださってありがとうございました。 お時間さいて読んでくださったこと大変に嬉しく思います。 拙文で大変に申し訳ありません。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 (あかちゃんの個性)

2022-04-01

クヮン・アイ・ユウさん コメント大変にありがとうございます。 「給え」がうまく機能しているなら大変に嬉しいです。命令形なのですが、かわいらしくまとめたいなあと思い、この言葉を使いました。 「警鐘や指示や命令」の様な事が出来るような立派な人間ではないので、「緩やかなアプローチ」という言葉で受け取ってくださった事は大変に嬉しく思います。 拙作からクヮン・アイ・ユウさんが、感じてくださり、お考えになられたことは、到底私には思いもつかないことなのですが、ご記載くださった内容拝読するに、なるほどなあ、と私も考えさせられておりました。もちろん、私などには答えは見つかりっこないのですが。 赤ちゃんが泣くのも、「あなたが好きだ」という気持ちがベースにあって泣いているのかもしれないなあ、なんて思っておりました。表向きはお腹がすいていたり、おむつが気持ち悪かったりするのですが、それを助けてくれる人を愛する泣き声、鳴き声なのかもしれないなあ、などと思っておりました。 「あなたが好きだ」と鳴く人の鳴き方、好きのニュアンス、また、受け止められ方も様々だと思います。なぜ違いが生じるのか生まれてきた時から、それまでの経験などによるのでしょうか。私には答えは分かりません。いろいろあってそれで、人間良いのではないかとは思いました。 拙作からいろいろとお考え下さったことを教えてくださってありがとうございました。 お時間さいて読んでくださったこと大変に嬉しく思います。 拙文で大変に申し訳ありません。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 (あかちゃんの個性)

2022-04-01

真昼さん お褒めの言葉、頂戴し大変恐縮しております。 「みんな違って当然なんだよ。みんながそれぞれ尊いんだよ。」ってメッセージを乗せたかったのですがそれを伝える事ができてうれしいです。 お時間を割いてお読みくださりありがとうございました。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 (あかちゃんの個性)

2022-04-01

>こんな日々もう戻ってきてるでしょうか? と最後にひっくり返されるのはやられた、と思って拝読しておりました。 早く落ち着いた日常が戻ることを願うばかりです。 ありがとうございました。 (送別会)

2022-04-01

孤独と非常に穏やかな心向きで向き合っておられる作品だと思いながら拝読しておりました。 人生というものを達観しておられるかの様に綴られる「プレスマイナスゼロ」はずしりと重く響きました。 最後の >でも孤独死の対策はしておいた方がいいよ はウィットにとんだ印象を受けました。最後にほっとさせられました。 素敵な作品ありがとうございました。 拙文失礼いたしました。 (孤独だってプラスマイナスゼロ)

2022-04-01

題材の選び方からして美しっくってかわいいって思ってしまいました。 春の訪れ、愛の季節。美しく、どこかちくりせつなくって。 すごく素敵なあって読み入ってしまいました。 拙文失礼いたしました。 ありがとうございました。 (なりたい)

2022-04-01

>人生の後悔を錆びながら インパクトのあるフレーズで印象的だと思いました。 傷つける事もできなくなった錆びたナイフと失われた愛の記憶 愛、或いは人間関係について考えさせられました。 拙文大変に失礼しました 素敵な作品をありがとうございました (愛し合っていなければ喧嘩もしたくない)

2022-04-01

生まれてくることのなかった命について綴られた作品と拝読しておりました。 私には最後まで「許される事の無さ」を感じておりました。 拙文失礼いたしました。 素敵な作品だと思いました。 ありがとうございました (青とコーラ)

2022-04-01

生きることへの絶望、諦念みたいなものを感じました。 (ガラガラ)

2022-04-01

インパクトの強い冒頭ですね。 愛情の裏返しの表現でしょうか。 思い出を美しいまま描くのではなく、敢えて汚してしまっている点、大変に興味深いと思いました。 拙文失礼しました ありがとうございました (天使の記憶)

2022-03-29

野球の季節になりましたね 私に住む関西も熱狂的な球団があるので居酒屋でのお話は妙に説得力がありました。 タイトルのとおり「熱狂」ですよね >ホモの大将 がパンチが効いていていい感じに思いました。 拙文失礼しました。 ありがとうございました (熱狂)

2022-03-29

マスコットにとっては >ごみ箱に捨てた >そっと という行為で救われたのでしょうね 他者にとっての幸福とは?なんて事を考えさせられておりました。 ありがとうございました (マスコット)

2022-03-28

真っ白な雪の景色と生命の営みの現実とのコントラストが美しく思いました。 (ノウサギとテン)

2022-03-27

単純にも陰鬱な朝の通勤風景が私には浮かんできてしまい、共感してしまいました。 >いちどに夕暮れが落ちてきて >いっさいがっさいぺしゃんこに潰しちまったような と朝をモチーフにされ夕暮れという言葉でぺしゃんこにしてしまうのは面白いでですね 拙文失礼しました (朝)

2022-03-24

人間の生まれ持った業みたいな物について考えさせられました。 (剥き出すのを、やめた気がする)

2022-03-21

>小雨降る昼下がり >傘をさす代わりに >小さな美術館へ入った というちょっとした脱日常感の書き出しが良いなあと思いました。 最後には雨が止んで夕焼け 映像的にも美しいなあと思いました。 ありがとうございました。 (あたたかな、お説教)

2022-03-21

「急にきまりがわるくな」る という表現が 「鎮座していた百花の王」 との出会いの衝撃が伝わってきていいなあと思いました。 「鎮座していた」という表現も素敵だなあと思いました。 カーディガン、花 早春の一風景が目に浮かび心地よかったです。 ありがとうございました。 (カシミヤではない)

2022-03-21

>例え出来ることがあったとしても、話を聞いて、その苦しみやつらさを受け入れてあげることしか出来ないと思います。 なるほどなあ、と思います。 そうですね。受け入れられること自体ある意味「居場所」なのかもしれませんね。 ありがとうございました。 (paranoid Girl)

2022-03-19

THE BLUE HEARTSの「ハンマー」っていう曲の 「悲しみが多すぎて 泣いてばかりいたって 何にも見えなくなっちゃうよ」ってフレーズを思い出しました。 表現としては裏表になりますが、「傷つきやすさ」を抱えた人間の「居場所」の見つけにくさを詠われたものかと拝読しました。 この様な方が救われる方法ってどういう方法があるのだろう。って事を考えておりました。 生きにくさを抱えた方が、救いを求めておられる時に、私はなにができるだろうとも考えておりました。多分、なにもできないのでしょう。 色々と考えさせられました。 素敵な作品をありがとうございます。 拙文失礼いたしました。 (paranoid Girl)

2022-03-19

子供の、本来なら、無邪気であるはずの将来の夢さえ蝕む自然災害 やりきれない思いで読ませていただきました (子供たちの夢)

2022-03-18

加速度的に遠のいた何気なさを 加速度的に取り返す春 愛と再生の詩 春ですね 拙文失礼いたしました (プリドーン-Predawn-)

2022-03-17

赤子の鳴き声 親の喘ぎ声 にゃーにゃーにゃー はっぴー (可愛いは正義だ!)

