県境 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

着順は知らない

まるでショートフィルム

駆け抜ける風を感じて

ピム

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは祖父母の目の前で伝記を破ることにした。

r

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

犬のしっぽ

    遍界不曾藏  犬がしっぽを振る世界

湯煙

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

県境    

十数キロ走ると県境となる トンネルの中心を境に、向こう側にいけるのだった 県境は六十里と呼ばれ、霧があたりを覆いつくしていた 前線に覆われた列島だったが、ここ数日は安定しているという 登山口には誰もいなく、カード入れが少し傾いていた 整った衣服、顔立ちのそれぞれの女たちは車から下車し あたり障りのない会話を放ち、別れた なにかに左右されるでもなく、あちらとこちらを見極めた女たち 生活を静かに引き出しに仕舞い、豊かさを綺麗に振り分けて 日々を入念に紡いできたのだろうか 自我を見つめ、誰よりも己を愛し、時間を積み上げてきたのだろう 細身の女たちと鮮やかな雨具をサイドミラーで眺め 大カーブを曲がる もう後部座席に女たちの気配は失せている 二級国道の脇には大手電力会社の巨大な送電線が連なり その下には、どうしようもないほどの緑色のススキの群落がひしめいている かつて、その斜面を初夏の熱波に照りだされ 私たちは無言で労働した場所だった あの草は私だ、あちらの草の塊も私 あちこちに私のようなものが点在していた 草のように刈られ、再び発芽し、生きているだけだが死んではいない 次第に峠のS字カーブは下降し、直線道路に差し掛かるころ 幾日か続いた雨の影響で川はうっすら濁っていた 間欠ワイパーの間隔を少しだけ広めにとり 濃い、雨で立体的となった緑の彩を 私は眺め、車の律動の中に沈んでいった


作成日時 2019-12-02
コメント日時 2019-12-03

県境 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 839.5
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 15
#テキスト
項目全期間(2020/11/24現在)投稿後10日間
叙情性66
前衛性00
可読性11
エンタメ22
技巧33
音韻00
構成33
総合ポイント1515
 平均値  中央値 
叙情性1.51.5
前衛性00
可読性0.30
 エンタメ0.50
技巧0.80.5
音韻00
構成0.80
総合3.83.5
閲覧指数:839.5
2020/11/24 10時22分37秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

県境 コメントセクション

コメント数(12)
/舜舜
/舜舜
(2019-12-02)

>濃い、雨で立体的となった緑の彩を >私は眺め、車の律動の中に沈んでいった すごい表現力。 その前の、草は私、私は草ってのが効きまくって、この最終連はなんていうか、ドラマティックで迫力がめっちゃある。

0
真清水るる
(2019-12-02)

おはようございます。 >生きているだけだが死んではいない このフレーズが いきていると感じました。 yamabitoさんの視点て、長年にわたって「生きているだけ」と向き合うことをしてこられた気がしています。 わたしからみて、それらの作品群のなかには 卑下しすぎておれられるように お見受けすることもありました。生きているのいうのは 簡単で難しいことです。うまくいかないことも多いので むしろ 死んでいるのでは思える描き方をすることで「生きている」を表現してこられたこともあると お見受けしています。 本作品の場合は、実直な そして動的な 描きっぷりです。 普通であることの凄さ。 むしろ これは生きる勇気。そんなことを想いました。わたしは今、眩しい気持ちでyamabitoさんの本作品を仰ぎ見ています。

0
沙一
(2019-12-02)

トンネルの中心を境に、向こう側にいけるのだった もう後部座席に女たちの気配は失せている こうしたなにげない詩行に、象徴性を見出せます。滑らかな文体であり、それは注視しないと読み過ごしてしまいそうなほどです。 積み上げてきた時間や生き様と、限られている残りの人生への視線が、そつない文章におのずと滲み出ていると感じられる作品でした。 あの草は私だ、あちらの草の塊も私〜 という連は、やはり圧巻です。

0
鈴木夜道
鈴木夜道
(2019-12-02)

松本清張の 華美でも冗長でもない 的確で過不足の無い文体を思わせます。 不安を乗せた車のハンドルには その速度と行く先が制御不能となった男の 手の湿度があります。 なによりこの『県境』の二文字が 強烈に日本情緒を牽引し 何万字もの叙景文に比肩する 魅力があります。

0
なゆた創a.k.a.NORANEKO
(2019-12-02)

全体の構成力が良いなと思いました。淡々としながらも鍛えられた描写力で描き出される「県境」の車道の風景、それを車内から眺める「私」。 >あの草は私だ、あちらの草の塊も私 >あちこちに私のようなものが点在していた この、場所に自己の記憶……その磁場のようなもの……が存在するというのは、きわめてリアルかつ詩的な感覚ですね。 >草のように刈られ、再び発芽し、生きているだけだが死んではいない この痛覚、あるいは痛みをはるかに通りすぎた虚無の醒めた地点の独白を込めた比喩のなかに、今作の叙情がストレートに表れていると思いました。

0
渡辺八畳
(2019-12-03)

県境、二級国道、峠のS字カーブ……舞台設定は非常に私好みだ。道には詩情がある。特に田舎の誰にも顧みられない道には。 そのよな舞台設定に対して、「女たち」はまったく調和しておらず、なぜ出てきたのかという違和感を覚えてしまう。もっとうまく使えただろうに。そういう意味では非常に惜しい。

