作品投稿掲示板 - B-REVIEW
重要事項
お知らせ

卒業式   

作成日時 2020-01-03
コメント日時 2020-01-23

    砂漠で椅子を並べている僕の耳元で 佐々木さんがささやく 卒業生たちは丁寧に会釈をしながら 前方から順序良く着席していく 人は生きているとささやきたくなる だからいつか人は死ぬの と、佐々木さんがささやく ささやく佐々木さんの口から さっき食べたイチゴチョコレートの匂いがする 佐々木さんはイチゴチョコレートが好き なのではなくイチゴが好き なのではなくイチゴの香料が好き イチゴの香料のためなら死んでも構わないはずなのに ささやいているから まだ死ねない さ、さ、ささ、ささやく佐々木さん さ、さ、さささ、ささやかれる武田くん(僕、なお仮名) おさ、おさ、おさおさ幼馴染の酒井くん 〇ここで武田くん(僕、なお仮名)による酒井くんに関する述懐  酒井くんについて語ろうとするならば  僕の幼少期まで遡る必要があります  これでも僕は良くできた子供でした  気が利くし  特に工作などが得意でした  就学前にはそれなりのものを作り  何とか賞に応募し  何とか会長賞をいただきました  僕が酒井くんについて語れるのはこれくらいです  それから数十年が過ぎて  今、僕は砂漠で佐々木さんにささやかれています どこまでも広がる砂漠の真ん中で 僕はひたすら椅子を並べ続け 佐々木さんはささやき続ける 笹舟でも作りましょう 佐々木さんがささやく 卒業生のために椅子を並べ続けなければならないのに 笹舟を浮かべられる水の類もないのに 生きている人は気まぐれで どうでもいいことをささやいてしまう 着席した卒業生たちが行儀よく砂に埋もれていく 笹舟を作り終えた佐々木さんの冷たい手が 直射日光で火照った僕の頬に触れる そこに僕と佐々木さんの境界線は確かにあるけれど 佐々木さんとささやきは既に一体となって 見分けがつかなくない このままずっと椅子を並び続けなければいけないのか という絶望で心が満たされて幸せな気持ちになる 壇上は遥か彼方となり地平線に隠れそうなのに 滑舌よく卒業生代表の答辞を読んでいるのが 酒井くんだとはっきりとわかる    


項目全期間(2020/01/27現在)投稿後10日間
叙情性77
前衛性33
可読性00
エンタメ55
技巧11
音韻00
構成00
総合ポイント1616
 平均値  中央値 
叙情性1.81.5
前衛性0.81
可読性00
 エンタメ1.30.5
技巧0.30
音韻00
構成00
総合43.5
閲覧指数:790.7
2020/01/27 07時19分06秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。



コメント数(6)
羽田恭 (2020-01-03):

無意味なのに叙情性とユーモアを感じさせる、かなり高度な技術です。 とりあえず、ファンになりました。

たもつたもつ (2020-01-04):

羽田恭さん  読んでいただいてありがとうございます。ファン、ゲットだぜ。

夢うつつ (2020-01-06):

やば、やっぱり好きです、私もファンです、 酒井くん関する述懐、と言いながら、僕の説明しかしていないのがすごいツボでした。

たもつたもつ (2020-01-08):

夢うつつさん  読んでくださってありがとうございます。  気づいていただいて嬉しいです。  このままするーされたらどうしようか、と。

るるりら (2020-01-23):

人間が幸せになるための もっとも近道は、素直だと思うのです。 だから、アホを承知で 素直な感想を書こうと思います。 〇ここで武田くん(僕、なお仮名)……という表現て、はじめて見ました。 めっちゃメタ表現だと思う。おちゃめですね。たもつではなく、武田。そして、それは仮の名前なんでしょ。楽しいです。 卒業式って、おおくの場合は 出席簿の五十一音順のケースが多いです。なので、この詩は、砂漠というセオリーが崩壊した詩世界だというのに、佐々木さんと酒井さんが近い場所に座っているのが、懐かしい気持ちというのにになりました。さ行の列の隣の隣に武田君がいるのかなあ。いいなあ。 と、おもったのです。(かなり、ずれたコメントでしょうか?す すみません。ファンなので なにか言いたかったのです。ぺこり(礼))

ミリウェイズミリウェイズ (2020-01-23):

凄く…なんかこう、不思議な感じですがそれがすごく好きです。

ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら
投稿作品数: 1