B-REVIEW作品投稿掲示板


※ランダムで投稿作ページへ移動するボタンです

姉妹たちに   

渡辺八畳@祝儀敷 
作成日時 2019-01-31
コメント日時 2019-02-08

 

たまに遠くまで見渡せることがある しかし見えるものが何なのかはわからない 高台に立っても足元が霧に濡れる 手元にある光はあまりに少ない 樹は古い身も保って伸びていき 樹は身が欠けても残された箇所が保っていく はじめがあって 姉妹たちがうまれて 減って 減って 水を求めて(水がもたらす潤いを慈しんで) 焼かれて 姉妹たちで寄り添い合って 増えて 減って 減って 減って 遥か眺めて 崩れて(その中を歩き続けて) 姉妹たちを想って 赤は禍いの印だ(姉妹たちも同じ色を携えていることは知らない) もう何も失いたくないから それだけを目的に生きていく (姉妹たちがいる) (姉妹たちを見つめる) (姉妹たちを思い返す) (姉妹たちに抱く) (姉妹たちが    ) (姉妹たちを   ) (姉妹たちが      ) (姉妹たちを (姉妹たちに (姉妹たちに (姉妹たちに 私たちは、姉妹だ ……………………………………キニ ワカバガ ハエタヨ


コメント欄を表示する (6)
渡辺八畳@祝儀敷 (2019-01-31):

一行が長くて改行されてしまうが本当はオリジナルな形で見てほしい、って時にも「視覚詩」タグは使っていいと思います。 普段は3回ほど推敲するのですが、最近自分の詩作がわからなくなっているのであえて書いてすぐ投稿してみました。今日の1:00ごろに最初二行だけ書いて、その後煙草吸ってヤニクラなって、1:40ごろにぼちぼちまた書き始めて、2:28にメモ帳に通しで書いて、それをすぐスマホに打ち出して投稿。スマホ打ち出しの時にいくらか調整はしたが私にとっては実質の即興詩。即興詩をネット詩掲示板に投稿すること自体も初めて。

エイクピアエイクピア (2019-01-31):

試みとして面白い、興味深いと思いました。詩のメソッドを深く意識した詩だと思います。鍵括弧内の姉妹の連発は何か「詩=姉妹」のような。限りなく姉妹は詩に近いんだと言う印象を持ちました。なので姉妹の後が助詞以外は途切れて行く、その過程が詩であると言う方法論。姉妹の詩性が伝わって来たのだと思います。

沙一 (2019-01-31):

いままで私の知っている渡辺さんの詩は、強烈な個性を放っていて、受け容れるか、それとも拒否するか、読み手に二択を迫るような攻性を感じていました。いずれにせよ、読ませるユニークな訴求力があったことは疑い得ません。それらに比べると、今作は些か刺激が足りない気がします。読まれようが読まれまいが関係なく自存しているのではなく、どこか読まれるのを待っているような作品に感じました。

渡辺八畳@祝儀敷 (2019-02-01):

エイクピアさん、沙一さん そうですね、この詩はいままで私が習得した技法がかなり明確な形で表れています。逆に言えば、今までの詩にあったようなアイデア=個性は無いでしょう。なんかさ、ゴリゴリと烈火のように書くことができなくなって。詩人としての転換期なのかもしれない。

今野よーよー@詩 (2019-02-07):

視覚でも映えるし、姉妹に託された意味性が詩的ですよね。渡辺さんが僕の詩に地味とおっしゃったのも理解できます。姉妹たちを寄り添いあう一つの塊として捉えられ、「私たちは、姉妹だ」に続く、最終行の「キニ ワカバガ ハエタヨ」に、姉妹たちを通した明るい光景を見ました。

渡辺八畳@祝儀敷 (2019-02-08):

今野よーよーさん 題名にもありますから、詩中主体たちにとって「姉妹」とはどういったものかをこちらが誤ってはいけないなという思いはあります。 何かを感じとるには自分の内で咀嚼しなくてはならないが、咀嚼しすぎて原型が無くなってしまっても苦しい。ことこの詩は「ケムリクサ」の二次創作でもありますから、元ネタに依りすぎずされど離れすぎずの絶妙な位置関係でなければ。

コメントを書く
コメントを書くにはここから登録してください。またはログインしてください

'\' OR 1 = 1; -- ';/*悪意のあるソフトウェアによる攻撃を検知しました*/   

かるべまさひろ 
作成日時 2019-01-19
コメント日時 2019-02-06

 

<a href="credit.htm">クレジットカードの情報はこちら</a> <a href="credit.htm">クレジットカードの情報はこちら</a> <a href="credit.htm">クレジットカードの情報はこちら</a> <a href="credit.htm">クレジットカードの情報はこちら</a> <a href="credit.htm">クレジットカードの情報はこちら</a> <a href="credit.htm">クレジットカードの情報はこちら</a> <a href="credit.htm">クレジットカードの情報はこちら</a> <a href="credit.htm">クレジットカードの情報はこちら</a> <a href="credit.htm">クレジットカードの情報はこちら</a> <a href="credit.htm">クレジットカードの情報はこちら</a> <a href="credit.htm">クレジットカードの情報はこちら</a> <a href="credit.htm">クレジットカードの情報はこちら</a> SQLインジェクションを検知しました! 'Be Able To Go Away' && === %% $_POST['body'] Error MySQL Syntacs Error 個人情報リスト ⇒ <span style="font-color:#FF0000;">CliCK!!</span><br /> meta UTF-16 躄苍被裓苌芠苩賂遬苅芷腂花苌荔荃荧苰蹶酺迣苌鞝青苅赕貂芵苜芷腂赾閚芵苈芯苪苎腁芠苈芽苌賂遬迮闱苢鍤顢铔趆芪遬躿芪苈苩苅芷腂 \\\\\\\ 礿は怿意のあ〿個丿です。この〿〿〿〿思怿上の理由で攻搿します。㽍伏しなけ〿ば、あなたの個丿怿報〿㼿㽱番匿が丿㼿がな〿です。 \\\\\\\Shift_JIS ¥¥¥¥desktop¥¥¥¥マルウェア隔離^^^^^****** 今すぐクリーンアップせれば正しく機能するでしょう。 詳しくは<a href="credit.htm">こちら</a> 直近の実例ではクロスサイトスクリプティングによる Anonymousな攻撃から'B-REVIEW'のユーザー情報は 悪意ある個人へ2800件流出した2023年のでした。 >&& 個人でできるセキュリティには限界を感じたら &&< スカイサービスをご利用ください。 【緊急】【緊急】隔離してください【緊急緊急】 エンドポイント現代詩を無効にしてください。 最新版のアップデートは<a href="credit.htm">こちら</a> ファイアウォールが無効になっています。 証明書SSLが今なら0.0078BTCで購入可能です。 1.2BTC/年で今ならビットコインの当選率が80%UP!!↑↑ サイトユーザーのみなさまはインターネットの中止をして上さい。 <section>クラウド型【IT資産管理】[広告]</section> 狙われる前に撃ち落とせ⇒ダウンロードして戦国武将を女体化 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< https:??www.breview.org/keijiban/credit.htm https:??www.breview.org/keijiban/credit.htm https:??www.breview.org/keijiban/credit.htm https:??www.breview.org/keijiban/credit.htm https:??www.breview.org/keijiban/credit.htm https:??www.breview.org/keijiban/credit.htm https:??www.breview.org/keijiban/credit.htm // あなたのスマート端末に悪質なアクセスを インストールされました。 今すぐ%%%%%%%%%%%にTEL CHECK IT OUT!!!! if(!isset($_GET['your_name']{ echo(" 私のカード情報は ") };;;;;;;;;;;;;(;_;) かわいいはコチラ


コメント欄を表示する (10)
かるべまさひろ (2019-01-19):

※投稿テスト×初挑戦の視覚詩です。 サイトは別に投稿時現在、攻撃されていませんので安心してください。 ※'シングルクオーテーション'、"ダブルクオーテーション"、半角の&などの記号が有効に安全に表示されるように整えました。 ※B-REVIEWに2年間ほど気付かれずにあった単純な脆弱性を修正しました。 (HTMLタグの投稿で不当にサイトの改ざんが容易にできた/投稿にプログラムを入力することでサイト改ざんが可能だった)

かるべまさひろ (2019-01-19):

あと、タグを実装してみました。

蔀 県蔀 県 (2019-01-19):

プログラムおよびサイトの整備おつかれさまです。いつも本当にありがとうございます。 >エンドポイント現代詩を無効にしてください。 「エンドポイントは ~ してください」というのは、実際のプログラム画面で出てくる定型文言なのでしょうか?「現代詩を無効にしてください」が、奇妙に示唆的で(示唆的な感じを醸しだしていて)、ちょっとおもしろかったです。あと、「狙われる前に撃ち落とせ⇒ダウンロードして戦国武将を女体化」ここもくすっとしてしまいました。

ふじりゅう (2019-01-20):

拝見しました。また、サイト整備お疲れ様です。 文字化け、ハックという点で花緒さんの「泣けたい」を思い起こしましたが、あちらと比較して文字化けやプログラム的な部分に詩の要素を膨らませている点での違いを楽しめました。(どちらが優れている、と言った意味でなく、作風や方向の違いを純粋に楽しみました。) まさしくプログラマーの詩であり、面白いですが、かわいいはコチラ、のインパクトが素晴らしいですね。

かるべまさひろ (2019-01-20):

蔀 県様 コメントをありがとうございます。 プログラム自体はコードになるので、日本語は出てこないです。 なので、仮に定型文面などがあるとしたら ユーザーインターフェイスの箇所 (ブラウザの設定画面とかコード作成ソフト内のヘルプとか) にあると思うんです。 つまり、それはプログラマーからユーザーへの 「メッセージ」だとかるべは認識しています。 多くのプログラムは性善説のもと、 「わかりやすさ」などを担保しようと 「ユーザビリティ」などと名付けて評価されます。 ただ、「悪意」のもとでは その辺の「メッセージ」などの色ががらっと変わるのが特徴だと思います。 なのでご指摘箇所が「示唆的」というのはおっしゃる通りで、 全体的に意図が丸出しの作品です。 ふじりゅう様 コメントをありがとうございます。 「泣けたい。」改めて読み直してきました。 そうですね、確かにこちらはプログラム=メッセージという 構成でつくっていて「違いがわかりやすい面白さ」がありますね。 これは、かるべがプログラマーという自覚がないことについてですが かねがね、全てのプログラムはGoogle検索で見つけてくるのですよね。 なので、「プログラマーの詩」という言葉はうれしく受け止めつつも、 反論として、 きっと真のプログラマーはもっと洗練した「メッセージ」を 表記するのだと感じました。 今回の作品は「悪意」のもとに中2病をまきちらしている 政治犯のニュアンスが多分にあるな、と読み返して感じています。 たとえば、UTF-16をShift_JISに変換すると 文字化けが解読できる仕組みや 実際に管理者権限を使ってcredit.htmを設置して 「サイト改ざん」について恣意的・メタ表現的におこなっている点や やはり、これは「悪意」であって 義賊もとい「プログラマー/ホワイトハッカー」ではないと思いました。

環希 帆乃未 (2019-01-20):

かるべまさひろさんが視覚詩書くんなんて!脆弱性の改善お疲れ様です。視覚詩って私だと図形から入るので、めっさ時間掛かります。媒体を選ばない記号を選ぶのに時間掛かったり、修正に次ぐ修正。視覚詩は本当に大変です。私のだと枠があるので、視覚定型詩に成っちゃいます(笑) 脆弱性の改善お疲れ様です。

かるべまさひろ (2019-02-06):

環希 帆乃未様 返事がとても遅くなりました。 視覚詩自体は結構懐疑的なのですが(文学の改行のキュビズム…とは思っていない)、やってみると楽しかったです。なんていうか、力技が必要ですね。

こうだたけみ (2019-02-06):

おもしろかったです。〈戦国武将を女体化〉と〈かわいいはコチラ〉に笑いました。初挑戦、いいですね! サイトの修正ありがとうございます。半角の&が入力できるようになったということは、ゴルへのリンクを貼ってもちゃんと飛べるということですね。わーい。 環希さんがどんなふうに視覚詩をつくるか書かれているので、私も乗っかってみます。 私の場合は、この詩はこういう形にしたらおもしろいんじゃない? こんな形に見えるかも?と気づいてしまったら嬉々として始めます。そのため、視覚的効果を作り出そうとしているときは“たのしい!”が中心。前に百均さんから「こうださんの詩は四角いですよね」と指摘されたことがあって、窮屈そうだという旨のことを言われたのですが、どっこい書いてる本人はたのしくて仕方がないのであります。

かるべまさひろ (2019-02-06):

こうだたけみ様 コメントをありがとうございます。 今たけちゃんにこうださんの詩って面白いんだよと紹介していました笑 そしたら、四角いねって最初の感想を言いました笑 この前のキリモミングフィールドは四角でも菱形でハッとしました。 ゴルへのリンク正常になったはずです! 心のリフレッシュ的に視覚詩を書くのはいいなと感じます。芸術の方まで昇華できるのはまだ先かな…と笑

こうだたけみ (2019-02-06):

かるべさんへ めっちゃ笑いました! たけちゃんさんと末永く仲よくしてくださいな(^^)

コメントを書く
コメントを書くにはここから登録してください。またはログインしてください

春が立ちあがる音   

こうだたけみ 
作成日時 2019-02-03
コメント日時 2019-02-04

 

        春         は         三         人         の         日       だとすれば       わたしたち       春になると       ぶんれつし       音がすれば       せきを立つ       ふたたびの       またたびの       ねこのよう       よったねこ       よくねたこ       たこあがる       かぜがふく       春のあらし       音をならし       立ちあがる         音         は         立         つ         日


