「蕎麦っ食い」 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

「蕎麦っ食い」    

暖簾をくぐり、席に着く。 「もり大盛り」 静かに言う。 店員が厚手の湯飲みをことりと置く。 その半分を飲んでいるうちに蕎麦が運ばれてくる。 どんな蕎麦がくるのだろうか、初めて会う人を待つような心地よい緊張がある。 「お待ちどうさまでした」 いやそれほど待ってはいない。 四角いせいろの竹すの上に、細く少し透明感のある蕎麦がぷるぷると震え、体を晒している。 厳かである。 汁徳利から猪口に黒っぽい琥珀色の液体を注ぐ。 カツオの強い風味と、その周辺をおだやかに昆布の香りが満ち引きし、心地よい。 割り箸で適度に蕎麦をすくい、猪口に半分ほど沈み込ませる。 勝負の時だ、ゴングが鳴らされる。 この時に勢い良く蕎麦は啜られていることが戦いのルールとなる。 啜られて口中に侵入した蕎麦と汁は互いに対面し、口中の唾液に挨拶する。 汁のコクと香りが鼻腔を埋め、脳が可か不可かの取りあえずの判断を下す。 総合格闘技で言うならば、組み合った時の相手の強さと言うかそんなものを感じる瞬間でもある。 「うむ、強い」 そう感じ、次に麺を噛むという行為に突入してゆく。 まだ口中には汁の風味が残り、しかもそこに今度は麺の香りが突入し、さらに食感が・・・。 歯を立てるとプツンと切れてはいけない、ある程度の弾力を歯が感じ、そして断腸の思いで麺の断面が千切られてゆく、コシである。 このがっぷり四つ感が、最後まで戦いを続けさせ、残った屑のような麺を箸で丁寧にこそぎ、口へ促すのである。 この壮絶なバトルが終わったあとの清々しさは、まさにスポーツマンシップであり、出された蕎麦と私との間に友情が生まれるのだ。 その戦いを振り返る如くの所作が、湯桶に入った蕎麦湯を飲むことである。 相手の力量を賛辞するべく汁の味をも確かめ、そして麺から溶け出したエキスの蕎麦湯を楽しむのである。 暖簾を出て腹を叩く。 あらためていい戦いだった・・・と、しみじみ蕎麦バトルを振り返るのである。


作成日時 2019-10-05
コメント日時 2019-10-17

「蕎麦っ食い」 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 1000.7
お気に入り数: 0
ポイント数 : 282
#テキスト
項目全期間(2020/06/02現在)投稿後10日間
叙情性5856
前衛性00
可読性5653
エンタメ6060
技巧5353
音韻11
構成5454
総合ポイント282277
 平均値  中央値 
叙情性14.53.5
前衛性00
可読性142.5
 エンタメ150
技巧13.31.5
音韻0.30
構成13.52
総合70.58.5
閲覧指数:1000.7
2020/06/02 06時42分53秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

「蕎麦っ食い」 コメントセクション


コメント数(6)
渡辺八畳 (2019-10-06):

食事風景を詳細に書(描)き、それこそを作品の面白さとするスタイルをはじめたのは漫画家の泉昌之だと思っています。個人名のようですがこれでコンビ名でして、原作担当の久住昌之は『孤独のグルメ』を書いた人物です。 泉昌之のデビュー作「夜行」が発表されたのは1981年。以降、現在に至るまで模倣者は尽きません。そのなかにおいてこの詩は敵が多すぎる。既視感にて埋もれてしまうなぁという感想です。 ちなみに「夜行」は「夜汽車の男」という題で、「世にも奇妙な物語」にて映像化されています。 https://www.youtube.com/watch?v=WviKg1gUnug

0
yamabito (2019-10-06):

渡辺さん、おはようございます。 そうですか、既視感、という事についてはあまり自覚がなかったかなという感じです。 自分で行けるかな?と思った作品についてはほぼ思い込みで書いてますので。 しかし、ポイントもたくさんいただけて、私として良かったかな?と思ったりしております。

0
千才森 万葉千才森 万葉(2019-10-14):

 お邪魔します。  これまた難しいところを狙いましたね、というのが最初の印象ですね。コメント欄にある既視感というのを置いておいても、この手の描写はかなり難易度が高いと思っています。特に蕎麦は。  食事は誰しもが毎日必ず行う行為ですし、人それぞれこだわりがあったりしますから、読者に共感させ、さらに面白さを感じさせるのはなかなか。  ネット小説なんかでもたまーに見かけますけど、滑ってることも、あります。  作品について。安定感がある、というのが印象でしたね。これだけの腕があったら、どういうシーンを書いても、そう簡単に滑ったり寒くなったりはしないんだろうな~と思えます。スポーツと絡めるのは新鮮に感じられました。  それでも、お腹がいっぱいになるには、まだ物足りなさを感じました。うーん、蕎麦の魅力はまだまだありそう。個人的にはもう少し音が欲しいかなと。作ってる時とか。  うん、こうして読んでいると、やっぱり蕎麦の描写は難しいんだなと改めて感じます。  ただ、プロ物書きの食レポならともかく、素人さんの比率が多いサイトでは挑戦する方がまだまだ少ない(わたし個人の印象)ので、食事の描写が好きな方からすると、こういう作品は嬉しい筈。    個人的には、また挑戦して貰いたいなと思いますけどね。主人公を、老若男女様々変えて書けるようになると、新しい道が開けそうな気がします。険しいとは思いますが。 

0
yamabito (2019-10-15):

千才森さん、おはようございます。 滑る、という言葉が出たのでまず一言。 滑るというのは実に痛ましいですよね。 特に昨今のお笑い芸人の芸ですか。これは見ていて悲しくなってしまう芸もあるからきついです。 ただ、これも一般的に受けているという現状もあるから複雑ですよね。 プロの物書きさんの小説なんかも、これって恥ずかしいくらい…という一節もあるくらいですから。 次回は、少し毛色の違ったものを投稿予定です。 これも少し、食、という事に拘ったものを投稿してみますね。 お読みくださり、ありがとうございました。

0
帆場 蔵人 (2019-10-15):

ラーメンも良かったけれど、こちらも好きですね。確かに渡辺さんが言われたように孤独のグルメの作者を思い出しますが。皆さん、なかなかに険しいと言われていますがこれはこれで書かれていけば食を描く読み物としてはなかなか楽しく読める気がします。蕎麦もラーメンも時代時代で色々変遷しているので既視感から逃れて書く角度はどこかにあるような気がしますね。

0
yamabito (2019-10-17):

帆場さん、おはようございます。 こちらにも足跡を残してくれていたようで、ありがたい限りです。  実はこっちの作品の方が自信作とでも言いますか、専門的なんです。 その昔、山小屋(今でもやってますが)と手打ちそばをやってまして、私的には蕎麦は専門です。 ラーメンは食べる側の身として書いてます。 蕎麦は当時は繁盛しましたが、いろいろありましてやめています。 好意的な御批評、ありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1