コント:シナリオ文学教室 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

コント:シナリオ文学教室    

人 物 依岡依夫(28) シナリオ文学教室 生徒 新井三郎(70) シナリオ文学教室 教師 中年男性生徒 ○シナリオ文学教室・中    100名ほど収容可能な教室に、依岡依夫(28)と中年男性が1名、座っている。    教壇に立つ新井三郎(70)が講義を始める。 三郎「いいですか、シナリオというのは人様に習って学べるような、そんな生易しいものではありません。  人様から習おうなんて、そんな甘っちょろい考えはすぐさま捨ててください。  失明するほど映画をみて、腱鞘炎になるほど書き続ける。それ以外に何がありますか!」    戸惑ったそぶりを見せる依夫。 依夫「・・・では、ここでは、何を学べるのですか?」 三郎「お前なあ!人の話聞いてんのかよ!何も学べないということをさっさと学びなさい!」    憮然とした表情で、黙って部屋を出ていく中年男性。依夫は一人取り残される。 三郎「あの男は合格!ただし、あの男はここで何も学んでいないけどな!」    依夫は出ていく中年男性の方を見ながら、どうして良いか分からず、オロオロした様子。    三郎は依夫の元まで行き、依夫の頭を棒で殴りはじめる。 三郎「お前はまだ学べないのか。お前が学べるまで、俺が叩き込んでやるから、しっかり学べよ」    依夫は無表情で心ここにあらずといった表情。ひたすらに三郎に棒で殴られ続ける。     三郎「お前はまだ学べないのか。       学べることがないことが分からないのか。    お前はまだ書きたいことがあるのか。書けるとでも思っているのか。    書くに値することが、自分に残されているとでも思っているのか。    この質問に対してさえ、お前は何も書くことができないのか。    書くことも、書きたいことも何もないはずのお前が、どうしてここに座って殴られ続けているんだ。    お前にとって書くってなんだ。自分を書きたいのか。自分がそんなに可愛いか。       自分が可愛いあまりに、殴られることを受け入れたのか。    自分が可愛いあまりに、他人に自分を明け渡したのか。    そんなお前に書けることがあるのか。お前には書くに値することがあるのか。    お前自身のことが書きたいのか。書くに値するお前自身って何だ。    お前にとっての現実は、殴られていることだけだろうが。    殴られていることに対して、抵抗できないことが、お前がお前であることの証左だろうが。    お前はお前自身に粘着しすぎなんだよ。だから、お前は殴られ続けることから逃れられないんだよ。    ほれ、殴られていることを書けよ。それを受け入れている自分を書いてみせろよ。それ以外に、お前に書けることなんてないだろ。    ほれ、殴られていることを書けよ。殴ることしかできない俺を書けよ。それ以外に、お前に書けることなんてないだろ。    ほれ、殴られていることを書けよ。殴ることしかできない俺に、殴られるしかない自分自身を書けよ。それ以外に、お前に書けることなんてないだろ。    ほれ、殴られていることを書けよ。空っぽの自分を書けよ。それ以外に、お前に書けることなんてないだろ。    ほれ、殴られていることを書けよ。俺はこれ以外言えることがないんだ。空っぽなんだ。ほれ、書いてみせろよ。    ほれ、殴られていることを書けよ。空っぽな俺は、殴ることしかできないんだ。俺とお前の間には、暴力しか存在しないんだ。ほれ、書いてみせろよ。    ほれ、殴られていることを書けよ。そんな俺に殴られることをお前は受け入れたんだ。ほれ、まだ学べないのか。お前は自分に執着しすぎなんだよ。    ほれ、殴られていることを書けよ。俺は空っぽなんだ。俺には何もないんだ。それなのに自分から離れられないんだ。だから、お前を殴るしかないんだ。ほれ、書いてみせろよ。    ほれ、殴られていることを書けよ。痛みだけがお前自身だろ。それ以外に、書くことなんてないんだろ。ほれ、痛みだけを書き続けろよ。    ほれ、殴られていることを書けよ。ほれ、痛みだけを書き続けろよ。    ほれ、殴られていることを書けよ。ほれ、痛みだけを書き続けろよ。    ほれ、殴られていることを書けよ。    ほれ、殴られていることを書けよ。    ほれ、殴られていることを書けよ。    ほれ、殴られていることを書けよ。    ほれ、殴られていることを書けよ。    ほれ、殴られていることを書けよ。    ほれ、殴られていることを書けよ。    ほれ、殴られていることを書けよ。    ほれ、殴られていることを書けよ。    ほれ、殴られていることを書けよ」    三郎は消えていく。棒がペンへと変容する。依夫は刮目し、目に見えるものだけを書き写し始める。「コント:シナリオ文学教室」。