2022-03-16

>僕ほどの逸材が、僕ほどの美男子が、なぜ、こんなつまらない日常を歩まなければならないのか >ああ、親の育て方が悪かった! リアルの15歳の方が書かれた作品なのかな、と思いながら拝読させて頂いておりました。 ご病気でらっしゃるか、正常の所謂思春期の精神状態なのかは私には分かりませんが、お辛い原因は、自分自身に対するイメージと現実世界とのギャップにあるように愚考いたしました。 親しい人で相談できる方はいらっしゃいますか? 同じ様な悩みを抱えた同世代の方がいらっしゃるかもしれません。 >僕がなんにも喋らないで >ただ椅子に座っているだけで >僕を愛してくれる美しい女性はいないでしょうか との事でらっしゃいましたが、(恋愛にかぎらず)色んな物事に自分から積極的にアプローチされるのも(お辛い作業かもしれませんが)問題解決の近道な様にも思われました。 そうじゃない、本当に辛いんだ、という事でらしたら的外れなことを申して大変に申し訳ありませんでした。 その場合は敷居高く考えられずに精神科の先生にお話を聞いてもらわれるのも一つ手段な様にも思います。 おじさんが作品通じて申し上げられる事はそれくらいの事で申し訳ありません。 拙文大変に申し訳ありませんでした 素晴らしい未来が陽向さんに訪れることを心からの願っております (15の哀歌)

2022-03-16

これほどまでに、心を捉えて離れがたい出会いを私もしてみたいと素直にそう思いました。 パックリと口を開けた、 地面の底の暗い場所で、 一人きり考えもせず、 ありがとうだなんて燃やしてしまえ。 短い行替えが迫力をもってせまってきて、ラストが特に印象に残りました。 いつも拙文大変に申し訳ありません。 素敵な作品をありがとうございいます、 (草原の峡谷)

2022-03-14

私には言葉も見つかりません。 ただ読ませていただいてありがとうございました、とお伝えしたくてコメントさせていただきました。 拙文大変に申し訳りません。 でも、本当に本当にありがとうございました。 (声明 流木から)

2022-03-14

切なく胸に刺さります。 子供の成長と住宅ローンの支払いが終わるまでの下りは共感を超えた何かを感じていたと思います。 ちょっと自分の事を褒めてやりたくなりました。 素敵な作品をありがとうございます 拙文失礼いたしました (責務を果たす男の姿)

2022-03-14

仰る通りで、思い出すのも辛い思い出 の誤字でした 申し訳ありませんでした (幼なじみのまいちゃん)

2022-03-14

かずやさん まずは拙作にお時間を割いてくださった事に心からの感謝申し上げます 思仰る通りで、い出すのも辛い思い出を書けるようになったのは私の中の大きな一歩だと思います。ありがとうございます。 何かを感じてくださったのであれば大変に嬉しく思います。ありがとうございます。 宜しければ今後とも何卒宜しくお願い申し上げます 拙文大変に申し訳ありません お時間かけてコメントをくださったこと、心からの嬉しく思いました、ありがとうございます (幼なじみのまいちゃん)

2022-03-14

かずやさん コメント誠にありがとうございました。 拙作にお時間を割いていただき大変に恐縮するばかりです。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 拙文失礼いたしました。 (幼なじみのまいちゃん)

2022-03-13

拙作にたくさんのコメント、並びに、たくさんのご意見を誠にありがとうございます。 コメント欄で申し上げた事の繰り返しになり恐縮ですが、皆さまに読んでいただくに堪えうる文章なのか、メンヘラおじさんの独り言なのか、私にはわからなくて、投稿をためらった作品でありました。 この様な過分なご評価を頂いたことについてただただ恐縮するばかりです。 加えて自戒の念を込めてですが、心に傷がある事を理由に、何もかもが許される事ではないと思っております。 殊に私は作品のなかで「人と交わりたいと思う」と記載しました。しかし、人と接点を持つという事は、相手の方がある事です。どんな形であり、人間関係ですので、意見の相違はあっても、過度な依存や、不愉快な思いをさせる事は病気を理由に許されるものではないと、自戒の念を持って思う次第です。 心の傷でお辛い思いをさせれている方に寄り添える文章であったのであれば、大変にうれしく思います。しかし、自戒の念を込めて、人間関係の繊細さについては、一緒に考えていければと思います。 出しゃばった文章で失礼いたしました。 誰もが「悲しまない」様な意識をもって生きていきたいです。 拙文失礼いたしました。 (幼なじみのまいちゃん)

2022-03-13

北川 聖「やすらぎの苑」発売中さん 拙作にコメントをありがとうございました。 「僕」に罪があったのは記憶の嘘の中に塗れてしまって、わからないままです。私の記憶の中では罪の意識が消えてしまう事はないと思います。 罪を背負ったと思いながら生きていく事はお辛い事かと、北川様のお気持ち想像します。 拙文失礼いたしました。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます (幼なじみのまいちゃん)

2022-03-13

エイクピアさん 拙作にお時間を割いてくださって誠にありがとうございます。 自分を許せるようになったこと。大きな転換点で、今回の作品のポイントになるんだと思います。 そのおかげで、こうやって皆さまとも交わることができるようになりました。 お相手くださってる皆様には本当に感謝です。 拙文失礼いたしました。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 (幼なじみのまいちゃん)

2022-03-13

クヮン・アイ・ユウ 拙作にお時間を割いてくださって誠にありがとうございました。 大変に私自身が勇気づけられるコメントで、お優しさに心から感謝させていただきたい思いです。 誠にありがとうございます。 一生懸命に生きようと思います。 拙文大変に失礼いたしました。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 (幼なじみのまいちゃん)

2022-03-13

真昼さん 拙作にお時間を割いてくださり誠にありがとうございました。 過分なご評価ただただ恐縮するばかりです。 >真実はわからない所に色んな切なさがあるように感じました。 仰る通り記憶とは曖昧で、よく嘘をつきます様に思います。。私の「記憶」である事は間違いないのですが、実際の「真実」とは大きく異なっている部分も多分にあり、仰られるとおり「わからない」という言葉が当てはまる気がします。 >それが大人の感情一つで罪と決定付けられてしまう暴力的な要素も感じました。それによって決定付けられてしま>う人生の切なさ。 子供にとっては大人は「正義」であった様に、子供の頃を思い出すに、そう感じていた様に思います。大人になってからの出来事だったら、そこまで私の心に傷を残すこともなかったのでしょうが、仰られる通り、子供の私にとっては「暴力的な経験」だったんだと思います。 私の作品から本当に多くの「切なさ」を感じてくださってありがとうございます。 投稿してよかったと思いました。 拙文失礼いたしました。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます (幼なじみのまいちゃん)

2022-03-12

三浦果実さん いつもご指導誠にありがとうございます。 おっしゃられる通り、この作品も「衝動」の作品でした。書かずにはおられない気持ちになって書いた文章でした。 前回からご教授いただいております「衝動」について、自分なりに頭の中が整理されてきた気がします。 本当にありがとうございます。 「詩人」だと過分なご評価いただき、ただただ恐縮するばかりです。 これからも書き続けたいです。 変わらぬご指導頂戴できれば幸甚です。 何卒よろしくお願い申し上げます。 ねねむ (幼なじみのまいちゃん)

2022-03-12

柳煙さん コメント本当にありがとうございます。 一切悲しくないと言っていただけたのは、僕としてもうれしいです。 悲しいだけの文章で終わっていたら、それは投稿するのではなく、自分の中で昇華すべき問題だと思うからです。 人を悲しませないのは、正義だと思います。 というコメントは考えさせられました。 そういう作品かいてないかな、なんてちょっと反省させられましたね。 皆さんとこうやって交わっていけるのは本当にうれしいです。 いつも本当にありがとうね。 拙文失礼しました。 ねねむ。 (幼なじみのまいちゃん)

