帰化植物 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

帰化植物    

郊外の田は収穫のあと放置され、新しくイヌビエがすでに生い茂り、晩秋の季節特有の屈強なアメリカセンダングサが雨に打たれている。 ときおり雨足は強くなるが、大雨になることはなかった。 雨はすべての世界を狭窄してしまうほど憂鬱だ。 この雨の中、透きとおるような横顔で通り過ぎる男女の車があり、幼いやわらかな面持ちの子供たちの横顔もみえる。 バイパスの近くの高校ではなにかのイベントがあるらしく、多くの父兄やらが傘を差し校門に入るところであった。 低山だが、鬱蒼とした連山が峰をつくり出し、少しづつ色合いを増している。それぞれの色、数々の色合いの車たちが峠を越えて街並みに吸い込まれてゆく。 二人きりで出かけることなど今までどれだけあったであろうか、そう思いながら助手席にすわり、雨の街を眺めている。 行楽の季節なのに、台風の到来で遠出は無理とあきらめ、家族連れたちは近くのショッピングモールでやり過ごそうとしているようだ。 むかし、私たちもあんなふうに子供たちの手を引き、あるいは抱きかかえて、店の中に入ったものだった。たぶん君も同じように、遠い記憶をたよりに昔の記憶に寄り添っていたのだろう。 普段あまり会話しないのだが、すこしばかりの安堵と久々の休日で、少し饒舌すぎるのではないかと思うほどしゃべってしまっていた。 広い川に架かる大橋を渡ると、新興都市らしい病院や建物が見えてくる。 巨大なショッピングモールで車を止め、君は買い物があるのだと出た。傘を差して雨の中を小走りに向かっていく。 いつもそうして何かに向かう君がいた。 夏の、まいあがる草いきれと土ぼこりの中、甲高い声がありきたりな日常をふるわせて生活の時を刻んだ。 未来は少しずつしなだれてゆくけれど、何かを数えるでもなく、君の声はふくらんだ突起物をけたたましく刈り取ってゆく。 そのひとつひとつが、私たちの日々だった。 壮大なイマジネーションがひとつの光源となり、しだいに明確になってゆく。こまかい事柄がさらに複雑な数値をたずさえて、ひとつふたつと入道雲のようにふくらんで熱量を帯びてくる。屈折のない光と直線と空間、とり憑かれたうねりの渦に次々と人々が巻かれてゆく。はじけてころがされた鬱屈が其処此処に黙って潜んでいる。 巨大な建物の中をあらゆる空気が風となって吹き渡る。織り成す生活の地肌がにおいを放っている。 君はいくつもの買い物袋をぶらさげて帰ってきた。ひとつの行動が終わり、次へと向かう時のふと漏らす息遣い、そのようにいくらかの不満を口にし再び運転席に座る。 雨は少し小降りになる。 私たちの後部には、買い物袋のささやきが聞こえる。 かつて、後部座席には私たちの子供たちが乗り、行くあてのない旅のことも知らず、名もない歌をうたっていた。 すでにバイパス近くの高校のイベントは終わり、郊外に入る。雨はおだやみ、帰化植物のアメリカセンダングサは季節はずれの花を持ち、君の振る舞いのように揺れていた。


作成日時 2017-06-26
コメント日時 2017-07-03

帰化植物 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 319.4
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/06/04現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:319.4
2020/06/04 23時10分56秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

帰化植物 コメントセクション


コメント数(11)
花緒 (2017-06-27):