作成日時 2018-08-25
コメント日時 2018-09-14

コント:シナリオ文学教室 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 19
P V 数 : 746.0
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#受賞作
項目全期間(2021/09/20現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:746.0
2021/09/20 21時06分15秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

コント:シナリオ文学教室 コメントセクション

コメント数(19)
かるべまさひろ
(2018-08-25)

面白いか面白くないかでは面白くないのですが、楽しいか楽しくないかでは楽しかったです。 工夫の点では、脚本の形式上の終わり方を何点か読んでからの方がよりよいかなと思いました。台詞とかはわりとどうでもよかったです。

0
ゴロ(ちゃん。)
(2018-08-25)

俺は好きだな。

0
なつめ
(2018-08-25)

最後まで面白かったです。三郎さん、殴り続けるか、喋るかどっちかにしてよ、そりゃあ書けるもんも書けないし、書けないもんも書けないよ、と思ったのですが、最後三郎さんが消えるところで、依夫さん自身だったのかもしれないな、とか想像してみたり…。シナリオとか、詩とか、書く行為というのは自分を追い詰めて、書き続けて、やっと熟していくか、時間をかけても成熟しないかの二択だと思ってます。だから、結構共感しました。もしかしたらどら猫セラピーみたいに嘘八百っていうオチもあるかもしれませんが、それも面白いかな、って思います。コント、とありますが、実際に見たら結構ショッキングですね。

0
花緒
(2018-08-25)

>かるべ 内容がよくわからない酷評だが、本作からは駄作臭が漂っていること否定すべくもなく、ディフェンスしようがない。

0
花緒
(2018-08-25)

あ、すいません。さんが抜けました。かるべさんです。他意はないです。悪しからず。

0
花緒
(2018-08-25)

>5or6さん ごく少数の人は気に入ってくれると思っていました。ありがとうございます。

0
花緒
(2018-08-25)

>なつめさん ありがとうございます。どら猫セラピー、読んで下さっているとは、感謝感激です。前作は割と力作でしたが、今作は、ちょっくら殴り書きしてみました。お目汚し失礼。

0
まりも
(2018-08-27)

脳内の「書くこと」に関するお師匠さん(ユング風に言えば老賢者)と自意識を戯画化したように見えました。 外部で、あるいは講師から、学べることなど、何もない。自身で〈失明するほど映画をみて、腱鞘炎になるほど書き続ける。〉他にはない、とわかって、すぐに実行に移す者と、未だに「誰かに、何かを教えてもらえるんじゃなかろうか」という甘い?幻想に縛られて、そこに居続ける男。自身の脳内葛藤というのか、叱咤激励を〈殴られる〉という映像に置き換えているようにも見えるのですが、中盤の教師の語りというのか、説教、の部分、読むというより、見る方向、マッスとして感じさせる方向の方がよかったのではないか、と思いました。 この配列だと、見るというより、やはり読んでしまうので、しつこさを感じるように思いました。

0
鈴木 海飛
(2018-09-05)

笑いのツボにはいったのはなんでだろう。 三郎という知性も品性も 彼の弱点も思想も とことん暴力に詰め込まれている。 それがおかしくて おかしくて そーゆーひとって 現実で離れて見ると すっごいおもしろいんだけど それがうかんだのかなぁ。 https://youtu.be/NIb1jhdAJwE 繰り返しは大阪のコテコテの 繰り返しにも見えて なんだろなぉ あー、笑い疲れた。 まぁ、いっかー。 文学の話なんかしなくたって 学ぶなら勝手にまなびだすもんね。 あっはっは。