2022-03-11

きょこちさん 本当にお優しいコメントありがとうございます。 僕の中の抜けないとげを抜く作業として、ご示唆くださった事心から感謝申し上げます。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 (幼なじみのまいちゃん)

2022-03-11

内海拓郎さん 拙作にお時間を割いてくださって誠にありがとうございました 記憶の曖昧さって確かにありますものね。書いてはみたものの実際にどこまで事実かは分かりません ただ、私の記憶の中では偽りのない「事実」であり、そのことに囚われて私も生きております。 刺さったままの棘みたいなものでしょうか 拙文失礼いたしました。 (幼なじみのまいちゃん)

2022-03-11

非常に個人的な感想で恐縮なのですが、すごく共感しておりました。 私もがんばらなきゃ すいません、本当に個人的感想で 拙文失礼いたしました (がんばらなきゃ)

2022-03-11

きょこちさん コメントありがとうございます。 私の力量不足という言葉に尽きるのだと思います。改行詩以外の形で書いた作品で違和感を感じられるという事は。勉強せねば、ですね。 書ける人なんて言われたことなんてなかったし、自分でも思ってもいなかったので、過分なご評価に恐縮するばかりです。 日暮れて道遠しといった感じですが、書き続けたいし、うまくなりたいので、迷いながら、頭ぶつけながらも、前に進む努力は怠らないようにしたいと思う次第です。 いつも本当にありがとうございます。 拙文失礼いたしました。 (早春賦)

2022-03-10

三浦果実さん いつもご指導誠にありがとうございます。 >初期の投稿作品にあった良い意味での書いてしまう衝動さが失われてしまったように思うんです。 「小夜時雨」はおっしゃられる通り、「書く衝動」で描いた作品でした。書かずにはおられない精神状態で、「衝動」という言葉がぴったりとくる状態で書いた作品でした。それに比べ今は、衝動というよりは、良い作品を書きたいという気持ちをまとって作品を書いている様に思います。一人で書いていた時と違って、素晴らしい作家さんの素敵な作品を拝読するに、「こんな風に作品を書けるようになったらいいなあ」なんていう思いがあって、試行錯誤なのか、暗中模索なのか、している様な状況です。ひとりで書いていた時の「衝動」は、「欲」という、ある意味では邪念を背負ってしまっております。 ですので、衝動が失われたというお言葉は全く当てはまることだと思います。 >ここに書いてあること、本当に想っていることかなって疑ってみるといいんじゃないかと思うんです>よね。「君」に対する気持ちって本当は下心なかったかなとか(笑)。いや、この作品は架空の物語>かもしれないですよね。でも架空の物語であればこそ、騙らなくてはいけないと思うんですよね。 「架空の物語であればこそ、騙らなくてはいけないと思うんですよね。」という文章で締めくくられておられるので、「騙り」の重要性をご教授くださった文章だと拝読したのですが、 「ここに書いてあること、本当に想っていることかなって疑ってみるといいんじゃないかと思うんですよね。」と具体的な道筋をご提示くださった事は、私のようなものにとっては大変にありがたく、今後作品を書くにあたって、意識しようと強く思いました。ご教授ありがとうございます。 せっかくご指導いただいた内容をどこまで理解できているか、そして何よりどこまで自分の中に落とし込んで実践できるか、というところは私の課題ではあります。 この様なご指導いただける場がある事、そして三浦さん含め、ご指導くださる方、また、コメントでご指摘くださる方がいらっしゃる事は本当にありがたいことだと、改めてB-review、そして参加されておられる皆様に対して思います。 話がそれました。すいません。 ご指導いただいた内容、理解に齟齬があれば大変に申し訳ありません。 いつもお時間を割いてご指導くださることに心から感謝申し上げます。 本当に感謝しかないですよね。 喜んでもらえるような作品が書けるようになりたいです。 拙文大変に失礼いたしました。 (早春賦)

2022-03-10

豊かな表現で綴られておられる作品だなあと思いながら拝読しておりました。 上昇ってタイトルもなんだか素敵ですね。 すごく好きです。 素敵な作品をありがとうございました 拙文失礼いたしました (上昇)

2022-03-09

春の訪れ、冬の終わりを描かれておられる様に拝読しましたが 赤く焼け爛れたわたしの冬が終わる 乱立する春が尾を振る といったインパクトあるフレーズが印象に残りました。 冬の終わりによりウェイトが置かれているのかとも思いましたが、いかがでしょうか。 拙文失礼いたしました (わたしのための詩)

2022-03-09

ひらがなの文字列を視覚的に楽しむ作品なのでしょうか 何か暗号が埋め込まれている作品なのでしょうか 大変に申し訳ありません 私には難解でした ごめんね おじさん世代としてはドラクエ2の「ふっかつのじゅもん」が少し頭を過りました 拙文大変に申し訳ありませんでした (おばりて)

2022-03-09

太平洋戦争では他の地域とは異なった歴史うぃ歩まれた沖縄の言葉で結ばれたのがずしんと重く感じられました。 命どぅ宝 素敵な言葉を教えてくださってありがとうございます 以前沖縄の友人から教えて頂いた いちゃりばちょーでー という言葉も私の宝物です。 話がそれました。すいません。 素敵な作品をありがとうございました 拙文失礼いたしました (命どぅ宝)

2022-03-08

春の訪れを生命の誕生に 過ぎ去る冬を生命の終末に詠まれた作品と拝読いたしました。 特に生命の誕生は、 紫色の臍帯 に始まり 肺が膨らむ に続き 産声に至る なるほど初春とはそのような季節なのだと改めて思わされました。 訪れる春生命の誕生の躍動感に擬え美しく描かれた作品だと思いました。 拙文失礼いたしました (初春)

2022-03-07

りんごのかわいさは、しがつのどうけいで、おどけてみせたきみのほほは、だれかとにていてわびしい。 がね、じつはすごくじょじょうてきなきがして すごいね柳煙くん ぼくには こんなことしかいえないけど これからもおうえんしてるね (やくみつるのくちびるにすべてまかせる)

2022-03-07

北川 聖「やすらぎの苑」発売中さん 拙作にお時間を割いてくださって誠にありがとうございました お優しいお言葉大変にありがたく存じます。また詩に対するお考えをご教授くださり誠にありがとうございました。 上手くなりたいとの思いで思い悩む事が多いのもまた私の事実です。自分の書きたい作品により近づけるように今後も大いに悩んでやろうと思っております。自分自身と向き合う作業かもしれません。 「カッコー」気づいていただいて大変に嬉しく思います。twitterを拝見させて頂いたのですが映画に関しても造詣が深くてらっしゃるのですね。また、色々と教えてください。 大変にお心の籠もった文章、大変に嬉しかったです。 今後とも変わらぬ御指導頂戴できれば大変に嬉しく思います。 本当に本当にありがとうございます! (カッコーの鳴く頃には)

2022-03-06

田中宏輔さん コメントありがとうございます。 共感いただける点があったのであれば、大変にうれしく思います。 拙作にお時間を割いてくださり誠にありがとうございました。 (ぬくもり)

2022-03-06

北川 聖「やすらぎの苑」発売中さん コメントありがとうございます。 貴方はすべて、この春旅経つ近しい人を思い綴ったものでした。 言葉に対する感受性の高い方にお見受けしました。 とのお言葉大変にありがとうございました。 過分のお言葉に恐縮するばかりです。 勉強させていただいている身です。 今後とも変わらぬご指導頂戴できれば幸甚です。 何卒よろしくお願い申し上げます (ぬくもり)