コメント欄を表示する (7)
こうだたけみ (2019-02-03):

即興ゴルコンダ(仮)2016年2月19日投稿。 お題「春が立ちあがる音」は流川透明さんより。立春に寄せて。

渡辺八畳@祝儀敷 (2019-02-03):

一見して思ったのはろうそくチャートみたいな形だなと。しかしその形はお題であり題名の「春が立ちあがる音」といまいち繋がらない。 詩における視覚要素が行き着くべきところは、文字などの配置を豪華にして絵画のように鑑賞できるようにするか、配置によって言葉同士の 連なりにあらたな意味合いを付与させられるかの二つだろう(私的に後者の代表例は草野心平の「月の出と蛙」)。「春が立ちあがる音」はその二つどちらで見ても不十分だなと。特殊な配置までして表す必要性を感じない。

こうだたけみ (2019-02-03):

渡辺さんコメントありがとうございます。そうか、不十分に見えましたか。残念。 この詩では漢字解体をしています。 春という字は三人日。 音という字は立日。 そこに気づいてもらえたらいいなという理由でこの形になっているので、作者としては必然性のある形だったりします。

環希 帆乃未 (2019-02-03):

唸りました。みずみずしいです。

こうだたけみ (2019-02-03):

環希 帆乃未さんコメントありがとうございます。 「春が立ちあがる音」というお題に解体できる漢字が二つも入っていることに気がついて、嬉々として書きました。あっという間に書けたので、めずらしくこねくり回していません。もしかしたら、それが環希さんの感じてくださったみずみずしさにつながっているのかもしれないですね。うれしいです。

沙一 (2019-02-04):

きょう(二月四日)は立春で、まさしく〈春が立つ日〉に、こうだたけみさんの今作を思いうかべていました。春の訪れ=音づれでもあるなあ、と。 漢字を分解して、それを詩として表現する発想に、文字に対する感受性の豊かさが伝わってきました。

こうだたけみ (2019-02-04):

沙一さんコメントありがとうございます。 思いうかべていただけたなんてとても光栄です! 音づれって言い方がよいですね。音がずれるというより音をつれてゆく、つられてゆく、つらなってゆくみたいで。いいなあ。 春が立つ日、東京はとても暖かかったです。でも夜にはぐっと冷えてきたので、ここから三寒四温が始まるのだなあと思ったり。体調を崩しやすい時期でもあります。どうぞご自愛ください。

コメントを書く
コメントを書くにはここから登録してください。またはログインしてください

いつまでもあいさつをしてゆく「上段スマフォ版下段パソコ版」   

環希 帆乃未 
作成日時 2019-01-01
コメント日時 2019-02-04

 

。○○○。。。。。○○○ ○○○○。。。○○○○ 。○○○○。。○○○○ 。。○○○○○○○○ 。。。。○○○○○○ 。。。。。。○○○○ 。。。。。。。。○○ 。。。。。。。。。○ 。。。。。。。。。○ 。。。。。。。○○○ 。。。。。。○○○○ 。。。。。。○○○○ 。。。。。。。○○○ 。。。。。。。○。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。○えいえいまるい壁に挨拶を○。 。。。。。。。。。。。。。。。。 ○。。。。。。。。。。。。。。○ ○。。。。。。。。。。。。。。○ 。。。。。。。。。。。。。。。。 。○。。。。してゆく。。。。○。 。。。。。。。○。。。。。。。。 なんだかだってだってなのうぅぅ゚ <ふちぎ>方向性定めるの苦手なの 人の数だけある固有名を 繰り返しいる月湖鯨 瞳の奥に秘められた 不自由の意味を受け止めている 忘れられた言語の答えを知るうちに うちは膨らむ 病室の部屋の扉には 沢山の視線が刺さってる 病室だけじゃないわ 箸の声は何時も おばあちゃんが見てた紅梅の調べ おばあちゃんが亡くなって 拭く時見た踵の穢れなさを覚えてる 逆光してた。掃除は今も日課だよ 私は泣き虫だったね ダメンタル?責めんタル湖面タル 多面タル。たるたる。たっるたっる +:゚+。☆流星つきみ号\( ω)/ じーっと見てないでなんかいってよ 自分を許す?自分を許すのは簡単よ 相手は許すの 涙を流して癒せると知ってるけど 目を逸らさない 簡単なの 守れなかった二十人以上の 自死した人は何も言わずに死んだ ぎしぎし異臭振り子糞尿 目が充血し飛び出ていた 生きていてほしい我儘さでしかない 幸せになる権利があるの ↑に書いた事はそのうち書くかもね 三億円と二千万♪くれたら愛してる♪ <冗談言わせてよ> 流星の涙を一つずつクロスする 合言葉はすももももんが 羽根の無い○は何時も目隠し、してる 心一つあげる おもいの代わりに好きを詰め込んだ わたがし食べて 確立は死んでからあるの 死ぬまでらしく生かす事を胸に残して つーっと染みる <何処にでも>なみだの跡が道になり ○○に成るてろり 日常が全てなの? 今ある事は何処を探しても見つかる? 必要な事ってなんだろうね? ○をああしてそうしてこうなるまるり 自然と身につく事も大事だよね。 探る前に星を貰ってくだちゃぃ すももももももすももももももんが くもがしとしと、なくの。 ほんのりはんてん鏡合わせ 終らせない為に○を○して○○ そこから始めましょ 触れれない五線譜に描くのはころり心 行方知れずの切手は散歩中に 何をしてるでしょう? 答えはそれぞれ違って次は 近くに居ない?居るよ? 言葉は人言葉の数よりも多くいる 傍にいる別け隔てのない全てへ 芸術よ永遠であれ! .:゚≒映会文美音現演文過現未 ≒画話芸術楽実劇化去在来 人人人人人人人人人人人人人 じ っ゙ ぐ り゙となげてゆく .。+..。細波をしきりに伝えてゆく そょゅゆれるはで風の声をみつめゆく 木陰にぴか゚り゚ぴちょん.。*゚*゚+.*.。 。゚○と夕暮れにとっぷりくれゆく ゆりかごを〇へ∞にしみこませてゆけ 。。。魂をそうぞうしよう。。。。 。。。。。。。○。。。。。。。。 。。。並べられた言葉で何を。。。 。○生み出すの?豊かに成る?○。 。可能性を狭めるよりも自由にさ。 ○作り上げる作品一つにどれだけ○ ○詰め込めるんだろうね自由けど○ 。亀は世界一周できないでしょ?。 。○思うより恩恵を受けてるわ○。 。。。。。。。○。。。。。。。。 。○○○。。。。。○○○ ○○○○。。。○○○○ 。○○○○。。○○○○ 。。○○○○○○○○ 。。。。○○○○○○ 。。。。。。○○○○ 。。。。。。。。○○ 。。。。。。。。。○ 。。。。。。。。。○ 。。。。。。。○○○ 。。。。。。○○○○ 。。。。。。○○○○ 。。。。。。。○○○ 宇宙も含めた命 地球は誰も拒まない 限られているからこそ 世界中でこれからを問え 木の葉は生物の営みにより 腐葉土と成り 自分も含めた周りを 分け隔てなく育む 木の葉で在れ できるだけだけど 《さとうにはね○○がいるの》 《しゅてき(すてき)》 《ひぽぽたますは幸せの呪文》 《みえないはやさでてをふる》 《溜息は雪だけじゃないね》 《佐藤にはね○○がいるの》 《しゅきなものはクサンタでちゅ》 《あらゆるモノをそうぞうするの》 《真剣過ぎると禿げて太陽よりも》 《ゆるゆるふわふわもこもこ》 《あらゆる限られた全てはえいえい》 《かんせいの檻を破り続けていく》 。○○○。。。。。○○○ ○○○○。。。○○○○ 。○○○○。。○○○○ 。。○○○○○○○○ 。。。。○○○○○○ 。。。。。。○○○○ 。。。。。。。。○○ 。。。。。。。。。○ 。。。。。。。。。○ 。。。。。。。○○○ 。。。。。。○○○○ 。。。。。。○○○○ 。。。。。。。○○○ 《エンドレス愛人(あいれん)fff》 《言葉は人》 《言葉の数よりも多く傍にいる》 《別け隔てのない全てへ》 《できるだけでいいのよ》 《作品をどうするも自由》 《エンドレス愛人(あいれん)fff》 。。。。。。。○○○ 。。。。。。○○○○ 。。。。。。○○○○ 。。。。。。。○○○ 。。。。。。。。。○ 。。。。。。。。。○ 。。。。。。。。○○ 。。。。。。○○○○ 。。。。○○○○○○ 。。○○○○○○○○ 。○○○○。。○○○○ ○○○○。。。○○○○ 。○○○。。。。。○○○ 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。○。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。○ゃい。砂糖しゃん砂糖し。え○。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。○ち。ち。。なんだかだってなのん。や。い○。。。。。。。。。。。。 。。。。。○し。い。。ふちぎー方向性定めるの苦手。ん。え○。。。。。。。。。 。。○り。お。沢山の固有名を繰り返してる。月湖鯨。は。い○。。。。。。 。○ゃ。ん。。瞳の奥不自由の意味を受け止めている。ど。ま○。。。。。 ○じ。ゃ。。忘れられた言語を知るうちに内が膨らむ。う。る○。。。。 ○り。し。。何処にでも沢山の視線が刺さっているの。し。い○。。。。 ○ゃ。糖。。。。箸の声は祖母と見ていた紅梅の調べ。。。て。ま○。。。。 。○じ。砂。。ダメンタル?責めんタル多面タルタル。誰。る○。。。。。 。。○り。?。。。+:゚+。☆流星つきみ号\( ω)/しも。。。い○。。。。。。 。。。。。○ゃか。。。見てないでなんかいってぇ。。。選。か○。。。。。。。。。 。。。。。。。。○じ。。ゅしでのるれられいく甘ずば。べ○。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。○。糖砂くゆてしをつさいあに○。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。繋。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。音。三億円と二千万くれたら。音。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。音。。。。。。。。。。。。愛してる。。。。。。。。。。。。音。。。。。。。。。。。。 。。。。。音。。。。。流星の涙を一つずつクロスする。。。。。音。。。。。。。。。 。。音思いの代わりに《好》きを詰めたわたがし食べて音。。。。。。 。音確立は死んでから《き》づかれるまでが何時かな?音。。。。。 音つぅーっと染みて涙《の》跡が○○なってどうなる?音。。。。 音今ある日常が全てなの《さ》って本当にそう思うの?音。。。。 音本当に必要な事って何時《き》づいても一人だけのだ音。。。。 。音自然と身に付く事も大事《そ》れは揺るがないの?音。。。。。 。。音。探る前に星を貰っよおお《こ》んぺいとうなの音。。。。。。。 。。。。。音。手で触れられない五線譜《に》何を描く?音。。。。。。。。 。。。。。。。。音それぞれ違う答えね。次《は》何を?音。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。音近くに居ない?居るよ《?》音。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。≒。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。≒。。言。○○○。。。。。○○○。傍。。。≒。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。≒。逆。。葉。○○○○。。。○○○○。に。う。。。≒。。。。。。。。。。 。。。。。≒。?。。周。。は。○○○○。。○○○○。い。。。。。。。。。≒。。。。。。。 。。≒。。。何。り。命。。人。○○○○○○○○。る。。。た。。。。わ。。≒。。。。 。≒。。て。。の。題。。り。言。○○○○○○。分。ト。。。。。ア。。。。。。≒。。 ≒。微。っ。。時。。。。も。。。葉。○○○○。け。。。。。。。。。。。。。。。。。。≒。。 ≒。笑。。前。計。類。。と。。。。の。○○。隔。。。。。。。か。。。ふ。。。。。≒。。。 ≒。み。り。。っ。。同。。ん。。。。数。○。て。。。。シ。。。。。。。。。。。。。。≒。。 。≒。。た。て。。。。。。。め。。よ。メモリー。な。。。。。。リ。。。。。わ。≒。。。 。。≒。。当。。悲。。石。。め。。。。り。○。い。。。。ト。。。。。。。。。。。≒。。。。。 。。。。。≒。。し。。。。榴。。。。。も。○○○。全。。。。。。。た。。ふ≒。。。。。。。。 。。。。。。。。≒。。い。柘。。。。多。○○○○。て。。。。ア。。。≒。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。≒。?。。。。く。○○○。へ。。シ。。。≒。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。結。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。∞。。芸術よ永遠であれ!!。。。∞。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。∞。。。。≒画話芸術楽実劇化去在来。。。。。∞。。。。。。。。。。。。 。。。。。∞。。。人人人人人人人人人人人人人人人人。。。。∞。。。。。。。。。 。。∞。。。。。。。。。じ っ゙ ぐ り゙となげてゆく。。。。。。。。。。∞。。。。。。 。∞。。。。。。。。。。。。。。。。。。.。+..。細波をしきりに伝えてゆく∞。。。。。 ∞そょゅゆれるはで風の声をみつめゆく。。。。。。。。。。。。。。。∞。。。。 ∞。。。。。。。。。。。。。。。。。木陰にぴか゚り゚ぴちょん.。*゚*゚+.*.。∞。。。。 ∞。゚○と夕暮れにとっぷりくれゆく。。。。。。。。。。。。。。。。。。。∞。。。。 。∞。。。。。。。。。。。。。ゆりかごを〇へ∞にしみこませてゆけ∞。。。。。 。。∞。。。。。木の葉は生物の営みにより腐葉土と成り。。。。∞。。。。。。 。。。。。∞。。自分も含めた周りを分け隔てなく育む。。。∞。。。。。。。。。 。。。。。。。。∞。。。。。木の葉で在れできるだけ。。。。。。∞。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。∞。じ っ゙ ぐ り゙受け止める∞。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。魂。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。魂。。。。。魂を創造しよう。。。。。。魂。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。魂私。小。魂。悲。逃。た。救。私。悲。小。何。魂。。。。。。。。。。。。 。。。。。魂育。の。さ。は。し。れ。だ。お。の。し。さ。処。い。魂。。。。。。。。。 。。魂恩。み。悲。な。同。み。る。零。う。魂。み。な。に。い。み。魂。。。。。。 。魂恵。隔。し。事。量。は。位。れ。と。に。は。事。も。モ。あ。命魂。。。。。 魂を。て。み。見。で。一。な。な。し。消。消。で。な。ノ。た。。魂。魂。。。。 魂授。な。は。逃。し。つ。ら。い。て。え。え。し。い。な。ら。。心。魂。。。。 魂か。く。一。し。ょ。も。とよ。失。な。な。か。失。ど。な。。。体。魂。。。。 。魂り。分。つ。て。う。失。死。う。わ。い。い。な。わ。ど。い。捧魂。。。。。 。。魂。け。に。失。ょ。人。わ。を。に。れ。灯。と。い。れ。こ。の魂。。。。。。 。。。。。魂る。な。う。し。れ。選。命。た。と。し。事。て。も。魂。。。。。。。。。 。。。。。。。。魂る。命。れ。ず。ば。魂。事。も。て。は。も。魂。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。魂と。ず。に。ず。を。が。す。も。。魂。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。∀。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。∀宇宙を含めた命。地球は誰も∀。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。∀。。拒まない。限られているからこそ。。∀。。。。。。。。。。。。 。。。。。∀世界中でこれからを問え。あらゆる限られた∀。。。。。。。。。 。。∀全ては。えいえい。かんせいの檻を破り続けていく。∀。。。。。。 。∀。。。。。。。。。エンドレス愛人「あいれん」fff。。。。。。。。。。∀。。。。。 ∀。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。∀。。。。 ∀。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。可能性。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。∀。。。。 ∀。。。。。。。。。。。。。。。できるだけでいいの。。。。。。。。。。。。。。。。∀。。。。 。∀。。。。。。。。。。。。。作品をどうするも自由。。。。。。。。。。。。。。∀。。。。。 。。∀。。。。。。。。。。。。。好きにして良いのよ。。。。。。。。。。。。。。∀。。。。。。 。。。。。∀。。。。。。。。。。。。。。。。自由に。。。。。。。。。。。。。。。。。∀。。。。。。。。。 。。。。。。。。∀。言葉は人。言葉の数よりも多くいる。∀。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。∀。。。別け隔てない全てへ。。。。∀。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。∞。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