0
澤あづさ
(2018-09-09)

※このコメントは8月選評です。作者様でなく閲覧者様に向けて執筆しました。またこの評はわたしの読解すなわちわたし自身の表現であり、作者様には関係も責任もありません。 ▼引用開始------------------------------- いまぼくが見ているのは、単なる入れ物に過ぎない。本当に大切なものは、この中に入っている目に見えない何かなんだ。(サン=テグジュペリ/河野 万里子訳「星の王子さま」) -------------------------------引用終了▲ 「星の王子さまのキツネって、一皮剥いたらこのシナリオ文学教室の三郎なんだよなー」などと勝手なことを考えつつ感慨深く拝見しました。ネット詩で三郎のに酷似した洗脳を受けた経験もあり、爆笑した経緯もあっての推薦です。が、そのような「主観」的な話はさておき。 そうこの作品は、主客観そして「主客転倒」の話です。棒で依夫を殴っていた三郎は、ペンを握る依夫自身、その主張は「依夫自身のなかに入っている目に見えない内心」。転倒するシナリオ教室の講師(主)とその生徒(客)。 刮目し主観を取り戻した依夫は【目に見えるものだけを書き写し始める】。【自分が可愛いあまり】の主観でなく客観的な「可愛くない自分以外」を描出しようと試みる────が、果たしてそれは(書かれるまでもなくだれの目にも見えるはずのことだが)【書くに値すること】なのかどうか……いやいまうっかり客観を(書かれるまでもなくだれの目にも見えるはずのこと)などと述べてしまったものの、依夫がその視野を他者と共有できている保証などどこにもない(※他我とか哲学的ゾンビとかの問題)わけで…………。 * そうしたなんの解決にもなっていない結論に至る人物名が、【依岡依夫】という、聞くだに依存症なのが、個人的に最も笑えました。この書き手の最大の見どころは細部だと思います。 三郎の言辞やわたしの無駄な解釈のように、言葉遊びに堕して「実在しない概念」を言語化することに陶酔すると、その主張を美化/正当化することしか考えられなくなり、事実を無視しはじめるわけですね。自分にばかり都合のよい情報を寄せ集め、身勝手なシナリオを物する者らへの警鐘。アンチ星の王子さまです。「本当に大切なものが、汚い心のなかに入っていると思ったら大間違いだよ。」

0
花緒
(2018-09-09)

>まりもさん 正直、私のビーレビ人生(?)の中でもっとも、殴り書きで投稿してしまいました。後半部分が洗練されていないのはおっしゃる通りかと思います。

0
花緒
(2018-09-09)

>鈴木海飛さん 個人的に、失敗作確定な気がしていたので、長らく返レスから逃げていました。好意的な評をくださり嬉しく思っております。

0
花緒
(2018-09-09)

>澤さん まさかこの作品にコメントいただけるとは思っていなかったので、驚きました。後半部分など、もっとコンパクトにまとめるべきだったなと反省仕切りではあるので。。。やはりさすがと言うべきか、作品を超える豊穣な読み、刮目しそうで御座います。作者としては、多様かつ深い読みを引き出せるよう、もっと短く、投げ捨てるべきだったなと反省しております。

0
鈴木 海飛
(2018-09-10)