2022-03-05

神経生理学で運動神経路の解剖学的構造は教えられても、一番はじめに大脳皮質を発火させるものが何かを誰も教えてくれませんでしたし、誰も知りませんでした。 辺縁系においてはは学問は無力でした。 人間は脳について理解していることはほんの僅かです 「脳」があり、それが「知性」を産み出しているのだと言うのだろうか。 しかし、それは違う。私たちは突き詰めればタンパク質や脂肪、物質的な塊でしかないはずだ。なぜそれに「知性」が宿るのか。 それは物質的存在にそもそも最初から「知性」が宿っているからである。 は真実かもしれません。 物質的存在より上位には概念的存在があり、宇宙においてビックバンより前には何があったといえば、それこそ「知」である。 はユングの言う処の「無意識」を想起しました。 最後の連は我々の存在意義を考えさせられました。 大変に興味深く読ませていただきました 拙文大変に失礼しました (ミトコンドリア宇宙神話)

2022-03-05

女性を頼らずには生きられぬ男性 受け入れる女性の愛情は、女性も受け入れる事でしか生きられぬのかもしれません。 繰り返される あんたは死なん が切なく響きました。印象に残ります。 人間の哀しい性を生生しくも美しく綴られておられると思いました。 素敵な作品をありがとうございました 拙文失礼いたしました (絶対)

2022-03-05

線香の衣を着せ 桃の根の国にかくまい 祈りをささげては 風に話を運ばせましょう 線香の衣を着せ 桃の根の国にかくまい 積む石が軽くなるように 敷地にちいさな川を作り 祈りの言葉の美しさが印象に残りました。 横顔しか見たことのない月と、 見つめあいたいだけの人生 求めた母の愛さえ叶わず世を去る稚児、両親は自分たちのことしか見えてはおらず。 哀しいですが身近な現実なのですよね。 身近にある現実 美しい言葉で綴られた哀しい現実 素敵な作品をありがとうございました 拙文失礼しました (隣人の話)

2022-03-05

僕が思い出すのは小さい子供の頃 いくつになっても思い出の母の姿は自分が幼少の頃の姿だと、我が身に焼き直しておりました。 素敵な作品をありがとうございました 拙文失礼いたしました (お母さんと走った頃)

2022-03-04

10年はちょっと長くてらっしゃるかもしれませんね (幻聴に見せかけた神様!?)

2022-03-04

私は異常者か非異常者かは分かりませんが飛び込たなることはありますよね (異常者も非異常者も飛び込む)

2022-03-04

入間しゅかさん 拙作にコメントをありがとうございます。 辛口とおっしゃっておられ、コメントされにくかったかもしれませんが、私からすれば学びの機会を与えていただき感謝の気持ちしかありません。 詩への考え方とか、取り組む姿勢とか、その辺りから私は考え直した方がいい気がしてきました。(もともとその様な事に意識を持っていたかどうかを含めて。) コメント大変にありがとうございました。 変らぬご指導頂戴できれば幸甚です。 何卒よろしくお願い申し上げます。 (ぬくもり)

2022-03-02

ごめんなさい 上のコメントは三浦果実さんへのご返事でした (ぬくもり)

2022-03-02

三浦果実さん 拙作にコメントを誠にありがとうございました 色々と考えさせられる文章でした。 素面な人(あまりいいね言わない人)に、普段は私冷静なんですが、この作品に撃ち抜かれ気持ちが動揺してますって言われる作品を書きたいと思うところです。 読んでいて恥ずかしくなりました。 はズドンと重かったです。 ツイッターで「いいね」もらって喜んでるのと同じノリでは、B-reviewに参加させて頂く意味もないと思います。 とは綴ったものの頭のどこかで殻が破れていないというか、勘違いしてるところがあるんでしょうね。 ゆっくり考えないといけないですね 普段から酔っ払ってる人(どんな作品にもいいねコメントしか出来ない人) も重かったですね。まさに私の事なので 示唆溢れるコメントに心から感謝申し上げます。 宜しければ今後とも宜しくお願い申し上げます。 (ぬくもり)

2022-03-02

一般的な意味で時が有限ならば、瑞々しい恋愛の詩と拝読いたしました。 何かご事情がお有りで有限でらっしゃるのならば、ちょっとニュアンスが切なくなるように思います。 一途な愛の詩の様に拝読いたしました。「病的な愛」というタイトルが興味深いなあと思いました。 拙文失礼いたしました。 (病的な愛)

2022-03-02

精神を蝕まれ、それに抗う描写は非常にリアリティを持って私に迫ってきました。 メフェストフェレスよろしく、 悪を成さんと欲するも善をなすところの 悪魔に成り果せたのです。 の最後の部分が私には難解でした。 拙文失礼しました (対峙)

2022-03-02

親しい友人にでも語りかけるような口調で綴っておられながら最後に 辛くとも・・・ で締めておられる余韻が良いなあと思いました。 拙文失礼しました (辛くとも)

2022-03-02

羽田恭さん 拙作にコメントを書いてくださり誠にありがとうございます。 仰る通り幼い時の記憶ですので、記憶のうそつきの部分は多分にあるかと思います。 淡々と綴った書き方についてご評価下さって誠にありがとうございます。 次回作をご期待くださるとのコメント、全くありがたい事だと思います。ありがとうございます。 繰り返しになりますが、メンヘラおじさんの独り言と紙一重だと私本人は思っておりましたので、皆様に読んでいただけるに堪えうる文章かドキドキしておりましたので、その様に仰ってくださる方がいらっしゃるのは本当にうれしい限りです。 最後に素敵な言葉を教えてくださって本当にありがとうございました。 12歳の僕に教えてあげたかったなあ、なんて思って拝読しておりました。 私個人にも関心を示してくださった様に思えて大変にうれしかったです。 拙文失礼いたしました。 今後とも変わらぬご指導頂戴できれば幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 (幼なじみのまいちゃん)

2022-03-01

stereotype2085さん コメント大変にありがとうございます。 皆様に読んでいただくに堪え得る文章なのか、メンヘラおじさんの独り言なのかもわからず、投稿を迷った作品でした。ですので、この様な過分なご評価いただけた事に正直驚いており、ご評価くださったstereotype2085さんに心から感謝申し上げます。投稿してよかったと思います。 おっしゃる通り私の実体験を文章にしたものです。ご評価いただいた点についてなのですが、事実だけを淡々と記載することで、より記載内容が現実味をおびて伝わるのかなあと思って、敢えて手を加えずこのまま投稿したという次第です。 拙文失礼いたしました。 今後とも変わらぬご指導頂戴できれば幸甚です。 何卒よろしくお願い申し上げます。 (幼なじみのまいちゃん)

2022-03-01

尾崎ちょこれーとさん 拙作にコメントありがとうございます! 春に新たな生活を迎える人の事を思い書いた作品でした。 穏やかな春が尾崎ちょこれーとさんにも訪れますように ありがとうございました (ぬくもり)

2022-03-01

尾崎ちょこれーとさん 拙作にコメントありがとうございます! 春に新たな生活を迎える人の事を思い書いた作品でした。 穏やかな春が尾崎ちょこれーとさんにも訪れますように ありがとうございました (ぬくもり)