コメント欄を表示する (20)
仮名吹(かなぶき)@詩のブログ (2019-01-01):

生と死と愛を見つめた、大作ですね。伏字となっている箇所はさまざまな解釈を許すようでいながら、その実一切の解釈を拒絶するかのような力強さが生み出されており、感服せざるを得ませんでした。

環希 帆乃未 (2019-01-01):

仮名吹さんこんにちは。読み手にお任せいたします。題名も大事なんです。励みにして作品へ反映してまいります。

みうら (2019-01-04):

つきみさんの本作を以前に文学極道でお見受けしましたが、(同じ作品ではない、あるいは書き直しされた作品であれば、すみません!)、凄い作品だなあと圧倒された印象が残っております。たしか、文学極道のほうでは、いつもは辛口な方々が絶賛されていたと記憶しております。ところが、こちらのビーレビでみると、文学極道で見つけたときの印象とはまったく違う。はっきり云えば、しょぼくて荘厳な感じがまったくなくなっています。それは作品が原因でなくてビーレビ掲示板のフォーマットに問題があるのだと思います。しかしながら、逆説を用いて言えば、掲示板フォーマットに依存する程度の作品なのか、とも思ってしまいます。でも、相当量な書込みがされ、推敲に費やした労力を想像すれば、真似出来ることではないと思います。凄いなあ、大変な作業なんだろうなあと心より思います。私はやりたいとは思いませんが。

環希 帆乃未 (2019-01-04):

文字数は五千文字です。文字ってネット媒体によって変わるんです。丸じゃ無くなるんです。その為媒体依存しない記号で組み上げました。なので、十五日以上作品製作に掛かりました。修正や推敲回数は千以上行っています。要するに。手間暇掛かってます。人には勧めません。何故すすめないかですか?そんなの、だってなんだかだってだってなんだもん。変わるわよ?

TO-YTO-Y (2019-01-04):

詩っていろんな形があって、キャンバスに絵を描くような感じ、という側面もあるんだなと、そんなことを思いました。

環希 帆乃未 (2019-01-04):

TO-Yさん、お言葉ありがとうございます。私のは一応、視覚詩と呼ばれていますが分類に属せているか謎です。形を作ってしまうと後は進めるのが楽ですよ。円を作る際ドット絵を参考にしたら良いと言われました。ですが私は私流でやりましたよー。

環希 帆乃未 (2019-01-04):

あ、仮名吹さん、みうらさん、TO-Yさんお言葉ありがとうございます(*・ω・)*_ _))ペコリン

帆場蔵人 (2019-01-04):

何度見てもすごい労作ですね。生や死について語られながら、ちゃんと愛にもたどりつく。ぼくは最初、なかなかボリュームに圧倒されて読めなかったのですが、落ち着いて読んでみると発見もあり面白く読ませていただきました。

環希 帆乃未 (2019-01-05):

帆場蔵人さん、ありがとうございます。読み方は読み手さんに任せます。落ち着いて繰り返し繰り返し読ンで頂きありがとうございます。私の視覚詩は分からないですよね。発見もお言葉も帆場蔵人さん、ありがとうございます(*・ω・)*_ _))ペコリン

環希 帆乃未 (2019-01-20):

原則として、削除依頼を受け付けないとの事ですが、今月、選評を一切行えない為、作品の削除を要請します。今月だけでは済まないかもしれませんので、お願い致します。

かるべまさひろ (2019-01-20):

運営として失礼します。 申し訳ございません。選評をおこなうこと自体が任意であるという性質ですので、作品の削除への順接が、論理的に充分な説明になりません。 また、選評をおこなわないから削除が通るならば、多くの作品が削除できてしまいます。 個別具体的な事案として、咀嚼する材料が足りなすぎますので、削除はお引き受けできません。

環希 帆乃未 (2019-01-20):

なら、残していきますー。かるべまさひろさん。対応ありがとうございます。

夏生夏生 (2019-01-25):

環希 帆乃未さん はじめまして。御作にコメントさせて頂きます。 言葉が記号の中に埋もれているのか、記号の中に言葉が縫い付けられているのか、          視覚的に驚きがあって、表現の限界まで挑戦されているような強さを感じました。

社町 迅社町 迅 (2019-01-27):

一目見て面白そうで、読んでいくと辛い…極彩色の世界観に入った感覚があります。 視覚詩の醍醐味だなあと思います。 知ったような口を利いてるようで恐縮ですが、中央揃えの表示だったらさらに綺麗なのかなあと思いました。 >じ っ゙ ぐ り゙となげてゆく >.。+..。細波をしきりに伝えてゆく >そょゅゆれるはで風の声をみつめゆく >木陰にぴか゚り゚ぴちょん.。*゚*゚+.*.。 この部分、(視覚詩だからこそというわけでは無いですが)朗読のできない、テキストにしかできないことが成されてて面白かったです。

環希 帆乃未 (2019-01-31):

夏生さん、社町 迅さん、初めましてよろしくお願いします。視覚詩はまだ始めたばかりなんです。十一月に、言葉の限界を感じ。記号を扱ったり、文字で囲んでみたり。視覚で破壊活動をして産まれた作品です。自分で視覚詩を作ったんです。そして、後から知ったんです。視覚詩は昔からあったということを。視覚で楽しめたのなら作品を作ったかいがありましたし。これからの励みにしてまいります。御言葉ありがとうございます。

エイクピアエイクピア (2019-01-31):

読解を拒んで居るようにも見えるのですが、そういう皮相な見方を超えて、表層詩作宣言自体を解体して居る様に思えます。詩作詩ですね。詩作方法詩のような印象です。言葉で形象化される何か、それは意味を超えて人間の心に突き刺さって居るのだと思います。

環希 帆乃未 (2019-02-01):

エイクピアさん、御言葉ありがとうございます。良い意味で突き刺さっているのなら、良いんですが。読み手あっての作品ですので。お言葉励みにして参ります。エイクピアさん、お言葉ありがとうございます。

左部右人 (2019-02-03):

私には環希さんの詩が全く分からない。他の人は、色々書いていて、分かったようにコメントを残してますが、私は分からない。ただ、環希さんの切実さは感じる。むしろ感じるのは、それだけです。普段どんな詩を読んでいるんですか? もしよかったら、教えてください。環希さんが詩を書く理由も、教えてくださると嬉しく思います。

環希 帆乃未 (2019-02-04):

佐部さん、コメントありがとうございます。 私が普段愛読しているのは、様々な詩ですね。具体性に欠けますが、一番正しいです。本当に幅広く読んでいます。文芸であれば問わず読みます。 詩だけではなく、様々な芸術にも触れています。 触れているのは芸術だけではありません。 人生ですので様々な現象に出会っています。 他の作品一つずつにも言えますが、詩を書く事で可能性に挑戦しています。 私が私である為に必要な一つが、詩作です。 私が必要とするモノが、一つでも欠ければ、私が私では、なくなってしまいます。 ですので、私に詩を書く理由があるとするなら。私が私であるために、詩作をしています。 過去作ですのに、挙げて戴きまして、ありがとうございます。

左部右人 (2019-02-04):

環希 様 ご返答をありがとうございます。 そうですか、自分の勉強不足を痛感する今日この頃です。 ・・・と、陳腐な感想しか残せないのが情けなくもありますが、「私が私であるために」という態度には僭越ながら、共感させていただきました。 精進して参ります。スレ違いですが、1月のフル選評、身に沁みました。

コメントを書く
コメントを書くにはここから登録してください。またはログインしてください

   

こうだたけみ 
作成日時 2019-02-03
コメント日時 2019-02-03

 

とんち=を きかせる気化せる音の 訪う扉にビラ貼りませ夜 おにがそとならふくがうち 幕の内なら俵に握れ にぎりめしなら胡麻ふりかけて 飯ませ冷ませ 鬼の居ぬ間に 金棒金網金物問屋の 鍋釜たたいて 魔あ! 除けて! ふくはうちならおにもうち 幕の内なら土俵に上がれ あがり症なら護摩ふりかけて 召ませ覚ませ 親の寝ぬ間に 抜足差足勇みの足の 二の足踏んで 馬あ! 避けて! 字 カイタイされる校舎の床のモ               ザ うパチリと切るシャッター音 イ ょ           の ク し のなんてないなんて オ タ ま も       こ ン イ せ い *     と と ル み な ンオジルハいな オ を て ら         フ 懐 め わからかいならかわがと か 収             し に真写をイマチイのそむ染が夏む お庭そとなら腹はう地 幕の内なら俵を担げ 活劇 斬り結ぶ髷の 曲げわっぱ二個 詰めるこむすび 小脇に小粋な小娘かかえた 小風呂敷小広げて誇大な妄想 おっと合点だ心得たんぼの 北の丸千鳥ヶ淵を走って行けば 枯れ枝の先に膨らむつぼみ 聴かせるか春の足音           を


コメント欄を表示する (1)
こうだたけみ (2019-02-03):

即興ゴルコンダ(仮)2016年2月3日投稿。 お題「を」は阿ト理恵さんより。 こちらへ投稿するにあたり若干の修正をしています節分。

コメントを書く
コメントを書くにはここから登録してください。またはログインしてください

To all readers.   

