お知らせ

罪人レプリカ   

作成日時 2018-10-08
コメント日時 2018-10-16

眼を 抉りました ナイフで この眼はもう二度と 何も、映さない 醜いものが 私は、嫌いです けれど永遠にうつくしいものなどは 無いのだと解った 雪が降り積もっていた、うつくしい朝 夜には泥だらけで道端に除けられていた 全ての色を受け入れ拒んだ凛とした白が 汚れて、穢れて 右目を抉りました 春の雨と風で翌日の道一面に散った桜の 淡い薄紅だったうつくしいものが 踏みにじられ黒ずんだ無数の花弁 汚れて、穢れて 左目を抉りました 醜い 私には耐えられなかった この先も 死ぬまで、死ぬまでずっと醜いものを見続けるなんて 醜いものは、罪だ 罪が重ねらていく日常を否応なしに見させられるなんて だから 抉った 見なくて済むように 今、黒いうつくしい世界が茫漠と 私の眼には映っています もう何も 私の視界に醜いものはありません やっと安堵しました うつくしいものが 汚れ、穢されていく事ほど 無残なものは無い やっと、安堵したのに 何をそんなにあなたは嘆くのか解からない 私はようやっと、幸せになれたというのに 人間の中身もまたそのように 無垢なるものが 汚されて、穢されて それを人は成長したと 大人になったのだと 讃える 讃える、のだ だがその醜さも見なくて済む けれど 誰が何を言ったのか知らないが あの日突然あなたの 私を見る眼が変わったのを 私は視た 私は 何ひとつ、あの日もそして今日までも 変わってやしなかったのに 人は、つみ重ね聞かされる事により醜くなる事で讃えられ 或いはただのひとことであなたは遠ざかり 眼を抉っただけでは足りなかった 耳も、この耳も削ぎ落とさなければ 醜いものがこの身を侵す ナイフの切っ先を耳に押し当て 我に返った 醜さは、罪だ だがその罪から眼を背け 耳を塞ごうとしている私はなんなのだ 罪を正さなかった私はなんなのだ 無明の、無言の、世界にひとりだけ行こうとしている私は なんなのだ 私こそが、もしや 罪人ではないのか 醜いものから遠ざかろうとして 醜さの極地にいるのが もしや 私、ではないのか


項目全期間(2019/09/16現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:88.0
2019/09/16 05時32分43秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(14)
stereotype2085 (2018-10-08):

大変面白く読ませていただきました。目を抉るという猟奇的で自傷性に満ちた描写から始まり、醜いものを嫌う詩の書き手の心情が描かれていく。三分の一程度読んだところで、「いや醜いのは、醜さを嫌うこの方の内面にあるのでは…」との感慨が浮かび、その読者(stereo)の気持ちを裏切ることなく、気持ちのいい限りで「私こそが、もしや/罪人ではないのか」との最終連に入っていく。小説の良し悪しを決める一つの要素として、極々一般的に「読者が期待した通りに、痒いところに手が届くように描かれている作品は良品」というものがあるのですが、この詩にはその良品の基準が見事に当てはまると思いました。特別美しい語句を! 表現を! と躍起になっているのではないのに、全編を通して美しいです。

かるべまさひろ (2018-10-08):

僕は「無限ループ」とよく呼んでいるのですが、(過去の話なのですが)ある段階から自傷をしないことが自傷になる、みたいなことがありました。 なんかそういうひねくれてしまった路地へ入り込む最初のところを思い出しました。おもしろかったです。

ふじりゅう (2018-10-08):

拝見しました。 現代詩、というよりこれは、どちらかというと外国詩と言いますか、海外の詩人が書いてそうだな、という印象を抱きました。 内容ですが、「醜い」ものに焦点があてられた作品ですね。主人公は朝の雪景色や桜がまい散った後すぐの並木道などに美しさを感じていますが、逆にそれが人々によって汚され穢され「醜」くなっていくことを「見る」ことが耐えられないと言っています。右目を抉り、左目を抉る。という行動から、主人公は〈美しいものを見る〉より〈醜いものを見ない〉ことを選択したという、はっきり言って異常者である事が分かります。続いて「あなた」が遠ざかることで耳もそごうとする私。最後では「私こそが、もしや/罪人ではないのか」と、自らの罪を考えるに至りましたがその罪の出どころは「醜さの極地にいるのが」「私ではないのか」と、「醜さ」である事が語られます。結局どれだけ考えたところで〈醜さこそ罪〉という狂った理論が正されないならその方向は間違って進むしかない。 そもそもその醜さの定義すら常人から逸脱している主人公をただただ捉えた詩ではありながら、不思議なことにその詩は美しいのです。どす黒くない詩としての美しさがある。これが本当に素晴らしいと感じます。

桐ヶ谷忍 (2018-10-09):

stereotype2085様 こんにちは、ステレオさん。 三分の一程度でオチが分かってしまいましたか笑 私が読書に求めるのは、どんでん返しとか、予想もつかない結末なのですが、ステレオさんにとっては ご期待に沿う形で終えられたことに安堵しました。 仰る通り、この詩にうつくしいものを書こうという気持ちはなかったのですが、美しいと仰ってもらえて 嬉しいけど不思議でなりません。なんでだろう…。 ともあれ、どうもありがとうございました。ぺこり。

帆場蔵人 (2018-10-09):

醜いもの、美しいもの、詩の語り手は何を基準に世界を観ているんだろうか。汚れるから美しく、枯れるから儚いのではなく、永遠不滅なものが美しい、しかしそれは存在しないから眼を抉る。 この詩の主体は他人に興味がないのだろう、と思います。古い怪奇幻想小説を読んでいるような、狂った美しさを感じました。最後に自分自身が醜いものだと気付いていく降りは、他の方のコメントにもあったようになるべくして流れたように思いましたが、それでも良い詩ですね。

