詩と物語の越境—— 死線上のアリア - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

犬のしっぽ

    遍界不曾藏  犬がしっぽを振る世界

湯煙

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

この作品は読んだことがありません。


批評対象
作品を読む

詩と物語の越境—— 死線上のアリア    

<批評対象作品>
死線上のアリア


人はなぜ、月を眺めるのだろう。美しいというだけではなく、月の光りには、人を惹きつけてやまない根源的な魅力があるように思う。月や星といった天体は、それを眺める私たちの存在がいかに小さいかを想い起こさせもし、宇宙への郷愁にも似た気持ちにさせるだろう。 今回ご紹介させていただく詩篇の作者もおそらく、月に惹かれる一人ではないだろうか。 岩垣弥生『死線上のアリア』 生死の境という、重たいテーマを扱っていながら、無重力空間を遊泳するかのような言葉の軽やかさが新鮮だった。それまでの私には、テーマが重たいなら作品も重たくあるべきというような固定観念があったのかもしれない。 前半は、巧みな修飾が凝らされた一つひとつの詩行、それらがよりあつまって、星空のような燦めきを放っている。 「キリンの進化論を早送りしたら船を待つあいだに羽が生えたヨ」(本文より) 夜空の背骨を階段に、一心不乱に駆けのぼる、といった詩行には、前述のキリンの長い首とのアナロジーも見出せる。やがて階段はエスカレーターに変わり、速度を上げて、宇宙へと上昇していく。バッハのバディネリを聞きながら、成層圏の番人に手を振りながら。なんともファンタジックではないか。そしてたどりついた月で、主人公は、涅槃にも似た深い眠りを得る。心に未練も感じつつ・・・ ゆりかごゆれて あなたはいづこ ゆりかごゆれて またあいたいよ (本文より) 後半では一転、病院のベッドで主人公は目覚める。幻想的な月への道のりは、あの世への道のりでもあった。そこから主人公は帰還したのだ。 注目すべきは文体の変化である。幻想的な前半は詩的に、病室での目覚めをえがいた現実感のある後半は散文的に書かれている。観念やイメージの飛躍を伴う詩が幻想の世界に属する言葉であるなら、散文は現実に根ざした言葉だといえる。詩と物語を越境するように、前半と後半で文体を象徴的に遣い分けた構成は、見事としかいいようがない。  人生という名の航海は続き  後悔という名の人生は続く  (本文より) 生死の境から帰還しながらも、過度に感傷的にならず、さりげない滑稽味をもって物語は締めくくられる。しかしそこには、あまりに近くにいるからこそふだんは口にだすこともない、家族や友人へのひめやかな想いが感じられる。そこが好い。  家族 しがらみ 固結び でも愛してるヨ、なんて言わないけどね (本文より) 生きづらい世の中で、厭世的になってしまうことは誰にでもありうる。本作は、ふと夜道で見上げた月あかりのやさしさにも似た、大人のための童話であるともいえよう。


作成日時 2019-12-01
コメント日時 2019-12-01

詩と物語の越境—— 死線上のアリア ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 0
P V 数 : 632.0
お気に入り数: 0
投票数   : 0

詩と物語の越境—— 死線上のアリア コメントセクション

コメント数(0)

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2