愛とウイルス - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


愛とウイルス    

愛も夢も信仰も「みえないから無い」と決めていた。 ちょうどその頃、やっぱりみえないウイルスがやってきた。 さっき外に出たら桜が咲いていて、今日はとても青い空で、まちがいなく春だ。 それなのにイタリアの病院のベットの上では、わたしと同じくらいの年の男が呻いている。 アメリカの大統領は「わたしは戦時中の大統領だ。」と言っている。 イギリスでもフランスでもスーパーから物が消えて、街には人も猫もいない。 わたしももうじき、この家から一歩も出られなくなるのかもしれない。 とてもえらい教授が言った。 「非常識を承知で例えると、空から次々と焼夷弾が降ってきているような状態です。」 なんだかなあとおもった。 まだわたしの街には、たくさんの人が歩いている。 愛もウイルスもみえない。 もしも愛がみえていたら、きっと戦争なんかとっくに無くなっていたのだろう。 もしもウイルスがみえていたら、わたしはどうしているだろう。 ずっとむかし、Imagineを歌いながら、大好きな人と夜の道を歩いた。


作成日時 2020-03-24
コメント日時 2020-03-31
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

愛とウイルス ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 20
P V 数 : 1368.9
お気に入り数: 2
ポイント数 : 14
#現代詩
項目全期間(2020/04/02現在)
叙情性7
前衛性0
可読性5
エンタメ1
技巧1
音韻0
構成0
総合ポイント14
 平均値  中央値 
叙情性1.41
前衛性00
可読性11
 エンタメ0.20
技巧0.20
音韻00
構成00
総合2.82
閲覧指数:1368.9
2020/04/02 14時05分56秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

愛とウイルス コメントセクション


コメント数(20)
沙一 (2020-03-24):作品へのコメント

地球さんの詩としては、文章にキレがない。しかし、語られていることは、とてもよくわかります。ウイルスも、愛も、あるいは神や、魂も、目には見えないけど、私たちの生はそれらに影響されている。ちいさなエッセイとして、上質であると感じます。 金子みすゞの詩「星とたんぽぽ」の一節を想い起こしました。 見えぬけれどもあるんだよ、 見えぬものでもあるんだよ。

0
武田地球 (2020-03-25):沙一さんへの返信

おはようございます。キレがない、なるほど、とても勉強になります。 投稿したとき、わたしは考えすぎていました。すこし落ち着いて詩を書きたいのですが、まだどうも頭がうるさいです。 星とたんぽぽのご紹介、ありがとうございます。うれしいです。 自分ではエッセイと思ってます、またがんばります。

0
みうら (2020-03-25):作品へのコメント

imagineを私も新作に使っていて、しかも同じ日の投稿という、imagineのその偶発さにびっくりしました。私もそうですが、地球さんも普段はあまり世間で騒がれている事件などには言及されないというか、少なくとも自身の作品に使うことは無いと思うのです。ところが、今ある世界の空気は、不気味さを持って私たちに表現をせよと、迫ってきました。 忌野清志郎のプロテストソングがいいのは、とても個人的な身体的な不快感を示しているからで、今回の作品、この作品にあるべきであろうその個人的身体的な不快感の表明が、ギリギリあると思いました。ギリギリなので、もっと個人的な不快感を入れてもいいかもしれません。

0
帆場 蔵人 (2020-03-25):作品へのコメント

最終連と最後の二行に真情を感じましたがそれ意外は時勢にひっぱられてしまったように感じました。正直なところ作品としてはまだ武田さんのなかで熟していないものを雑然と並べておられるのではないでしょうか。例えば、 なんだかなぁ、と思った などは文章のリズムを止めてしまってないでしょうか。そのあとに来る、 まだわたしの街には、たくさんの人が歩いている。 と、いう文章で語尾を まだわたしの街には、たくさんの人が歩いているのに。 と、結ばれるだけでいいと感じます。 前回の作品コメントへ返信頂いたときにうまく書いてみようと、と言うような趣旨で書かれていたかと記憶していますが、もしかすると今はそういった模索をされている段階なのかもしれないと考えながら、imagineの二行は素晴らしいなぁ、と読み返しております。

1
武田地球 (2020-03-25):みうらさんへの返信

わたしのimajineとみうらのimajineはぜんぜん違うimajineで、とにかくすごく、ものすごく明確に嫌なんだけど、そう思うわたしがまったくimajineじゃないから、その点はいろいろ考えさせられた。 たしかにわたしはメッセージ性のある詩はあまり書かないかもしれないです。けどわたしには不快感を入れる必然性はよくわかんないです。 いつも読んでくれてありがとう。