さて、感想を笑い倒したところで、ほんの少しお笑い反省会をひらいてみようと思います。 ただよけいなことを言って無駄に嫌われたくないし、身分不相応な、かすかな願いを無視するウッカリ教師、もしくは老害と花緒さまによばれないようにやりたいと願う。私のこのかすかな願いを受け入れてくれることを望む。 かすかな願い、それは見えないものを見る力。 それを見るためにはラブが必要。 問題なのはカイトも三郎もラブをもってないということだ。 さっきから頭をかいている私を想像できるだろう。 カイトは笑ってるだけで本当に何にも考えてないのかと叩かれるのはしょうがない。 だが、わたしのなかの三郎は、とどまることを知らない。 だんだんと胸の中の声が大きくなるのが三郎だ。 三郎 「カイト、おまえは笑ってるだけで本当はなんにも考えられないのだろう。」 「ほれ、おまえは笑ってるだけで場を流そうとしてる処世術を使おうとしている。」 「カイト、おまえは汚い大人だ、笑うだけで場を流すなんて子供でもできる。」 「子供でもできるなら、それならおまえは清い子供だ。うんこちんちんと聞くだけでゲロ吐きながら笑う子供だ。」 「そうだ、もはやおまえは笑うだけでいい。そうやって死ぬまで笑うがいい。」 「カイト貴様なにを笑ってるんだ。なにがおかしいか分からないまま笑ってるのか。」 「ほれ、なら笑うがいい。分からないことを笑うのは低脳の証左だ。」 「おまえが笑えば地球が回る。間抜けな猫にとんぼは捕まらない。」 「カイト本当にまだ笑っているのか!?クレイジー、お前のような奴を待っていた。」 うるせぇなぁ!!三郎!!(笑) と、私の胸の中にすみついた三郎にお帰りいただくべく 反省会を書いていきたいと思います。 「コント・シナリオ文学教室」と題名を見れば 寄席ものだとイメージして客がよってくる。 だが、不幸か幸運かここは詩の掲示板だった。 笑わせるのが目的だとしたら、『場』が冷えているほうだった。 冷えた場を暖めるのが、噺家の前口上やテレビでは見ない前座を必要とする。 しかし、あくまでも文学的表現にこだわった作品だとしたら僕は机を叩いて抗議する。 カイト「ずるいぞ!そんなの分かるはずもないじゃないか!」 ハナ緒「いえ、文学とお笑いどちらにとってもらってもかまいません。」 カイト「馬鹿いうな!そんなニヒルなお笑い芸人ウケると思ってんのか!?俺と一緒に天下とるっていったじゃないか!!」 ハナ緒「俺はお笑い芸人じゃねぇ!!」 これはまさしく低脳の証左だといえよう。 だが、ほかの方の感想で、私と同じく笑った人に  澤 あづさ 氏がいる。 この人はなぜ笑ったのか一緒に見てみよう。ヒントがあるはずだ。 『 「星の王子さまのキツネって、一皮剥いたらこのシナリオ文学教室の三郎なんだよなー」などと勝手なことを考えつつ感慨深く拝見しました。ネット詩で三郎のに酷似した洗脳を受けた経験もあり、爆笑した経緯もあっての推薦です。が、そのような「主観」的な話は~~』 …ちょっと、なにいってんのか。わからないです。(サンドウィッチマン風) さて、澤氏を怒らせないためにも、実はこの文章で注目した文章がある。 ネット詩で三郎のに酷似した洗脳を受けた経験もあり、爆笑した経緯もあっての推薦です。 ここだ。 これは前に辛かったことがあるが、今はもう乗り越えている。 そして、今はもう、お笑い話だ。と読める。 そこで笑ったんだよ。と そういう澤氏の笑いと、私、カイトは別に物書きでもなんでもないので狂おしいまでの三郎の怒りながら泣きながら叩いているような滑稽な姿に笑った。 もちろん、わたしものりこえたらしきお笑いがあった。乗り越えていないものもあった。 笑えなかった人はたぶん君が想像したとおり笑うことが自分に嘘つくようで笑えなかったかもしれない。エンターテイメントの掲示板としてならもっとうけただろうになともおもう。 そこから文学的思考で答えをだすのは「コント」というイメージを払拭しない限り、「笑え」と言われてるようでなかなかに難しい気もする。 文学的表現に多様かつ深い読みを引き出せるようにと反省があるのを見たから別に問わない。× 文学的表現に多様かつ深い読みを引き出せるように私、カイトは反省できない○ だから、自分でもやってみるしかない。 この作品にインスパイアを受けて るるりら氏の作品  「冷奴と申します」に返信として書いてみました。 おなじ、お笑いを目指すものとしてよかったら感想がいただけたらと思う× では、またこういうチャレンジ作品楽しみにしています。○

0
るるりら
(2018-09-11)

