通学路? - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

通学路?    

しばらく続いた朝は交通パトロールの老人達のおはようの挨拶を小学生の群れが無視している。 わたしにはとてつもなく気に入らない朝だ。 最近の小学生は学校シゴトプライベート通学を分けて考えている。 こざかしい。 公私混同をしないといえばきこえはいいが なんて小賢しい連中なのだろう。 怒りを例えるなら 小学生の2~3人を車ではねとばしたあとに、警察の現場検証の説明は「やつらに喝をいれてやりたかった。」と堂々と説明する気概を持つくらいの怒りだ。 しかし、小学生を交通事故から守るために朝から枯れたかかしみてぇに突っ立ってる老人達にそれは失礼ではないだろうかという良心の咎めあり、小学生への復讐と規範のために 交通パトロールの老人達にわたしから挨拶を始めてみた。 「おはようございます。」 老人達は最初は私が誰に挨拶を飛ばしているのか分からないようすだった。 呆然とする者、戸惑う者、挨拶を返さぬかかしのようだ。 自転車屋の親父は私の顔と性格をよく知っていたのでわたしからの挨拶を返してくれた。 その声は大きく必要以上に大きく、 小学生に挨拶を教えるような声だった。 いつも無視されて、自転車屋も思うところがあったのだろうな。 二日~三日そんな挨拶を続けると 徐々に挨拶が小学生から老人に帰って来るようになった。 それからしばらくすると 通学路の小学生から老人に挨拶をするようになった。 夏休み明けは元にもどった。 挨拶はされなくなった。 冬になる頃にちょっとまた挨拶が返って来るようになった。 これは大学に通っていた頃のはなし。 今も老人達は交通パトロールに励んでいる 私の父も交通パトロールに参加している。 挨拶がどうなったかは知らないが、 私の父はおはようというコミニュケーションに対して、無視というのはずいぶんケチで短気な仕草だと思うタイプなので 昔取った杵柄で無理矢理、小学生から挨拶を引き出すだろう。引き出すまでずっとついてくるからな。うちの父。 いいぞ。父よ。 挨拶と理不尽と粘りを教えてやるといい。 今日、原チャリで、交通パトロールの方の前をとおろうとすると丁寧にお辞儀をされてしまった。 その方の年齢からみれば、私の年頃のオッサンなんて金たまのなかの子種みたいなものだと思うが、そんな風に扱うようすはなく小学生にも同様に接していた。 どうやったら年下にも気を配り 礼節をわきまえることができるのだろうと時折おもう。 ああなりたいなぁとハンドルをふたたび握る。

scroll


作成日時 2021-06-22
コメント日時 2021-06-28

通学路? ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 752.2
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 3
#ビーレビ杯不参加 #縦書き
項目全期間(2021/09/20現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性11
エンタメ11
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント33
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性11
 エンタメ11
技巧00
音韻00
構成00
総合33
閲覧指数:752.2
2021/09/20 20時44分59秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

通学路? コメントセクション

コメント数(10)
三浦果実
作品へ
(2021-06-22)

こんばんはみうらです これいい。 内容がいい。レトリックとかないエッセイだけれども読ませてくれた満足感あります。鈴木海飛さんの独自の視点も感じる。

1
鈴木 海飛
三浦果実さんへ
(2021-06-23)

ぼんやりテキトーに書いてみました。お読みいただきありがとうございます。 技術はありませんが 私のエセーでおふざけの、お暇潰しできたら これ幸いです。

0
まさ
まさ
作品へ
(2021-06-23)

私が小学校の頃、通っていた通学路には 交通パトロールの方がいるポイントが2か所あって、 そのうち1か所は挨拶していたのですが、 もう1か所のおじさんにはなぜか挨拶できませんでした。 自分でもなぜかわからないのですが、どこかであいさつする タイミングを逃して以降、できなくなってしまったんだと思います。 そのことを今でもおじさんに申し訳ないなあと、後悔しています。 そのことを思い出しました。 すばらしい熱量の詩を読ませていただき、ありがとうございました。

1
白萩アキラ
作品へ
(2021-06-23)

> これは大学に通っていた頃のはなし とか > いいぞ。父よ。 とかの前後、過去や空想が現実とごっちゃになっていて、取り留めのない感じになっているのが何だか好みです。 > ハンドルをふたたび握る その瞬間に思い巡ったことをそのまま書き出したような印象を本作から受けました。 最後まで飽きずに楽しめたので、読んで良かったと思っています。

1
鈴木 海飛
まささんへ
(2021-06-25)

昔、できなかったことって もしかしたらつまらないことだけど いつかんl将来の宿題となって、 自分の心に寒天みたいにぷるぷるしているときがありますよね。 普段は顔を表さない宿題なのに 心の温度が変わると 形をなしてくるというか なんというか まぁ、そんな感じの文でしたね。 あっはっは。 そうそう宿題といえば 先日、ドラクエ5でモンスターを仲間にできるのですが、小学生の頃に難易度が高くて出来なかったメタルスライムとバブルメタルを仲間にしました。 人生がまたひとつハッピーです。 あっはっは。

1
鈴木 海飛
白萩アキラさんへ
(2021-06-25)

今まで詩を書いてきて、どんな文章も即興で書いてきたのですが まぁ、でたらめな文章だなー。 あっはっは、と思うことがあります。 アキラさんのご明察通り、その場で書きました。 たしかなんか仕事で呼ばれたんですが、二時間くらい手待ちの時間ができたのでなんとなく書いたのです。 ふふふ。てきとーでしょ♪ 最後まで読んでいただいたことに 感謝です。 またどうぞよろしくお願いします。

0
沙一
作品へ
(2021-06-27)

なんの衒いもなく、おもしろい読み物でした。 正直、ちょっと扱いに困ってしまいますね。おもしろいことはおもしろいのですけど、これは作品として文章が洗練されていないし洗練させる気もないのだと察せられて、誉めるに誉められないし、かといって批判する気にもなれない。たとえば「さあ、おれを殴れ!」なんて無防備で来られたらかえって毒気を抜かれてしまうものです。

0
鈴木 海飛
作品へ
(2021-06-28)

沙一さんの毒気を抜かれた感想が 実はわたしには良薬であり、 苦味にもなったかもしれません。 あっはっは。 もうちょっと丁寧に書かないとですよねー。 じゃ、次はそばのお話でもしますか。 お楽しみに。

0
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-06-28)

こんばんわ。 こざかしいが繰り返されて、この文章自体がこざかしいみたいでなんだか読むのがしんどくなっちゃいました。なぜなんでしょう?私が薄味がすきだからなのかな。

1
鈴木 海飛
cold fishさんへ
(2021-06-28)

いえ、そのcold fishさんの感覚が正解だと思いますよ。 こざかしいという感覚が するどい方ならば この文章にあるこざかしさを看破するだろうなと ちょっと思いあたるフシがありました。 しんどくさせて ごめんねー。 まいどー。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2