初めまして。これは、、、道場破り感がありますね。なんというか、小説の一幕のようであり、散文詩のようでもあり、まさしくクリエティブライティングと呼びたい、ジャンル横断的感覚を感じます。ビーレビューでは今まで投稿されてこなかった種類のものであり、投稿頂けたことをとても嬉しく思います。 明らかに書き慣れた手つきを感じます。描写が多い割に、いまいち風景が浮かび上がってこない、というポイントをどう考えるか、ということですね。わたしの無教養に起因するのかもしれませんが、例えば、アメリカセンダングサ、と言われても、どんな草なのか、よく分からない。しかし、新興都市と接続する郊外の風景など、色々、描写して見ても、結局浮かび上がってこない、という性質のものかもしれません。帰化植物、というタイトルには、そのような寓意も込められているような気がします。しかし、描写というか、文の運びが全体的に、やや冗長という印象は受けました。例えば、下記の文章など、雨が降っている、ということを描くだけに、2行も下記のように、重ねる必要が真にあるのか、など。他の方の意見も聴きながら、ゆっくり考えたい一作のように思います。取り急ぎライトレスを。 >ときおり雨足は強くなるが、大雨になることはなかった。 >雨はすべての世界を狭窄してしまうほど憂鬱だ。

0
完備 (2017-06-27):

誠実に丁寧に書く。それだけでもこれだけのものを書くことができることが分かるという意味で、意義深い作品だと思います。ひとつひとつのフレーズがささやかながら完成度が高く、どこを引用してもいい(あるいはどこを引用していいか分からない)のですが、以下の2行は特に印象的でした。 >巨大なショッピングモールで車を止め、君は買い物があるのだと出た。傘を差して雨の中を小走りに向かっていく。 >いつもそうして何かに向かう君がいた。 しかしながら、 >壮大なイマジネーションがひとつの光源となり、しだいに明確になってゆく。こまかい事柄がさらに複雑な数値をたずさえて、ひとつふたつと入道雲のようにふくらんで熱量を帯びてくる。屈折のない光と直線と空間、とり憑かれたうねりの渦に次々と人々が巻かれてゆく。はじけてころがされた鬱屈が其処此処に黙って潜んでいる。 という、長い部分はやや抽象的に過ぎ、また、丁寧で地に足の着いた描写からの飛躍に失敗していると感じました。「こまかい事柄がさらに複雑な数値をたずさえて」などは筆力を感じさせるフレーズではあるのですが。 とりとめもない感想をたらたらと述べてしまい、申し訳ありませんでした。

0
エイクピア (2017-06-27):

イヌエビ、アメリカセンダングサ、雨、二人、君、私たち、入道雲、買い物袋、一つ一つ単語を拾って行くとそこに肉が付き詩に成って行く過程が分かる様な気がしました。

0
yamabito (2017-06-27):

花緒さん、はじめまして。 これはあまり評価の得られなかった作品ですが、私的には良品の一つであるという認識を持っております。 おっしゃる、道場破り的な要素など全く持ち合わせておりませんが、そのように感じていただきとても光栄です。 クリエイティブ・・・などといった、横文字系は苦手なのでよく解りませんが、定型型よりこういったダラダラしたものを書きたいと言う欲求は正直あります。 「明らかに書き慣れた手つきを感じます」・・・・とのことですが、「描写が多い割に、いまいち風景が浮かび上がってこない」とのことですね。そこらへんは、あまり意識しておりませんでした。参考にしたいと思います。 アメリカセンダングサは、確か北米産でしたか、攪乱された土地にこぞって入ってくる非常にタフな存在です。 どんな状況にもしっかりと根を張るという帰化植物の典型ですね。 >ときおり雨足は強くなるが、大雨になることはなかった。 >雨はすべての世界を狭窄してしまうほど憂鬱だ。 はなおさんのようにスタイリッシュなものを模索されている新時代の書き手と違うという事だろうと思いますが、上記の表現ですね、ある種、作者の自慰を表現しないと気が済まないというものなのかもしれません。 取り急ぎ時間もないので、あとのレッサーの方には時間をみてレスを変えさせていただきます。 はなおさん、御批評、ありがとうございました。

0
yamabito (2017-06-27):