2022-03-01

親の慈愛、赤子の癒やし、その中で暮れゆく夜を想像しておりました。 赤子の汚れのなさを「柔らかさ」という言葉で表現されているのかと拝読しておりましたがいかがでしょうか。 読んでるだけで癒やされました。 ありがとうございます 拙文失礼しました (カタコトの夜)

2022-03-01

この作品とても好きです stereotype2085さんがおっしゃられてる通り 好きな人ができました という一文をコメント欄で記載されてるのが良いなあと 本文中に書かれるより素敵な方法だと思いました。 拙文すいません。 素敵な作品ありがとうございます (すたあ)

2022-03-01

拙文大変に失礼します。 「君」という女性(或いは「君」という女性含めた三人の女性)から受けた心的エネルギーが今の僕を生み出し、今後も心の中の道標の様に存在し続ける。 そのように拝読しました。 色彩豊かなのも素敵だなあと思いました。 最後に 詩人の始まりが青い空に訪れる とあり、 君を羅針盤にして、 身体は舞い上がり僕は夢を見る。 少年のように。 で閉じておられ、始まりの詩、未来への詩という印象的をうけたのですが、「詩人の終わり」というタイトルなのが興味深いなあと思いました。 いつも拙い感想文ですいません。 (詩人の終わり)

2022-02-28

とても素敵だと思いコメントを書きたかったのですが思うように言葉にならなくって。 拙文お許しください サブタイトルのリアリティよりリアル が作品を読む間、ずっと頭にこびり着いて離れませんでした。 現実世界と向き合う静かな決意表明の様に私には感じられたのです。 すいません (背信者(リアリティよりリアル))

2022-02-28

あの地の苦痛を和らげるわずかな力になるのを願い 牛を見回る 悲劇はあの地で起こっていると私には読み取られ、どうしてもウクライナと切り離して読めませんでした。 いつもと変わらぬ日常で捧げる悲劇の地への、悲劇への祈り 素敵な作品だと思いました。 拙文失礼しました。 (今はただ)

2022-02-27

恐らくは名もない多くの人々の思いを、ツユクサという道端に咲く花に託しておられるのが素敵だと思います。 ツユクサよいう音自体も良いですね 拙文失礼しました (ツユクサ)

2022-02-25

戦争を自分の日常とは連続性のない出来事として描かれながら さいあくなあさ で締めておられるのが印象的でした 戦争で詩がかけた事自体が文字通りさいあくだったのでしょうか 戦争そのものををさいあくととらえられたのでしょうか いずれにせよ戦争が筆者の心に影響を及ぼしている点が興味深いと思いました (いややけど)

2022-02-25

映像的に印象的だったのが3:58あたりからはじまる (車で部屋を飛び出した後)芝生の上に横たわる。遠くには空に雲が流れている。その中で主人公が立ち上がるシーンです。 スマホを流すシーン、薬を投げ捨てるシーン、またスマホをハンマーで叩き割るシーン いずれも非常にメッセージ性の強い映像ですが 3:58からの芝生のシーンもメッセージが強く込められていて好きです。 リアルの世界、芝生、空、雲の中、主人公が自分の力で立ち上がる、のですから。 強い再生の意志を感じます 印象的でした。 蛇足ですが、どうやら私の場合はいわゆる「大人になって顕性化した発達障害」の要因があったらしく、社会人になってから(今もですが)コミュニケーション能力の低さ、人間関係の凹凸を感じる事があります。関係ない話ですね。すいません 拙文失礼しました (ネット依存してる私は死ね)

2022-02-23

(帆を立てて)

2022-02-20

心を削り取って 海さえ途絶える場所へ 心を焼き焦がして 海さえ見えぬ場所へ 帆船を海をも超えてその先へと導くのは情熱的で印象的でした。 帆を立てたて、旅立った先。素晴らしい目的地にたどり着かれます様に 拙文失礼しました。 (帆を立てて)

2022-02-20

もう戻らないところまで が印象的でした。不可逆的な次元まで、 極限のその先まで、ですね 尖る事が何を意味するのか、分からなかったのですが、勢いがあって爽快でした。 (尖れ)

2022-02-16

行間の空白を意図的に調節しておられる事に対して、私には非常に心地よく、まるで、映画のテロップの時間的感覚(時間軸)の様に、それぞれの行が濃淡を持って迫って来たように感じました。 素敵な作品をありがとうございます 拙文失礼いたしました (綺麗なあの子は十年前)

2022-02-13

無機質と生物のコントラストが印象的でした。魚雷の爆発、沈んだ軍艦など戦争の爪痕に、生物が自然に存在するところに、より戦争の残酷さが修飾されているように思いました。 リズムが良いのも印象的でした。 (鉄分と海底_revised)

2022-02-12

よしおかさくらさん 拙作にコメントをありがとうございます。 タイトルの「ホ別2」は「ホテル代別 2万円」の略です。 インターネット上で男女の出会いを求める時に使われる隠語です。 金額が記載されている通り、多くは女性から金額提示があり、そういう出会いを求める場合に使用されています。 温もりを求めて出会いを探しても、結局は満たされない時の思いを綴りました。 コメントありがとうございました。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 (ホ別2)

2022-02-12

白鯨に飲み込まれるのではなくて、白鯨を飲み込んでしまうのですね。 (凡庸な?)社会に対する静かで(孤独な)決意表明みたいなものを感じました。 赤色、朱色の不吉な感じが印象的で視覚的にも面白かったです。 語彙が貧弱ですいません。 素敵な作品をありがとうございます 拙文失礼しました (蒼い目をした白鯨)

2022-02-12

ちなみにタイトルの「ホ別2」は「ホテル代別 2万円」の略で、男女の出会いを求めるネットで使われる隠語です。そういう出会いです。 (ホ別2)

2022-02-10

真清水るるさん 拙作にコメントをありがとうございました。 20年以上も前に、私が大学生だった頃、インターネットで知り合った不登校の中学生との思い出を基に描いた作品でした。 15歳の少年のやり場のない怒りを思い出して書きました。 ご指摘を頂いたカッコウ(カッコー)なのですが、もっと上手く作品に登場させる事ができたかもしれないのに、なんだか尻切れトンボみたいな使い方をして、反省しておりました。 ですので、なおの事「夜中のカッコウの声を 昇華されることのない怒や 彷徨い続ける所在のなさとリンクをさせて描いておられて 私には興味深かったです。」 と言っていただけて大変に嬉しかったです。 ありがとうございます。 托卵を行うお話、また、渡り鳥である事など、私の中でこの作品の理解がより深まった様に思います。 余談となりますが、「カッコウ」を「カッコー」と綴ったのは映画「カッコーの巣の上で」へのオマージュでした。 拙作にお時間をさいてっくださって誠にありがとうございました。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 (カッコーの鳴く頃には)

2022-02-10

「誰にも解けない呪い」は「愛」を意味しておられるのでしょうか。 印象的でした 素敵な作品をありがとうございました 拙文失礼いたしました (結晶)

2022-02-10

ヘッドフォンとご自身を重ね合わせておられるのでしょうか。虚無的で、絶望的な感じがします。 「マヌケ みんなマヌケ」 の締め方は余韻が強く残りました 作品をありがとうございました 拙文失礼いたしました (ヘッドフォンが壊れている)

2022-02-10

他の皆様がおっしゃられてるのと同じで言葉選びが面白いなあと思いました。 ジェラピケの閻魔大王は吹き出しそうになりました (ケチャップ・ロンリープラネット)

2022-02-09

無常を感じます (とき)