0
武田地球 (2020-03-25):帆場 蔵人さんへの返信

時勢に引っ張られてるのはその通りだとおもいます。わたしは医療福祉の仕事をしているのですが、詩中にでてくる教授(北大の西浦教授)が、23日に出した焼夷弾云々のメッセージに大変な衝撃を受けました。涙がでました。 それをどのような形で、詩作にできるかを考えて書いていました。なので熟してないのもご想像通りです。 いろいろご指摘ありがたいです。うまくかけるようになりたいと思う反面、自分勝手に自分らしくすきに書きたいとおもったり、あと今回みたいにも伝えたいことを書いてみたいし、まだ色々定まらないとおもいます。また教えていただけたら嬉しいです。がんばります。

0
黒髪 (2020-03-25):作品へのコメント

見えないから無いと決める理由は、明確にはわかりませんでした。 ウイルスがやってきたから、見えなくてもあるものがあるとわかった。 話者のその二つの状態の間の変化は、明確にはわかりませんでした。 イメージしようとすることが、あるときは拒否されたり、あるときは歌われたりして、両方の在り方をもたらす。 それらを見逃さない、とてもよい生き方をする人が、知らなくてもたくさんいることをイメージしたい。 必要なことを身につけてきて、ときには人を救ったりする。 救われる多くの人は、救う力も持つ。 知ることができない状態から、いつでも自分は損なわれないで変わりうる。 イマジンは、つなげていく歌でもあった。 誰であっても人はそんなに大きな違いがあるわけではないけれど、自分の生き方は大きく違ってくる。 その理由は、たくさんあるはずだと思いますが、自分は大きく変わるということを、信じられること、 そういった愛を、持つことができる気がしました。 大人と子供が人の内面に存在すること、自分と人が自分と世界という形で存在すること、それらが何らかの内的駆動力をもたらし、 知りうることの限界線をもたらす、というようなことを考えました。 そして、その限界線を広げてくれるものを、僕は求めていると感じました。

1
帆場 蔵人 (2020-03-25):武田地球さんへの返信

僕も社会福祉関係者でしてそう言った発言には激しい衝撃を受けている現場にいます。恐らく武田さんもそうなのだろうと他所での言葉を読んで思っておりました。 ただ衝撃を受けた事をそのまま書かれたのは読み物としてどうなのだろう、かと疑問を呈した次第です。現実の描写が詩では無いと思います。 また詩でなくエッセイだとしても安直な印象を受けました。たぶん、僕と武田さんは詩歴?も変わりませんし、教えられるほど器用でもありません。もし自分ならこう書くのだけれどとしか言えません。それを武田さんが読まれて糧になるようであれば嬉しいのですが。 見えないものは愛やウイルスだけでなくて、また僕などすぐに見えてるものまで見失ってしまうのでもっとこのテーマなら深く考えられるかなぁ、と思いました。 この緊迫した時勢が一刻も早く終わるといいですね。それでも様々な悲劇が現在進行形で起きていると思うと辛いものです。

1
武田地球 (2020-03-26):黒髪さんへの返信

わたしが書き切れていない詩の隙間にあるものを丁寧に考えてくれてありがとうございます。 わたしには黒髪さんのように、想像力を巡らせて詩を受け取る力がないようにおもい、羨ましいです。 イマジンはいい曲だとおもいます。限界線をひろげていくもの、わたしも探し出したいですし、 今すでにあるものをちゃんと見て、生きていきたいです。

1
武田地球 (2020-03-26):帆場 蔵人さんへの返信

たびたびうれしいです、ありがとうございます。 わたしは詩とかエッセイとかあんまりわからないし、正直考えてはいないのですが、形式が定まらないと中途半端になるのかもしれないですね。何をどう伝えたかったのか、よく考えてみます。 帆場さんに限らずですが、ここで詩についての話しを聞くこと、それを通じて振り返ることは、わたしにはまちがいなく糧になっています。 詩のはなしをするのは楽しいです。 つぎもまたがんばります。 同業者さんですね。 ほんとうに辛い日々ですが、お身体大事にお仕事がんばってください。

0
トビラトビラ(2020-03-26):

