椅子 (クヮン・アイ・ユウおよび河上類による合作) - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

椅子 (クヮン・アイ・ユウおよび河上類による合作)    

いま叩きつぶした助詞の一つから 細く立ち上る硝煙の先端に 矢のような朝陽が差し込むとき お前のその 五指を刺すつめたい痺れから 赦しを引き出す手順を思うのは 不自由さ故か 名無し故か 重力の溶解した視界には ただ想像力のみによって敷設された 一本の鉄路がある それはoutlineであった 逆光のなかで駆け出せば 銃身の整列する牧場を抜ける そしてある緋色の着水を待って おもむろに連鎖をはじめる美学の先に もたざる人びとによる 木炭の暮らしが 鉱物の結晶するごとく 瞬いているだろう そうだ その食卓には中心がない 部屋の隅では 観葉植物が直立していて 私たちの間にある マグカップの底では 無名の衝動が ひとつまたひとつと 入水していく (繰り返す 残照のなかで繰り返す) 生身を打ち砕く覚悟はあるか 静電気はborderに宿る それは明け方へ向かう (繰り返す 繰り返す 残照のなかで繰り返す) 盲いた半身を古井戸に浸すとき 透明な対峙が開始されるだろう そのとき私たちの間には 同じマグカップの底がある (繰り返す 繰り返す 残照のなかで繰り返す) 鈍色の中断のあとにも 生命は続く そうやって返していく美学だ そうやって返していく美学だ! (繰り返せ 繰り返せ残照のなかで繰り返せ) どうしたって返していく美学だ 我々に ふさわしい沈黙を!

scroll


作成日時 2022-09-18
コメント日時 2022-09-27
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

椅子 (クヮン・アイ・ユウおよび河上類による合作) ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 862.3
お気に入り数: 1
投票数   : 2
ポイント数 : 0
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/09/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:862.3
2022/09/28 13時14分09秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

椅子 (クヮン・アイ・ユウおよび河上類による合作) コメントセクション

コメント数(13)
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-09-18)

これは三連目がこの詩の成り立ちを すべて説明しているように感じました。  そうだ  その詩には中心がない  部屋の隅では 二人がおもしろおかしく直立していて 私たちの間にある 紙切れには おもいつきの表現が ひとつまたひとつと 沈没していく

0
羽田恭
作品へ
(2022-09-18)

>マグカップの底では >無名の衝動が >ひとつまたひとつと >入水していく どうにも無名の衝動なるものに突き動かされてこの作品を作り上げたように思えます。 明瞭な言語化ができない、でも >(繰り返す 繰り返す 残照のなかで繰り返す) 繰り返すがために書かざる得ないのでしょう。 何か心地よさを感じます。

0
河上類
河上類
室町礼さんへ
(2022-09-21)

コメントを下さってありがとうございます。 三連目は推敲で苦労した部分でした。 室町さんにいろいろな景を想像していただけたようでうれしいです。 読んでくださってどうもありがとうございました。

1
河上類
河上類
羽田恭さんへ
(2022-09-22)

コメントを下さってありがとうございます。 羽田さんが挙げてくださった衝動や言語化は、この詩のテーマと関連するものでもあります。 心地よさを感じていただけたようで良かったです。リズムや読み心地を気にしながら推敲した成果かもしれません。 読んでくださってどうもありがとうございました。

1
福まる
福まる
作品へ
(2022-09-23)

「我々にふさわしい沈黙を!」私は食事中は静かにするように教えられた人なのですがそれを思い出しました。

0
河上類
河上類
福まるさんへ
(2022-09-23)

コメントを下さってありがとうございます。 たしかにそのような読み解きも可能ですね。 最後の部分の解釈は読者に大きく委ねられていますし、福まるさんのようにいろいろな想像をしていただけることは、作者の一人としてうれしく思います。 読んでくださってどうもありがとうございました。

1
クヮン・アイ・ユウ
室町礼さんへ
(2022-09-24)

作品をご覧くださりありがとうございます。またコメントまでくださり誠にありがとうございます。「詩の成り立ち」について三連目に焦点づけて言及していただきありがとうございます。新たな刺激をいただけて幸いです。

0
クヮン・アイ・ユウ
羽田恭さんへ
(2022-09-24)

ご覧くださり、コメントまでくださり、誠にありがとうございます。 三連目についてお言葉をいただくことが多く、合作ではありますが作者として嬉しく思います。皆様からいただくコメントを受けて、改めて作品と新たに向き合うことが出来ています。ありがとうございます。

0
クヮン・アイ・ユウ
福まるさんへ
(2022-09-24)

コメントをくださり、ありがとうございます。読者の方の体験や思い出にひもづく形で作品が役割を果たせたのでしたら幸いです。福まるさんのエピソードも聴かせていただけて嬉しいです。ありがとうございます。

0
エイクピア
作品へ
(2022-09-24)

どうしてもあの銃撃事件を思い出してしまうのですが、幻想性を強調した現実逃避的な詩ではないと思うのです。 「無名の衝動が ひとつまたひとつと 入水していく」 この三行ですね。我々の美学が成就して行くプロセスだと思いました。

0
河上類
河上類
エイクピアさんへ
(2022-09-26)

コメントを下さってありがとうございます。 直接的な表現は多くないかもしれませんが、この詩はある現実的な問題をテーマとして書いたものです。 「無名の衝動」や「美学」など、多くの詩行の解釈は読者に委ねられていると思います。エイクピアさんの解釈もお聞かせいただけてうれしく思います。 銃撃事件の影響が全く無かったとは言いませんが、クヮンさんとこの詩を書きはじめたのは銃撃事件より前であるということは言い添えておきたいと思います。 読んでくださってどうもありがとうございました。

1
三浦果実
作品へ
(2022-09-27)

読んで、いまひとつしっくりしないのはなぜだろうかと考えました。好みの問題かといえばそれまでです。語句一つ一つに「カッコよく読まれたい」という顔が充満していて、それこそ美学と叫ぶその滑稽さのメタファのように読める。しかしながら、椅子という孤独感と無言の象徴を回収する表現が最終行のみに読め、先に述べたカッコよさへの過剰さがただただ饒舌な印象です。ここまで書いたのですから具体的に示します。 >いま叩きつぶした助詞の一つから >細く立ち上る硝煙の先端に >矢のような朝陽が差し込むとき >お前のその >五指を刺すつめたい痺れから >赦しを引き出す手順を思うのは >不自由さ故か 名無し故か >重力の溶解した視界には >ただ想像力のみによって敷設された >一本の鉄路がある 僭越ながら、下記の通りリライトします。 いま叩きつぶした助詞の一つから 硝煙の先端に 朝陽が差し込むとき 視界には 敷設された 一本の鉄路がある 私の偏りある志向と自覚の上で申し上げれば、これぐらい削らなくては、削ることの出来ぬ、最後にどうしても残ってしまう美学とはならないと、そう確信するところです。

0
沙一
作品へ
(2022-09-27)

「椅子」というと〈静〉を連想させる表題ですが、本文からは〈動〉を強く感じさせられることにパラドックスを覚えました。三連目には静謐さがあるものの、あたかも抑えきれないかのように、マグカップの底では「無名の衝動が/ひとつまたひとつと/入水していく」。 「我々に/ふさわしい沈黙を!」という締めくくりは、沈黙とは相反する叫びを思わせます。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2