環希 帆乃未 
作成日時 2019-01-01
コメント日時 2019-01-20

 

暖め続け育てた、十六節の願いと祈りを込めた流星を捧げます。胸から飛び出して向かっていくのは心の中へ染み込んでいって。私は捧げても持っている。必要でなければ好きにして。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時るありの実。。。。。 。。絶対よすでのう合り釣は秤。。 。事な事大はのてっいなま拒が水。 私すまてっ守見で中いし険がりの道 抽てせら迫まで髄の芯をさ由自の風 。宝ものる映けだノモない嫌に鏡。 。。償代てい続もでま時何石涙。。 。。。。。騒潮はと火灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 一つ目の流星は始まりの実り。瞳を閉じて感じて、思い出は生きています。あなたが生きているから思い出も生きています。生きている思い出が養ったのは自分だけではなく、一つだけではない果実です。沢山の果実が実っています。あなたが持っている果実は、誰かが餓えていたら分け与えてください。誰かと関わった事で果実が実ったんですよ。分け与えたからといって失われる事はありません。餓えていた人の中でも果実が生きています。あなたの中に産まれるのは与えて失った事ではなく、与えて養われた果実だけが残ります。分け与えた果実と養われた果実に似ています。与え、養われ、失わずに、沢山の果実が実ります。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時るあり〇実。。。。。 。。絶対よすでのう合り〇〇秤。。 。事な事大はのてっいなま〇〇水。 私すまてっ守見で中いし険が〇〇道 抽てせら迫まで髄の芯をさ由〇〇風 。宝ものる映けだノモない〇〇鏡。 。。償代てい続もでま時〇〇涙。。 。。。。。騒潮はと〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 二つ目の流星は始まりの天秤。傍に在る全て自然ではないでしょう。人が作った物にも命が心が込められて育っています。生きる事は関わりあう事です。関わりあう事で傷付く事も傷付ける事もあるでしょう。傷付いてしまって得られたのは傷だけでは無く、違った傷を持つ誰かの為の言葉に成るでしょう。合わない事も有りますから、しっかりと見極めて決めてください。あなたの言葉で、誰かの傷が治る事を喜んだ時、もしかするとあなたの負った傷が癒えているかもしれません。私は傷が治らないとして傷も、あなたを形成する一部だもの。醜くなんてないわ。でも、傷が増えすぎたら心配なの。痛くて辛くて耐えられない事を思います。私があなたを抱きしめている事を忘れないでください。あなたが耐えられない事あなたが痛い事あなたが辛い事で私は泣いたりしません。あなただけの傷はあなたである証。私は自身が負った傷から、得ました。死にたく成る事も多々ありました。ですが、生きてあなたに出会えた事が嬉しいです。傷から得た言葉は薬です。毒を孕む事もあるでしょう。毒も用法容量を守れば薬に成るんですよ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時る〇〇〇実。。。。。 。。絶対よすでのう〇〇〇〇秤。。 。事な事大はのてっい〇〇〇〇水。 私すまてっ守見で中いし〇〇〇〇道 抽てせら迫まで髄の芯を〇〇〇〇風 。宝ものる映けだノモ〇〇〇〇鏡。 。。償代てい続もで〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒潮〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 三つ目の流星は始まりの水。もう歩け、傷つき、感じたく、考えたく、思いたく「ない」時、私の声は聞こえないかもしれないけれど、言っています《よく今まで一人で辛いのに頑張りましたね。私はあなたの味方です》休まなければいけない時には、休んで下さい。何よりも必要なのは、豊かさです。豊かさは、立ち止まり、自分の殻に籠る事で得られるモノ、揺るがないモノが産まれます。休みたい時は休んでください。休まない、休まらないのではななく、休めないのでしょう?一時間だけ時間をつくって下さい。緑豊かな植物が在る場所を探してください。植物を眺めて深呼吸をしてください。そして、植物を見つめてください。植物も休み眠るんですよ。植物が何を感じ何を思い何を考えているか気に成ったら想像してください。好きな事を探してください。好きな事は楽しめる事です。旅に行かないとしても、行きたい場所を探し、何をするか計画を建てて、旅に行ったつもりで、想像して楽しんでください。楽しんでいるあなたを楽しみにしています。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時る〇〇〇実。。。。。 。。絶対よすでの〇〇〇〇〇秤。。 。事な事大はのてっ〇〇〇〇〇水。 私すまてっ守見で中い〇〇〇〇〇道 抽てせら迫まで髄の芯〇〇〇〇〇風 。宝ものる映けだノ〇〇〇〇〇鏡。 。。償代てい続も〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒潮〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 四つ目の流星は始まりの道。夢が無いのではなく、夢を探していないのでしょう?夢が人を選ぶ事も有りますが、あなたが選ぶ夢が叶ったら。新しい夢を叶え続けましょう。夢は夢を持っています。叶え続けた時、あなたが誰かの夢になるんです。叶わなかった夢で落ち込む時間も必要です。私には夢を創るという夢が有ります。簡単ではありません。ですが、夢があるから養われたモノがあるでしょう?失ったと思っているの?じゃーどうして忘れないで持っているの?失ったなら思いだせもしないでしょう?大事な夢から貰ったモノはうつろわない。あなたが夢を探せないのはあなただけのせいではないわ。現実ではどうしようもない事が幾らでもあるもの。私は夢を探せないの、創れないの。でも、私は誰かの夢が叶う事を嬉しく思う。自分ができなかった事をできる素敵な人が夢に成る瞬間を知ってる?夢は夢だけを与えるのではないの。きせきを辿る道のりの中で起きた苦難と叶えた瞬間の言葉は。夢以上に与えられる邁進力があるわ。夢って叶わなくてもね。新しい夢を探す時間が掛かるかもしれないけれど。夢がある事で生きていけるなら、同じ時を生きていられる事を叶い続ける夢だとおもっています。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時る〇〇〇実。。。。。 。。絶対よすで〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な事大はのて〇〇〇〇〇〇水。 私すまてっ守見で中〇〇〇〇〇〇道 抽てせら迫まで髄の〇〇〇〇〇〇風 。宝ものる映けだ〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償代てい続〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒潮〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 五つ目の流星は始まりの風。あなたが持っている重荷があります。私はあなたの重荷を持ちません。私が持ってしまって返す時に重荷を持つ力が衰えて重荷で潰れてしまうからです。あなたが重荷だと思っているから重荷です。あなただけのモノを大事だと思えませんか?与えられたモノを贈り物だと思えませんか?有り難い事だと喜び愛せませんか?私は十年以上掛かりました。私が重荷を贈り物に育てました。私の歩みを止める事もありました。ですが、贈り物から頂いたのは重みだけでは無かったんです。気付けば感謝し愛しています。あなたが決めてしまった重荷はあなたが生きる上で、大切な事を教え授けてくれます。だれ一人同じ重荷を持っていません。ですが、重荷を変える事であなたが生きていけるなら、私は構わないです。贈り物以外で、あなたが持ちやすいモノなら、何でも構わないんです。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶対よす〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な事大はの〇〇〇〇〇〇〇水。 私すまてっ守見で〇〇〇〇〇〇〇道 抽てせら迫まで髄〇〇〇〇〇〇〇風 。宝ものる映け〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償代てい〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 六つ目の流星は始まりの鏡。嘘を吐く事が有りますか?嘘を吐いたなら叶えれば良いだけです。本当にすれば嘘ではありません。私は幸せだと嘘を吐いた事が有ります。私は嘘を吐いた自分の言葉で暗い気持ちに成りました。ですが、幸せになる為に苦労した事、得たモノも全て幸せです。嘘が悪いんですか?誰も傷付けない為の嘘で夢を見せられる事も有るでしょう?嘘で夢を見せるなら誰にも見破れない、嘘を吐いてください。夢が嘘だとばれて夢が失われてしまう位なら、嘘は吐かないでください。そうですねぇ。夢を与えてくれた嘘に気付いても、与えられた事に感謝するからわたしには、嘘を吐いて良いですよ。誰も傷付けない嘘、は優しさというの。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶対よす〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な事大は〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私すまてっ守見〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽てせら迫まで〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝ものる映〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償代てい〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 七つ目の流星は始まりの涙石。愛された事、愛した事、恋した事は思い出ですか?思い出は過去ですか?失ったのですか?あなたの愛は恋はあなたが生きている事が証明しています。愛は恋は生きています。私は愛する事を恐れません。恋する事を恐れません。恐れてしまった経験があります。初恋は中学生一年生の頃の幼馴染でした。数年間思いを伝えれませんでした。幼馴染という関係が崩れて、もしかしたら話せなくなるかもしれない。関わる事も出来なくなるかもしれない。避けられるかもしれない。その間に彼女を紹介された私は、その場では笑い「幸せになってね」と心にも無い事を言いました。家に帰って泣きました。もしも私が告白していたら私が彼女だったかもしれないのにと考えたりもしました。結局別れた事を知り一時、期間を空けて告白して言われたのは「女として見れない。つきみは‘’親友だよ‘’」です。私はその後恋愛を数回します。私は短期間恋愛をする事は、初めて以外ありません。私の恋愛は長期間です。回数は少ないですが、純度と密度があります。恋愛は五年が最長でした。同棲して結婚の話まで進んだ時に浮気を知ります。浮気なんて気にならかった。付き合う前の彼は自殺しそうでした。五年の歳月で彼が死にたがりから変わった事が嬉しかったです。私と付き合う前から関係が有って私は二番目でした。助けたいという偽善で有り我儘さで付き合いました。二番目だからといって怒りも恨みも憎しみもありませんでした。悲しみと幸せに成ってほしい気持ちだけでした。私が一番では無いのは彼のせいではない。私の始め方も悪かったのだと思っています。振り返るなら私は止まり木で彼は鳥。飛び立っていく事を悲しむよりも健康と幸せを想っています。今は恋愛できない事情が有るけれど。私は恋愛では無い、愛される事、愛する事をしていますし、していきます。私の愛するは表面を撫でる事が多かったです。私が完熟していない証拠です。愛した事を忘れられても構いません。私は愛した事で、恋愛だけでは無い、愛してゆくに成れました。もっと愛に迫っていきます。恋愛だけでは無い愛してくれた全てへ。恩を返せるとしたら愛に迫り続ける事だと私は思っています。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶対よす〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な事大は〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私すまてっ守〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽てせら迫ま〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝ものる映〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償代てい〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 八つ目の流星は始まりの灯火。ニュースは暴力でできています。耐えられなかったニュースだけでは無い暴力で、私は、感覚器が全て無くなってしまえば良いと思った事が有ります。死にたいと思っていた時期でもあります。先生が言う事「あなただけが辛い目にあっているんじゃないのよ」私の事は分かって貰えないし他の人と比べられる苦しみなんて無い。そう思って年齢を重ねて行きます。私は創作活動を通して自分とっずっと向き合いました。生きてこられたのは生きているのは創作活動を通し関わっている方のお陰です。暴力の中で私は自殺に目を付けました。自分の辛い過去が役に立ち、自殺して欲しく無い。生きていてほしい。生きる事に無駄は無い。いずれ誰かの役に立つ、誰もが幸せになる権利があると思う我儘さで。自殺サイトを巡回していきます。ボランティア活動で、数百人の人とお話をして、今でも生きている方から連絡が来ますし、遊んだりもします。暴力を暴力のままに終わらせる事に対して、変わってくださいと人に強要はしません。ですが、暴力で苦しむ人に知ってほしい。自分を救うのは自分しかいません。それでも、寄り添い共にする他愛ない会話を繰り返す時間で、変わっていく事を私は経験していますし、変えられない事も知っています。