作品投稿掲示板 - B-REVIEW
重要事項
お知らせ
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう



詳細設定を開く

春の嵐

 afterglow
 5   604.4   2   5 

近くで風が騒いでいる 轟々と木立が揺れる 雷が鳴りだすとすぐ 窓ガラスに粒があたる あらゆるものを 巻き込みながら 憂いが宙に舞っている 雪はもうおしまいですか 花が綻ぶ準備なのですか いいえ あなたをここに 留めておくためなのです......


現代詩 画像
作成日時 2020-03-23

菩提樹の下で

 1   104.1   0   0 

悟りを開いた 超人となった。 何一つ変わっていないけど、 何かが変わった。 本当の悟りって地味で悟ったかどうかもよくわからんようなものだね。 なあに、悟りなんか寝小便さ! ......


現代詩 動画
作成日時 5 時間前

メメント・モリ2020

 なゆた創a.k.a.NORANEKO
 14   921.7   0   5 

改札前にて考える人 Suica入りの財布を躊躇い 返す踵。徒歩でも余裕と 鼻にあたる針金を潰す 通りすがる、自転車の子らに竦む身 太陽が眩くってカミュの肖像 漂う後頭部、午前7時 車道を渡り、ワニを偲び 桜を写メる。セリフパロは 野暮だと画像......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-03-25

エイジスティ、グラスレイタァ +e- 〜2020〜

 4   749.6   0   4 

水、なんて字を背負ってるくせに きっと水には溶け込めない 君の肌をするりと撫でて その井戸に堕ちていき 見えぬ水底を漂うのだ 愛する人さえ忌むのなら 僕は金属的な冷たさで笑おう いつかあなたの中に溜ったものが 殺してしまうのも気付かない......


現代詩
作成日時 2020-03-20

羊皮紙の夢

 なゆた創a.k.a.NORANEKO
 4   341.5   0   3 

インクの匂いの失せて捲る スクロール、裸の羊の背中で踊る 生きてる人も死んでる人も 代わる代わる私となり なぞる軌跡は黒く、マグカップ 羽虫と溺れる女のゆらぎ 潰れた羊の夢のなか 椅子のうえの私じゃない人 青銅のように腰をあげて こんにちはと......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-03-28

吸血鬼

 萩原 學
 1   278.2   0   7 

ブレーキのない自転車で普通に坂を下るのは無謀と言える でも後ろからついてくる物があって全力で漕いでも離れなかったらどうしよう 自分の足以外にも頼もしい動力が欲しいところだが 買ったばかりのロケットも壊れてしまって修理に出したところで 修道院の僧侶だって......


現代詩 縦書き
作成日時 2020-03-03

君に告ぐ

 伊丹真
 1   197.0   0   3 

今 この右手に触れるものを 決して放してはいけないよ その胸に挿したフリージアの 鮮やかな枯れる匂いも気配も 右に押せば左が動き のらねこは わぁ、と鳴いて今、 たまらなく胸をかかえる、 この今、 見るもの全てが美しく映る今日に ......


現代詩
作成日時 00:11:50

人格を与えられた観念 ―「永遠の反射」評

 石村利勝
 1   194.9   0 
<批評対象作品>
永遠の反射

 不思議な作品だ。読みつつ次第に引き込まれ、名状し難い感覚に心を揺さぶられ、読後もその揺さぶられた感覚がいつまでも消えず、怪しいほどに続いている。謎めいた思想や情景が語られているからではない。この名状し難い、感動という陳腐な言葉では到底間に合わないのだが、それ......


現代詩 批評 選評文
作成日時 2020-03-28
投稿作品数: 297