表裏 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


表裏    

起伏の眠る、山は海 (希望は耳を通り過ぎる) 往来の山に、風は吹く (采の目は続かない) 点橙虫は、導べの成り損ない (右腕に、留まった) 不意の中で血管は伸ばされて、 繋がらない冬は目を回る。 震源の無くなった道を踏み潰して、 気管肢の湿気は脆くなる。 前転したまま深青を目指す島の群れ、 巻き戻す日々の跳弾を飲み干して、 迷路を作った偶像の、その中心を喰らふ。 酩酊を前にした動物園の、 右端に住まう。 手持ちの金貨と、明後日の銀貨 再度落ちた、鈍色の、繭 底抜けの血溜まりの、深度は一寸 耳に触った、女の爪の、欠けた模様 記しとなった蝶の心臓の、その静謐の音に 少女が一人、手を伸ばす。 無一文になる少年を前にした稜線と、 不義理であることを願おうとするその傲慢と、 虹の境界で会ってはならない。 見えざる手とは、私のことだ。 球は、動かねばならない 球は、留めなければならない 球は、最後を知らなければならない 球は、不文律でなければならない 球は、歩いてはならない 球は、私たちを纏わねばならない 球は、僕たちを忘れねばならない 球は円 球は玉 球は、側面、を拒絶しなければならない 球は、目の前に、 球は、背後の前に、 目の奥の、泡、と呼ばれた、溝の辺り 最後の眠りがやってくる、その門の下 薙ぎ倒される提灯の群れを見た 小さな小さな、供物の子豚 手を引いて、声を連れて、耳は澄む 不死の山を乗り越える 木の一本が、目を閉じる。 立つことが、目の前で、おわる。


作成日時 2020-03-03
コメント日時 2020-03-26
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

表裏 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 3
P V 数 : 623.9
お気に入り数: 0
ポイント数 : 4
#現代詩
項目全期間(2020/04/02現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧22
音韻00
構成22
総合ポイント44
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧22
音韻00
構成22
総合44
閲覧指数:623.9
2020/04/02 14時46分16秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

表裏 コメントセクション


コメント数(3)
せいろん (2020-03-04):作品へのコメント

難解で深い作品ですね。 印象だったのは最後の一文もそうですが、 >点橙虫は、導べの成り損ない センスを感じました!!

0
黒羽 黎斗 (2020-03-04):作品へのコメント

0
ふじりゅう (2020-03-26):作品へのコメント

非常に複雑に作られた作品に思いました。注目したのは「球は~」のくだりで、ある種独善的な主人公、また何かの価値観で凝り固まってしまったような主人公が感覚的に伝わってくるところ、本作の優れた部分に思えました。 思うに、そこへ至るまでの詩文が、難儀すぎるのではないかと考えます。「起伏の眠る、山は海」など、どことなく言わんとするところは伝わるものの、核心を掴めぬままに詩文がどんどん進んでしまい、読んでいる最中にずっと引っ掛かってしまいます。複雑な文を思案することは詩ではよくあることで、それ自体に問題があるわけではないのですが、各詩句が本作の中心部分へ繋がっていないような(後に山の語句は出てきていますが、それが=海であるという定義に基づいている明示的な詩文が見受けられないような)感覚を覚え、全体としてみた時に語群が散乱しているような印象を覚えてしまいます。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1