ハルピュイア - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ハルピュイア    

青い鳥は星条旗にくるまれている 目かくしの春は殉教の歌 華奢な桜は髪のない姉のようだ あわせ鏡の迷い路に俗を脱ぎすてた素肌は香る 閏秒に隠れた時の刺客 いたずらな誤差はひとしずくの甘露 溶けてゆく燕の輪郭がかなしき真名を綴る 常世の月を恋うように東風は呼んでいる 退嬰的な愛が誰にも知られず濡れていた 鳥籠の文を音したら雨はしずかに抱くだろう 翼のないきみに淡雪の口づけを 花のいのちに星影の逢瀬を 死神に目かくしされる前に 玉響の二重唱を懇ろに


作成日時 2019-05-01
コメント日時 2019-05-16

ハルピュイア ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 1292.6
お気に入り数: 0
ポイント数 : 24
#テキスト
項目全期間(2020/09/24現在)投稿後10日間
叙情性73
前衛性32
可読性63
エンタメ22
技巧30
音韻10
構成20
総合ポイント2410
 平均値  中央値 
叙情性1.41
前衛性0.60
可読性1.21
 エンタメ0.40
技巧0.60
音韻0.20
構成0.40
総合4.83
閲覧指数:1292.6
2020/09/24 19時48分54秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ハルピュイア コメントセクション


コメント数(8)
エイクピア (2019-05-01):

>鳥籠の文を音したら雨はしずかに抱くだろう ここは意図的な間違いか、それともと思いました。「落としたら」「音したら」。なんとなく「音したら」と続く様なそんな気がしました。

0
沙一 (2019-05-01):

エイクピアさま はい、意図的です。 ものを〈落とす〉ことは、〈音す〉ことに通じているのだなと、常々思っていました。 〈訪れ〉が〈音づれ〉と通じていたり。 日本語の音韻の共通性は、奥深いですよね。 細かなところに注目してくださり、嬉しいです。ありがとうございます。

0
tOiLeT (2019-05-01):

前回の、ある種のストーリー性のあるものとはまた違い、 今回はストーリーというよりは詩的イメージを喚起する言葉の連続? それをそのまま味わうような詩なのかな、などと思いました。 そしてタイトルは想像上の生物であるハルピュイアですね。 恋愛もの、あるいは比喩としての恋愛的雰囲気もあるように思いますが、 タイトルの『ハルピュイア』とも相まって、一層幻想的ポエジーにも感じました。

0
沙一 (2019-05-01):

tOiLeT さま 本作は、一行ずつの連詩によって創られました。私が書いたのは偶数行です。 「ハルピュイア」は、作中話者をイメージして友人がつけてくれたタイトルで、私も気に入っています。人と鳥、異なるものの混じり合いは、本作そのものを象徴しているようで。 幻想的なイメージやストーリーを感じていただけたら幸いです。ありがとうございます。

0
せいろん (2019-05-02):

とても沙一さんのこだわりが出ている詩だと感じました。 あえて平仮名を使ったり、簡単な言葉と難しい(語彙力なくてすみません)言葉を混ぜてあるので興味深い内容でした。 上のコメントにもありますが、タイトルがいいですね。 私はいつもタイトルを付けるとき、作品中のフレーズを付ける脅迫みたいな念があるんですが、沙一さんはどうやっていつも思い付きますか? ぜひ聞いてみたいです。

0
沙一 (2019-05-02):

せいろんさん コメントをありがとうございます。 難しいというか、大和言葉だったり、俳句の季語だったり、古風な言葉は好きですね。連詩してくださった友人も、そのようです。 でも堅苦しいのはあまり好まないので、ひらがなや、やわらかいもので、ゆとりをもたせたくなります。 私は詩人の吉増剛造さんを尊敬しているのですが、氏は日本語のことを、怪物のような言語だと仰っていました。漢字、ひらがな、カタカナ、などが渾然一体となっている様は、たしかに怪物じみているかもしれませんね。また、このような言語を自在に扱えることに、悦びも感じます。 タイトルも気に入っていただき、ありがとうございます。考えてくれた友人にも感謝です。 タイトルは、その作品を象徴していて、一言でもピンとくるものをよくつけています。いつもそのかぎりではありませんが。

0
ふじりゅう (2019-05-14):

拝見しました。 自分の国語力や語彙力のなさを思い知らされるような作品でした。 読めねえ… どことなく和歌っぽい雰囲気も感じましたが、星条旗も出てくるので西洋も入ってくるのかなとも思います。 >退嬰的な愛 が非常に上手い表現だなと感じました。

0
沙一 (2019-05-16):

あらかじめ十四行と定め、友人と一行ずつ言葉を出し合い、未知の状態から、一つのイメージや物語が輪郭を帯びていく様を愉しんでいました。 その過程にもこの詩の本質が宿っている気がしたので、あとから大きな改変などはしていません。和洋折衷感はたしかにありますね。 褒めていただいた箇所は友人の書いてくれた行なので、とても悦んでいると思います。 ありがとうございます(^ ^)

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1