なにもないようでなにかある なにかあるようでなにもない  - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

なにもないようでなにかある なにかあるようでなにもない     

東京の食べ物は東京の味がして 東京でする恋も東京の味がする ずっと苦いこの味が小学校の頃から始まって 恋人とキスをしても苦いこの味 彼女の乳房を少し歯を立てて噛んで 汗と混ざったあの味が舌の上で広がっていく これが東京なんだって、彼女と確かめ合う部屋もまた東京で 東京に編まれたこの体がセーターみたいで 何に着せたらいいのかな 似合うのかな ぼくがとうきょうでいっぱいになって あふれたら とうきょうをぜんぶ のみこんで しずめてしまえるかな かのじょのてをひいて さんばしをめざしたら いなくなったゆうじんたちの かおりがかぜではこばれてきて あのにがいあじがすこしはきえるかな しおのかおりにまじって とうきょうをしらないひとたちの はなしごえがきこえてさ 東京より先に起きて 服を着てご飯を食べる 彼女が僕より少し遅めに起きて アルバイトに出ていく 三年前からセックスをしても 射精できなくなった その頃からずっと生きてる感じがしない 僕の体はもう僕のじゃないって誰が言ってる気がしてる 僕はどんどん東京になっていく

scroll


作成日時 2021-06-28
コメント日時 2021-07-02

なにもないようでなにかある なにかあるようでなにもない  ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 16
P V 数 : 1077.8
お気に入り数: 0
投票数   : 2
ポイント数 : 0
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/09/20現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1077.8
2021/09/20 19時30分31秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

なにもないようでなにかある なにかあるようでなにもない  コメントセクション

コメント数(16)
蛭子子
蛭子子
作品へ
(2021-06-28)

東京で生活している若者の実感なのかな?とも思うんですが、同時にもっと大きな生きづらさや行き詰まり感を東京に仮託しているようにも感じました。 気になったというかすごく刺さったのが文章の構成で、普通の表記で身近でリアルな言葉が綴られているところに突然現れるひらがなオンリーの文、しかも幻想的なというか空想的というか、ふわふわとした浮遊間のある文が挟まれて、また元に戻る。これが意識が一瞬肉体から遊離したとまた戻ってくるような感じ、東京という現実を生きる中で心がどこかに飛んで行ってしまう感じを表しているように思いました。

0
yamabito
作品へ
(2021-06-29)

 おはようございます。  私の作品にコメントをいただいたので、コメントさせてください。あっ、しかし、いわゆるお返しポイントのようなものではなく、良い作品だったのでコメントするという主旨です。  私は東京に行ったことはあるものの、住んだことが無いのでこの気持ちを理解できるかと言えばそうではありません。しかし、共有できる部分はあります。  生きるという事のカナシミみたいなもの、それが淡々とつづられています。都会という怪物に飲み込まれ、染まりゆく様や焦燥感が邦画のようなタッチで描かれています。テクニカルな作品ですね。

0
音澤煙管
音澤煙管
作品へ
(2021-06-29)

読ませていただきました。 東京への思い入れは、若い頃よく上京していたので多々あります。 東京の匂いがする作品をありがとうございました。

0
まさ
まさ
作品へ
(2021-06-29)

情感とリアルと倒錯が交錯して せつないような、むなしいような、 胸がいっぱいの気持ちになりました。 とてもいい詩でした。

0
AB
作品へ
(2021-06-30)

近いタイトルの三作を読みました。ちょうどいい雰囲気を出すのが巧い方だなと感じます。 何かの偶像のような東京、とうきょう がぼんやりしている。今は遠くにいるのか、そこにいるのかで、その意味が大きく違いそうです。 また、これが街の名前ならと、つらつら想像します。 僕の東京は大井町、五反田、新小岩あたりで、それが新宿、渋谷な人とは違うのだろうな、とか。 とりとめないコメント失礼しました。

0
stereotype2085
作品へ
(2021-07-01)

ずるいな、と思いました。ずるいというより羨ましい。東京が特別な都市、首都でなくなってから随分経つと個人的には思うのですが、やはり東京という響きは不思議なものがある訴求力がある。その単語を上手く使ってセックスしても射精できなくなったことに繋げるなんて上手い、ずるすぎると思いました。ちなみに僕は九州ですが九州の一都市でこの詩を書いたとしても恐らく成立しない。まだ東京という場所には魔術があるのだなと感じました。ちなみに筆者さんが東京の方でないならば、技巧で東京を上手く使ったということになるのでしょう。

0
小林素顔
作品へ
(2021-07-01)

ひらがなで書かれた第三連、もしかして東日本大震災の被災地のメタファーだったりしますか?そうなるとあれから十年たった今、こうした作品でようやく「東日本大震災の作品化」が普遍化し始めている、と言えるのかも知れませんが、そうなると第四連のや「三年前」が分からない、読み解けない。全くの見当違いでしたらすみません。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2021-07-01)

第3連のひらがな書きが効果的だと思いました。

0
cold fish
cold fish
蛭子子さんへ
(2021-07-02)

こんにちわ。 男って単純で、性的な能力の欠落を感じると生きていることが許されないような気持になることがあるみたいです。そのせいか、生きてるのか死んでいるのかわからなくてふわふわしているときがあるみたいですね。

0
cold fish
cold fish
yamabitoさんへ
(2021-07-02)

お読みただいてありがとうございました! テクニカルかどうかは自分ではよくわかりません笑 私自身はつらつらと思い付きで書いているのでよくわからないんですよ。 ただ、悲しい出来事は本当に多くて、私自身が悲しい出来事に飲まれてしまいそうになることはよくあります。

0
cold fish
cold fish
音澤煙管さんへ
(2021-07-02)

こんにちわ! こちらこそ!匂いを感じてくださってありがとうございます!

0
cold fish
cold fish
まささんへ
(2021-07-02)

こんにちわ。 ありがとうございます。 いつも何かでいっぱいになって溢れてばかりいる毎日です。

0
cold fish
cold fish
ABさんへ
(2021-07-02)

こんにちわ。 東京といっても、結構広いですもんね。 地域によって街並みや風習も違うみたいです。 それも含めて東京なんでしょうね。

0
cold fish
cold fish
stereotype2085さんへ
(2021-07-02)

こんにちわ。 射精できないことと東京に住んでいる事がなぜか僕の中では繋がってしまうんです。 東京しか知らないことは怖いんですね。射精できない怖さと同じくらい怖いですね。

0
cold fish
cold fish
小林素顔さんへ
(2021-07-02)

こんにちわ。 残念ながら震災を意識してはいませんが、東京しか知らないということは東京以外を知らないということで、知らない土地で起こる災害と東京はまだ大きな災害を私が生まれてから知らないということを感じるときはあります。

0
cold fish
cold fish
田中宏輔さんへ
(2021-07-02)

ありがとうございます! 気にいってくださってよかったです!

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2