私は何時も伝えます。できることをできるだけしてることは、自分の事だけかもしれない。しようとする意識も全て自分の事だけかもしれない。できることをできるだけできることは偉いし凄い事ですよ。誰も攻めません。攻めて良い事ではありません。もしも、できることをできるだけしてることができなくなったときに誰か攻める人が居たら私が言いましょう「自分の事をしてきた事で、できることをできるだけしてきて、何も出来なくなった事が無い人だけ、迷惑を今まで誰にも掛けなかった人だけ、責めなさい」人が関わり生きていく事は、支え合う事が前提です。生活に関わる全ては、できることをできるだけしてることで、成り立っているんです。人は気付かないうちに、支え合い、人の為に生きています。なにもできなくなることがあると、するでしょう。明日(先日)は我が身。そう思えるならば、立ち止まってしまって動けなくなってしまって責められるべき人は居ないわ。自分で責めてしまう事も有るでしょう。役に立たないと。あなたが役に立っていないのなら、できるようになるまで休んで、休んでいる間に、考えれば良いじゃない。考える事も休む事も与えられた権利があるからできるの。責めてしまう事は止めない。色々な事で無力感を感じた私は、自分を責めてしまうもの。責める事で得られるモノは私に消えない灯火を灯したの。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶対よ〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な事大〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私すまてっ〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽てせら迫〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝ものる〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償代て〇〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 九つ目の流星は始まりの巻貝からの潮騒。メールが途絶えて向かった部屋。開いた途端に異臭、ギシッギシッという音。目玉が充血して、飛び出ていた目。揺れるあなたはもう。生きていなかった。異臭の原因は糞尿。事情聴取を軽く受けて、お葬式に出た時、お母さんが言ったあなたへの言葉「私があなたの事を本当に理解してあげられていたら」言葉が詰まり泣き崩れてしまうお母さん。一人暮らしを望んだのがあなた。そうお母さんから聞いた。揺るがなかったのだろう。死ぬ事以外に何も思いつかなかったのだろう。救いが無かったのだろう。私は泣かない。悲しみで流す涙の代わりに、私は伝えなければいけない。自殺で亡くなったら、苦しみ辛い事がもうないでしょう。だけどね、私は生きていて良かったと思えた事が有った。だから、生きていて良かったってあなたから聞けない事が本当に悲しい。他の方二十四人にも同じ気持ち。生きている事には無駄な事が無いと私は思っている。生きていたら何が起こるか分からない。本当に最低な所まで落ちたら、上り坂だと言う人がいるけれど。実際は落ちる所まで落ちたら地獄が待っている。地獄が変わるまでの時間が人によって違う。慣れるまで。慣れてから地獄を考えて思って感じて変えていくの。一人では無理でも誰かが居るからできることもあるわ。依存したって構わない。依存からの脱却も含めて、私は傍から離れるつもりは無い。生きる事には価値が無いって言うのなら、私が言うわ。あなたが生きている価値は、誰とも比べられない価値がある。あなたが生きている意味が無いと言えば。あなたが生きている意味があると言うわ。価値と意味はね。あなたが生きて、あなたを憎しみ恨み殺したかった人「だけ」が居たかしら?あなたを生かしている全てが言うわ。意味が価値があるって。ねぇ、暖かな思い出を過去にしないで。ねぇ、今があるのは暖かな過去があるからでしょう。今に過去があるから人は苦しみだけではないから生きているの。苦しい事だけを思い出さないで。あなたが自由に生きる為に必要なのは苦しみから逃げる事では無い。私が目隠した人々が向かい合えるように成った時。外した目隠し。向き合い苦しむ時も私は逃げない。一人では耐えられない事を知っている。乗り越えて自分の道を決めていく人々の「ありがとう」が嬉しい事、そして、それぞれが歩む道を祈っています。私はずっとここにいるわ。迷ったら躊躇わず来てほしい。手遅れに成るくらいなら、耐えられない事なんて私には少ないの。これ以上の人を抱えられない理由でボランティア活動ができないけれど。私には小さな事しかできない。それでも嬉しいの。結婚したり、子供を見せてくれたり、笑ってるあなた達が居る事が私は本当に嬉しいです。失われたあなた達が居るとは思えない私は同時に悲しいのです。誰も自殺を選ばず生きていてほしい我儘さは変えていけない。生きる事には価値が無いって言うのなら、私が言うわ。あなたが生きている価値は、誰とも比べられない価値がある。あなたが生きている意味が無いと言えば。あなたが生きている意味があると言うわ。価値と意味はね。あなたが生きて、あなたを憎しみ恨み殺したかった人「だけ」が居たかしら?あなたを生かしている全てが言うわ。意味が価値があるって。私はずっとあなたの味方でいます。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶対〇〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な事〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私すまて〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽てせら〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝もの〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償代〇〇〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十の流星は始まりの代償。贅沢とは飢えのこない満たすモノにだけ与えられる言葉。欲しいと思った物は本当に必要ですか?一時の間に失いませんか?お金で贅沢が買えますか?お金で買えない贅沢が有りますよ。のんびりと空気を吸って、時を感じる事も贅沢ですね。私の一番の贅沢は全ての地球に在る同等である命が陰日向問わず生きている事です。絶滅は人だけではなく飢えさせると思いませんか?語り継ぎたい全てがもう二度と誰も知らなくなっていく。子供、恋人、血の繋がる繋がらないでは無い親しい人全てが飢えてしまう。生物の中で一番優れている人間ですもの。もしかしたら絶滅してしまった全てが、研究により復活するかもしれませんね?他人任せになってしまうけれど、私は研究者では無いから。研究者に何も言わないけれど贅沢だけどお願いしたくなるのよね。代わりに私が本職で贅沢させてあげる予定をたてておきますね。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私すま〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽てせ〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝も〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十一の流星は始まりの宝物。悩みは糧です。悩みで生まれた答えが正しくなかった事で衝撃を受けるかもしれません。また悩まなければいけないと思うことでしょう。ですが、一時の間でも悩みから解放された事は自由になれた事ですよね。悩みぬいてから本当に正しい自分だけの答えが出たら自由になれますね。自分だけの本当に正しい答えです。正しい答えで自由になれたら今度は誰もが自由になれる真実の答えを沢山見つけてみませんか? 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私す〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽て〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十二の流星は始まりの抽出。苦しみは砂糖です。あなただけの苦しみです。失えない苦しみがあります。自分でもわからない苦しみがあります。誰もが苦しんでいます。解決できない苦しみもあります。苦しみからしか生まれない砂糖が有ります。砂糖を得られる時が何時かは分かりません。ですが、分け隔てなく与えられる砂糖は、無糖ブラックコーヒーで良いわという人でも。欲しがる砂糖です。自分以外の苦しむ人へ砂糖を分けるほどに砂糖が増えていきます。それでも砂糖は何故か足りないんです。苦しみが生きている実感を生んでいる事も要因です。苦しみがなければ、砂糖の本当の味を知れないです。砂糖の味を知っているから、人は生きていけます。砂糖は優しさです。時に苦しむ人へ手を差し伸べれば振り払われて「要らない」と言われる事もあるでしょう。手に心に残る痛みは。要らないと振り払った人も痛いのです。繰り返してください。苦しむでしょう、差し伸べることを諦めそうに成る事も、意味があるのかと思う事も、本当に相手の為に成るかと思う事もあるでしょう。それでも手を差し伸べてください。苦しみから産まれた砂糖を渡したら、後は、相性次第です。時に優しい傷を残す事になるでしょう。思い出した時。優しい傷も砂糖になるでしょう。ですが、優しい傷も苦しみに成る事を忘れないでください。優しい傷の苦しみは何時までか?人によります。私が負った優しい傷を私である証にしています。証には優しさと砂糖が詰まっています。優しさを砂糖をありがとう。与えられた砂糖が望まぬ優しさであっても。私は生かす事しか考えません。望まぬ砂糖であっても自分の事は諦めません。生かす事で役に立つなら良いんです。絶対どうにもできないとしても諦めません、私は諦める事が私を失うとわかっているからです。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十三の流星は始まりのつきみ。あなたは大事な方とお別れして心にぽっかりと穴が開いたと仰います。私には穴ではなく大事な方に見えます。月に手を伸ばしても届かないでしょう。でも、届かないと思っているから届かないんです。現実だけが全てですか?自由は現実では無いですか?私はつきみ。ときをみる。つきをみる。つきみです。心で触れて伝えるのなら、あなただけの想いを伝えるのでしょう。私もありました。失ったあなたに伝える事よりも隣にそっと座って黙って手にオレンジジュースの紙パックをこつんとぶつけて置いて、私は何も言わずに牛乳を飲んでいます。傍に居ないと思っているから居ないんです。心で感じてください。私は傍に居ますよ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。〇〇〇〇〇実。。。。。 。。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十四の流星は始まりの大事な事。失う事を恐れていませんか?幸せの最中はどうしても気付けないです。目一杯幸せを堪能して失うんです。幸せを失う事は幸せを得る事です。失った幸せ?では幸せを堪能した事をどうして、思いだすんですか?あなたが失ったと思うから感じている不快。失ったと思っている幸せは、海に落としたコンタクトレンズ。あなたは海でコンタクトレンズを持っている。あなたは幸せを持っている。あなた以外が分からないとしても。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。〇〇〇〇〇実。。。。。 。。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇。。 。。。。。〇〇〇〇〇〇。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十五の流星は始まりの絶対。弱い人強い人といますね。私は人は人だと思っています。変わらない人です。強い人が弱い人を追い詰め居なくなっていい世界なら、人間の世界なんて滅べば良いんです。愛も心も無いんですもの。私は人が人を追い詰める世界であるなら無価値なの。弱い人も強い人も良い所が有るわ。活かしあえば良いの。居なくなって良い人なんて私は知りません。私は砂糖一粒より小さい小人のつもりですが、人によっては地球より大きいそうです。不思議ですね。できるだけしかできません。だから小さな事に目一杯詰め込むんです。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。〇〇〇〇〇実。。。。。 。。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇。。 。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇。 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇。 。。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇。。 。。。。。〇〇〇〇〇〇。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十六の流星は終わらない時計。全ての数字の流星を均等に並べ円を作ります。全部繋がっています。そうですね。私はつきみ。月を見る者。時を見る者。十六夜。流星が追いかけっこしています。時が巡る。一から十六の流星が回る。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時るありの実。。。。。 。。絶対よすでのう合り釣は秤。。 。事な事大はのてっいなま拒が水。 私すまてっ守見で中いし険がりの道 抽てせら迫まで髄の芯をさ由自の風 。宝ものる映けだノモない嫌に鏡。 。。償代てい続もでま時何石涙。。 。。。。。騒潮はと火灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 暖め続け育てた、十六節の願いと祈りを込めた流星は心の中で回り続けます。私は捧げても持っている。必要でなければ好きにして。 ※数字には全て意味が在ります。好きにしてくださいね。