そうですね。 Imagineは、ジョン・レノンのImagineだという解釈でです。 コロナウイルスがこれだけ急速に世界に流行したのは、それこそ人の行き来が容易だから。 つまり、Imagine的な国境の無い世界じゃないから広まったんじゃなくて、Imagine的な国境を越えやすい世界だからこそ広がりやすかった。 そういう意味で、Imagineとコロナウイルスは、扱う上では相性がいまいちよくない気もしたりしますね。 たぶん、焼夷弾=戦争→Imagineという思考の流れがあったように感じるのですが、選択として、ちょっと短絡的だったかもしれませんね。 詩を読んでいくと、全体的に意識が自分の外に向かってるような印象も受けます。 つまり、外向的な方なのかな?と思います。 ただ、だからと言って、物事の捉え方が散文的ではなく、むしろ抒情的。 これは物事に抒情を感じているからだと思います。 どういうことかというと、物事を知性で把握するというより、感性でとらえている。 そういう優しい眼差しを持っていられる方なんだと思います。 ただあえて言うなら、もしかしたらですが、ちょっと情に流されやすい所もあるのかな?とも思います。 内容を見ていきますと、幸せな私たちの生活と、不幸な海外の人たちの生活。 そして、静かに危機に瀕しているかもしれない私たちの生活。 図式としても、ちょっと安易さは感じますね。 僕が思うに、武田さんはもっと、自分の気持ちを大切にしてもいいのかもしれない。 それこそ、人の気持ちとか心とかを大切にするのと同じくらいの想いで。。 ちょっときつい言い方をすると、中途半端な優しさは、かえって相手を傷つける。 そして、自分も傷つけてしまう。 だから、もっと自分の内面と向き合ってみた方がいいんだと思います。 大丈夫ですよ。 これだけ優しい方なんだから。 中をのぞいても悪いものは出てきたりしないです。 出てきたとしても、ちゃんと対処できます。 だから、自分を大切にしてください。 自分の人生を大切にしてください。 大丈夫。 何も失っていないから。 武田さんはちゃんと武田さんのままだから。 大丈夫ですよ。 これから、ここでお便りを読ませてくださいね。 * 「エンタメ業界が死滅しそうなんですが?」 前にコメントでも取り上げた美波さんのツイッターを見ると、名前にちなんで373円のライブを開かれていて、この現状に何か行動を起こしたいんだなと感じます。 ただ、やっぱりこの状況での箱物は、悪手ではないかとも思う。 だから、僕が思うのは、もっとテレビを再活用するのが鍵になるじゃないかと。

0
武田地球 (2020-03-26):トビラさんへの返信

こんばんは。お人柄が浮かぶコメントありがとうございます。 わたしとしてはimajineは曲の通りに、想像力とか思い描くいう意味で、 愛は想像力がないとみえないし、ウイルスも想像力がないとみえないから、おなじだなあと思いました。 改めておもいますが、言いたいことをうまく伝えられるように書くのは難しいです。 わたし個人に関する分析の部分、うれしくたのしく拝見しました。詩はいろいろな読み方がありますね。当たってるところ、当たっていないけれどそうありたいと思うところがあります。まえむきに今後の糧にしたいです。 最後にお手紙読んでくれるお気遣い、ありがとうございました。

0
stereotype2085 (2020-03-28):作品へのコメント

これは…、ちょっとコメントするのご難しい詩かもしれないですね。筆者様の作品はよく存じておりますが、筆者様は、市井のどこの誰にも光を当てられないであろう人に、スポットを当てるのがとても上手い作品を多々作っておられて、大阪のミャンマーなどはその典型かもしれませんが、その「世界の片隅」の情感がえも言われぬ余韻に繋がっていたのです。対してこの詩ではイギリス、フランス、アメリカと世界各地へ視点、視線が行っている。実際私もそのような詩がすきなのですが、この詩では惜しくも、どこがどうというわけではありませんがまとまっていないように感じました。ひょっとしたら世界目線を大きく持つのが筆者様は不得手なのかな?と一瞬失礼ながら思いもしました。しかし最後の段、ずっと昔の話は作者の真骨頂でもあるような表現、すっと胸に染み渡りました。

0
武田地球 (2020-03-28):stereotype2085さんへの返信

ご無沙汰しています。コメント、すごくうれしかったです。 今の世の中に言いたいことがたくさんあり、かと言ってそのままいっても届かないからうまく詩にしたいのです。ポエムにしたいのです。そんな気持ちがあります。 わたしのことも市井の人のことも書きたいです。 それから、宇宙も神さまもいのちも、今の社会や世界のことも、ぜんぶ書けるようになりたいです。 上手にかけなかったけれど、すごく遠いとはおもっていないから、またがんばります。 ヒントや気づきがたくさんありました。ほんとうにありがとうございます。

