作品投稿掲示板 - B-REVIEW
重要事項
お知らせ
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

素敵。虹がある。邂逅と官能と、詩。     以上、現場からでした。 

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう



詳細設定を開く

回送

 みつき
 4   479.4   1   0 

降車駅を忘れぬよう 注意深くなる日々に気づき 分解した精神構造の ひとつひとつを手繰り寄せる 豪速で走る列車と記憶の連結に 帰る場所もないのだという 非合理的な内言に背を向け 連呼される駅名と各々が 帰ろうとする土地は 何れも実像を結ばず......


現代詩
作成日時 2020-03-07

あのね、おまわりさん

 鈴木夜道
 4   749.3   1   0 

歯医者にいったの 十年ぶりか十五年ぶりか ドリルでしょ 薬品の味でしょ 手なんかぎゅうって握りしめてね うすく背中に汗なんかかいちゃって 次の予約なんかして やっと解放されてね 通りを歩いたらばね むしょうに本屋に行きたくなってね......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-02-29

思い出の解剖学

 大川 啓
 0   250.8   1   0 

真冬の鋭い風に晒した 両方の手のひらを持ち上げて そのあたたかな鮮血をすくい上げる けれども、見えるのは ただの空気の揺らぎばかり 通り過ぎて行く時間たちは 器用に意識の隙間を縫って 光る鱗粉を散らす では、光の届かぬ記憶たちは そのまま......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-03-08

どうにも出来ない

 鬼蜘蛛 霞驪音
 1   385.5   1   0 

生きる事が つらくて苦しい 何度も失う痛み繰り返して 忘れようとしても また次の痛みが私を襲う 心は壊れる寸前 自損しかけた価値観 世間は相変わらず孤独な私を嘲笑う もう何もかも終わらせていいかな 叫びたいや 今抱いてるこの気持ちぜんぶ ......


現代詩 ビーレビ杯不参加
作成日時 2020-03-06

幻聴2

 福まる
 0   174.6   1   0 

幻聴の続きです 朝11時 調子が悪いので休憩室で休憩「寝すぎると夜寝れなくなるわよ」 ・・「ありが」「礼はいいわよ」 ・・「私がここにいることは不幸ですかあなたにとって」 「不幸かどうかはまだ分からないけどとってもつらい」 「あなたにとって辛い......


現代詩
作成日時 2020-03-07

ほどけた輪、ほどけない輪

 閻魔主任
 0   224.8   0   0 

たくさんの遺伝子が流れている河を、 あなたと手をつないで渡る ふとした瞬間、 足元をすくわれないように 体を持っていかれないように 多くの人たちから語り継がれた内容と 何かが違うようで後ろを振り返る そういえば未送信フォルダに 一通メールが......


現代詩
作成日時 2020-03-07

Egg Lab Mates

 AB
 3   560.1   2   0 

1 コミケの意味さえも知らずに、そこでは生身 のラムちゃんが見れると聞いたのもので。中 味も知らない冊子を所定の場所にドンと置く と、待ってましたとばかりに、とは言え、一 言の発声もなく白い手がいくつも伸びて。た だガロイ先輩の冊子の山は、夏の......


現代詩
作成日時 2020-03-05

夏の雨の詩

 恒常的に眠い人
 1   349.7   0   0 

怒涛怒涛....... ....怒涛怒涛怒涛...怒涛怒涛..怒涛..........怒涛....... 揺れ動く、指揮者達の手達 鼓動を歌う、白い無数の子ども達 縦に 踊る カンナは今 ......


現代詩
作成日時 2020-03-05
投稿作品数: 594