ピアノ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ピアノ    

その道を通りかかるたび、ピアノの音がきこえてくることに気づいたのは、いつからだろう。 夏ももう終わりだというのに、衰えることのない暑熱と、喧しい蝉時雨のなか、涼やかなピアノの旋律をききたくて、気がつけば、その道を選んで歩くようになっていた。 曲名はわからないが、いつかどこかできいたことのあるような、若かりし母の声のような、やさしくつつみこんでくれる音色。 細くしなやかな、白い指先が、ひそやかに踊るように、旋律を奏でている… 逢ったことはないのに、ピアノを弾くそのひとの華奢な姿さえも、いつしか思い浮かべるようになっていた。 ピアノの音は、マンションの上階からきこえてくるようだった。 やはり暑熱にやられてぼうっとしながら歩いていたある日、例のようにピアノの音を求めて、その道にさしかかった。 しかし、あろうことか私は、霊妙な旋律に誘われるままに、マンションの階段を昇りはじめていた。 ひとを殺した理由を訊かれて、太陽がまぶしかったからと答えた、ある小説の主人公さながらに、私は、抗いようのないものに衝き動かされていた。 ピアノの音が漏れてくる、その部屋に鍵はかかっておらず、足音を立てないように廊下を進んでいくほどに、ピアノの音はより鮮明になっていく。つきあたりの扉に手をかけると、微かな力に任せてすぅっと開いた—— ——部屋のなかは、空(から)だった。 ピアノの音は消えて、静寂が支配していた。 ——それ以来、その道を通りかかっても、霊妙なピアノの音色はきこえなくなってしまった。 あのとき扉を開かなければ、いまでも、やさしいピアノの旋律をきいていられただろうか。ピアノを奏でるひとのうつくしい容姿を、思い浮かべていられただろうか。


作成日時 2018-10-07
コメント日時 2018-11-02

ピアノ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 395.4
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2021/02/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:395.4
2021/02/28 18時01分05秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ピアノ コメントセクション

コメント数(10)
かるべまさひろ
(2018-10-08)

透明なものを感じました。 ピアノはそれでも心か記憶のなかで鳴っているよ、と僕は言ったことがあるのですが、 それを言う前のもの悲しさの気持ちを思い出しました。

0
沙一
(2018-10-08)

かるべまさひろさま ピアノは心のなかで鳴っている—— そのとおりですね。ありがとうございます。

0
日下ゆうみ
(2018-10-09)

短編としては簡潔で、「やさしくつつみこんでくれる」という救済の可能性が結局幻想に過ぎなかったということを、短い内に示すことが出来ていると感じた。つまり、私はこの一篇を「冒頭で「どこかで」という茫漠な形で示しているときは幻想が得られるが、しかし作品の中でその姿が明確な形を帯び出すと幻想ではなくなってしまう物語」だと読んだので、幻想というものは実際その通りだろうと思った。 一方、そうした幻想をどのような価値を持つものとして置くのかという点でこの作品は「あのとき扉を開かなければ、いまでも、やさしいピアノの旋律をきいていられただろうか。ピアノを奏でるひとのうつくしい容姿を、思い浮かべていられただろうか。」という過去への拘泥を示して終わっているように感じたが、この作品における幻想の取り扱いはもしかしたら最終的には現実に対する逃避を肯定する方向に寄っているのだろうかと感じた。

0
沙一
(2018-10-09)

作品の解釈はひとそれぞれですが、そこには読み手の思考や心理がすくなからず投影されるのではないかという気がしています。 ピアノの音はきこえなくなっても、心に鳴っていると云う方もいるでしょう。 きこえなくなったピアノの音に耳を澄ませるのは、現実逃避だと云う方もいるでしょう。 さて、現実とはなんでしょうか、幻想とはなんでしょうか。 いま現実だと感じていることも、次の瞬間には過去になり、心に思い浮かべるのみとなります。それを幻想というなら、現実などはじめから幻想とかわりないのではないでしょうか。 そうした疑念を今作の主題にしました。

0
社町 迅
(2018-10-10)

視覚以外から人物を捉えたときに始まる夢妄想。 ピアノの音色に惚れ込んでいるあたり、その期待に拍車がかかっている気がします。 旋律を霊妙と評していることから、単純に恋心ではなくピアノの奏者への敬意を感じます。 作中話者が礼儀正しいからなのでしょうか。 ですがその点も含めて、思考や判断が追いつけないほど強く誘われていく様や 本当に夢のように消えてしまった期待に呆気にとられている様など まさに物語の恋、という感じがしました。

0
沙一
(2018-10-10)

社町 迅 さま 読んで感じたことをコメントしていただき、嬉しく思います。ありがとうございます。 理由なんて関係ないと思えるほど強く惹かれてしまう。恋もそうでしょうし、詩もそうかもしれませんね。

0
のいえられこーず
(2018-10-30)

詩情とは一種のパラレルワールドを伝えてることだと思えば、「探しもの」も本作「ピアノ」も読者を誘う効力を具えた魅力ある作品だと思う。プロットがよく出来ていて、優れたプロットはプロットありきと思わせない域に達しているもので、それは自動筆記に近いと思う。 ー通りを歩いていたらピアノの音が聴こえてきたーただそれだけのコンセプトがあって、そのイメージから先はオートに走らせただけに思えてならない。それは心地よいものだ。結論も出ない、理由も述べない、文脈を示さない、全ては疑問のままに終わる。明確に示さないことに読者の私は安心感を持つ。なぜならばピアノの音は最初から謎なのだ。その謎が解けてしまったら、それは偽りの人生と同じだと思う。人生とは謎なままに終わることの方がリアル。諦めていいのだという安心。良い作品だと思います。

0
沙一
(2018-10-30)

みうらさんへ 書くときは、連想に連想をかさねることはあります。 自動筆記とまではいきませんが、意識していないところから出てくる言葉に、より本質的なものが現れるという点で、自動筆記にはとても共感しています。 詩論から人生観まで、含蓄深いコメントをいただき、ありがとうございます。

0
藤 一紀
(2018-11-02)

内容としてわかるし、感じられるものがありますが、幻想の側をもっと強調してもよかったかな、と思います。表現としては推敲の余地はあるもののスマートさを感じます。

0
沙一
(2018-11-02)

藤 一紀 様 コメントをありがとうございます。 幻想を強調させることも、もちろんいいのですが、ファンタジーになり過ぎず、現実のなかに一抹の幻想性を感じらることも好きです。 昼と夜がまじりあう黄昏時のように、現実と幻想の境があいまいになる瞬間に、魅惑を感じています。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1