0
yamabito
(2019-12-03)

皆様、たくさんのレス、ありがとうございます。 ひとつづつレスをお返ししていきたいと思いますので、若干時間をください。 舜舜さん、おはようございます。 表現を御評価くださり、光栄です。 心に残った出来事を何かに残すみたいな、日記のようなものが私の詩作の基本です。  なんといいますか、自己の作品を垣間見ていますと、青臭い部分が散見する部分が多々あり、そういうものは改めていかなければならないなとつくづく思います。  この作品は、七月初旬に或る出来事を題材に書いたものですが、まだ足りない部分もあるかなという気も致します。 過分な御評価ありがとうございました。

0
yamabito
(2019-12-03)

真清水るるさん、おはようございます。 ハンドルネームを変えられたのですね、よろしくお願いいたします。 中年を過ぎ、年金をもらう年齢に近くなりましたが、生きている、という実感が薄れているのを感じます。しかし、おっしゃるように、死んではいない、と記することにどこかまだ何かに期待する、あるいは自分に期待を込めるというニュアンスが含まれているかもしれませんね。  実直な描きっぷりというのは、私の本来の詩そのものという気が致します。最近は、技術的なものを求め、そういうものに挑戦したりしておりますが、どこか腑に落ちないというか居場所がないという気もするのです。まぁしかし、そういう得意な分野だけを続けて行くというのは安易な気もしています。 いろいろとおほめめくださり、ありがとうございました。

0
yamabito
(2019-12-03)

沙一さん、おはようございます。 >>トンネルの中心を境に、向こう側にいけるのだった そうですね、この詩句に関しては、沙一さんおっしゃるように、読み過ごしてしまいそうな・・・という意味合いが分かる気が致します。その実、ここに物凄く深い意味合いを私本人が感じているところだからです。それを私自身が、これだ。という確証はないのですけれども。  >>そつない文章におのずと滲み出ていると感じられる作品でした。 そつのない文章というお言葉は嬉しいものですね。詩はアートであるという考え方をすれば、どこにその言葉を塗していくかという配置も必要になるかと思っていますし、装飾した言葉だけでは自己満足に終わってしまいますし。  草の描写に関しては、一つの極端なデフォルメなのではないかと私自身思っています。たとえば、ディズニーの漫画などはデフォルメ満載ですよね。空気中を歩いていたら、気が付いて落ちていくというような。そういうものをどこかに考えている部分があります。 いろいろと好意的にお読みくださり、ありがとうございました。

0
yamabito
(2019-12-03)

鈴木夜道さん、おはようございます。 松本清張氏の作品は、推理小説は苦手という意識もあり、あまり触れたことがありませんでしたが、機会があれば読んでみたいと思います。 >>なによりこの『県境』の二文字が 途中略 >>何万字もの叙景文に比肩する魅力があります。 とのことですが、言ってみれば少ない文字で多くを語るとでも言いましょうか。語りたい部分を内包しつつ、一つの文字で集約するという、ごく一般的ではあるかと思いますし、多くの詩に限らず小説などでも書かれてきたタイトルではないかと思います。 県と県に関する境であると同時に、人の生きざまにも境があるといった風な、そんなニュアンスを含んでいたのでしょうか。作者自らが自己作品を巧く分析できずにおり、何か改めてそんな発見をした次第です。 いろいろな気付きを与えてくださり、恐縮です。

0
yamabito
(2019-12-03)

なゆた創a.k.a.NORANEKOさん、おはようございます。 なゆたさんが、私の知るNORANEKOさんであるのなら、大変おひさしぶりですし、人違いなら申し訳ありません。 >>淡々としながらも鍛えられた描写力で描き出される「県境」の車道の風景、それを車内から眺める「私」。 最近は技術的な作品も少し挑戦していますが、私はやはりこういった散文的なものに気持ちの良さを感じてしまいます。NORANEKOさんのような、詩を一つのアートとして描き切るという確固たるスタンスにあこがれを持ちますが、それはやはり世界が違うと思っています。 スタイリッシュで濃いものを描き切るというスタンスを捨て(初めから無いのですが)、淡々とした中にちょっとだけ!マークを感じていただけるようなものが書ければな、と最近は思っております。 いろいろと好意的にお書きいただき、ありがとうございました。

0
yamabito
(2019-12-03)

渡辺八畳@祝儀敷さん、おはようございます。 >>県境、二級国道、峠のS字カーブ……舞台設定は非常に私好みだ。道には詩情がある。特に田舎の・・ そうですね、これらの言葉群は割とどこにもみられる物ではありますが、それが上手く文章の中で機能しているかどうかという事が大切ではないかと思っています。本来、このような語句だけで、何か親近感を覚え、読んでみたいという欲求が生まれてくるのだと思いますし、事実作為的部分はあるかなとも感じます。ですが、まぁ実際にそうなっているのでこれはこれで‥という事で。 >>そのような舞台設定に対して、「女たち」はまったく調和しておらず、・・・・ というご注文ですが、ごもっともだと思います。 まさしく、この「女たち」の存在ですね、そういうものを暗示させるものが欲しかった‥というのは多くの読み手のおもいかと存じます。 とても参考になる御意見、ありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1