2022-02-09

「親孝行」のタイトルで、子供二人の会話が続いた後の即身成仏はインパクトが強かったです。最後の一文でお腹いっぱいになりました。 「傘」、「絵の花」は叙情的な作品ですね (Twitterで書いた詩 題名は変えた)

2022-02-09

感想文です。 今月投稿された2作品を読ませていただきましたが、どちらも「生きづらさ」を淡々とした口調、ともすれば自分の事では無いかのようにで綴られているのに、強い共感を生むところが素敵だとを私は感じました。 拙文失礼いたしました (燃えない)

2022-02-08

感想文です 恐らく外界からの接点で生きづらさを感じておられる気持ちを、外界から「ひっぱら」れるという言葉、「ひっぱらないで」と抗う、言葉の使い方が面白いなあと思いました。 歌詞の様で声を出して読みたくなりました。 素敵な作品をありがとうございました 拙文失礼いたしました (ひっぱらないで)

2022-02-08

感想文です 母の女性としての側面、自分との共通点 それは「寂しげに潜んで」いる 締め方の「二三時一八分」も筆圧を感じました。 「嘘をつくのが上手かったのか」の一文も沁みました 素敵な作品をありがとうございました 拙文失礼いたしました (ママ)

2022-02-08

筆者と「貴方」との関係性について作品の中には記載がないのですが、そこを想像しながら読ませていただきました。 恋人でしょうか。我が子を思う親の気持ちなのでしょうか。 そこを想像するのが楽しく読ませていただきました。 幸せを祈る気持ちが、すっと入ってきました。 拙文失礼いたしました (祈り)

2022-02-06

なかたつさん 拙作に非常に丁寧なコメントを下さってありがとうございます。 お返事にお時間かかってしまい大変に申し訳ありませんでした。 仰られる通り、この作品において私は「子宮」を意識的に使用しました。 まずは作品の意図したところから記載させていただければと思います。 私は、「通勤電車」と宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の銀河鉄道と重ね合わせ、「通勤電車」が「銀河鉄道」となり、いつもの「最寄り駅」(缶チューハイで眠りにつく世界)を飛び越え「満点の星空」の世界にたどり着かせたいと考えました。 宮沢賢治の話で恐縮ですが、これは宮沢賢治が描き続けた「修羅の世界」から「デクノボー」の世界への「解脱」のイメージなのですが、それは、私たちはみんな、社会で生活する以上、いろいろな、怒りの感情を感じたり、時に屈辱や劣等感に塗れたり、他人を蹴落とす罪悪感に苛まれたりする事があると思うのですが、この作品の中で、その様な「哀しみ」から「皆」を解き放された世界へとたどり着かせたいと思ったのです。 「私」含め、「帰りの通勤電車の中」の「皆」はそれぞれの(それは共有され得ない)哀しみがあり、つまりそれぞれの「最寄り駅」があるのですが、その「皆」が「満点の星空」という共通の終着点へたどり着く。「個的・私的なものから公的なものへ」というなかたつさんがご指摘くださった点はまったく仰る通りかと思いました。 これは「山高帽のおじさん」(これは宮沢賢治を描いたつもりでした)に関して、彼個人が「流した涙」は「たちまちに 銀河系を彩る星となり」という部分、我々「皆」が「満点の星空に」たどり着くのと同様の「個的・私的なものから公的なものへ」という事になると思います。 蛇足になるのですが、「山高帽のおじさん」は宮沢賢治のつもりで書いたので、「彼の涙は銀河系を彩る星となり」と描くことで、「皆」にとっての「満点の星空」という終着点は賢治の思想を元にしている事を示唆するより大きな存在として描きました。 そして意識して使った「子宮」の話に戻りたいと思うのですが、「薄暗い そして あたたかな空間」として「帰りの通勤電車」のイメージで登場させました。「満点の星空」という共通終着点を「眺めながら 子宮の中で静かに眠りにつく」という最後の一文もご指摘いただいた通り、大きな「公的なもの」の象徴という事になるかと思います。 お時間を割いていただいてこのようなコメントを頂けたことに心から感謝申し上げます。 拙文で大変に申し訳ありません。 なかたつさんからご指摘いただき、私自身作品理解が深まった気がします。特に「個的・私的なものから公的なものへ」というご指摘は大変に勉強になりました。 本当にいつもありがとうございます。 (満点の星空)

2022-02-06

拙文失礼いたします。 感想文です。 抜き差し抜き差し という繰り返しがリズミカルで良いですね。 心でも体でもない私にあった「端子」が何なのか、「心とか体とか」何とつないでくれるのか、など、楽しく読ませていただきました。 駄文失礼しました。 (端子)

2022-02-05

拙文失礼します。 感想文です。 死というものの、美化され得ない現実的な側面。臓腑の汚さ、死臭などを通じて、淡々と描かれておられるのが印象的です。人の死も同じなのだろう、と思わされました。 駄文失礼いたしました。 (剖検)

2022-02-05

起床 飛行 飛行 着地、失敗 の最後の一行が印象に残ります すべて漢字で単語を並べて綴られるのは陰鬱な感じがましていいなあと思いました。 全然別件なのですが、私のハンドルネームがひらがなで「ねねむ」と申します なにかのご縁かもしれませんね どうぞ宜しくお願い申し上げます (辞めてえ)

2022-02-04

拙文失礼します 柔らかな文章に心惹かれました 慈愛を私は強く感じます。 拙文失礼いたしました (For the Blessing )

2022-02-03

他人の作品を読んで「感想文」から初めたほうがいい。 という一文、勇気をもらいました。 私なんかがコメント書いても良いのかな、なんて思う事が多かったので 他の方の作品を読む事の重要性を書かれた文章かと愚考しますが、私はそういう面で勇気を頂きました 違ってたらご指摘下されば幸甚です いつも色々教えて下さってありがとうございます (2021年12月大賞作品「平等」)

2022-02-03

感想文です 拙文失礼します 大森靖子さんとの関係が話の核の部分だと思うのですが、それを「若者」との世代間のギャップで始まり、閉じておられるところが面白いなあと思いました。 「魔法」には色んな意味が込められていそうですね。 文字通り「詩」というものは存在するという意味、大森靖子さんとの出会いという夢のようなお話の意味、人生におけるチャンスの様な意味にも最後の連からは私には感じられました。 「冒険者」という言葉が印象的でした。人生と真摯に向き合っている人という意味かと私は思いました。 同世代のものとして夢を感じる文章でどきどきしました 感想文です 駄文失礼いたしました (魔法はある)

2022-02-03

感想文です 騒ぐ男がいなくなる事は「あなた」と「私」には望ましい事なんでしょうね。 「かんけーつ」が爽快だったのと、「」住む世界ではなく「済む世界」だったのが印象的でした。 駄文失礼しました (よく騒ぐオトコのはなし)

2022-02-03

うろたん颱風さん 拙作にコメントをくださりありがとうございました ご指摘いただいた 左手の薬指がじんじんする という部分はおっしゃる通りだと自分でも思います。 もうちょっと違う表現があっただろうになあ、「面倒な感じ」、というおっしゃられ方が本当にぴったりくるなあと思いました。 リルケのお話は大変に勉強になりました。ありがとうございます。 恋愛詩を書かれる時にこの拙作を思い出してくださるとお優しいお言葉までかけて頂いて本当に恐縮してしまいました。 お心遣い誠にありがとうございました 今後ともよろしければ宜しくお願い申し上げます 拙作にお時間を割いてくださって本当にありがとうございました! (花火)

