三点リーダの使い方いろいろ

カテゴリ: 徹底討論

森田拓也2017年9月4日
こんばんは。

掲示板の方で田中修子さんが三点リーダの使い方について問題にされているので
記事にさせていただきました。
僕なりに調べさせていただいたのですが、詩人や小説家なりで三点リーダの使い方は
様々なようです。
ただ、やはり三点リーダの使い方の基本は「……」みたいに一文字につき三点みたいですね。
調べさせていただいた限りでは田村隆一さんや吉岡実さん等は文末「……」の基本を忠実に守っておられます。
黒田喜夫さんの詩では初期は文末「…」を後期の詩集『不安と遊撃』では文末「……」を使用されています。
あと詩での点の使い方では、例えば黒田三郎さんが「ただ過ぎ去るために」という詩の中で
18連の点を使われています。

「ただ過ぎ去るために」黒田三郎

  5

お前には不意に明日が見える
明後日が…………………
十年先が
脱ぎ捨てられたシャツの形で
食べ残されたパンの形で

↑みたいな感じで三点リーダを使われています。

あと小説ではアシア・ジェバールの『愛、ファンタジア』という小説は三点リーダの使い方が独特でした。あと会話文中の会話文の基本「『』」となる所が「「」」となっています。
例えばp110では、

「女友だちがつい我を忘れて、あなたに一言言うとしたら…」
私は答えを待ち、弟は一瞬ためらい、そして静かに言った。
「「ハンヌー二ー」ってささやいてくれればそれで十分。それに紛れもなく「彼女は僕の同郷者!」」
私は笑い、こう言った。
「ああ、なつかしい!…覚えてる?すごくやさしかった叔母さん…」

↑みたいな感じの三点リーダと会話文です。

あと詩で三点リーダに代わって使われるものとして──(けいせん)がありますね。
村野四郎さんや石原吉郎さん等が詩の文末に──を使われますね。

「白い駅で」石原吉郎より

白い
清潔な駅におり立つと
生涯は そこで
終っているようだ
そこからあるき出す
一服の煙草と
よく透る挨拶と──

「形成のない眺望」村野四郎より

遠く 臓腑のように流れている街
そのむこうに
ただ溜っているだけの海
これら一切の風景を
断崖の背後から描いている
まずしい画家が一人見える
まるで ルソオのように可哀想な画家が──

↑みたいな感じで三点リーダの代わりかな?文末にけいせんをよく使われていますね。

祝儀敷2017年9月4日
編集済み:2017年9月4日

豆知識ですが、少年漫画のうち小学館のものはフキダシに句読点が振られているんですよ。これはそもそもが『小学五年生』『小学館六年生』といった雑誌から始まった出版社である故に、読者となる子供のために規範的な文法を表記する決まりがあるからだとか。

私が小中学生の頃に買った月刊コロコロコミックスの単行本(『ドラえもん』『星のカービィ デデデでプププな物語』『ケシカスくん』)を確認してみたところ、全てではないが大部分において文末の場合「……。」という表記がとられていた。(句点もつけるのが文法的には正しいらしい) 全てではないというのはフキダシのスペース的なところもあったが、しかし余白があるのに「…。」となっている箇所もあった。
他の出版社の漫画も確認したが殆どが「…」表記で、「……」は一つ二つあったかどうかぐらい。
これらから見て、文法的には三点リーダを二つ並べる表記が正しいのだろうが、しかし促音拗音のぶら下げなどよりは厳密なものでもないのだろう。

実は今年の4月5月に藤子・F・不二雄の元チーフアシスタントがその頃の出来事を漫画にしてコロコロに掲載したので相当ぶりに買った。
それをいま見てみたところ、確認する限り全ての場合において「…。」表記となっていた。ここ何年かで三点リーダの表記を統一する動きがあったのだろうか。
コロコロには「藤子・F・不二雄名作劇場」といって往年のドラえもんを毎月掲載しているのだが、そこだけは「……。」表記だった。これは過去に単行本化時に作ったデータをそのまま誌面に流用しているからだろう。

以上報告でした。

まりも2017年9月5日
いろいろな実例や体験、考えを拝読、大変おもしろく、また、勉強になりました。
コメント欄でやたらに・・・を用いている私の場合(笑) たぶん・・・こういう使い方をするときは、え~っと~、みたいな間合いで使っていますね。見た目、とか、そういうことではなく。呼吸、に近いような感じ。
誌面に組版する時の、何文字×何行、の場合は、一文字ぶんに3点打ち、それを2回、というのが慣例です。
作品のニュアンスとか見た感じに響かせる場合・・・いわば、ある種の空間造形に用いる場合、投稿後に編集できた方が便利なのだろう、と思いますが・・・投稿作品を、コメント欄の反応を見ながら細かに変更していく、というような編集をする方が現れると、投稿作品とコメント欄との間に齟齬が生じてしまう。座談会原稿などのリライトをお願いする際に、一番大変なのが、そのあたりの調整だったりもします。(要するに、人と人との対話、掛け合い、なので、一方が動くと、他方もずれてしまう、そうせざるを得ない)
ビーレビの掲示板は、たぶん、ワードで作成したものをそのままコピペすれば、反映されると思います。インデント掛けたり、特殊な禁則処理をしている場合は、また別かもしれませんんが・・・・と、最後はなぜか4点になってしまいました、勢いで打ちすぎました(笑)

コメントするにはサインインまたは登録して下さい。