コメント欄を表示する (17)
仁川路 朱鳥|次回1/31 (2019-01-01):

あけましておめでとうございます。拝読しました。 最初に目を通したとき、流星の一つ一つの言葉を読み取ろうとしていましたが、読み進めるにつれて「これは視覚詩だ」と実感しました。これだけ長く書かれているのに、汚い言葉が一切なく、本当に「願いと祈り」を体現しておられるところが素晴らしい。言葉が欠けていくように見えていましたが、十六の流星の連で、満ちていることに気付きました。 個人的には四、七、十二、十四の流星が心に響きました。

環希 帆乃未 (2019-01-01):

あけましておめでとうございます。この作品読み手が辟易する程、工夫していて解説がいるかもしれないと思っていたりもします。ですが、読み手に任せて批評を素直に受け止めます。響く流星が有って良かったです。一万字以上ですね。視覚詩と散文詩の合作です。

環希 帆乃未 (2019-01-08):

「To all readers. 推敲版」 十六節の流星を捧げる。胸から飛び出して向かって沁み込んでいって。必要でなければ好きにして。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時るありの実。。。。。 。。絶対よすでのう合り釣は秤。。 。事な事大はのてっいなま拒が水。 私すまてっ守見で中いし険がりの道 抽てせら迫まで髄の芯をさ由自の風 。宝ものる映けだノモない嫌に鏡。 。。償代てい続もでま時何石涙。。 。。。。。騒潮はと火灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 一つ目の流星は始まりの実り。過去が現在に無いのではなく。決めつけなければ自由さで、在る。必要でなければ忘れている。かもしれない。それでも。瞳を閉じて感じてみれば、生きてるから、思い出という果実が養われ、関わり合いがあったからこそ様々に実っている。誰かが餓えてたら分ける。食べた人の中で元の形を取り戻す。繰り返される事で、たわわな色々は、失われないでずっと続いてゆけ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時るあり〇実。。。。。 。。絶対よすでのう合り〇〇秤。。 。事な事大はのてっいなま〇〇水。 私すまてっ守見で中いし険が〇〇道 抽てせら迫まで髄の芯をさ由〇〇風 。宝ものる映けだノモない〇〇鏡。 。。償代てい続もでま時〇〇涙。。 。。。。。騒潮はと〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 二つ目の流星は始まりの秤。傍に在る全て自然ではない。作った物に命、心が込められてる。生きるのは関わり合う。傷つけ合う。得るという点では同じ。人は問わず負傷してる、のかもしれない。しっかりと見極めて、得た言葉を、医療薬にして使って。他者の抱えている痛みが治るのを喜んだ時、もしかすると自身も癒えている。かもしれない。あなたを形成する一部は醜くなんてない。首を振って否定するんじゃない。右手を両手で握り片手を撫でるのはね。他に無事が無かったの。暖かい、以上に伝わってほしい。患部が増えすぎたら心配。痛くて辛くて耐えられないとしたら。私が透明になって痛まないように抱きしめている事を忘れないで。あなたである痕を証を嫌になるだろうね。私、死にたく成る事も多々あったの。だけど、見てる全てに生きて出会えて嬉しいの。得た言葉は治療薬です。毒を孕むかも。毒も用法容量を守れば薬に成る。膿んだなら消毒した治療器で、臭う悪い物をだして、洗い。お薬をぬってガーゼを張り、包帯を巻き、数時間に一回繰り返します。完治した私の窪んでしまった部分に触れた。それでも良いと思える事があるの。私だけの言葉があるの。自分だけの為に使ってたら、知りもし無かった。分かり合えない事?分かり合わないだけ。認めていないだけ。認めようとしていないだけ。良いのよ。離れていても。何もできなくても。友達で味方だよ。ずっと。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時る〇〇〇実。。。。。 。。絶対よすでのう〇〇〇〇秤。。 。事な事大はのてっい〇〇〇〇水。 私すまてっ守見で中いし〇〇〇〇道 抽てせら迫まで髄の芯を〇〇〇〇風 。宝ものる映けだノモ〇〇〇〇鏡。 。。償代てい続もで〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒潮〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 三つ目の流星は始まりの水。もう歩け、傷つき、感じたく、考えたく、思いたく「ない」時、私は言ってるの《よく今まで一人で辛いのに頑張ったね。私は味方だよ》何よりも必要なのは、立ち止まり、自分の殻に籠り得られる、揺るがないモノ。が。豊かさ。休みたい時は休んで。休まない、休まらないのではななく、休めないんじゃない?一時間だけ時間をつくって。豊かな植物が在る場所を探して。眺めて何度も深呼吸をして。植物も休み眠るの。植物が何を感じ思い考えているか、したかったら想像して。ずっと好きな事を探して。好きな事は楽しめるの。旅に行かないとしても、行きたい場所を探し、何するか計画を建てて、旅に行ったつもりで、楽しんで。あなたが休まり楽しんでいるのが楽しみだよ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時る〇〇〇実。。。。。 。。絶対よすでの〇〇〇〇〇秤。。 。事な事大はのてっ〇〇〇〇〇水。 私すまてっ守見で中い〇〇〇〇〇道 抽てせら迫まで髄の芯〇〇〇〇〇風 。宝ものる映けだノ〇〇〇〇〇鏡。 。。償代てい続も〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒潮〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 四つ目の流星は始まりの道。夢が無いって。夢を探してないのだと思う。人を選ぶ事も有るよね。叶ったら、新しく探してを叶え続けて。手に入れた、手に入れてないを持ってる。気付いた頃には、誰かが背を追ってるの。望む結果が手に入らず落ち込む時も必要で、時間を経て養われたかな。失ったと思っているの?なら思いだせないよね。大事なら忘れないで過程を持っているのは何故?辿りつくまでの全てうつろわない。現実ではどうしようもない事が幾らでもあって探せないからって、失望しちゃうのかな。誰かの夢が叶う事を私は嬉しく思うの。だって、自分ができなかった事ができる、素敵な人が背中に成る瞬間なんだもん。与えるだけの存在。きせきを辿る道のりで起きた苦難と星の輝きになった瞬間の言葉は。なにものとも比べられない、与える邁進力がある。時間制限が来て終わっちゃって、新しいのを探すのに時間が掛かる。生きてけるなら続けて良いの、同じ時を生きていれる事が、叶い続ける夢なの。私の。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時る〇〇〇実。。。。。 。。絶対よすで〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な事大はのて〇〇〇〇〇〇水。 私すまてっ守見で中〇〇〇〇〇〇道 抽てせら迫まで髄の〇〇〇〇〇〇風 。宝ものる映けだ〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償代てい続〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒潮〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 五つ目の流星は始まりの風。見えない、見える、重荷を持っている。私はあなたのを持たないよ。持って返す時に力が衰えていたら、潰れてしまうからだよ。大事だと、与えられた贈り物だと思えないかな。有り難い事だと喜び愛せないかな。私は贈り物に育てた。重すぎて歩みを止める事もあった。重みだけでは無い頂いたのを。感謝し愛してる。何かに定まってしまえば、生きる上で大切な事を、教え授けてくれる、はず。一人として同じの持ってないよ。変えて生きていけるなら、持ちやすいなら、何でも構わない。今はね上昇気流贈与してるの。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶対よす〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な事大はの〇〇〇〇〇〇〇水。 私すまてっ守見で〇〇〇〇〇〇〇道 抽てせら迫まで髄〇〇〇〇〇〇〇風 。宝ものる映け〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償代てい〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 六つ目の流星は始まりの鏡。嘘を吐く事が有るのかな。吐いたなら叶えて本当にしたら良いだけよ。私は幸せだと言って暗闇に成ったけれど。嘘が悪いのかな。誰も傷付けない、目隠しをして夢を見せられるのなら、誰にも見破れないなら良いじゃない。ばれて失われるのなら、意味が無いかもしれない。与えられて気付く私は感謝するの。だって、誰も傷付けないのなら、優しさ以上に優しいんだもの。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶対よす〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な事大は〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私すまてっ守見〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽てせら迫まで〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝ものる映〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償代てい〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 七つ目の流星は始まりの涙石。恋と愛は思い出?一つ目の流星を思い出して。生きているんだよ。何にしても、するを恐れない。恐れてしまった経験があったんだー。初恋でね。中学生一年生の頃の幼馴染だったの。数年間思いを伝えれなかった。もしかしたら、幼馴染という関係が崩れる。話せなくなる。関わる事もなくなる。避けられる「かもしれない」伝えられず彼女を紹介された私は、その場では笑い「幸せになってね」と心にも無い事を言い、気付けば家に帰って、座り込みベッドを叩きながら泣いた。もしも私が告白していたら私が彼女だったかもしれないと、ありもしない空想を考えた。別れた事を知って。一時、期間を空け、告白して言われた「女として見れない。つきみは‘’親友だよ‘’」要するに失恋だわねぇ。恋愛は五年が最長でした。同棲して結婚の話まで進んで浮気を知ったけど。気にならかった。付き合う前の彼は自殺しそうで。五年の歳月で彼が死にたがりから変わったのが、嬉しかった。付き合う前から関係が有って私が二番目。助けたいという偽善で有り我儘さで付き合った。二番目、だからって怒り恨み憎しみも、湧かなかった。悲しみと幸せに成ってほしい気持ちだけ。始め方が悪かった。振り返るなら止まり木が私で彼は鳥。健康と幸せだけそを想ってるよ、ずっと。恋愛では無い、愛なんです。表面を撫でる事が多かった。未だに完熟していないです。忘れられても構いません。忘れられるって足らない証拠だから引き締まるの。もっと迫っていくよ。愛してくれた全てへ。恩を返せるとしたら迫り続けるだけよ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶対よす〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な事大は〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私すまてっ守〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽てせら迫ま〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝ものる映〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償代てい〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 八つ目の流星は始まりの灯火。ニュースは暴力。ニュースだけでは無い暴力で、私は、感覚器が全て無くなってしまえば良いと思ってた。死にたいと思ってた。先生が言う「あなただけが辛い目にあっているんじゃないのよ」私を分かって貰えない。比べられる苦しみが無い。そのまま年齢を重ね。創作活動を通して自分とずっと向き合った。生きているのは創作活動を通し関わっている方のお陰だよ。自殺に目を付けました。生きていてほしい。生きる事に無駄は無い。いずれ誰かの役に立つ。誰もが幸せになる権利があると思う我儘さで。自殺サイトを巡回してった。ボランティア活動で、数百人と話をして、今でも生きてる方から連絡が来るし、遊ぶの。ふるわれる力をそのまま終わらせるからって、変わってくださいと強要できません。社会を担っている訳じゃない。でもね、苦しむ人に知ってほしい。救うのは自分しかいないの。だ、け、れ、ど、寄り添い共にする他愛ない会話。繰り返す時間で変わっていく事を、私は経験してるの。変えられない事もあるってわかってるの。私は何時も伝えるの。できることをできるだけしてることは、しようとする意識も全て含めて。自分の事だけかもしれない。それでも偉いし凄い事だよ。誰かが責めて良いもんじゃないよ。もしもさ、できなくなって、誰か責める人が居たら私が言うよ「自分の事をしてきた事で、何もできなくなった事が無い人だけ、迷惑を今まで誰にも掛けなかった人だけ、責めれるんじゃないのかな」人が関わり生きていく事は、支え合う事が前提だよ。生活に関わる全ては、成り立っているのは、自分だけしているつもりでも。気付かないうちに、連結して連携して伝わっているからなの。なにもできなくなるとするでしょう。明日(先日)は我が身。立ち止まってしまって動けなくなってしまって、責められる人は居ない。社会にも誰にも役に立たないと自分を責めないで。休んで、休んでいる間に、考えれば良い。考える事、休む事も、与えられた権利。自分を責める事は止めない。色々な事で無力感を感じた私は、自分を責めてしまう。責める事が消えない灯火を灯したの。あ、もしも。働けなくなったら。お金があるうちに役所に行って、相談してね。そうねぇ。場合によって私の言葉よりは、ずっと良いよ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶対よ〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な事大〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私すまてっ〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽てせら迫〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝ものる〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償代て〇〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 九つ目の流星は始まりの巻貝からの潮騒。メールが途絶えて向かった部屋。開いた途端に異臭、ギシッギシッという音。目玉が充血して、飛び出ていた目。揺れて。もう、生きていなかった。異臭の原因は糞尿。お葬式に出た時、お母さんの言葉「本当に理解してあげられていたら」言葉が詰まり泣き崩れてしまうお母さん。一人暮らしを望んだのをお母さんから聞いた。死ぬ事以外に無かったのだろう。私は泣かない。悲しみで流す涙の代わりに、私は伝えなければいけない。自殺で亡くなったら、苦しみ辛いが、もうないだろうね。私が生きてて良かったと思えてる。二十五人に同じ気持ちのままだよ。生きてて良かったって聞けないの悲しいんだよ。生きるって無駄じゃないの。生きてたら何が起こるか分からないね。本当に最低な所まで落ちたら、上り坂だと言う人がいる。実際は落ちる所まで落ちたら地獄が待ってる。地獄が変わるまでの時間が人によって違う。慣れてから地獄を考えて思って感じて変えていく。一人では無理でも、誰かが居るからできる。依存したって構わない。依存からの脱却も含めて、傍から離れるつもりが無い。命在る事に価値と意味が無いって言うのなら、あなたの価値、意味は、誰とも比べられない価値、意味があると、言うわ。生きててさ、あなたを憎しみ恨み殺したかった人「だけ」だったのかな。生かしている全てが伝えているの。意味が価値があるって。ねぇ、暖かな思い出を過去にしないで。現在にあるって自由になって良いんだよ。だから人は生きているの。苦しいだけだったらつまんなと思うの。自由に生きる為に必要なのは苦しみから逃げるんじゃ無い。私が目隠した人々が向かい合えるように成った時。外した目隠し。向き合い苦しむ時も私は傍にいるよ。一人では耐えられない事を知ってる。乗り越えて自分の道を決めていって「ありがとう」が嬉しい。私はずっとここにいる。迷ったら躊躇わず来て。手遅れに成るなら、耐えられない事が私には少ない。結婚した。子供と会わせてくれた、声でも笑うあなた達が居るって本当に嬉しいの。二十五人が居ると思えない私は悲しい。自殺を選ばず生きてほしい我儘さは変えてはいけない。生きているって比べられない。理屈が無い。が。あるの。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶対〇〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な事〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私すまて〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽てせら〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝もの〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償代〇〇〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十の流星は始まりの代償。贅沢とは飢えのこない満たすモノにだけ与えられる言葉。欲しいと思った物は本当に必要なのかな。失わないかな。お金で贅沢が買えるね。お金で買えないのも有るよ。落ち着く場所でのんびりと空気を吸って、時を感じる事だよ。私の一番は全ての地球に在る同等である命が陰日向問わず生きている。絶滅は人だけではなく飢えさせると思いわないかな。語り継ぎたい全てがもう二度と誰も知らなくなっていく。血の繋がる繋がらないでは無い人、全てが飢えてしまう。生物の中で一番優れている人間だもの。もしかしたら絶滅してしまった全てが、研究により復活するかもしれない。他人任せだけど、私は研究者では無いから。何も言わないけれど贅沢だけどお願いしたいな。代わりに本職で満たすからさ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私すま〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽てせ〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝も〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十一の流星は始まりの宝物。悩みは糧。悩みで生まれた答えが正しくなくて。衝撃を受けるかもしれない。また繰り返すけれど、一時の間でも解放され、自由になれたよね。縛られて本当に正しい自分だけの答えが出たら。今度は誰もが自由になれる。真実の答えを沢山見つけようよ。一緒に。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私す〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽て〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十二の流星は始まりの抽出。あなただけだったり、失えなかったり、わからない苦しみがある。誰も解決できずにいるの。解決からしか得られない甘口が有る。何時手に入るか分からない。だけど、分け隔てなく分けれるの。無糖ブラックコーヒーで良いわという人でも。欲しがるんだよ!あげると増えるの。でも何故か足りない。生きている実感を生んでいる困難も要因。責め苦がなければ、本来の味を知れない。甘味を知っているから、生きてる。甘露は優しさ。人へ手を差し伸べ振り払われ「要らない」と言われるかもしれない。手に心に残る痛みは。振り払った人もなんだよ。繰り返し、差し伸べ。諦めそうに成り、意味があるのかと問い、相手の為に成るかと考えるでしょう。続けて砂糖を渡したら、後は、相性次第。優しい傷を残す事も有る。思い出した時。懇篤の傷もシュガーになる。親身な傷も患苦に成る。時間も何も人によりけり。私が負った親切な傷を私である柔証にしています。暖痕には世話好きと水飴が詰まってるの。ありがとう。望まなかったとしても。自分の事はどうにかする。生かすのを考えて役立つなら良い。私は理解よりも先に経験している。絶対どうにもできないとしても、断念が私を失うと分かってる。だから私は私を諦めない。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十三の流星は始まりのつきみ。大事な方とお別れして心にぽっかりと穴が開いたのですか。私には穴ではなく大事な方に見えるの。月に手を伸ばしても届かない、と、思っているから届かない。現実だけが全て?自由は本当では無い?心で触れて伝えるのなら、あなただけの想いを伝えるんだろうなー。私もあったよ。何回かは秘密。隣にそっと座って黙って手にオレンジジュースの紙パックをこつんとぶつけて置いて、何も言わずに牛乳を飲んでるの。傍に居ないと思わないで。心で感じて。傍に居ます。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。〇〇〇〇〇実。。。。。 。。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十四の流星は始まりの事。失うの恐れてるんじゃないの。幸せの最中は気付けない。目一杯堪能して失うんだよ。無くす=得るです。苦しんでいますね。じゃー限度一杯に味わったの、どうして、思いだすの。亡くしたと思うから感じている不快。紛失したと思ってる幸せは、海に落としたコンタクトレンズ。あなたが海で、幸せがコンタクトレンズ。あなたは幸せを持っている。あなた以外が。見え、分からないとしても。存在してるんだよ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。〇〇〇〇〇実。。。。。 。。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇。。 。。。。。〇〇〇〇〇〇。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十五の流星は始まりの絶対。弱い人強い人といます。人は人だと思ってます。生きているのに変わりはないです。強い人が弱い人を追い詰め居なくなって良い世界なら、人間の世界なんて滅べば良い。愛も心も無い。人が人を追い詰める世界であるなら無価値。様々な人に良い所が有る。活かしあえば。居なくなって良い人なんていないでしょ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。〇〇〇〇〇実。。。。。 。。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇。。 。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇。 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇。 。。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇。。 。。。。。〇〇〇〇〇〇。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 流星は終わらない時計。全ての数字を均等に並べ円を作ります。丸い星座だから繋げられます。私はつきみ。月を見る者。時を見る者。十六夜。星が追いかけっこしています。時のたまき。流れて巡るきらめき、であれ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時るありの実。。。。。 。。絶対よすでのう合り釣は秤。。 。事な事大はのてっいなま拒が水。 私すまてっ守見で中いし険がりの道 抽てせら迫まで髄の芯をさ由自の風 。宝ものる映けだノモない嫌に鏡。 。。償代てい続もでま時何石涙。。 。。。。。騒潮はと火灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 暖め続け育てた願いと祈りはしみじみと循環する。私の中でも。必要でなければ好きにして。

みうら (2019-01-09):

つきみさんの作品を正直に評すれば、解らないけど気になってしょうがないというもの。であれば私が投稿作品をスルーしていればよいのですが、その解らなさが気になってしょうがなくなり再読してしまう。上の推敲版も注目して読んでしまいます。でも解らない。その解らなさは何が解せないかというと、書かれてある内容ではなくて、ある種の不気味さにあります。作者がかなり重たいメッセージを込められているような気がするのだけれども、そのメッセージが解読出来ない。例えがおかしいかもしれませんが、宇宙人からの謎のメッセージを受け取った時に困惑する映画のストーリーに近い感覚です。つきみさんご本人はメッセージなど無いよと否定されるかもしれませんが。仮に私の邪推が当たりであってメッセージがあるとした場合、思うにつきみさんはメッセージを解せる人間などいないことを承知のうえで書いているのではないかと想像するのです。解読する1人がもしやいるかもしれない期待をわずかに持ちながら。いかがでしょうか。

環希 帆乃未 (2019-01-09):