個人的には、あしたのジョーと丹下 段平との会話かと 思いました。最初は シャドウボクシングを繰り返すのですが、そのうちには……。 依夫は刮目し、目に見えるものだけを書き写し始める。 ↑力石と無心で戦っているかのようです。

0
花緒
(2018-09-11)

>鈴木海飛さん 再びのコメントありがとう御座います。明日、朝から成田空港なので、ちょっと殴り書きコメントで失礼します。 前月、もう一作の方も含めて、まあ、文学極道を中心とする既存ネット詩メディアが元ネタになっています。 前月から、私は一投稿者としての参加に変わったわけですが、私を含めて、元発起人たちがこぞって運営から退いたことで、このビーレビューと言うサイトは、まさしく、反既存ネット詩メディアとしての新メディアっていう側面がなくなったのだと思うのですね。 私が運営の中枢にいた時は、端的にいうと、合評がちゃんとできて、かつ文学極道じゃないものをどうやって作るかということに尽力してきた気がします。一言でいうと、荒らしカルチャーからの脱却ということですけれど、言い方を変えれば、文学極道の良さを引き継ぎつつ、可塑性を保ちつつ、ダメなものを徹底的に排除するということをやろうとしてきた気がするんですね。 しかし、新運営は、そういった、滅びゆく過去の遺物としてのネット詩壇からどう脱却するか、みたいなセンスを持っていない人たちです。そのことを、私はとてもポジティブに受け取っています。ビーレビューというサイトが、メディアとして、自立する方向に進んでいるのだと思います。広告サンプルが横にあるのも、なかなかワクワクします。経済的自立を目指しているみたいですしね、これからもっとこのサイトは拡大し、知名度が上がって行くことでしょう。終わってるものに恨み言をいう必要なんてもうどこにもありません。 ま、終わったものを笑い飛ばしてやるぜ、ということを前月、私はやりたかったのでしょう。笑いが伝わったのなら、嬉しい限りです。

0
花緒
(2018-09-11)

>るるりらさん 愚作にコメント頂戴しまして、恐縮です。おっしゃてくださっていることはわかる気がします。登場人物は3名ですが、実際には2名なんですよね。殴られているだけの人と、殴っているだけの人は同根なのです、きっと。

0
花緒
(2018-09-12)

>鈴木海飛さん あ、あまりに殴り書きすぎて、一番書くべきことを書いてなかったですが、私がやりたいのは、既存メディアを嗤ってやるぜ、ということではなく、カウンターとしての役割を終えた自分自身を笑い飛ばすということですね。悪しからず。

0
花緒
(2018-09-14)

おくばせながら、海飛さんのシナリオ作品を読みました。どちらのスレッドに書くべきか迷ったけど、自作と関連づけて語るつもりなので、こちらに書いておきます。というか、返詩の投稿も認められているはずなので、独立した作品として投稿してよかった気がする。そちらの方が感想を書きやすいし、それをしても良いレベルのクオリティだと思ったので。 まあ、私が思ったのは、笑いの質が私のものとは根本的に違うということ、かな。ご本人がおっしゃっているように、落語に近い。私の作は落語とは遠いと思う。精神的外傷を笑い飛ばすみたいな、笑いと傷が表裏一体になっているのが本作を含む、私の笑いの方向性だが、落語的笑いというのは、傷とは表裏一体になっていない。もしかしたら、なんらかの傷からスタートしたのかもしれないけれど、傷跡が見えなくなるレベルまで、洗練されている、あるいは、作品として独立しているという感じが落語にはあると思う。だから、海飛作品では、笑いと詩情が割と近いところにあるけれど、私は本作を含め、笑いと詩情が遠いところで、書いていると思う。個人的には、より生々しい笑いの方が好みではある。私の方が詩に遠いところで作品を書いているのであろうと思う。怒りや悲しみをそのまま書いていたら、いつしか笑いになっていた、というようなパターンを私は好むし、笑いの質を洗練させることにはあまり関心はない。ただ、それはあくまで好みの話で、海飛作品も十分面白いし、レベルが高く、何より詩と親和性がある。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1