完備さん、こんにちは。 いわゆる現代詩のバージョンは多数にあり、これは詩であるか否かは私にはよく解りません。 詩を構築する作業をいとも無造作にできる方々にとっては、詩は一つの芸術とういうよりもパズル作家的な分野なのかもしれません。 >巨大なショッピングモールで車を止め、君は買い物があるのだと出た。傘を差して雨の中を小走りに向かっていく。 >いつもそうして何かに向かう君がいた。 上記二行が良いとのこと、あり難い限りです。 また、「しかしながら、・・・・・ >壮大なイマジネーションがひとつの光源となり、しだいに明確になってゆく。こまかい事柄がさらに複雑な数値をたずさえて、ひとつふたつと入道雲のようにふくらんで熱量を帯びてくる。屈折のない光と直線と空間、とり憑かれたうねりの渦に次々と人々が巻かれてゆく。はじけてころがされた鬱屈が其処此処に黙って潜んでいる。 という、長い部分はやや抽象的に過ぎ、また、丁寧で地に足の着いた描写からの飛躍に失敗・・・・」とのことですが、うーん、そうですか、作者としては、なんかやらなきゃいけないなぁ~という部分を強調し過ぎたんでしょうか。 貴重なご意見として参考にさせていただきます。 この度は、真摯な御批評ありがとうございました。

0
yamabito (2017-06-27):

エイクピアさん、こんにちは。 適切な感想文をありがとうございます。 単語を並べてみますと、なんだか少し恥ずかしくなったりしますね。 ただ、このような単語を並べた上でも詩作というのも、またありかなと言う気も致します。 有意義なご意見、ありがとうございました。

0
まりも (2017-06-29):

雨はすべての世界を狭窄してしまうほど憂鬱 透きとおるような横顔 夏の、まいあがる草いきれと土ぼこりの中、甲高い声がありきたりな日常をふるわせて生活の時を刻んだ。 未来は少しずつしなだれてゆくけれど、何かを数えるでもなく、君の声はふくらんだ突起物をけたたましく刈り取ってゆく。 そのひとつひとつが、私たちの日々だった。 壮大なイマジネーションがひとつの光源となり、しだいに明確になってゆく。こまかい事柄がさらに複雑な数値をたずさえて、ひとつふたつと入道雲のようにふくらんで熱量を帯びてくる。屈折のない光と直線と空間、とり憑かれたうねりの渦に次々と人々が巻かれてゆく。はじけてころがされた鬱屈が其処此処に黙って潜んでいる。 巨大な建物の中をあらゆる空気が風となって吹き渡る。織り成す生活の地肌がにおいを放っている。 ひとつの行動が終わり、次へと向かう時のふと漏らす息遣い、そのようにいくらかの不満を口にし かつて、後部座席には私たちの子供たちが乗り、行くあてのない旅のことも知らず、名もない歌をうたっていた。 詩、を感じる部分を抜き出してみました。アメリカセンダングサ、のイメージが、故里ではない場所を終の棲家、と定めた夫婦のイメージに重なりました。子供たちが独立し、久しぶりに夫婦で出かけた買い物。その最中に感じた(書き手を襲った)ポエジーを、散文の間に埋め込んだ、そんな作品のように感じました。

0
まりも (2017-06-29):

完備さんのコメントをお借りすれば、散文部分、と私が感じたのは、〈丁寧で地に足の着いた描写〉がなされている部分で、そこから、非日常の瞬間へ超脱している、と感じる部分が、詩的な部分、ということになりますね・・・ 詩的な部分、を、行替え詩の形にして、残りをベタな散文にする、という試みも、試してみる価値があるかもしれません。

0
yamabito (2017-06-29):

まりもさん、はじめまして&こんばんは。 また、Bレビューの皆さまこんばんは。 ちょっと、レスレスをさせていただきますね。 まりもさん。色々と解説していただいた通りです。 詩的な部分については、一応全文、詩を意識して書いたものなのですが、「壮大な…」と言った部分は、明らかなに別な色合いを意識しております。 これはこれで、ある種の効果を狙っており、一つの読みの部分でもあります。この部分の意図を読みとって頂くか否かで評価が分かれるのかもしれません。 色々と、参考になる御意見ありがとうございました。  

0
るるりら (2017-07-03):