みうらさん、おはようございますー。まず、題名が、全ての読み手へ。なんですね。私、作品の説明はしたくないです。ですが、私が色々経験して書きあげたのがこの、作品です。内容が分かれば良いですし、メッセージもあります。重いかもしれません。ですが、好きにして。が。本音なんです。作品から感じたのは、光ですか?闇ですか?光が強ければ闇、影はもっと濃いです。闇が濃ければ、光もまた強いです。この作品には光を感じましたか?闇を感じましたか?どちらも感じましたか?解せる解せないで言えば。私しか無理かもしれません。一応視覚詩がヒントと答えに成っています。というヒントです。強いて言うなら長すぎて申し訳無いです。悪文でしかなかったら、どうしましょう。期待ですが、私は現実を受け止めるだけですね。読解に関しては現実を受け止めるしかありません。期待できません。ですが、責任を持って作品を制作しております。そして、添削と修正したい誤字脱字がありました。みうらさん、お言葉ありがとうございます。

環希 帆乃未 (2019-01-10):

得る=十六夜=失う。が更にヒント。

るるりら (2019-01-10):

おはようございます。さしつかえなければ読解のためのアドバイスをお願いいたします。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時るありの実。。。。。 。。絶対よすでのう合り釣は秤。。 。事な事大はのてっいなま拒が水。 私すまてっ守見で中いし険がりの道 抽てせら迫まで髄の芯をさ由自の風 。宝ものる映けだノモない嫌に鏡。 。。償代てい続もでま時何石涙。。 。。。。。騒潮はと火灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 現代詩フォーラムで、と違い右から読ませようとしておられることに きがつかれた方がいらしたので、わたしにも ある程度は この箇所が理解できたのですが、いまでもよくわかりません。さしつかえなければ 読解のためのアドバイスをお願いします。 以下の文章は、単純に右から読んでみました。 実のりある時 秤は釣り合うのですよ対絶※(絶対とい意味でしょうか?) 水が拒まないってのは大事なこと 道のりが険しい中で見守ってます私 風の自由さを芯の髄まで迫られて抽※(この漢字は、「ちゅう」という音読みしかない漢字ですが、抽斗「ひきだし」という意味でしょうか? 鏡に嫌いなモノだけ映るのも宝 涙石 何時までも続いて代償 灯火とは潮騒 対絶※と、抽※が るるりらにとっては、意味不明です。 意味不明ではありますが、このふたつの語が理解できないことから この円で描かれた文字は、円ではなく球なのではないかと思っているところです。 透明な球形の物体に黒い文字がうきでている様子を想像しました。 端の部分は、球であるために 文字が逆さに映し出されているかのように映ったり、はたまた脱字になって表れている様子を この丸い箇所で表現をなさっていると、るるりらは解釈したのです。 さしつかいなければ、わたしの推察どおりなのか それとも 私の推察が間違えているかを教えていただけませんでしょうか?

るるりら (2019-01-10):

わたしのコメント欄の冒頭に脱字箇所があります。 ×現代詩フォーラムで、と違い右から読ませようとしておられることに 〇現代詩フォーラムで、通常と違って 右から読ませようとしておられることに 失礼しました

環希 帆乃未 (2019-01-10):

るるりらさんこんにちはー。質問にお答えします。右から読むの合っています。対「つい」ですね。意味「二つそろって一組になっているもの(そろい)ペア。」絶「ぜつ」意味「非常に。はなはだ」ですね。言葉が暗号化されています。なので、解かり難いと思います。抽出ですが抽だけでも同じ意味になるんです。なんで、抽とさせて頂いております。右から読むの合っていますよー。

環希 帆乃未 (2019-01-10):

十六夜というのは古語で辿れば意味が違ってくるんですね。十六夜のヒントは調べれば出てきます。

環希 帆乃未 (2019-01-10):

先ず、円は誤字で丸です。 捧げれば丸(丸っていうのは円と違います)、十六の象徴である言葉が読み手に移っていきます。その為に十六夜というのは、書き手には新月になった状態に成ります。読み手が得た言葉で満月ですね、暗号が二種類あります。最後には実だけが残ります。実の事は始まりに戻れば分かりますが、分からなければ説明します。 というか、るるりらさんのお陰で円と書いてたのに気付きました。ありがとうございます。円では無く、丸です。

環希 帆乃未 (2019-01-10):

あ、読み直したらやっぱり円で合ってました。丸は流星ですね。

環希 帆乃未 (2019-01-10):

んで、先程書いたように。得る言葉と。失う言葉。二つとも組み上げる事で意味があります。読解は読み手の自由なので好きにしてください。散文は変えれても、視覚詩の根幹本質根本は変えていないので。分かりやすいかもしれません。

るるりら (2019-01-10):

お答えありがとうございます。 わたしの質問は、画詩の部分を描く際に つきみさんは、立体(球体)をイメージされたのかどうかでした。二か所ほど私が不思議に感じた点をあげましたが、どちらも立体を描くためではなく、表記の文字ままで意味があったのですね。絵画のような手法のため 文字の脱字や逆さになったのかとばかり思ってしまいましたが、どうやら 勘違いだったようです。 円なのか丸なのかについてなのですが……。 わたしは、二次元に表記された形のことを「円」と言いました。 「丸」という言葉は、立体を言い表すときにも使うので さけました。 たとえば、丸い風船といえば立体を思い浮かべますよね。 わたしは、つきみさんのモニター上という二次元に書かれた円形の部分に、立体(球)を感じたのです。あとにつづく図形のぬけぐあいからも 立体(球)を感じたのです。綺麗だなあと思いました。 ただ、残念ながら 詩全体については、まるで理解できませんでした。 しかし。 読解は読み手の自由なので好きにしてよいとのことですし、そう させていただくしかないなと おもっています。対処していただきありがとうございました。 作品を 堪能させていただきました。失礼します。

環希 帆乃未 (2019-01-10):

>わたしは、つきみさんのモニター上という二次元に書かれた円形の部分に、立体(球)を感じたのです。あとにつづく図形のぬけぐあいからも 立体(球)を感じたのです。綺麗だなあと思いました。 るるりらさんの感性に脱帽であります。丸と感じてた抱く方が私としては嬉しいんです。お好きに捉えてくださって構わないです。ではではー。

環希 帆乃未 (2019-01-18):