社町 迅 (2018-10-10):

作中話者の勝手な物言いにムカつきながら前半を読み >何をそんなにあなたは嘆くのか解からない を見て、ああ、自分は嘆く側の人間なのかと思いました。 物事の美醜に勝手に目を付け、美しくないと自らを傷つける行為には、 一方的に断罪されているかのようで苛立ちを感じます。 とうとう耳まで削ぎ落とそうとした所でさらにムカつくんですが、 むしろ勝手な行いをする自分が罪ではないかというところに至る。 そのせいで自分のムカつきは空振りになってしまいました。 自分は展開を予想できてたわけではないけど、落とし所のようなものがあって 読んでて面白かったです。

しょうこ (2018-10-10):

好みでした。 ただ、読んでいて次に来るだろう展開というものが読み取れた事が少しだけ、もうちょっと違う言葉があったらなぁと思いました。 とはいっても、最後はもう少しなにか言葉が欲しかったです。 全体的には読み初めで「あぁ、これ好きだろうな」と、思わせられる出だしだったので、私は好きな作品でした。

桐ヶ谷忍 (2018-10-10):

かるべまさひろ様 こんにちは、かるべさん。 自傷しないことが自傷になる、それ、すっごい良く分かります! それで、本作がそこへ迷い込む最初のところ、ということに気が付かず、コメント拝読してなるほど! と。 自傷する本作が自傷しない自傷に繋がっているなんて思いも寄りませんでした。 また、おもしろかったとのお言葉も、とても嬉しかったです。 どうもありがとうございました。ぺこり。

桐ヶ谷忍 (2018-10-10):

ふじりゅう様 こんにちは、ふじりゅうさん。 外国の詩・・・そんな風に言われたのは初めてでびっくりしています。んーなんでだろう…。 確かに異常ですし、常人から逸脱しているかもしれませんねえ。 見たくないものから目を背けることはごく一般的だと思うのですが…度が過ぎていますね。 なのに美しい、と。 上でステレオさんにもそのように仰って頂けましたが、ふじりゅうさんにまでそのように仰って頂いて、ますます首を傾げるばかりです。 どす黒くない、というのがヒントなのかな? でも美しいといわれれば、嬉しくないはずがありません。 どうもありがとうございました。ぺこり。

桐ヶ谷忍 (2018-10-11):

帆場蔵人様 こんにちは、帆場さん。 確かにこの語り手は他人に興味がなさそうですね。そのくせ、醜いと思う粗にはしっかり嫌悪していそう。 上のふじりゅうさんからは外国の詩みたいだとのお言葉を頂きましたが、帆場さんは古い怪奇幻想小説ですか。 読書が趣味ですが、怪奇小説も幻想小説もましてや怪奇幻想小説も、あまり読んだことがありませんので、へええ~!って驚いています。 狂った美しさ…上でお二人の方から「美しい」とのお言葉を頂きまして、どこがだろうと不思議に思っていたのですが 狂っているということが美しく捉えられたのだろうかと、ヒントを頂いた気分です。 良い詩とのこと、嬉しく思います。 どうもありがとうございました。ぺこり。

夏生 (2018-10-11):

桐ヶ谷忍さん、御作にコメントさせて頂きます。世の中の、人の醜さ、穢れを見ないように、見えないように徹底的に身を削いでいく。逃避のような自傷行為があって。うつくしいものだけの世界を捉えようとする、出来ることだと思うエゴがあって。最後に結局はそんな自分がいちばんの罪人であると。 人は感じ方、捉えはそれぞれあっても、抜け出せないエゴと逃避の繰り返しの中にいるように思い、その足掻きの一端を突きつけられたように感じました。

桐ヶ谷忍 (2018-10-12):

社町迅様 こんにちは、社町さん。 うわぁ~ムカつかれちゃってるどうしよう~!ってオロオロしながら拝読しました。 でも最後に面白かったと仰ってもらえて、ほっと安堵しました笑 社町さんは、嘆く側の方であり、多分ありのままを良しとする方なのかなあと思いました。 だからありのままを良しと出来ない人をみるとムカつかれるのかなあ、と。 ドキドキするコメントを頂き、ありがとうございました。ぺこり。

桐ヶ谷忍 (2018-10-16):

しょうこ様 こんにちは、しょうこさん。 好みとのこと、やったって感じです笑 ただ、そうですね、しょうこさんの想定内で終わってしまったということと、最後にもう少し言葉をとのこと、 そうだなあ、と反省しきりです。 それでも好きな作品、と仰って頂けて嬉しかったです。 どうもありがとうございました。ぺこり。

桐ヶ谷忍 (2018-10-16):

夏生様 こんにちは、夏生さん。 エゴと逃避…深く読んで下さって感謝です。 この語り手は極端化したものですが、間違いなく私自身が投影されているでしょうし、夏生さんの中にもエゴと逃避の 欠片があるからこのようなコメントを頂いたと思うのですが、抜け出すためにはどうすれば良いのでしょうね。 清濁併せ呑むというのが理想でしょうし、物事のありのままをそのまま受け取れれば良いのでしょうが そうするだけの度量、というか…結局エゴイスティックに見たいものだけを見て、聞きたいことだけを聞いていたい というか。夏生さんの最後の言葉にあるように足掻く事だけで精いっぱいですよね。 改めて本作が含んでいる問題を浮き彫りにして下さって感謝します。 どうもありがとうございました。ぺこり。

投稿作品数: 1