森羅万象、待ったなし - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

森羅万象、待ったなし    

天国へ届きそうなゆらりとする灼熱を覚えていますか 去年の夏はきみに三度会いました それから冬に、一度パキンと折れたはずでした たしかその頃、 夜真っ暗の天井隅、きみのふたつの黒目が恐ろしい穴でした 過ぎるとまた夏に来ていて、幾重幾重、蝉時雨の重圧の向こうから、 蒼いワンピースを着た去年のきみがしなやかに歩いてやってくるのを、やはりずっと待っていたのでした みいん、みいん、去年の蝉は還った、よ 今年、家庭菜園をはじめました きみが夏に乗じて生えてくることを祈って、水を遣っているのです グングンと永くなることを信じて、太陽をあてているのです 森羅万象、待った無し 灼熱の夏、蝉時雨、ゴウヤアの門をくぐりぬけたあのとき きみへの信仰がひらけていました


作成日時 2017-08-31
コメント日時 2017-09-07

森羅万象、待ったなし ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 434.1
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2021/04/18現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:434.1
2021/04/18 00時30分17秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

森羅万象、待ったなし コメントセクション

コメント数(12)
まりも
(2017-09-01)

〈天国へ届きそうなゆらりとする灼熱〉〈それから冬に、一度パキンと折れたはず〉〈夜真っ暗の天井隅、きみのふたつの黒目が恐ろしい穴〉・・・ 言葉の軽さと、ある種、ショッキングなイメージの取り合わせに驚かされます。 〈きみが夏に乗じて生えてくることを祈って〉この一行にも驚かされました。 再会を願う願いが、植物の成長に託される、いつのまにかずらされる。 青いワンピース、ではなく、蒼いワンピース、であるところ・・・土の中から生まれて来る蟬のイメージが挿入されるところからも・・・死者との再会を切なく願っているような読後感へ誘われていきます。 〈ゴウヤアの門をくぐりぬけたあのとき〉ゴーヤ、ニガウリ、なのでしょう、植物種としては。しかし、苦瓜という言葉のイメージに、更に業火や劫火の門をくぐり抜ける、という殺伐としたイメージが重なります。 詩/死に灼かれた夏、というのは、読み過ぎでしょうか・・・。いずれにせよ、軽いタッチの言葉遣い、驚きに溢れた、遊び心のある展開、コンパクトにまとまっているのに予定調和に収まらず、しかも、死者との再会を祈る、という影のテーマが(無意識的にかもしれませんが)仄見えるところなどが良かったと思います。

0
武田地球
(2017-09-01)

まりもさん こんばんわ。 最近は詩は読み手のもの、解釈は自由だ、とおもうのですが、今回の解釈にはいつも以上に色々驚きました。 特にゴウヤアが「業」だとか「苦」とか、詩が「死に灼かれた夏」とか全く意図していないものに解釈されることにまた「詩とはこういうものなのか!」と発見をしてニコニコしています。 作り手の意図と読み手の解釈が著しく乖離するとしたら、それは作り手(わたし)の伝達する能力に起因しているのかなあと、これも今回発見しました。 無意識と云えば聞こえはいいですが、無意識でも思っているのか正直まだわかりません。いつも言われてから気が付くので、もしかしたら段々わかってくるのかもしれないです。 いつも読み手の深いところまで潜っていくようなまりもさんのレスに感謝しています。色々教えられているよう。ありがとうございました。

0
前田ふむふむ
(2017-09-02)

こんにちは。りさん。 この詩の 「きみ」は神様いわゆる、キリスト教などの一神教の神ではなく、 森羅万象をつかさどる、八百万の神のような自然神を、感じました。 語り手は、その神に対する、信仰心の遍歴を語っているように感じました。 「去年の夏はきみに三度会いました」 信仰で、神を感じた瞬間なのでしょうか。 「それから冬に、一度パキンと折れたはずでした たしかその頃、 夜真っ暗の天井隅、きみのふたつの黒目が恐ろしい穴でした」 神に対して、疑いの念を持ち、信仰心が折れたのでしょうか。 疑いのため、神と思ったものが、恐ろしいものに見えたのかもしれませんね。 「蒼いワンピースを着た去年のきみがしなやかに歩いてやってくるのを、やはりずっと待っていたのでした」 信仰心の復活を予感させます。 大好きな人を待っているように、重層的に読める、 この詩のとても、美しい場面だと思います。 「きみが夏に乗じて生えてくることを祈って、水を遣っているのです」 僕は、ここを生えてくる野菜も神であるという、日本的な神を連想しました。 「きみへの信仰がひらけていました」 最後に信仰心が、確固たるものに、なったのでしょうか。 僕の読みで、誤読もあると思いますが、 そのように読めば、 とても、重い内容であるのに、若々しく、ポップなくらい軽やかに、 語りきっている、そこが、この詩の最も魅力的なところだと思いました。 「今年、家庭菜園をはじめました」 ここで、詩の場面が変わりますが、 その展開が、軽やかな語りと、合わさって、 みずみずしく、新鮮でした。 比喩もとても、大胆で、効果的でもあり、魅力的でした。 短い詩であるのに、とても長い物語が、含まれているような 深い含意がある詩ですね。 以上が、 僕の感想でした。