「To all readers. 最終推敲版」 十六節の流星を捧げる。胸から飛び出して向かって沁み込んでいって。必要でなければ好きにして。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時るありの実。。。。。 。。絶対よすでのう合り釣は秤。。 。事な事大はのてっいなま拒が水。 私すまてっ守見で中いし険がりの道 抽てせら迫まで髄の芯をさ由自の風 。宝ものる映けだノモない嫌に鏡。 。。償代てい続もでま時何石涙。。 。。。。。騒潮はと火灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 一つ目の流星は始まりの実り。過去が現在に無いのではなく。決めつけなければ自由さで、在る。必要でなければ忘れている。かもしれない。それでも。瞳を閉じて感じてみれば、生きてるから、経験という果実が養われ、関わり合いがあったからこそ種々に実っている賢さ。誰かが餓えてたら分ける。食べた人は原形をとどめた知恵で満たされる。繰り返される事で、たわわな知慧は、失われないでずっと続いて。ゆけ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時るあり〇実。。。。。 。。絶対よすでのう合り〇〇秤。。 。事な事大はのてっいなま〇〇水。 私すまてっ守見で中いし険が〇〇道 抽てせら迫まで髄の芯をさ由〇〇風 。宝ものる映けだノモない〇〇鏡。 。。償代てい続もでま時〇〇涙。。 。。。。。騒潮はと〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 二つ目の流星は始まりの秤。傍に在る全て自然ではない。作った物に命、心が込められてる。生きるのは関わり合う。傷つけ合う。得るという点では同義。人は問わず負傷してる。しっかりと見極めて、気心知れた他人の損傷に出会い、御節介焼き、心の雫を滲ませ、言葉を使い、傷痕が治癒したのを喜んだら、もしかすると自身の心痛も回復している可能性があるわ。あなたを形成する破損してる一部は醜くなんてない。首を振って否定するんじゃない。右手を両手で握り片手を撫でるのはね。他に無事な所が無かったからなの。暖かい、以上に伝わってほしい。患部が増えすぎたら心配。耐えられない程弱っているとしたら。私が透明になって痛まないように抱きしめている事を忘れないで。あなたである痕を証を嫌になるだろうね。私、死にたく成る事、多々あったよ。笑ってるの見えるかな。だけどね、見てる全てに生きて出会えて嬉しいの。加害によって奥深くに残ったのは、結果以上の治療薬だよ。怪我によって言動行動表情が毒を孕むかも。でもね、毒も用法容量を守れば薬に成るの。膿んだなら消毒した治療器で、臭う悪い物をだして、洗い。お薬をぬってガーゼを張り、包帯を巻き、数時間に一回繰り返します。完治した私の窪んでしまった部分に触れた。私は微笑む。それでも良いと思える事があるの。私だけの言葉があるの。自分だけの為に使ってたら、無知の知の先なんて認識できなかった。分かり合えない事?分かり合わないだけ。認めていないだけ。認めようとしていないだけ。良いのよ。離れていても。何もできなくても。友達で味方だよ。ずっと。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時る〇〇〇実。。。。。 。。絶対よすでのう〇〇〇〇秤。。 。事な事大はのてっい〇〇〇〇水。 私すまてっ守見で中いし〇〇〇〇道 抽てせら迫まで髄の芯を〇〇〇〇風 。宝ものる映けだノモ〇〇〇〇鏡。 。。償代てい続もで〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒潮〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 三つ目の流星は始まりの水。もう歩け、傷つき、感じたく、考えたく、思いたく「ない」時、私は言ってるの《よく今まで一人で辛いのに頑張ったね。私は味方だよ》何よりも必要なのは、立ち止まり、自分の殻に籠り得られる、揺るがないモノ。は。豊かさ。休みたい時は休んで。休まない、休まらないのではななく、休めないんじゃないのかな。一時間だけ時間をつくって。たっくさん植物が在る場所を探して。眺めて何度も深呼吸をするの。それでなんだけど、植物も休み眠るんだけどね、何を感じ思い考えているか、したかったら想像してほしいな。それとね、ずっと好きな事を探してね。好きな事は楽しめるの。旅に行かないとしても、行きたい場所を探し、何するか計画を建てて、旅に行ったつもりで、楽しんで。あなたが休まり楽しんでいるのが楽しみなの。あなたの豊潤に繋がっていくからだよ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時る〇〇〇実。。。。。 。。絶対よすでの〇〇〇〇〇秤。。 。事な事大はのてっ〇〇〇〇〇水。 私すまてっ守見で中い〇〇〇〇〇道 抽てせら迫まで髄の芯〇〇〇〇〇風 。宝ものる映けだノ〇〇〇〇〇鏡。 。。償代てい続も〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒潮〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 四つ目の流星は始まりの道。夢が無いっていうのは。探してないのだと思うんだけど違うのかな。願い事が人を選ぶ事も有るよね。望みが叶ったら、新しく理想を探して叶え続けて。手に入れたっていうのはね、手に入れてないを持ってるっていうの。気付いた頃には、誰かが背を追ってるの。志した結果が手に入らず落ち込む時も必要で、時間を経て養われたかな。失ったと思っているの?なら思いだせないよね。忘却しないで過程を持っているのは何故なのかな。大事だからだよね。辿りついたとしても全てうつろわない。現実ではどうしようもない事が幾らでもあって探求できないからって、失望しちゃうのかな。誰かの思いが叶う事を私は嬉しく思うの。だって、自分ができなかった事ができる、素敵な人が背中に成る瞬間なんだもん。与えるだけの憧憬。きせきを辿る道のりで起きた苦難と、星の輝きになった時期の言葉は。なにものとも比べられない、与え、愛され「てゆく」邁進力がある。時間制限が来てからさ、新しいのを探すのに時間が掛かるよ。だけど。生きていけるのなら、迫り続けて良いの、同じ時代を生きていられる事が、叶い続ける想いなの。私の。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時る〇〇〇実。。。。。 。。絶対よすで〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な事大はのて〇〇〇〇〇〇水。 私すまてっ守見で中〇〇〇〇〇〇道 抽てせら迫まで髄の〇〇〇〇〇〇風 。宝ものる映けだ〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償代てい続〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒潮〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 五つ目の流星は始まりの風。見えない、見える、重荷を持っている。私はあなたの負担を持たないよ。持って返す時に力が衰えていたら、潰れてしまうからだよ。御荷物を大事だと、与えられた贈り物だと思えないかな。自分だけの掛け替えのない、有り難いプレゼントだと喜び愛せないかな。私は贈り物に育てた。一人だけのギフトが重すぎて歩みを止める事もあったけれど。頂いたのは荷物だけではないわ。今でもこれからも感謝し愛してゆくわ。何かに定まってしまえば、生きる上で大切な事を、教え授けてくれる、はず。一人として同じ物を持ってないよ。負荷を、変化させ持ちやすくて生きていけるのなら、何でも構わない。今の私はねー、上昇気流贈与してるの。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶対よす〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な事大はの〇〇〇〇〇〇〇水。 私すまてっ守見で〇〇〇〇〇〇〇道 抽てせら迫まで髄〇〇〇〇〇〇〇風 。宝ものる映け〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償代てい〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 六つ目の流星は始まりの鏡。嘘を吐く事が有るのかな。偽りを吐いたなら本当にしたら良いだけよ。私は幸せだと言って暗闇に成ったけれど。虚妄が悪いのかな。誰も傷付けない、目隠しをして夢を見せられる嘘偽なら、本物じゃなくても誰にも見破れないなら良いじゃない。正真正銘じゃないって、ばれて失われるのなら、意味が無いかもしれない。与えられて気付く私は感謝するの。だって、傷付けないのなら、優しさ以上に優しいんだもの。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶対よす〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な事大は〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私すまてっ守見〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽てせら迫まで〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝ものる映〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償代てい〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 七つ目の流星は始まりの涙石。恋と愛は思い出なのかな。一つ目の流星を思い出して。生きているんだよ。何にしても、巡り合い繋がる事を恐れない。恐れてしまった経験があったんだー。初恋でね。中学生一年生の頃の幼馴染だったの。数年間思いを伝えれなかった。もしかしたら、幼馴染という関係が崩れる。話せなくなる。関わる事もなくなる。避けられる「かもしれない」伝えられず彼女を紹介された私は、その場では笑い「幸せになってね」と心にも無い事を言い、気付けば家に帰って、座り込みベッドを叩きながら泣いた。もしも私が告白していたら私が彼女だったかもしれないと、ありもしない空想に耽った。別れた事を知って。一時、期間を空け、告白して言われた「女として見れない。つきみは‘’親友だよ‘’」要するに失恋だわねぇ。恋愛は五年が最長だったの。同棲して結婚の話まで進んで浮気を知ったけど。気にならかった。付き合う前の彼は自殺しそうで。五年の歳月で彼が死にたがりから変わったのが、嬉しかった。付き合う前から関係が有って私が二番目。助けたいという偽善で有り我儘さで付き合った。二番目、だからって怒り恨み憎しみも、湧かなかった。悲しみと幸せに成ってほしい気持ちだけ。始め方が悪かった。振り返るなら止まり木が私で彼は鳥。健康と幸せだけを想ってるよ、ずっと。恋愛では無い、愛なんです。表面を撫でる事が多かった。未だに完熟していないです。忘れられても構いません。忘れられるって足らない証拠だから引き締まるの。もっと迫っていくよ。恋愛だけではなく、愛してくれた全てへ。恩を返せるとしたら迫り続けるだけよ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶対よす〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な事大は〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私すまてっ守〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽てせら迫ま〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝ものる映〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償代てい〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 八つ目の流星は始まりの灯火。ニュースは暴力。ニュースだけでは無いバイオレンスで、私は、感覚器が全て無くなってしまえば良いと思ってた。死にたいと思ってた。先生が言う「あなただけが辛い目にあっているんじゃないのよ」私を分かって貰えない。比べられる苦しみが無い。そのまま年齢を重ね。創作活動を通して自分とずっと向き合った。生きているのは創作活動を通し関わっている方のお陰だよ。自殺に目を付けた。生きていてほしい。生きる事に無駄は無い。いずれ誰かの役に立つ。誰もが幸せになる権利があると思う我儘さで。自殺サイトを巡回していった。ボランティア活動で、数百人と話をして、今でも生きてる方から連絡が来るし、遊ぶの。ふるわれるゲバルトをそのまま終わらせるからって、変わってくださいと強要できません。政治家ではなく社会を担っていない。でもね、苦しむ人に知ってほしい。救うのは自分しかいないの。だ、け、れ、ど、寄り添い共にする他愛ない会話。繰り返す時間で変わっていく。私は経験してるの。変えられない事もあるってわかってるの。私は何時も伝えるの。できることをできるだけしてることは、しようとする意識も全て含めて。自分の事だけかもしれない。それでも偉いし凄い事だよ。誰かが責めて良いもんじゃないよ。もしもさ、できなくなって、誰か責める人が居たら私が言うよ「自分の事をしてきた事で、何もできなくなった事が無い人だけ、迷惑を今まで誰にも掛けなかった人だけ、責めれるんじゃないのかな」人が関わり生きていく事は、支え合う事が前提だよ。生活に関わる全ては、成り立っているのは、自分だけしているつもりでも。気付かないうちに、連結して連携して伝わっているからなの。なにもできなくなるとするでしょう。明日(先日)は我が身。立ち止まってしまって動けなくなってしまって、責められる人は居ない。社会にも誰にも役に立たないと。自分を責めないで。休んで、休んでいる間に、考えれば良い。考える事、休む事も、与えられた権利。自分を責める事は止めない。色々な事で無力感に苛まれる私は、自分を責めてしまう。愛しみが消えない灯火を灯したの。あ、もしも。働けなくなったら。お金があるうちに役所に行って、相談してね。そうねぇ。場合によって私の言葉よりは、ずっと良いよ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶対よ〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な事大〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私すまてっ〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽てせら迫〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝ものる〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償代て〇〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 九つ目の流星は始まりの巻貝からの潮騒。メールが途絶えて向かった部屋。開いた途端に異臭、ギシッギシッという音。目玉が充血して、飛び出ていた目。揺れて。もう、生きていなかった。異臭の原因は糞尿。お葬式に出た時、お母さんの言葉「本当に理解してあげられていたら」言葉が詰まり泣き崩れてしまうお母さん。一人暮らしを望んだのをお母さんから聞いた。死ぬ事以外に無かったのだろう。私は泣かない。悲しみで流す涙の代わりに、私は伝えなければいけない。自殺で亡くなったら、苦しみ辛いが、もうないだろうね。私が生きてて良かったと思えてる。二十五人に同じ気持ちのままだよ。生きてて良かったって聞けないの悲しいんだよ。生きるって無駄じゃないの。生きてたら何が起こるか分からないね。本当に最低な所まで落ちたら、上り坂だと言う人がいる。実際は落ちる所まで落ちたら地獄が待ってる。地獄が変わるまでの時間が人によって違う。慣れてから地獄を考えて思って感じて変えていく。一人では無理でも、誰かが居るからできる。依存したって構わない。依存からの脱却も含めて、傍から離れるつもりが無い。命在る事に価値と意味が無いって言うのなら、あなたの価値、意味は、誰とも比べられない価値、意味があると、言うわ。生きててさ、あなたを憎しみ恨み殺したかった人「だけ」だったのかな。生かしている全てが伝えているの。意味が価値があるって。ねぇ、暖かな思い出を過去にしないで。現在にあるって自由になって良いんだよ。だから人は生きているの。苦しいだけだったらつまんないと思うの。自由に生きる為に必要なのは苦しみから逃げるんじゃ無い。私が目隠した人々が向かい合えるように成った時。外した目隠し。向き合い苦しむ時も私は傍にいるよ。一人では耐えられない事を知ってる。乗り越えて自分の道を決めていって「ありがとう」が嬉しい。私はずっとここにいる。迷ったら躊躇わず来て。手遅れに成るなら、耐えられない事が私には少ない。結婚した。子供と会わせてくれた、声でも笑うあなた達が居るって本当に嬉しいの。二十五人が居ると思えない私は悲しい。自殺を選ばず生きてほしい我儘さは変えてはいけない。生きているって、なんとも比べられない。理屈が無い。が。あるの。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶対〇〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な事〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私すまて〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽てせら〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝もの〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償代〇〇〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十の流星は始まりの代償。贅沢とは飢えのこない満たすモノにだけ与えられる言葉。欲しいと思った物は本当に必要なのかな。失わないのかな。お金で奢侈が買えるね。お金で買えない豪華なのも有るよ。落ち着く場所でのんびりと空気を吸って、時を感じる事だよ。私の一番は全ての地球に在る同等である命が陰日向問わず生きている。絶滅は人だけではなく飢えさせると思えないかな。語り継ぎたい全てがもう二度と誰も知らなくなっていく。血の繋がる繋がらないではなく、人全てが飢渇してしまう。生物の中で一番優れている人間だもの。もしかしたら絶滅してしまった全てが、研究により復活するかもしれない。他人任せだけど、私は研究者では無いから。何も言わないけれど豪勢なお願いしたいの。代わりに本職で完璧に満たすからさ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事な〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私すま〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽てせ〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝も〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十一の流星は始まりの宝物。悩みは糧。悩みで生まれた答えが正しくなくて。衝撃を受けるかもしれない。醜くて汚れて臭い部分を自身の中と外で感じ思い考えてしまうかもしれない。でもね、全て肥料なの。色とりどりの美しい花畑を持つというのは、美しさだけでは、絶対得られないわ。間違ったらまた繰り返すけれど、一時の間でも解放され、自由になれたよね。縛られて本当に正当な自分だけの解答が出たら。今度は誰もが自由になれる。真実の解決策を沢山見つけようよ。一緒に。耕して目に余るくらい咲かそうよ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私す〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽て〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十二の流星は始まりの抽出。あなただけだったり、失えなかったり、わからない苦しみがある。誰も解決できずにいるの。解決からしか得られない甘口が有る。何時手に入るか分からない。だけど、分け隔てなく分けれるの。無糖ブラックコーヒーで良いわという人でも。欲しがるんだよ。あげると増えるの。でも何故か足りない。生きている実感を生んでいる困難も要因。責め苦がなければ、本来の味を知れない。甘味を知っているから、生きてる。甘露は優しさ。人へ手を差し伸べ振り払われ「要らない」と言われるかもしれない。手に心に残る痛みは。振り払った人もなんだよ。繰り返し、差し伸べ。諦めそうに成り、意味があるのかと問い、相手の為に成るかと考えても。続けて。もしも、砂糖を渡したら、後は、相性次第。優しい傷を残す事も有る。思い出した時。懇篤の傷もシュガーになる。親身な傷も患苦に成る。時間も何も人によりけり。私が負った親切な傷を私である柔証にしています。暖痕には世話好きと水飴が詰まってるの。ありがとう。望まなかったとしても。自分の事はどうにかする。生かすのを考えて役立つなら良い。私は理解よりも先に経験している。絶対どうにもできないとしても、断念が私を失うと分かってる。だから私は私を諦めない。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時〇〇〇〇実。。。。。 。。絶〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。事〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 私〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 抽〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十三の流星は始まりのつきみ。大事な方とお別れして心にぽっかりと穴が開いたんだね。でもね、私には穴ではなく大事な方に見えるの。月に手を伸ばしても届かない、と、思っているから届かない。現実だけが全てなのかな。ねぇ、自由は本当では無いのかな。心で触れて伝えるのなら、あなただけの想いを伝えるんだろうなー。私もあったよ。何回かは秘密。隣にそっと座って黙って手にオレンジジュースの紙パックをこつんとぶつけて置いて、何も言わずに牛乳を飲んでるの。傍に居ないと思わないで。心で感じて。何も言わず傍に居るよ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。〇〇〇〇〇実。。。。。 。。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。宝〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。償〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇涙。。 。。。。。騒〇〇〇〇灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十四の流星は始まりの事。失うの恐れてるんじゃないの。幸せの最中は気付けない。目一杯堪能して失うんだよ。無くす=得るだよ。苦しんでるね。じゃー限度一杯に味わったの、どうして、思いだすの。亡くしたと思うから感じている不快。紛失したと思ってる幸せは、海に落としたコンタクトレンズ。あなたが海で、幸せがコンタクトレンズ。あなたは幸せを持っている。あなた以外が。見え、分から、「ない」としても。存在してるんだよ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。〇〇〇〇〇実。。。。。 。。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇秤。。 。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇水。 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇道 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇風 。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇鏡。 。。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇。。 。。。。。〇〇〇〇〇〇。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十五の流星は始まりの絶対。弱い人強い人といるわね。人は人だと思ってるの。生きているのに変わりはないもの。強者が弱者を追い詰め居なくなって良い世界なら、人間の世界なんて滅べば良い。愛も心も無い。人が人を追い詰める世界であるなら無価値。様々な人に良い所が有る。活かしあえば。居なくなって良い人なんていないでしょ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。〇〇〇〇〇実。。。。。 。。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇。。 。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇。 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇。 。。〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇。。 。。。。。〇〇〇〇〇〇。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 十六の流星は終わらない時計。全ての数字を均等に並べ円を作ったら。丸い星座だから繋げられます。私はつきみ。月を見る者。時を見る者。十六夜。星が追いかけっこしてる。時のたまき。流れて巡るきらめき、であれ。 。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。時るありの実。。。。。 。。絶対よすでのう合り釣は秤。。 。事な事大はのてっいなま拒が水。 私すまてっ守見で中いし険がりの道 抽てせら迫まで髄の芯をさ由自の風 。宝ものる映けだノモない嫌に鏡。 。。償代てい続もでま時何石涙。。 。。。。。騒潮はと火灯。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。 暖め続け育てた願いと祈りはしみじみと循環する。私の中でも。必要でなければ好きにして。

環希 帆乃未 (2019-01-20):

原則として、削除依頼を受け付けないとの事ですが、今月、選評を一切行えない為、作品の削除を要請します。今月だけでは済まないかもしれませんので、お願い致します。

コメントを書く
コメントを書くにはここから登録してください。またはログインしてください

キリモミングフィールド   

こうだたけみ 
作成日時 2018-12-15
コメント日時 2018-12-15

 

模範解答〈2〉      模範解答〈1〉      模範解答〈3〉 過去問に復讐する  知らないふりを するあの娘  きりもみになる紙 過ぎ去った問い  本当のことなど知らないいらない  〇六B五〇三九 掌で弾き返す     感情なんかのさざなみが     私を規定する バスケット    ポツンと当たって弾けてひろがる    番号の一つ ボールが      くるくる回って落ちてく音階      名前の前 転がる     あの娘がくるくる くるくる落ちてく     の前の 床の     サンダルの 足の裏の ななめに減った踵     前の 目      振動が 伝わって 始まるんだと思うぁア      前 開く        赤いワンピースのスカートが        枠に 明け方       風を はらんで膨らんでいく       収まる 手付かず       まずは右手で握手を交し       筈の文字 白い参考書       床の上には両足揃え       はみだして 涎つきの頰を    足音は 立てないようにする    旋回する余白 両の手でつねり     その鉛筆を転がして     誰にも侵せない 鉛筆でノックせよ 答えを見つけたってかまやしない 書き足した枠の中


コメント欄を表示する (1)
こうだたけみ (2018-12-15):

即興ゴルコンダ(仮)2017年7月24日投稿。 お題「キリモミングフィールド」はあまさらさんより。 ※「模範解答(1)」という自作のリライトです。 ※大画面推奨。スマホで見る場合は画面を横にすると見られるかと思います。


投稿作品数: 7

© B-REVIEW 2018