2022-02-02

拙文失礼いたします。 七五調で繰り返し表現で綴っておられ、声を出して読みたくなるような作品だと思いました。 人間のせつなさを私は感じました。 拙文失礼いたしました。 ありがとうございました。 (今日も)

2022-02-01

三浦果実さん 拙作にコメントを寄せて下さり本当にありがとうございました。 コメントを頂いて初めて、「僕ら」、「僕たち」が非常に多く登場することに恥ずかしながら気づかされました。 教えていただいて読むと、確かに「僕ら」、「僕たち」は鼻につく、感じ、あるいは、三浦さんのおっしゃる「あざとさ」といった感じが出ているように思います。 私の語彙の少なさによる処なのかと、反省しております。 三浦さんのご指摘を正しくくみ取れてなかったら本当に申し訳ありません。 ご意見頂戴できることは、学ぶ上でこの上なく有難い事だと思います。 本当にありがとうございました。 頂戴したコメント反芻して、ゆっくり作品を読み直して、どうすれば次に生かせるのか、考えてみたいと思います。 拙作にお時間を割いてくださり誠にありがとうございました。 (カッコーの鳴く頃には)

2022-02-01

白萩アキラさん 拙作にコメントを書いてくださってありがとうございます。 うまく使えるかどうかわからなかったのですが、子宮は意識して使ってみた言葉でした。 子宮=電車の中の空間に触れてくださって大変にうれしく思います。 お時間を割いて作品を読んでくださって本当にありがとうございました。 今後ともよろしくお願い申しあがます。 (満点の星空)

2022-01-30

RindaHonamiさん 拙作にコメントを下さり誠にありがとうございます。 実はこの作品は別れの詩のつもりで書きました。 20年後の約束という形、また、七五調を意識した韻律、できるだけ美しい情景描写で、奇麗なまま別れを迎えることができるような形の作品になればいいなと思って書きました。 30年後でもよかったのです七五調にこだわりたかったので20年後にしました。 社会の難しいルールや、しがらみでさよならしないといけない別れを奇麗な別れにしたくて描いた作品でした。 拙文失礼いたしました。 読んでくださってありがとうございます。 (二十年後にまた会おう)

2022-01-27

車間→社会 ですね。失礼いたしました。 (二十年後にまた会おう)

2022-01-24

きょこちさん 拙作にコメントありがとうございます 実はこれは別れの詩のつもりで書きました。 大人になってから20年後に合う約束って現実的ではないかなと思いこういう書き方にしました。 でもきょこちさんのおっしゃる通り会えるかもしれないという淡い期待もちょっと込めたかったので、こういう書き方が良いかなって思って 車間のしがらみや難しいルールでさよならしないといけなくなった人への思いをできるだけ綺麗に送り出してやろうと思って書いた作品でした。 過分なご評価は全く恐れ多い限りで、恐縮してしまいます。でも、読んでくださって本当にありがとうございました 今後とも宜しくお願い申し上げます! (二十年後にまた会おう)

2022-01-24

拙文失礼いたします。 何度も拝読しとても好きな作品です。ありがとうございます。 高熱の中で夢を見ている。その夢は決して心地よい夢ではなくむしろ悪夢だと思います。 くじらという圧倒的存在、そして胃袋でとろけていく。 立ち向かわねばならないのに、心はついてこない、情熱は燃料切れ 筆者の現実への絶対的な絶望のようなものを強く感じました。 その影を映した月は真っ赤に染まっていて、 僕をひたすら陰うつへと、憂うつへと誘っていく。 とても好きな二分です。陰うつ、憂うつへ誘っていくものが、真っ赤に染まった月というのが強く印象に残りました。素敵だと思いました。 筆者の感情が、陰うつ、抑うつへと変っていく。 カラカラの嗚咽もおさまり、 遠くのパーティーも終わったのに、 とあるので、もうとっくに事(くじらの圧倒的絶望と私が拝読した原因、誘因となった出来事でしょうか。)は終わってしまったのに、いまだくじらの圧倒的絶望(と私は拝読したのですが)から覚めることはない。抑うつに沈んでいる。 稚拙な読解でまったくお恥ずかしい限りですが、その様に私は読ませていただきました。 それを「高熱」、「熱の中で見る夢」という形で語られている所が美しいと思いました。 長々と拙文失礼いたしました。 素敵な作品を本当にありがとうございます。 (高熱)

2022-01-05

妻咲邦香さん 拙作を読んでくださり、コメントを寄せてくださり誠にありがとうございました。 缶チューハイ2本はやはり多いでしょうか。 私の体の心配をしてくださってありがとうございます。 子宮の中は確かに足を折りたたまないといけませんものね。 そこまで考えが及びませんでした。 修羅の中で大の字になって寝る方がぐっすり眠れそうというご意見は考えさせられます。 割り切ることができるのであれば、その方が気が楽なのかもしれません。 そうも思います。 コメント誠にありがとうございました。 よろしければ今後も何卒よろしくお願い申し上げます。 (満点の星空)

2022-01-04

田中宏輔さん 拙作にお時間を割いて読んでくださって、コメントを書いてくださって誠にありがとうございました。 帰りの通勤電車の不思議な同胞感に共感いただきありがとうございました。 ある意味癒しの時間の様にも思います。 コメント誠にありがとうございました。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします (満点の星空)

2022-01-03

田中恭平さん 拙作に過分なご評価誠にありがとうございます。 空コメントどうぞお気になさらないでください。 お礼を言う機会になって私としてはありがたかったです。 拙作を読んで下さり、ご評価くださった事に心より感謝申し上げます。 よろしければ、今後ともよろしくお願い申し上げます。 (満点の星空)

2022-01-03

拙文失礼いたします。 パノラマ屋敷という印象的な表現に心惹かれ、作品を読むにつれ世界観ににどんどんと引き込まれていってしまいました。かわいらしく、童話のような素敵な世界観だと思いました。 最後の一文も非常に印象的に思います。 わたしとあなたの関係性についていろいろと想像が膨らみました。 素敵な作品をありがとうございました。 拙文失礼いたしました。 (あなたとキリンとパノラマ屋敷)

2022-01-03

久遠恭子さん こちらこそ、拙作を読んで下さり誠にありがとうございました。 生きるという事に対して一途な作品かもしれない、と改めて気づかされました。 誠にありがとうございます。 いつもいろいろと教えてくださってありがとうございます。 今後ともよろしくお願いいたします。 (満点の星空)

2022-01-02

沙一さん 拙作をに対して、コメントを下さり大変にありがとうございます。 お褒めの言葉まで頂戴し、恐縮するばかりです。 以下私の宮沢賢治の「修羅とデクノボー」に関する理解です。 全く僭越でありますし、あくまで個人的な理解としてお気を悪くされずに読んでいただければと思います。 「よだかの星」でよだかの咽頭に甲虫や羽虫が入る。(よだかが甲虫や羽虫を食べながら自分の生命を維持している。)ことに対して、 ああ、かぶとむしや、たくさんの羽虫が、毎晩僕に殺される。そしてそのただ一つの僕がこんどは鷹に殺される。それがこんなにつらいのだ。ああ、つらい、つらい。僕はもう虫をたべないで餓うえて死のう。 という場面は象徴的だと思います。 賢治は、この世の中は自分の生存を保つためには他者を殺さねば生存を保つことができない弱肉強食の世界、六道輪廻の世界感における修羅道だと言い、その世界に住む我々は修羅だと言います。 修羅に相対する存在。修羅の世界から解脱した存在を「デクノボー」と呼んでいる、と理解しております。 賢治は自分は修羅だと言い、デクノボーになりたいと生きていた。と理解しております。 社会で生きている私たちも、社会で生きていくために周りの人間を傷つけながら、時に蹴落としながら生きている「修羅」だと思い、現実世界と賢治の世界を重ね合わせて作品を書かせていただきました次第です。 お時間を割いて拙作を読んでくださって上に貴重なご意見まで頂戴し、心より感謝申し上げます。 また、長々と駄文を失礼いたしました。 今後とも変わらぬご指導頂戴できれば幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 (満点の星空)