0
花緒 (2020-03-30):作品へのコメント

詩を書く人が書いた詩ではないものとして読みました。詩を書く人ならではの詩情が漂っています。 詩を書く人が書いた詩ではないものは、詩を書かない人の書く詩でないものとはやはり何かがはっきりと異なっていて、だから私は、詩を書く人はもっと詩ではないものを沢山書いてみるべきだと思うのです。 詩を書く人の書いた詩は、残念ながら、詩を書く人からも、詩を書かない人からも、あまり読まれることはありませんから。 さて、日本でもはっきりと巷で言うところのオーバーシュートというヤツが始まっているみたいですが、1ヶ月後、半年後、1年後、あるいは数年後、この書き物を読み返してみて、私たちは何を思うのでしょうね。あの時は、能天気なことを言っていたなと思うのか、変に怖がるばかりだったと思うのか、あるいはもっと違うことを思うのか。その未来の感覚と、共鳴し合うところがこの詩ではないものにあるのか、ないのか、未来がどうなっているのか知るよしもない今の私たちが思う未来の感覚とこの作品が共鳴しているのか、難しいことを考えはじめると、私はとたんに疑問符を覚えます。良くも悪くも、この作品は批評することには適していないのです。

0
藤 一紀 (2020-03-31):作品へのコメント

おはようございます。私はimagineというとベトナム戦争をもとにした映画『キリング・フィールド』を思い出すのです。エンディングで流れていたから。ショックだったので未だに覚えています。 コロナウィルスに対する発言では戦争と絡めたものがありますね。昨日も「長期戦」という言葉を聞きました。戦争と絡めることで非常時であることや自粛統制といった戦時下のイメージを作り出しているかのようで違和感を覚えます。その点では《imagineを歌いながら、大好きな人と夜の道を歩いた。》という二行とは方向が真逆で、この二行の哀しみや重みが伝わってきます。ひとつわがままを言うと、この二行が機会的には作品を感傷で終わらせてしまいかねないところでしょうか。その記憶を支えに前に出るという「わたし」の選択も見えたらな、と思いました。

0
武田地球 (2020-03-31):花緒さんへの返信

コメントありがとうございます。 「詩を書く人の書く、詩ではないもの」と言って頂き、うれしかったです。 前半部分、まさにその通りだと感じます。わたしも常々、普通に生活をしている人に届くことばを書けたらいいなあと思いますし、それはどうもカチッとした現代詩ではないように感じています。 世の中は残念なことに変わっていくように思います。これからは作られる映画や音楽や詩も、必然的に変わっていくのではないかなとおもいます。 ドイツのメルケルさんの演説なども、わたしは胸に迫るものをかんじました。そのようなことばを書いていくのも今の時代の詩人の務めかなあと考えたりしました。わたしはそのような力量があまりありませんが、書いてみたことは+になりました。 批評する事に適してないということがどういうことかわからなかったのですが、頭の片隅に置いておいて、頑張って自分で考えます。花緒さんもご自愛ください。

0
武田地球 (2020-03-31):藤 一紀さんへの返信

コメントありがとうございます。 ご指摘の通り、感傷で終わらせることで意思表明がない作品だと思います。 わたしの選択や意思を書いてしまったときに、わたしの力量ではどうも詩情からはかけ離れていく、読むに耐えない作品になってしまいそうな感じがして、これ以上書けませんでした。 現実感を持ちながらどれだけ詩に落としこんでいけるか、考えていきたいです。 最近は各国首脳や首長のスピーチや医療関係者や市民のメッセージをよみ、人生についてと人に伝えることについて、学ぶ機会がとても多いです。自分なりに誰かに届く詩文をうまく書けたらいいなと思います。藤さんもご自愛くださいね。

1
tOiLeT (2020-03-31):作品へのコメント

『見えない』と言えば詩や詩情?というものも言葉に出来ないなにやらを見えるようにするものなのかな、などと思いました。 今日この時点の自分にとってはすっと入ってくる作品でしたが、やや物足りないなどの意見もあるようですね。 私にアドバイスなどを送る力量は全くありませんが、 『見えない』というのを更に『詩情』などと絡めても面白いのかな? などと勝手にヒントを得たような気分になり、得した気分になったまま去ります。

0
武田地球 (2020-03-31):tOiLeTさんへの返信

すっと作品が入ってくれたとのこと、嬉しいです。 詩を書くときには、ことばに濁りや嘘がないことを心がけています。 そのためメタな視点ではあまり詩をかけないのですが、コメントに頂いたように複層的に詩を書く練習もしてみたいとおもいました。 ヒントを得て去ってくれたら、よかったです。来てくれて、とてもありがとうございました。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1