おはようございます。 わたしは この詩をどのように楽しんだかを お伝えしたくて、パソコンの前に座っています。 題名に選んでおられる【帰化植物】とは、いうまでもないことですが、地元の人間ではないことの比喩なのでしょうね。 ちなみに、わたしの育った地域では 該当の植物を「ひっつきもっつき」と呼んでいます。 種子の棘になり動物などの毛に種が附着することで 種子が広域に移動する類の植物の総称が、「ひっつきもっつき」です。時折 会話にも用いられることもあります。たとえば「あんたらあ ひっつきもっつきじゃのう」と言えば、 「あなたたちは仲良しでいつも一緒だね」という意味です。 私などは、子供の頃に友達と じゃれあっていましたら よその人のよく、この「ひっつきもっつき」と言われましたが  アメリカセンダングサの種子のことを頭に浮かんでいました。  作者の云わんとしておられることは、るるりらが言っているような単純な児童のたわいもない じゃれ合いなどでは ありません。それは、当然です。登場人物の壮年を迎えておられる人生を表現させようとしておられていると思いました。私にとって、 味わい深い作品だったです。 この詩は、おそらく 最終行にある アメリカセンダングサとは どのような振る舞いというより、登場人物の人生がどのようなものであるかを読者に想像させるための詩文であるのでしょう。 帰化植物の心とは どんな心かを 表現させたかったのでしょう。 人生の悲哀というものを 具体的に明示するのではなく、それでも人生は咲いているかのような車を運転している人物の人生。それは旅だなと 思いました。 こちらの詩の中で、わたしにとって一番 引き込まれたが分かりにくかった部分を引用させていただきます。 ***引用開始 壮大なイマジネーションがひとつの光源となり、しだいに明確になってゆく。こまかい事柄がさらに複雑な数値をたずさえて、ひとつふたつと。屈折のない光と直線と空間、とり憑かれたうねりの渦に次々と人々が巻かれてゆく。はじけてころがされた鬱屈が其処此処に黙って潜んでいる。 巨大な建物の中をあらゆる空気が風となって吹き渡る。織り成す生活の地肌がにおいを放っている。 ***引用終 詩文の冒頭で雨の中を走っているとありました。世界を狭窄してしまうほど憂鬱だと書いてあったはずだったのが、 突如、壮大なイマジネーションの光源という曖昧なものが現れて、しだいに明確に数値という具体的なものが付随する。いろいろ想像は構築されてゆくが、 でもやっぱり 結局は沈鬱なものが其処此処にありつつ、車が走るのと同様に 人物たちも 鈍い光の中を移動を続けている。しぶいです。  其処此処に転がっている鬱積と、膨大なイマジネーションの光。この混在が美しいです。 実際に人間の所業は あらゆるものが数値化によって構成されており、つまり 人間の経験する事柄は 比較によって存在していると思います。人は比較によって 鬱屈と希望を同時に生産しているような気もしました。人間の艱難の原因は数値化によってあるのかもなー。と、私などは はたと 立ち止まりました。 「屈折のない光と直線と空間」は 美しいです。袈裟懸けに差し込む太陽光を想起したのですが、前に 【数値】という文言もありましたので 知性的に想像の中で沸き起こっている出来ことのすべても この「屈折のない光と直線と空間」のような気が致しました。

0
yamabito (2017-07-03):

るるりらさん、お読みくださりありがとうございます。 帰化植物は総じてタフな植物が多いのが現実です。 アメリカセンダングサの種子には曲がった棘が着いていて、人の衣服につきやすい構造を持ち合わせており、繁殖しやすく増えやすい植物です。月並みな比喩なのかもしれませんね。 途中の引用をお書きいただきましたが、この部分は私(たち)の歴史とは無縁の、外側でいろんな事柄が常に動いているというような意味合いで用いています。 文体の速度を変えていこうとする意味もあったのかもしれません。 るるりらさんは、ご家庭をお持ちなら、そういった部分での共感を得られたのでしょうか。 読み手の環境に左右されるかもしれませんね。 いろいろと御丁寧にありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1