2022-01-02

田中恭平さん あけましておめでとうごさいます。 拙作にコメントをありがとうございました。 社会人になって塵労に疲れた私が、未だ賢治の詩集をポケットに入れていた頃の私が眺めた星空を思い出して書きました。 時間軸のコントラストが面白く書けるといいなあって思って書いた作品でした。 仰られる通り軸足が賢治に重きを置きすぎて、私というものがとても薄いとご指摘いただきまして思いました。 満点の星空への思い、それを思い出す私の現実世界とのコントラストへの思いなど、もっと書き込めばよかったのかなと思います。 貴重なご意見誠にありがとうございました。 今後ともよろしくお願いいたします。 (満点の星空)

2022-01-01

一途な思いが胸に刺さりますね。 「大好きという気持ち」を運ぶ「言葉がでない」ほどの思いを「伝えたい」という気持ちが、あふれ出る涙(泣く)という行為が言葉以上にに代弁していると思いました。 駄文失礼いたしました。 (泣く)

2022-01-01

「無影灯の死角」 血に塗れた赤子が生まれた 電気メスの焼けるにおいの中から コッヘルのカチカチという金属音の中から 蒼白の顔 体 手足は頼りなく 赤子はそうして生まれてきた 赤子の鳴き声は産声を上げない 響くのはモニターの電子音だけ 医者の指示だしの声だけ 生まれてきた証を示すこともなく ただ力なく横たわっているのだ 子宮を無理やり切り裂かれ 血に染まりながら生まれてきた赤子 産声も上げず 蒼白な顔で私を見つめる赤子 ああああああああああ! 生命とはこの様な残酷なものなのか オペ場の隅の処置台で  蘇生処置を受ける赤子はまるで 自分自身で生きるか死ぬか決めかねている様に見えた 無影灯の死角にて 静かに行われる儀式の中 赤子は血に塗られた出生を恨んでいるに違いない (「びーれびしろねこ社賞」 応募スレッド)

2021-12-08

yamabitoさん 過分なお褒めのお言葉誠にありがとうございました ところどころ光る観察眼というお褒めのお言葉、ただただ恐縮するばかりです。 祖母が亡くなり通夜が終わった翌日の葬儀の日の朝に書いた詩だったように記憶しております。 お時間を割いて読んで下さり、コメントまで頂戴し誠にありがとうございました (冬の朝に思う)

2021-12-06

「二十年後にまた会おう」 二十年後にまた会おう 綻ぶ梅に積る粉雪 風凛として空青く澄む 二十年後にまた会おう 土柔らかく匂い優しく 命の蠢く音が聞こえる 二十年後にまた会おう 笑顔に深く刻まれた皺 一足一足今日も一足 二十年後にまた会おう 柔らかに頬撫でる春風 陽だまりの中天を仰ぐ 二十年後にまた会おう 二十年後にまた会おう (「びーれびしろねこ社賞」 応募スレッド)

2021-12-05

田中宏輔さん お時間を割いて読んでくださって、またコメントをくださってありがとうございました。 (ねえ、ジョニー)

2021-12-03

まずは書く事への情熱が溢れ、拡大していく自我と力強さを感じました。 次に印象に残った2フレーズがありました。 冤罪を免れよ。というフレーズ 理解されない事への恐怖に打ち勝つ強さを求める様に読み取れ、作者の意志の強さ、そして孤独さを感じました。 その煌めきを求める者はいるか。時を待つ。 作者は書き続けることで理解者の現れる日を待っている様に読み取れました。 この2フレーズは書く事の孤独な側面を表しているように思いました。 素敵な作品だと思いました 駄文失礼いたしました (SUN)

2021-12-02

「ひとりベッドで眠るあなた」 ネガティブワードで彩られた独りぼっちの「あなた」と、 「あなたに到達したのだ」 愛が成就に至るまでの過程を時系列で表現された作品だと思って読ませていただいておりました。 彩られた言葉は、少年の恋愛の様にみずみずしいものの様に思われました。 「あなたのために 出来ることなら  ただあなたのために」 非常に力強い最後のフレーズが心にずっしりと余韻を残しました。 素敵な作品をありがとうございました。 駄文失礼いたしました。 (あなたのために)

2021-12-01

千休利さん 作品を読んでくださってありがとうございます お褒めの言葉大変に励みになります 今後とも宜しくお願いいたします (夕暮れ時)

2021-11-26

モチーフが何かは別にして、生きることに真摯に向き合う姿、苦しい状況でも優しさうぃ失わない生き方に共感を覚えました 私は素敵な作品だと思います (20201116)

2021-11-17

藤一紀さん 貴重なご意見誠に有難うございます。 作品をしっかり振りかえって勉強させて頂きたいと思います。 最後の部分は書きたいという思いが強すぎたのかもしれません 大変に勉強になりました。 ありがとうございました! (小夜時雨)

2021-11-16

羽田恭さん 作品を読んでくださってありがとうございます また、素敵な返詩もありがとうございました! 今後とも宜しくお願いいたします (夕暮れ時)

2021-11-15

湖湖さん その一言を言いたくて書いた詩でした。 いつもコメントをありがとうございます。 今後ともよろしくお願いいたします。 (小夜時雨)

2021-11-15

百均さん いつもtwitter含めて過分なご評価、ただただ恐縮するばかりです。 百均さんから頂くコメントにはいつも自分の作品にあたらな側面に気づかされ、百均さんのかかれるコメントにただただ感動するばかりです。 いつも本当にありがとうございます。 これからも色々と教えてください。 精進してまいりたいと思います。 本当にありがとうございました。 (小夜時雨)

2021-11-15

沙一さん 作品を読んでくださって、また感想をくださって本当にありがとうございました。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 (小夜時雨)

2021-11-15

三浦果実さん 過分なご評価誠にありがとうございました。 ただただ恐縮するばかりです。 私のようなものの作品を読んでくださって、また、お時間を割いてこのようなコメントをくださったことにただただ感謝するばかりです。 今まで以上に精進したいと思います。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 (小夜時雨)

2021-11-15

湖湖さん 読んでくださってありがとうございます。 七五調が好きでよく七五調で作品を書いております。 今後ともよろしくお願いいたします! (夕暮れ時)

2021-11-15

素敵な作品ですね ありがとうございます (弾け飛ぶ)

2021-11-14

素敵な作品ありがとうございます (夜空のかたち)

2021-11-14

素敵な作品ですね (夏至祭は終わった)

2021-11-14

ほばさん、お褒めの言葉恐縮です 読んでくださってありがとうございました! (夕暮れ時)

2021-11-14

天川五ヵ六さん 私の作品を読んでくださってありがとうございました! (夕暮れ時)

2021-11-14

百均さん 私の作品にこんなに素敵なコメントを有難うございます。 感謝の気持ちしかありません。 こんなに私の作品にお時間を割いて下さって文章を書いてくださった事が本当に嬉しかったです 本当にありがとうございました! (夕暮れ時)

2021-11-14