0
武田地球
(2017-09-02)

前田ふむふむさん こんにちわ。 いつも思うのですが、詩人の方たちの感想・批評そのものが、非常に詩的であり深い含意がありますよね。それをもって詩が完成する気持ちがあります。 最近、読み手と受け手を考えているのですが、受け手のみなさんのイメージをぶわーっと膨らませることができるのがいい詩なんだなあ、とふむふむさんの感想を読みながら思いました。 (当たり前かもしれませんが、詩歴の浅いわたしにとっては体感を伴っての新鮮な発見だったのです・・!) 詩については、ふむふむさんの仰ることの10分の1は意識して書いていましたが残りは意識して書けてはいなかったように思います。 けれど意識して言語化できていなくてもそれなりに破綻なく繋がりがある、とふむふむさんに読んで貰えたら、この詩も光栄だとおもいます。 8月中に投稿したかったのでえいっと投稿してしまったのですが、もう一度向き合ってもっともっとうつくしく書き直したくなりました。 自分の思想、簡単に意識化・言語化できないところのものを丁寧に言葉にしていきたいです。 コメント大変勉強になりました、本当にありがとうございました。

0
前田ふむふむ
(2017-09-02)

こんにちは。り、さん 書き直すと書いてあったので、一言、 リ、さんの詩の良さは、大胆さと、軽快さです。 変に理屈っぽくない、若々しさです。 皆に理解してもらおうと、コジンマリ、まとまった様な 詩は書いては駄目だと思います。 すばらしい可能性のある個性がなくなります。 大胆な詩を、どんどん書いてください。

0
武田地球
(2017-09-02)

ふむふむさん 度々ありがとうございます。 なるほどと納得しましたが、あーすればよかった、こーすればよかった、とはもやもや考えたりもしています。 「大胆な詩を、どんどん書く」がんばります!

0
右肩ヒサシ
(2017-09-02)

りさん、こんにちは。 僕の解釈ではですね、これは去年亡くなった「きみ」へのレクイエムですね。去年の蝉、今年の蝉というのは古代エジプトのスカラベと同じで輪廻転生の象徴なのです。去年の夏三回会った「きみ」は今は死んでいて、森羅万象の理に従い六道を経巡っている。源信の「往生要集」で描かれた地獄図のなかにいるのかもしれません。「往生要集」では地獄の滞在期間は気が遠くなるほどの長さになるのですが、そこでの「無限」とは意識の持つ感覚であって、「きみ」の転生の外側に立つこの詩の書き手にとってみたら、待ったなしの速さで奔流のごとく流れる生命が早くもこの世に「きみ」を押し出そうとしているようです。自然の時間的流れというものが個人の死別体験にシンクロすると、こんな感覚を得ることができるということでしょうか?

1
武田地球
(2017-09-02)

Migikataさん こんばんわ。解釈、興味深く拝見しました。 抽象的な概念やそれに伴ってなんとなく見えた風景をわたしなりに描写したつもりですが、そこから先の意味付けは充分にできませんでした。 絵画をみてそれをどう捉えるか何が表現されているかって、割と受け手に委ねられているのが赦されているように思います。 詩についてもそういう感じであってもいいのかと思う反面、無責任のようにも思うし考えたらわからなくて情けなくて、本当に胃が痛くなります。 なんとなくですが、「きみ」はわたしのすきな人たちの集合体なので実際は死んではいないとおもうのですが、けれど別れというのは必然なのでそういう意味でわたしはもうきっと彼らを殺しちゃってるんですね。 そういうことが自分の詩に書かれていてそして伝わっているとおもうと、とてもさみしくなりました。 詩を書くときだけでなく解釈を通じても、自分の深層心理と向き合う気持ちがしています。 正直な気持ちを書いているのですが、奇妙なレスポンスになってしまいました。コメントありがとうございます。

0
AB
(2017-09-07)

いいなぁ、と思います。 思い出すでもなく浮かんでくる情景と、日々を暮らしてゆく、ちゃんと生きなきゃ と思えました。

0
武田地球
(2017-09-07)

仲程さん こんにちわ。 そういう情景を浮かべて読んでくれたらなんだかありがたくて、きっとこの詩も幸せになります。 (妙なことばを使わないでまっすぐに書けばよかったとおもったりしました) コメントありがとうございましたー!

0
夏生
(2017-09-07)

余韻、香り、温度を感じる一篇でした。この詩の中で呼ばれる「きみ」が植物か昆虫か、人物か、曖昧になっている感じが 夏のかげろうを見ているようで、不思議なかなしみがあって印象的でした。

0
武田地球
(2017-09-07)

夏生さん こんにちわ。 余韻・香り・温度。 わたしもそういう感受性をもって詩を書いたり読んだり感じたりしたいと思いました。それと今まで詩から「香り」を感じたことがないように思ったので、自分の詩ながら嬉しいです。 夏の終わりにはこういうことを感じる気配が漂うのかもしれませんね。コメントありがとうございました!

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1